愛犬におすすめ!ウコン配合の肝機能力アップに最適なサプリ2選!!

愛犬におすすめ!ウコン配合の肝機能力アップに最適なサプリ2選!!

わたしたちはストレス社会に生活しています。疲れが溜まる、たくさん寝たはずなのに疲れがとれないといった方がたくさんいるのではないでしょうか?最近では、疲れの原因として肝機能の低下や、肝臓の疲れが挙げられています。犬用にもウコンのサプリがあるのをご存知ですか?調べてみるとたくさんの犬用ウコンサプリがあります。今回は犬がウコンを摂取することのメリットや、どのようなサプリメントがあるかをご紹介します。

「ウコンの力」や「ペパリーゼ」など、肝臓の機能を高めるエナジードリンクやサプリメント、飲料がたくさん販売されていますね。特に、年末年始、忘年会の季節、二日酔い、食欲がない時などにこういった栄養補助食品の助けを借りることがありますよね。

さて、最近では肝臓を強化することに注目が集まっていますが、肝臓に良いサプリメントといえば何が思い浮かびますか?そう、ウコンです。ウコン配合のサプリメントをたくさん見かけます。

ウコンとは

Turmeric Powder,Turmeric

よく「ウコンは体に良い」とか「肝臓に良い」といった話を聞くことがあると思います。では、ウコンってそもそも何なのでしょうか?

ウコンとはショウガ科ウコン属の草の根のことです。英語名を「ターメリック」といいます。カレーを作るときに使う黄色粉末状のものを見たことがあるかと思います。

インドが原産であり、古くから中国やタイ、沖縄などで利用されてきました。あの女王卑弥呼も秘薬として利用していたと言われています。

ただ、卑弥呼が使っていたり、江戸時代の記録でウコンのことが出てきたりと、ウコン自体は早くから日本に入ってきていたようですが、もともとあまり馴染みがなく、沖縄以外ではあまり使われていませんでした。日本料理でもターメリックを使う料理ってありませんよね。

最近では、ウコンの効能が注目されサプリメントとして使われるようになりました。また、それだけではなく、料理の時にスパイスとしても広まりました。自宅にターメリックが置いてあるご家庭も多いのではないかと思います。

ウコンの効能

Turmeric powder. Turmeric  or Curcuma is the spice that gives curry its yellow color. It has been used in India for thousands of years as a spice and medicinal herb.

では、なぜウコンが注目されているかというと、ウコンに含まれている精油成分(エッセンシャルオイル)とクルクミンという成分が含まれているからです。クルクミンは黄色の天然色素でポリフェノールに分類されます。

ターメリックの主な効能

胆汁・胃液の分泌の促進、コレステロールを溶かす、抗がん作用、腫瘍予防、健胃・殺菌効果とされています。飲み過ぎや二日酔いに良いと言われているのも納得ですね。

ウコンには主に「春ウコン」と「秋ウコン」があります。

・春ウコン クルクミンをあまり含まず、健腸作用を持っている精油成分が多く含まれています。

・秋ウコン クルクミンが豊富に含まれており、胆汁分泌を促進する働きがあります。

犬にウコンサプリは必要?

Close up vitamins and supplements on white background with a brown bottle. Including Vitamin c, vitamin E, vitamin D3, salmon oil, fish oil and co enzyme Q10 capsules.

では、ここからが本題です。犬にウコンのサプリメントを与えることは必要なのでしょうか?愛犬にサプリメントを与えるなら、犬の健康を増進することが期待できます。ウコンの摂取は必須というわけではありませんが、サプリメントを摂取する犬の肝機能を高まり、健康につながります。

犬にもストレスがある

人間が肝機能が低下する原因の一つにストレスがあります。ストレス社会で生活していると、疲れが抜けなかったり、内臓系にトラブルを抱えてしまうことがあります。人間ほど顕著には表れませんが犬にもストレスがあります。

有害物質の多い食事

ペットフードには食品添加物が含まれており、それが犬にとって有害という場合があります。栄養が偏ったドッグフードも犬の内臓に負担をかけてしまいます。特に、おやつのなかに有害物質が含まれている場合があります。他にも、ノミ、ダニ駆除剤の中に入っている毒素も犬の肝臓に負担を与えてしまいます。

環境

人間が快適に感じる環境と犬が快適に感じる環境には違いがあります。一般的には人間は明るい場所を好むので、家の中の照明を明るくしているおうちが多いのではないでしょうか。しかし、人間にとってちょうどよい明るさは犬にとっては明るすぎる可能性があります。

また、人間はリラックスするために芳香剤を使ったり、音楽をかけたりします。でも、犬の身になってみてください。犬の聴覚や嗅覚は人間とは比べ物にならないほど敏感です。犬にとってはこういった環境もストレスになる可能性があります。

留守番

Dog waiting for treats.

飼い主と離れることによって不安を感じる犬もいます。「ただいま~」と帰宅すると狂ったように喜んで主人を迎えてくれるわんちゃんもいるのではないでしょうか?そのことは、飼い主がいないときの寂しさの裏返しともとることができます。

騒音、空気汚染

特に都会に多い問題かもしれませんが、交通量の多い地域の場合絶えず車の往来があるので、犬にとってストレスになる場合があります。また、排気ガスやPM2.5の影響などもあるので、嗅覚が敏感な犬にとってはストレスフルな毎日かもしれません。

犬は人間ほどストレスには敏感ではありませんが、ストレスによって食欲がなくなって弱ってしまうこともあります。そんな時、元気な肝臓でたくさん食事をすることは大切です。ウコンが必須というわけではありませんが、肝機能の向上は良い食生活につながります。

犬の肝臓への効能

detail of dog on rontgen photo on screen

では、ウコンが肝臓に良いということですが、肝臓が犬にとって重要な器官であるということをご説明します。

毒素を分解する

人間の肝臓がアルコールなどの毒素を分解する働きがあるのと同じように、犬の肝臓も食べ物などによって入ってきた毒素を分解する働きがあります。肉や魚の中には犬にとって毒になる成分が入っていたり、カビのような毒素を食べてしまう可能性があります。そんな時に肝臓が毒素を分解してくれます。

代謝・貯蔵

食べ物によって摂取したタンパク質や炭水化物などの栄養素は胃や腸で吸収され肝臓に送られます。肝臓では、体の各部位に必要なかたちのエネルギーに作り変える働きがあります。また、エネルギーを貯蔵する働きもあります。

生産・分泌機能

肝臓には胆汁を生成する機能もあります。胆汁は脂肪の消化に関わる消化液です。

このように肝臓は一つの臓器でたくさんの仕事をしています。そのため、「体内の化学工場」と呼ばれたりもしています。

沈黙の臓器

いつも忙しく働いている肝臓ですが、犬の肝臓には痛みを感じる神経がないと言われています。つまり、肝機能が低下していても特徴的な症状が出にくいので、病気の発見が遅れてしまうことがよくあるのです。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われていて、自覚症状がない場合が多い器官です。健康なうちからウコンを与えるなどして、肝臓をいたわってあげる必要があるということですね。

肝臓が弱っている時に表れる症状

肝臓が弱っているのに気づかずに肝臓病になったり肝硬変になったら大変です。かわいい愛犬の肝臓が弱っていないかチェックしましょう。

・肝臓が弱っている兆候

食欲がなくなってきた、体重が落ちる、便が固くなってきた、いつもダルそうにしている、毛艶が悪くなってきた、たくさん水を飲むようになる、といった具合です。

人間の場合と似ているかもしれませんね。一度肝臓病になってしまうと、その後ずっとその病気と付き合わなくてはならない可能性が高くなります。犬はもともと肝臓の回復機能が高い動物とはいえ、日頃から食生活に気をつけて愛犬につらい思いをさせないようにしましょう。

肝臓の病気の場合は判断するのが難しいので、以上の症状が表れているなら病院で肝機能の検査をすることをおすすめします。また、定期検査をして、肝臓の数値が高くなっていないか早めの対策をとりましょう。

犬にウコンを与える必要はあるの?

Composition with bowl of turmeric powder on wooden table.

毎日の愛犬の食事にウコンを

犬の肝臓病予防、肝機能回復のためにおすすめなのが犬用のウコンサプリメントを摂取させることです。製品にもよりますが、一般的には粉末タイプのものが多く、毎日のドッグフードなどの主食に混ぜて食べさせるだけです。

ウコンのサプリメントはあらゆる年齢や種類の犬におすすめです。特におすすめなのは肝機能が低下してくるシニア犬、肝機能に問題を抱えている犬の食事療法に用いるといった方法です。もちろん健康なわんちゃんも元気なうちから病気予防として摂取させることもおすすめです。

獣医師さんと相談するのがベター

Veterinarian is examining a cute siberian husky at hospital.

ウコンは食品やスパイスとして利用されている通り、特に大きな毒性はありません。ただ、注意したい点して、ウコンは刺激によって肝機能を高めるという作用があるため、ウコンの摂りすぎに注意する必要があります。

また、ウコンを摂取することによって、ドッグフードや他の食物から摂取できるはずの栄養素が阻害されてしまうという可能性があります。人間の場合も一日に摂取できる限度量があるのと同じように、犬の体調や大きさ、体質などによって摂取できる量が異なってきます。

さらに、注意すべき状況として、犬が肝臓に大きな問題を抱えている場合は食事療法なども必要になってきます。その時にウコンを与えたほうが良いかどうかは獣医師さんと相談するのが良いでしょう。

ウコンは体に良いもので、薬ではありませんが、用法用量をよく守って摂取させることが大事ですね。

おすすめの犬用ウコンサプリメント

犬用のウコンサプリメントもたくさん出回っています。ウコン含有量や、味付けなどいろんな種類があります。いくつか紹介していきますね。

「ぽかぽかウコン」

ぽかぽかウコン

肝臓の機能向上、冷え対策にも効果を発揮します

純度100パーセントのウコンを使用していて、添加物も一切入っていません。安心して愛犬に与えることができる純国産のウコンサプリメントです。

秋ウコンを使用しているため、クルクミンが豊富で肝機能回復に効果大です。純度が高いことを売りにしているだけあって、ウコン独特の香りがかなりするようです。ホームページでも、「飼い主様も一緒にどうぞ」と書かれているように、厳選した素材を使用しています。

粉末になっていて、ドッグフードに混ぜて使うタイプのものになっています。30グラム1,880円(税抜き)となっております。質の高いウコンを探している方におすすめです。

イミューン「沖縄産・醗酵秋ウコン」

沖縄産の秋ウコンを使用した飲みやすいウコンサプリメントです。犬が食べやすいようにビーフ味になっている点がおすすめです。

人間用のウコンを与えると、純度はいいけどニオイがきつい、または独特の苦味があって犬が食べたがらないということがあります。この製品は人間用の質の高いウコンを使用していますが、犬が食べやすいようにビーフ味になっています。

粉末ではなく、錠剤のタイプのウコンになっています。製法特許を取得した独自の技術で製造していて、香りや苦味をなくし飲みやすくなっています。さらに、通常の錠剤タイプのサプリメントは成型のために増量剤を用いることが多いのですが、このサプリメントには増量剤が全く入っていません。ウコンの純度を保ったまま飲みやすく仕上げられています。

お値段は120粒で1,895円です。錠剤タイプになっていますが、目安として小型犬が1日2粒、中型犬が1日4粒、大型犬が1日6粒ほどとなっています。錠剤のままでは食べたがらない場合は、すりつぶしてドッグフードに混ぜて食べさせても大丈夫です。

まとめ

いかがだっだでしょうか?今回は犬用ウコンサプリメントをご紹介しました。

人間でも内蔵が疲れていると、体全体がだるくてしんどいですよね。大事な愛犬には同じようなつらい思いはさせたくないものです。日頃の食事から栄養補助剤としてウコンを使ってみるのはどうでしょうか?

ウコン配合のドッグフードなどが販売されている場合がありますが、おすすめなのはサプリメントとしてウコンを必須量摂取させることです。ドッグフードの中に含まれているウコンの量や質はあまりよいものではない場合が多いからです。

今回は2つだけご紹介しましたが、どちらも純度や質の高いものです。大事な愛犬に与えるものですから、品質のよいものを選ぶとわんちゃんも喜ぶかもしれませんね。

また、どちらのサプリメントも人間も食べることができるので、わんちゃんと一緒に試してみるのはいかがでしょうか?愛犬の健康状態を見て、また獣医師さんの意見も聞いてみて、ぜひウコンサプリメントを摂ってみてください。元気な犬の姿をみることができるのは飼い主にとって何にも代えがたい喜びですよね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ