鹿肉配合のオススメドッグフード2選

鹿肉配合のオススメドッグフード2選

大切な家族である愛犬のために、栄養価の高いドックフードを選んでいる愛犬家の中で、最近特に注目を浴びているのが「鹿肉」を使用したドックフードです。鹿肉を使ったドックフードは、ここ数年で種類が増えてました。しかし、選択肢が広がったことで使ってみたいと思いつつ、どの商品を選んでよいのか迷っている人も少なくありません。そこで今回の記事では、鹿肉を使ったドックフードにはどんなメリットやデメリットがあるのかを解説します。また、鹿肉を使用しているおすすめのドックフードをご紹介します。

鹿肉を利用するメリットについて

Portrait of majestic powerful adult red deer stag in Autumn Fall forest

鹿肉を利用したドックフードのメリットは、栄養バランスに非常に優れていることです。鹿肉は高たんぱく質でありながら、低カロリーで低脂質な食材です。

鹿肉を牛肉や豚肉などの他の肉と比べると、カロリーはおよそ3分の1、脂肪分はなんと15分の1程度と非常にヘルシーで、消化も良い肉です。

また、「鉄分」や「カルシウム」、「亜鉛」などの栄養素が豊富に含まれていて、「アミノ酸」や「ミネラル」など、栄養バランスに優れた食材です。

鹿肉は高価不飽和脂肪酸が豊富に含まれている

そして、鹿肉の最大の魅力は、他の肉ではほとんど摂取することが不可能な栄養素が豊富に含まれているという点です。非常に重要な栄養素ですが、残念ながら体内で生成することはできず、食べ物で摂取するしかありません。

抗がん作用・脂質代謝改善・肥満防止に役立つ

高価不飽和脂肪酸は犬の健康に多いに役立ちます。例えば高価不飽和脂肪酸の一つである、「ドコサヘキサエン酸」は愛犬の脳の発育や中性脂肪を減少させる働きがあります。「リノール酸」には、抗がん作用や脂質代謝改善作用があり、肥満の防止に役立ちます。

加えて「リノレン酸」はアレルギーを抑制する効果があり、涙やけに困っているワンちゃんには症状の改善が期待できます。鹿肉は比較的アレルギーになりにくい肉なので、他の肉にアレルギーがある犬でも、鹿肉は食べられる場合が多いようです。

さらに、ニワトリや牛とは異なり、飼育されて育つことのない鹿肉は、自然な環境の下で育つ、天然の食材です。ドックフードに使用される鹿肉も、基本的には野生の鹿が使用されていると思われます。

そのため、家畜として飼育された動物とは異なり、抗生剤やホルモン剤などを投与されずに育っているので、犬の体にも安全な安心できる食材です。

加えて、昔から肉食動物に捕食されることの多かった鹿は、アレルゲンとなりにくい食材でもあります。

「チキン」や「ビーフ」などと比べると、主原料として使用されるケースも少ないので、「遅延型食物アレルギー(同じ食物を食べ続けることで起きるアレルギー)」の可能性も少ない食材です。

鹿肉を利用するデメリットについて

shopping woman shocked and surprised over price looking at price tag on coat or jacket. Woman shopper shopping for clothes inside in clothing store. Funny image of Asian / Caucasian female model.

このようにメリットの多い鹿肉ですが、デメリットも一般化にドックフードに使用されている鶏肉や牛肉に比べて、希少性が高いため、価格が高額になりがちです。

ドックフードはワンちゃんが毎日食べるものなので、少しの金額の違いでも購入頻度によっては、消費者にとっては大きな経済的負担になります。いくら愛犬の健康に良い高品質のドックフードでも、続けられなければ意味がありません。

中には、比較的安価で購入できる商品もありますが、本来仕入れ価格が高いはずの鹿肉を使用しているのに安く販売できるということは、原材料の品質が悪い可能性が高いということです。

中には、死んだ状態の動物や病気になった動物を使用して製造されているドックフードもあります。鹿肉を使用しているのに、極端に値段の安いドックフードは、通称「4Dミート」と呼ばれる粗悪な原料を使用している可能性があります。

また、愛犬家のなかには、鹿肉が栄養価に非常に優れているために、生の鹿肉を主食として与えたり、トッピングとして加えている飼い主もいます。しかし、鹿の生肉には安全面で大きな問題があります。

鹿は他の動物と比べると基礎体温が5度から6度くらい高くと言われています。そのため、一般的には雑菌や寄生虫などが付きにくい動物で、衛生的にも優れた肉です。

鹿肉には食用として使用する際にも、病気を持っているかなどの検査を行うよう義務づけられていないので、寄生虫やE型肝炎ウイルスなどにかかっていた鹿肉が流通している可能性を否定できません。

鹿肉のドックフードが適している犬は

Doberman isolated on white background

どんなワンちゃんたちに鹿肉のドックフードが適しているのでしょうか。基本的に鹿肉は栄養バランスに優れているので、愛犬の成長段階に関わらず、全てのライフステージでおすすめ出来る食材です。

しかし、特に高齢期を迎えたシニア犬に最適です。高齢期になると、食が細くなる傾向があります。そのために、必要な栄養素を十分に摂取できなくなる傾向があります。

赤ちゃんを産んだ後や、大きな病気を患っているワンちゃん、ドックショーなどに参加している活動量の多いワンちゃんなども、多くの栄養素を必要としているので、しっかり栄養を摂取できる食事が必要です。

高タンパク質の栄養バランスが取れた食材

鹿肉は高たんぱく質の食材なので、少ない食事量でも犬が必要とするエネルギーをしっかりと補うことが可能です。また、嗜好性が高い食材なので、食欲を増進する点でも効果があります。

また、食物アレルギーを持っているワンちゃんにもおすすめです。ワンちゃんの多くは、食物アレルギーに悩まされておて、およそ40%近くの犬が、何かしらのアレルギーを持っていると言われています。

鶏肉や牛肉にアレルギーがあるワンちゃんたちも少なくありません。そんなワンちゃんたちに「動物性たんぱく質」を安全に摂取してもらう点で、鹿肉を使用したドックフードは最適な商品です。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

鹿肉を使用したおすすめドックフード

Vanison Steak on old Cutting Board

では、鹿肉がしっかり使用されていて、安心して愛犬に食べさせられるおすすめのドックフードをご紹介します。

1.「ジウィピーク(ベニソン)」

ジウィピーク(ベニソン)

「ジウィピーク(ベニソン)」は、沢山あるプレミアムドックフードの中でも、高品質を売りにして、厳選した素材だけを用いて作られている最高級なドックフードです。

「私たちを愛してくれるペットへの無条件の愛を具現化する」という理念に基づいて、一切の妥協なく「最善の自然食」を作るために徹底した研究が行われています。

本来、狩りをして食事をしていた犬は、捕獲した動物を丸ごと食べて、草食動物が食べた未消化の物を含んだ内臓も肉と一緒に摂取することで、バランスの良い栄養を摂取していました。

ジウィピークはそうした愛犬の食性と生理的な必要を考慮して、犬にとって理想的な食事は、「赤身」の肉だけでなく、「肝臓」や「心臓」なども一緒に摂取することが犬にとって理想的な食事であると考えています。

高品質な食材が持つ栄養素をダイレクトにワンちゃんに摂取してもらうために、「ジウィピーク(ベニソン)」は余計な食材は排除し、シンプルな原料で製造されています。

また、自然の天然素材が持つ栄養素を損なわずにドックフードを作るために、「エア・ドライ」という新しい製法を採用しています。

「エア・ドライ」製法とは、低温で長時間乾燥させる方法です。古くから存在する自然の保存方法で、多くの時間を必要としますが、しっかり肉の栄養をフードに残すことが可能です。

「ジウィピーク(ベニソン)」の原材料

生肉・内臓・魚介類…98%(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンキドニー生肉、ベニソンボーン、ニュージーランド緑イ貝)イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、海塩、パセリミネラル類(重炭酸カリウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、セレン酵母、マンガンアミノ酸複合体)ビタミン類(E、B1、D3、葉酸)酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)

「ジウィピーク(ベニソン)」を利用している人の声

「ジウィピーク(ベニソン)」を実際に購入した人の感想について、投稿されている口コミ評価をご紹介します。

「うちの子はマルチーズなのですが、食物アレルギーで鹿かウサギの肉しか駄目と言われてこれにたどり着きました。価格は高いのですが、ベースのベニソンの餌(カリカリタイプで少し安い)と比べて食いつきが違います。さすが乾燥肉です。お財布には優しくないですが、トッピングのように活用しています。 」

「このフードを食べさせていて、変わった事は、去勢手術をして髪の毛の色の黒が少し戻った事!かなりツヤがでて、ぬいぐるみみたいになって、いつも顔を埋めてしまう。あと軟便にならなくなった。 」 「ペットグッズ屋さんのオススメで、この商品の少量パックを買ってみました。 アレルギー持ちで偏食の犬なので、いろいろためしましたが、なかなか困っていた時に食いつきがよいものを見つけられました。いまの所、症状は出ていません。」

「めちゃ食べます。毛並みなども褒められるぐらいいいですが、Ziwi も当然貢献していると思います。他のワン友も食べさせてますが、とにかく食べない犬はいないと断言できるかと・・ベニソンの胃の内容物(反芻した内容物も)入っていたりするので、より自然に近い食事が得られるので、他のフード(うちはアカナシングルシリーズがメイン)と合わせると、かなり栄養的に良いのか毛並み体格なども安定してますね。皮膚トラブルなども皆無です。」

「我が家のパピヨンは、子犬のころから偏食でした。昨日まで猛烈に食べていたフードを、今日は見向きもしないということは、日常的で困っていました。ジーウィービークのベニソンは出会った時から、継続して食べ続けています。 それでも、偏食モードの日は、半分に割って香りを出すようにして食べさせいます。普段は5種類ぐらいのフード・おやつを混ぜて与えていますが、その中で欠かせないものとなっています。」

2.「ネイチャーズバラエティ ベニソン」

「ネイチャーズバラエティ」シリーズの商品は、犬の健康を考えて新鮮な生肉をたっぷり使用した、アメリカで製造されているドックフードです。高たんぱく質で嗜好性の高い総合栄養食です。

犬は本来、料理された料理ではなく、他の動物を捕食して、自然の状態で丸ごと食べることによって、バランスの良い栄養を摂取してきました。

「ネイチャーズバラエティベニソン」は、そうした犬の生態について考えて、フードから十分な栄養素を犬が摂取できるように、食材の一部分だけを加工して使用するのではなく、可能な限り食材を自然な状態で丸ごと使うようにしています。

特に、シニア期を迎えたワンちゃんに必要な栄養バランスを考慮して設計されています。「ネイチャーズバラエティ」を用いれば、食事量が減少したシニア犬でも、健康的な体を維持するために必要な栄養を十分に吸収することが可能です。

「ネイチャーズバラエティベニソン」には、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」がしっかり配合されているので、愛犬の腸内環境を整えて、食事から摂取した栄養素を十分に体内に吸収できるように愛犬を助けます。

また、体内の免疫機能の働きを向上させて、ガンやアレルギーなどの病気を予防する点でも効果を発揮します。

「ネイチャーズバラエティベニソン」は、独自のフリーズドライ製法を用いて、新鮮な生肉粒を使用することにより、嗜好性を高めつつ食材の栄養素を最大限フードに残すことを可能にしています。

通常の製法では、加工時に生じる熱で破壊されてしまうとされる「天然酵母」や「ビタミン」などをしっかり吸収でき、何よりも新鮮な肉類をたっぷり使用することによって、高たんぱく質な総合栄養食に仕上げています。

「ネイチャーズバラエティ ベニソン」の原材料

鹿肉、ターキーミール、サーモンミール、エンドウマメ、キャノーラオイル(混合トコフェロールとクエン酸で酸化防止)、ニシンミール、ヒヨコマメ、タピオカ、乾燥アルファルファミール、フリーズドライラム、ラムミール、自然風味、メンハーデン魚ミール、サーモンオイル、カボチャの種、モンモリロナイト、塩、フリーズドライラムレバー、フリーズドライラム脾臓、フリーズドライラム心臓、フリーズドライラム腎臓、ビタミン(ビタミンE、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩、ナイアシン、硝酸チアミン、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、葉酸、ビタミンD、ビオチン)、塩化カリウム、ニンジン、リンゴ、クランベリー、塩化コリン、ミネラル(亜鉛蛋白、鉄蛋白、銅蛋白、マンガン蛋白、亜セレン酸ナトリウム、エチレンジアミン)、乾燥昆布、ブルーベリー、有胞子性乳酸菌発酵物、ローズマリーエキス

「ネイチャーズバラエティ ベニソン」を利用している人の声

「ネイチャーズバラエティベニソン」を実際に使用した人はどんな印象を持っているのでしょうか。投稿されている口コミ評価を幾つかご紹介します。

「うちの犬は アレルギーがあるので 何でも食べられません。病院でおススメのフードは 美味しくないようで 食べなかったり 食べたとしても 全然ごはんの時間が楽しそうではありませんでした。ドックトレーナーさんが成分等を調べて安心して与えられると紹介してくれました。このフードは 美味しいようで 食いつきが全く違います!頼み忘れても対応が早いのでいつも助かってます。」

「我が家のわんは、最近大腸に癌ができて手術しました。以前から別の病気もあり、療法食の組み合わせをしたりしてなかなか腸の状態が安定せず困っていたところ、こちらを見つけました。お試しパックから始めましたが、非常に美味しいらしい。食いつきが半端ないです。お陰さまで、便の状態もよくなり、体臭もなくなり、術後の経過も良好です。」

「成分に非常にこだわられた原材料を使用。特にアレルギーに対して特徴的で数多くのアレルギーになりうるものを排除し、今だけでなく将来食物アレルギーを起こしにくい配慮までされている。とても熱いものを感じるドッグフードだ。 加工法も、フリーズドライの方法で栄養成分をそのまま閉じ込める加工。味もたいへん良いようで特に喜んで食べてくれた。大型犬だとコストが大変かもしれないが小型犬以下ならさほど多くは食べないからこのような高級フードが良いかな。」

「アメリカの犬はバイソンの肉を食べてるのか・・・このブランドならではですよね。。。人間だってジビエ食べるとパワーに溢れるのだから、犬だって、バイソン食べて、パワーアップ!を期待。16歳の老犬、まだ食欲は旺盛で、これもガツガツ食いついたけれど、急激に弱っていっている。。散歩と食事以外はほぼ一日寝ていて、体重もずいぶん軽くなり、足元もかなりおぼつかない。。ので食べられるうちにと。」

「人の間でもローフードダイエット、健康法などという言葉がもてはやされています。加工したものではなく、できるだけ生に近い状態で食品を食することにより調理や加工の段階で失われる栄養素をそのまま消化・吸収しようというコンセプトです。当然、人だけでなく動物にも同じような摂取方法が推奨されます。このロウブーストシリーズは、各対象犬に合わせた生肉をフリーズドライ化したものをカリカリに混ぜられています。同製品は、カルニチンも多く、脂肪燃焼効果のある鹿肉が採用されています。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ