愛犬の血管年齢の若返りに!おすすめサプリメント5選

愛犬の血管年齢の若返りに!おすすめサプリメント5選

も一緒に生活している愛犬も、年々歳を取っていき、気付いた時には思った以上に老化しているということがあります。 血管年齢を若返らせるためにサプリメントを活用することについても説明します。血管年齢を若返らせるための有効成分について、またおすすめのサプリメントの紹介もするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

愛犬の老化について

愛犬の老化

いつも一緒に生活している愛犬も、年々歳を取っていき、気付いた時には思った以上に老化しているということがあります。それもそのはずで、犬は人間よりも早く歳を取るので、子犬のころから飼っていたとしても、数年後は飼い主よりも年寄りになってしまいます。犬は最初の1年間は幼年期でかわいらしい子犬ですが、1歳になると成犬になります。そして7歳くらいになるともうシニア犬と呼んでもおかしくありません。

最近では完全室内飼育で大切に愛犬を飼っている人が増えていたり、医療もかなり進歩しているため、犬の高齢化も進んでいます。長生きしてほしいですが、老犬になると健康のトラブルもたくさん抱えるようになります。さらに人間と同じく現代的な生活によってストレスをためてしまうことが少なくありません。こうした生活環境や加齢によってケアが必要になるシニア犬たちが増えています。

加齢によって影響を受ける体の部分に血管を挙げることができます。血管を血液が通って、体中に必要な栄養や酸素を供給しているわけですが、歳を取るにつれて血管もダメージを受けて、血液の流れに支障をきたすということがあります。血液が体中に上手に流れなくなれば、様々な体の機能に悪影響が及ぶのは想像に難くないでしょう。また加齢だけでなく、生活習慣によっても思ったより血管のダメージが進んでいるということがあります。

実年齢に加えて、身体の部分にもおよその年齢を付けることがありますが、血管にも年齢を付けることができます。これを血管年齢といいますが、今回は犬の血管年齢について調べてみました。血管年齢は実年齢と共に進むわけですが、老化が早まってしまうことがあれば、老化をゆっくりにさせることもできます。血管年齢が老化するとどんな症状が起こるのか、若返らせるためにどんなことができるかなどについて説明します。

そしてできることのひとつとして、血管年齢を若返らせるためにサプリメントを活用することについても説明します。血管年齢を若返らせるための有効成分について、またおすすめのサプリメントの紹介もするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

血管年齢について

血管年齢

健康意識が高くなり、私たち人間の周りでも「血管年齢」という言葉を聞くようになりました。最近ではショッピングモールなどでも血管年齢の測定ができるようです。血管年齢とは何でしょうか、さらに老化するとどんな症状が起こるのでしょうか、さらに血管年齢を若返らせるためにできることはあるのでしょうか。それぞれを項目ごとに見てみましょう。

血管年齢とは

年齢を重ねると、細胞や皮膚も老化してきます。顔にシワができたり、ケガが治りにくくなったりすると、「あー、歳を取ったなぁ」と感じることがあるでしょう。これらの老化は目に見えるのでわかりやすいですが、実は血管も年齢と共に老化していきます。心臓から送り出される血液が流れている血管ですが、心臓の鼓動と共に伸縮を繰り返している血管も、老化するとだんだんと弾力がなくなって硬くなってしまいます。

そこで血管の老化の度合いを目安で測れるようにしたのが血管年齢です。血管が弾力を失ってかなりもろくなった状態が動脈硬化ですが、この血管年齢によって動脈硬化がどのくらい進んでいるのかも知ることができます。加齢によって血管年齢も進みますが、生活環境によっては実年齢よりも血管年齢が高い、つまり血管の老化がかなり進んでいるということもあり得ますので、普段から注意しておく必要があります。

血管年齢の老化によって起こる症状

血管年齢の老化によって血管の壁が硬くなり、さらに厚くなってしまいます。そうすると動脈硬化が進行し、血管が詰まったり破れやすくなるため脳血管障害、狭心症、心筋梗塞などの病気を発症します。これらの病気は命にかかわる重度のものなので、注意が必要です。

・運動しなくなり肥満が原因になることも

また、コレステロールや中性脂肪が多くなると血管が狭くなって血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなると、酸素や栄養が体全体に上手にいきわたらなくなり、そのために内臓や筋肉の衰えが始まってしまいます。ほとんどの内臓疾患や筋肉疾患は血管年齢の老化が影響しているともいわれています。

血管年齢を若返らせるためにできること

人間も同じで普段与えているドッグフード普段与えているドッグフードもシニア犬に合ったものに変える必要があるでしょう。体重や持病に合わせて栄養バランスの良いドッグフードを選ぶようにしましょう。激安で粗悪なドッグフードを与えていると、必要な栄養分が欠けてしまい、血管年齢の老化を早めてしまいますので、食生活に気を配ってあげるようにしましょう。

・ストレスフリーなスペースを作ってあげること!(早いうちからしつけが必要)

不規則な生活習慣も改善する必要があります。食事の時間などを規則正しくして、1日に必要なカロリーをしっかりと摂れるようにしましょう。また夜はしっかりと睡眠がとれるように、できればパーソナルスペースを作ってあげて、そこでゆっくりと邪魔されずに睡眠ができるようにしてあげましょう。

時々、愛犬と一緒に寝ているという飼い主さんがいますが、老犬になって寝床で粗相をするようになってからパーソナルスペースを作ってそこに寝かせるようにする場合があります。歳をとってからいきなり睡眠環境が変わるとかなりのストレスになってしまうので注意が必要です。できれば早いうちからパーソナルスペースで寝る習慣を付けておくことをお勧めします。

・愛犬とのコミュニケーションマッサージが大事!

血管年齢を若返らせるためにマッサージを習慣にしてあげることもできます。血管に刺激を与えて、血行を良くすることが期待できますし、愛犬とのコミュニケーションがとれるので、リラックスさせたりストレスを解放させることもできます。犬のマッサージについて説明しているインターネットのページなどもあるので、ぜひ調べてみてください。

血管年齢とサプリメント

Close up vitamins and supplements on white background with a brown bottle. Including Vitamin c, vitamin E, vitamin D3, salmon oil, fish oil and co enzyme Q10 capsules.

さまざまな栄養素を補給することができる犬用のサプリメントがたくさんあります。血管年齢を若返らせるために有効なサプリメントも存在するので、使用することも念頭に入れることができるでしょう。なぜサプリメントが効果的なのか、またどんな有効成分が必要なのかについて説明します。

なぜサプリメントが効果的か

愛犬は必要な栄養素を普段の食事から摂取します。飼い主さんもいろいろと工夫してドッグフードを選んだり、場合によっては手作り食を与えたりしていることでしょう。しかしいつものドッグフードだけ、または手作り食で必要な栄養素をすべて補うことは非常に難しいということができます。せっかく栄養素が豊富に含まれている食材でも、アレルギー源になってしまったり、毎日与えるのは現実的でないといったものもあります。

それで、必要な栄養素を補うためにサプリメントを使うことが効果的です。毎日おやつ感覚で与えることのできるものや、普段の食事に振りかけるだけの簡単なものが多いので、無理なく毎日続けられ、必要な栄養素をしっかりと補うことができます。

血管年齢を若返らせるために必要な有効成分

DHA

血管年齢を若返らせるために効果的だとされているのは、「DHA」です。コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあるので、血管の詰まりを改善させ、血管年齢を若返らせる効果があるといわれています。また「EPA」も血液の健康を保つ働きをするとされているので、積極的に摂取することのできる成分だということができます。

また人間の認知症治療薬としても研究が続けられている「プロペントフィリン」も血管年齢を若返らせるのに有効な成分だということができます。プロペントフィリンには血管を拡張する効果があるので、血液の流れをスムーズにして、酸素や栄養が体中に巡りわたるようになります。

血管年齢を若返らせるためのおすすめサプリメント

ペットヘルスARA+DHA

認知症の予防に効果が抜群だとされる、シニア犬のためにサントリーと共立製薬が共同で開発したサプリメントです。ARAは細胞膜を柔軟にする効果があるので、脳からの信号をスムーズに伝達できるようにサポートする働きがあります。そうすることによって学習能力や記憶力などをしっかりと保つことができます。またDHAが配合されているので血液をサラサラにし、血管年齢を若返らせる効果も期待することができます。

直径10mm、短径6mmのソフトカプセルで、10kg未満の犬には1日2粒、10kg以上の犬には1日3粒を目安に与えることができます。そのまま、または食事に混ぜて与えることもできます。2粒あたりにDHAが53mg配合されています。

紫イペスーパーエキスパウダー

長寿株式会社が天然素材を厳選して開発した長寿のペットサプリメントです。栄養素はビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸(DHA・EPA)、アミノ酸をはじめとする300種類以上と言われています。また犬が必要とする3,000種類の酵素力が血管年齢を若くさせます。

1日の飲用目安は体調がやや不安の場合に小型犬は付属スプーン大を約半分~1杯、中型犬は1~2杯、大型犬は2~3杯与えます。現在は健康だという場合でも、よりよい健康のために半分量を与えることができます。1日2回に分けて食事やおやつに混ぜて与えることができます。

ビビトニン

こちらはサプリメントというよりは薬になりますが、血管を拡張する働きのある「プロペントフィリン」によって血管年齢を若返らせる効果を期待することができます。血流の改善によって、加齢による様々な健康のトラブルに働きかけます。午前と午後の2回に分けて、犬の体重1kgに対して6~10mgを直接与えるようにします。食事の30分くらい前までの空腹時に与えることがすすめられています。

DHC 犬用 国産 DHA+EPA

先端をちぎってオイルが出せる特殊なソフトカプセルのサプリメントです。食事にかけたりスプーンなどで直接飲ませることができます。カプセルはゼラチンでできているので、そのまま与えることも可能です。血管年齢を若くさせる成分だとされているDHAとEPAが配合されたサプリメントで、シニア犬だけでなく幼少期にも与えることができます。

1粒当たりにDHAが68mg、EPAが31mg配合されていて、1日当たりの給与量は5kg未満の犬の場合は1粒、5~10kgの場合は2粒、10~20kgの場合は3粒、20kg以上の場合は4粒です。

ナチュラルハーベスト クリルオイル

ナチュラルハーベスト クリルオイル

必須脂肪酸が豊富に含まれています。消化吸収、体内での利用に優れた形をしています。 加えて、強力な抗酸化作用をもつアスタキサンチンを含有しています。。

南極の海で育ったオキアミから抽出されるクリルオイルを原材料として使用したソフトカプセルのサプリメントです。クリルオイルにはオメガ3脂肪酸のEPA・DHAが豊富に含まれています。完全無添加なので愛犬に安心して与えることができます。1粒あたりの大きさは12mmで、体重5kgあたり1~2粒を与えます。EPAの含有量は13%以上、DHAは5%以上となっています。

まとめ

愛犬の血管年齢について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?加齢とともに血管も老化して、健康のトラブルを抱えるようになることがわかりました。普段の生活習慣を見直して、血管年齢の若返りすることができます。それとともに、食生活の見直し、さらにはサプリメントを使用することによって血管年齢を若返らせることができます。有効成分はDHAとEPAなので、これらが含まれているサプリメントを探すようにしましょう。

愛犬には長生きしてほしいですが、できるだけ健康なシニアライフを送ってほしいですね。飼い主としてはできるだけのことをして、愛犬との日々を最後まで楽しめるようにしましょう!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ