愛犬の長生きをサポートするドックフードとその考え方!

愛犬の長生きをサポートするドックフードとその考え方!

今回は、愛犬に少しでも長生きして欲しいと願っている全ての愛犬家のために、ワンちゃんの健康に役立つドックフード選びのポイントをまとめました。また、長生きドックフードとしておすすめの商品をご紹介します。

いつまでも愛犬には健康で長生きしてほしい

老犬のゴールデンレトリバー

健康長寿のために、食習慣を見直す人は少なくありませんが、それは犬にとっても同じです。特に毎日同じドックフードを食べ続ける犬にとっては、ドックフードの質が健康に大きく左右します。

しかし、ペットショップなどを見ると、数えきれないくらい多くの種類のドックフードが販売されています。それぞれ値段や特徴が異なり、どの商品も魅力的な効果をうたって販売されているので、どれを買っていいのか悩んでしまうことも少なくありません。

今回は、愛犬に少しでも長生きして欲しいと願っている全ての愛犬家のために、ワンちゃんの健康に役立つドックフード選びのポイントをまとめました。また、長生きドックフードとしておすすめの商品をご紹介します。

ドックフードと寿命の関係について

老犬

科学的な観点で考えると、現在の動物医学において、ドックフードの品質と寿命の長さを直接関連付けるような科学的な研究結果は発表されていません。

粗悪な安いドックフードを与えていても、長生きするワンちゃんもいれば、ヒューマングレードのプレミアムドックフードを食べていたのに、病気になって亡くなってしまう犬もいます。

遺伝的にある種類の病気にかかり易い犬種もいるので、どれほど食事に気を付けていても、 病気になってしまうことは少なくありません。

人間でも同じことが言えるのではないでしょうか。残念ながら、健康に気を使っている人が、必ず長生きする訳ではありません。だからと言って、暴飲暴食を繰り返していたら、病気のリスクを高めることになります。

問題なのは、必ず長生きできるかではなく、いかに病気や早死にしてしまうリスクを軽減できるかです。その点で、毎日の食事は重要な要素なので、ワンちゃんの健康を考えてドックフードを選ぶことはとても大切です。

ドックフードの向上によって平均寿命は延びている

老犬のゴールデン

かつてドックフードがなかった時代は、どの家庭でも人間の食べ物を犬に与えていました。ご飯に味噌汁をかけて食べさせたり、残りご飯をそのまま給餌したりしていました。

「一般社団法人ペットフード協会」の資料によると、昭和62年当時のドックフードの定着率は20.9%だったようです。現在では90%を超えているそうです。

ペットフードの普及に伴って、犬の平均寿命は飛躍的に延びました。同団体における独自調査によると、昭和58年の時点で犬の平均寿命は7.5歳だったそうです。

今では、犬の一般的な平均寿命は12歳から15歳と言われています。平成26年度の調査では、犬の平均寿命は14.17歳なので、なんと30年で2倍近く犬の寿命は延びているのです。

ペット獣医の増加や医療技術の向上も大きく関係していますが、人間の残りご飯ではなく、犬の健康を考えて設計されたドックフードの進歩が、犬の平均寿命を押し上げることに影響していると容易に想像できます。

ドックフード選びで大切なこと

老犬の笑顔

ドックフードなどの食生活が、犬の健康に大きく影響していることを考えました。では、どんな基準でドックフードを選べば良いのでしょうか。長生きに役立つドックフード選びのポイントをご紹介します。

栄養バランスについて

犬は環境によっては、野菜などを食べながら生きていける雑食のですが、イエイヌの祖先は肉食の「オオカミ」なので、基本的には肉類が中心の食生活が理想です。特に、「動物性タンパク質」がしっかり摂取できるドックフードが最適です。

タンパク質だけでなく、「炭水化物」や「脂肪」、「ミネラル」や「ビタミン」など、5大栄養素をきちんと摂取できる、バランスの良い食事が必要です。

多くのドックフードは、「AAFCO(米国飼料検査官協会)」の定めた基準に従って製造されており、総合栄養食として販売されています。総合栄養食とは、そのドックフードと水だけで健康を維持できる、栄養バランスのとれた製品のことです。

ただし、同じように総合栄養食に認定されているドックフードでも、AAFCOの定めた最低基準値をクリアしているだけの商品もあれば、より健康的な栄養バランスを追求して配合しているフードもあるので、原材料や保証成分などを必ず確認するようにしましょう。

また、いくら愛犬が欲しがるからと言って、人間の食べ物を与えることは絶対に止めましょう。人間の食べ物には、犬の健康を害する物も多くありますし、そもそも必要な栄養素が全く異なります。しつけの観点から見ても好ましくありません。

加えて、いくら必要な栄養が豊富に配合されていても、ワンちゃんが吸収できなければ意味がありません。それで、栄養価が高いだけでなく、消化吸収しやすい原料が使用されているかにも注意が必要です。

例えば、犬は大豆などの植物由来のタンパク質を消化することが苦手です。同じタンパク源でも肉を食べる場合と吸収効率が異なります。それで、原材料表を確認してどんな食材が多く使用されているのかに注目するようにしましょう。

塩分の使用について

塩

塩分に含まれている「ナトリウム」には、血液量を調整したり、アルカリと酸のバランスを保つ重要な働きがあり、生命を維持するために必要な成分です。

塩分が不足すると、落ち着きがなくなります。下痢や嘔吐などを引き起こすこともあります。また、皮膚が乾燥したり、脱毛などの症状が表れます。

しかし、塩分を摂取し過ぎると、体内の塩分濃度が高くなるので、大量に水を飲むようになり、結果として腎臓に負担をかけてしまします。また、体内の水分量が増えることにより、心臓への負担も大きくなるので、塩分の取り過ぎは心臓病のリスクも高めます。

愛犬の体重によって若干異なりますが、一般的な成犬に必要な塩分量は、一日当たり0.242グラムとされています。成長期など運動量の多い犬であれば、0.484グラムくらい必要とされています。

人間の場合には、男性で8グラム、女性で7グラムが摂取目安量とされているので、人間と比較すると、犬が必要としている塩分量は圧倒的に少ないということが分かります。

そのため、犬は食物から塩分を摂取する必要はないと考えられています。しかし、市販されているドックフードには、嗜好性を高めたり、尿路結石を予防する目的で、塩が原材料として使用されているものも多くあります。

海苔などの食材にもともと含まれている塩分で、必要な塩分摂取量を十分に補うことができます。しかし、塩が使われているドックフードを与えていると、塩分を過剰に摂取してしまう恐れがあるので注意が必要です。

添加物の有無について

ドッグフードを嫌がる

市販されているドックフードには、フードの酸化を防ぐために、酸化防止剤が使用されています。しかし、強力な酸化防止能力を持っている一部の酸化防止剤には、愛犬の健康を損なう危険があります。

例えば、「エトキシキン」は除草剤や駆除剤などに使用されている物質で、非常に強力な抗酸化作用を持っています。しかし、動物実験によって、「エトキシキン」を摂取していると、胃や大腸、膀胱などにガンを形成する可能性があることが指摘されています。

そのため、国によっては農薬として使用することも禁止されているほど、危険性のある添加物です。しかし、「ペットフード安全法」において、一定の基準値以内であれば使用が認められているので、特に多くの海外製のドックフードで酸化防止剤として使われています。

また、「BHA(ブチルヒドロキシアニソール)」もガンを誘発したり、呼吸困難や歩行障害などの深刻な健康被害を引き起こす可能性が確認されていますが、多くのドックフードで依然として使用されています。

同様に「BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)」にも、アメリカにおける動物実験において、膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する可能性があることが判明しましたが、高い酸化防止能力ゆえに、基準値の範囲内でドックフードへの使用が認められています。

専門家の意見に基づいて、基準値が設定されているとはいえ、動物実験において発がん性などが認められていることを考えると、愛犬の健康に有害な物質であることに変わりはありません。

プレミアムドックフードの中には、フードの酸化を防止するために、「ミックスドコフェロール」や「ローズマリー抽出物」などの天然由来の安全な成分を使用しています。愛犬の健康を考えると、人工添加物が含まれているドックフードより安心して給餌できます。

着色料や着香料などにも注意が必要です。例えば、「ローズベンガル(赤色105号)」は食品を赤色に着色する合成着色料の一種ですが、過剰に摂取すると肝臓や腎臓に悪い影響を与えます。また、ガンを誘発したり、染色体の異常を引き起こす可能性があります。

同様に、「エリスロシン(赤色3号)」も、タール色素に分類されている合成着色料です。福神漬けやかまぼこなど人間用の食品にも使用されています。しかし、ネズミを使用した実験で、甲状腺や赤血球に異常が生じる危険性が認められています。

犬は基本的に、匂いや食感で食べ物を判断しているので、着色料で色を美しく見せても、嗜好性にはほとんど影響を与えません。あくまで、人間が見た時の見た目の問題です。つまり、ドックフードに使用されている着色料は、犬にとって百害あって一利なしなのです。

このように、ドックフードには危険な添加物が使用されている場合があります。日本においても、ペットフードの安全性を確立するため、2009年6月に「ペットフード安全法」が施行されました。

しかし、依然として他のペット先進国と比較すると、法整備が遅れているのが現状です。また、基準を改定しようとする試みが、アメリカなどのペットフード製造国の圧力によって頓挫してしまうというケースもあるようです。

そのため、ペットフードを購入する際には、「国産だから」、「プレミアムドックフードだから」などの曖昧な理由ではなく、危険な添加物が含まれていないかを確認して購入するようにしましょう。

摂取カロリーについて

ドッグフードを迷う犬

人間と同じように、肥満はさまざまな健康上の問題を引き起こします。体重の増加によって、足腰などの関節に負担をかけるだけでなく、糖尿病などの病気を発症する原因にもなります。愛犬が適切な体重を維持できるようにコントロールしてあげる必要があります。

当然ですが、ライフステージに応じで、犬が必要としているエネルギー量は異なります。成長期の犬や授乳中の母犬は、一般的な成犬よりも多くのカロリーを消費するのに対し、歳をとったシニア犬はエネルギー消費量が低下します。

また、季節によっても消費カロリーに影響があります。例えば夏場の暑い時期は、愛犬の食欲が低下しがちですが、「パンディング(体温を調整するためのあえぎ呼吸のこと)」を行うため多くのエネルギーを必要とします。

基本的には、ドックフードのパッケージに記載されている摂取目安量を参考にして給餌すれば問題ありませんが、ドックフードのタイプが愛犬の状態と合っていないと、肥満になったり、栄養不足に陥る可能性があります。

愛犬の長寿に役立つおすすめドックフード

最後に、上記のドックフードの選び方に基づいて、ワンちゃんの健康維持に役立つおすすめのドックフードを4つご紹介します。

「モグワン」

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワン」は、ワンちゃんの健康をいつも見守っている獣医師の84.0%が、自分の飼っている愛犬にも「また食べさせたい」と答えた、高品質のプレミアムドックフードです。

新鮮な「チキン生肉」と「生サーモン」をたっぷり使用しており、タンパク質がフード全体の50%以上と、犬にとって一番大切な動物性タンパク質をしっかり摂取できるドックフードです。

ワンちゃんにとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのレシピを採用しています。また、バランス良く必要な栄養を摂取できるように、野菜やフルーツをたっぷり使用しています。

愛犬の健康への影響を考えて、使用する食材を厳選し、全ての原材料を人間でも食べることが可能な、「フューマングレード」の食材で仕上げています。

脂質が低いので、肥満気味の愛犬に最適です。また、脂肪が付き難いだけでなく、筋肉の成長を助ける効果も期待できるので、太りにくい体づくりに役立ちます。

「ビタミン」や「ミネラル」などの栄養を補うために、添加物が使用されてはいますが、健康に悪い影響を与えかねない酸化防止剤や着色料などの人工的な添加物は一切含まれていないので、安心して愛犬に食べさせることができます。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

「カナガン」

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ペット先進国であるイギリスで生まれた「カナガン」ドックフードは、グレインフリーで作られているプレミアムドックフードです。原産国のイギリスにおいて、80%以上のリピート率を誇る人気のフードです。

オールステージ対応で、給餌量を調整するだけで子犬からシニア犬に至るまで、全ての犬に給餌出来ます。肉副産物や人工添加物など、愛犬の健康を害する恐れのある原料が一切使用されていないので、全てのワンちゃんに安心して食べて頂けます。

「とうもろこし」や小麦などの炭水化物は一切使用せず、およそ60%が「動物性原材料」で作られています。保証成分を確認しても、粗タンパク質が33%、脂質が17%と、愛犬が必要としている栄養をしっかり摂取することができます。

「サツマイモ」や「ジャガイモ」などの食物繊維が豊富な食材も使用しているので、腸内環境を整えるのにも役立ちます。また、皮膚や被毛の健康に欠かせない必須脂肪酸もたっぷり配合してます。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

「アランズナチュラルドッグフード」

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

アランズナチュラルドッグフード」は、ナチュラルフィーディング(自然給餌)の理念に基づいて製造されている、イギリス生まれのドックフードです。

かつて野生の犬が、獲物を捕らえて摂取していた栄養素に注目し、本来の犬が必要な栄養素だけを使用することによって、犬にとって消化しやすいフード作りを追求しています。

使用する食材は、イギリス産の新鮮な食材を使用し、厳しい栽培基準を満たした人間でも食べられる原料だけを使って作られています。

犬にとってアレルゲンとなり易い「小麦」や「大豆」、「牛肉」や「豚肉」を排除しているので、食品アレルギーを持っている犬でも安心です。当然ですが、不適切な人工添加物や肉副産物は使用していません。

アランズナチュラルドッグフードの評判って?気になる成分や口コミを教えます!

大切な愛犬だから、与える毎日の食事はこだわりたい。そう思っている飼い主さんも多いですよね。そんな愛犬思いの飼い主さんにおすすめしたいのが、アランズナチュラルドッグフード。自然給餌(ナチュラルフーディング)の考え方を取り入れたアランズナチュラルフードについてまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%88%90%E5%88%86%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81

「オリジン」

オリジンドッグフード

自然な形でのタンパク質と脂質を摂取でき、ワンちゃんの健康を促進するのに非常に効果的です。

ドックフードの「オリジン」は、良質なドックフードに与えられる「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続で受賞している、カナダ生まれの高品質なドックフードです。(現在はアメリカで製造しています。)

生物学的に適正なフードを作ることをコンセプトに、新鮮な肉類をたっぷり使用して製造されています。抗生物質やホルモン強化剤などを一切使用していない、放し飼いチキンを含め、カナダ産の良質な食材を使用しています。

血中脂肪をコントロールする「ひよこ豆」や、尿のPhをコントロールするのに役立つ「クランベリー」など、多くの機能性食材を使用しているので、療養食ではありませんが、下部尿路疾患などの、健康上の問題を抱えたワンちゃんにおすすめのドックフードです。

フードの酸化を防ぐために、天然由来の「ローズマリー」を使用していて、危険な酸化防止剤は使用されていないので、添加物の点でも安全なフードです。

オリジンドッグフードってどう?原材料とみんなの評判まとめ!

数々の賞を受賞した世界が認めるオリジンドッグフード、ますますの成長を続け愛犬に、より安全で安心な食事を生産しています。今回はそんな『オリジンドッグフード』を公式サイトや販売サイトから情報を得て、解析し成分と原材料を分析、そして口コミをまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

まとめ

犬と飼い主

安全なドックフード生活の改善は健康への第一歩です。ワンちゃんの健康を守るためには、良質なドックフード選びは不可欠です。

プレミアムドックフードは、値段も高額になることが多いですが、家族の一員であるワンちゃんのために、栄養豊かで安全なドックフードを準備してあげましょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ