愛犬の肌荒れは皮膚にトラブルを抱えているサインかも?

愛犬の肌荒れは皮膚にトラブルを抱えているサインかも?

多くの飼い主さんが困っている皮膚トラブル。軽度なものであれば知ないうちに自然に治っていることもありますが、気が付かず放置することで重症化してしまうことも、深刻な皮膚トラブルになってしまう場合があります。被毛のせいで気付きにくいことも多く気付かないうちに重症化・人に感染していたという事を避け症状が進行する前に解決する必要があります。

肌荒れは皮膚トラブルのサイン

veterinarian and assistant in vet clinic at work.

多くの飼い主さんが困っている皮膚トラブル。軽度なものであれば知ないうちに自然に治っていることもありますが、気が付かず放置することで重症化してしまうこともあります。例えば、ワンちゃんが脚で体を引っ掻いたりした時に皮膚が傷つき、そこから何か菌が入り込み化膿して「膿皮症」になってしまう場合があります。

このようにワンちゃんの肌荒れは、飼い主さんが知らないうちに重症化すると、深刻な皮膚トラブルになってしまう場合があります。皮膚トラブルの原因によっては人にうつるものもあります。被毛のせいで気付きにくいことも多いです。なので、気付かないうちに重症化していた、人に感染していたという事を避け症状が進行する前に、肌荒れの段階でワンちゃんの変化に気づき対処したいですね。

皮膚トラブルにはサインがあります。肌荒れには、かゆがる、乾燥、フケ、毛が抜けるといった症状があります。例えば、ワンちゃんが日に何度も同じ箇所を掻いている場合や、噛んでいる場合、皮膚チェックを行い、掻きすぎて出血していたり、毛がひどくはげていたり、できものがあれば動物病院を受診してひどくならない内に治療を受けるようにしましょう。

また、皮膚が乾燥する季節や、エアコンが効いた部屋で過ごすワンちゃんは、肌が乾燥してはがれ落ち、フケとして毛に付いている場合があります。そんな時は肌が傷付きやすくなっていますので、皮膚の状態を注意してみるようにし、部屋を加湿したり、保湿剤を塗ってあげたりするといいかもしれません。ワンちゃんにブラッシングをする時やシャンプーをする時など、定期的に犬の皮膚のチェックをして早めにそのトラブルを見逃さないようにするといいですね。

肌荒れの原因

悲しいワンコ

重症化すると、ワンちゃんも飼い主さんも本当に辛い皮膚トラブルですが、でも肌荒れがなぜ引き起こされるのでしょうか?

肌荒れの原因は、乾燥、ただれ、虫刺されや寄生虫の感染、細菌感染等による炎症、アトピーやアレルギー、ストレスなどが考えられています。他にも、免疫力の低下、ホルモンバランスの影響、食事など、様々な要因で肌荒れを起こします。

先に述べたように、肌荒れは大きな皮膚疾患の初期症状である可能性もありますので、肌荒れを発見したら注意深く観察していくことも必要ですし、早めに獣医さんに診断してもらい、必要な対策を行うことが大切です。肌荒れの身近な対処方法として、食事を見直す、つまりどんなドッグフード与えるのか見直すことにより改善されるケースも多いです。

ドッグフードの口コミなどでは、ドッグフードを変えたら、皮膚トラブルがピタッと治まったという意見も見られます。もちろんドッグフードが原因でない場合もありますが、肌荒れから始まる様々な皮膚トラブルの予防効果として、最も身近な方法でしかも効果が高いのはやはり食事(ドッグフード)です。

栄養バランスの偏った食事はもちろん、添加物や化学物質が含まれた食事を摂取していれば、腸内環境が荒れ、皮膚にいいとはとても言えません。例えば着色料は、飼い主さんに対してドッグフードを見た時の印象を良くするためのもので、ワンちゃんには何のメリットもありません。むしろ発がんの危険性があるのでデメリットとなります。

そういった添加物はもちろん、4Dミート(Dead(死んだ)、Dying(死にかけの)、Disabled(障害のある)、Diseased(病気の)※これらの頭文字をとって4Dミートと呼ばれる)といったような粗悪な原材料を使ったドッグフードやおやつなどは使用しないのが一番です。

またビタミンやミネラルやオイルが不足することにロッテも、皮膚トラブルがあらわれやすくなります。

今はドッグフードの種類が本当に多くなり、ドッグフードを選ぶということはとても難しいですね。ホームセンターや、通販などでも多くのドッグフードやおやつやサプリメントがありますし、特に皮膚トラブルなどを抱えているワンちゃんの飼い主さんにとって何を与えればいいのか選ぶのが大変だと思います。

ワンちゃんにとってどんなフードが身体に良いかといえば、やはり無添加ものやオーガニックのもの、いわゆるプレミアムグレードがいいということは分かりますが、残念ながらそうしたドッグフードは市販での購入はなかなかできないものですし、大型犬や多頭飼いの飼い主さんは、価格の面でも継続して与えるのは難しかったり、せっかく与えても食いつきが悪いかもしれません。

さらに言うと、無添加をうたっているものであっても、栄養バランスが偏ってしまっていると、それが原因で病気になってしまう場合もありますし、手作りでといっても飼い主さんが栄養について知識がないと、ここでも栄養が偏ってしまう場合があります。

では実際にどんなドッグフードがいいのでしょうか?

この点で、欧米の方がペット先進国で日本よりも厳格な基準が設けられていているのでお勧めで安全だという意見も見られる一方で、逆に外国のものの中には、長期間かけて輸入されるので、ペットフードの中に相当な量の防腐剤が添加されているのでワンちゃんにとって良くない、という意見も見られます。

では、肌に良いということで利用されているドッグフードについていくつか見てみましょう。

まず、動物病院などでもよくお勧めされる「ロイヤルカナン」の中から皮膚のトラブルを抱えるワンちゃんのために特に開発された「ロイヤルカナン・スキンサポート・ドライ」と「ナチュラルハーベスト」の「セラピューティックフォーミュラカロンスキン&コートケア用食事療法食」を見てみましょう。

動物病院などで勧められることもあるプレミアムドッグフードですが、では実際にはどうなのか原材料や成分を調べてみました。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナン ダックスフンド 成犬用 3kg 生後10ヶ月齢以上

50種類以上の栄養素の最適なバランスを追求し、個々の犬の栄養要求に応えるドッグフードを提供しています。

「ロイヤルカナン」は公式ホームページを見ると、ワンちゃん用の「スキンサポート・ドライ」は、皮膚疾患のワンちゃんに与えることを目的として、特別に調製された食事療法食であると述べられています。参考価格としてAmazonでは1㎏2354円で販売されています。

この食事は、食物アレルギーの原因となりにくい消化性の高い原材料を使用し、また、ワンちゃんに必要なオイルであるオメガ3系脂肪酸(EPA、DHA)や、クルクミン(英語名はターメリックともいわれているウコンなどに含まれているポリフェノールの一種)、アロエおよび抗活性酸素物質が含まれているとのことです。では原材料を見てみましょう。

ロイヤルカナン・スキンサポート・ドライの原材料

米、肉類(鶏、七面鳥)、動物性油脂、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、魚油、ビートパルプ、大豆油、クルクミン、ルリチシャオイル、アロエベラエキス、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、ゼオライト、アミノ酸類(タウリン、L-チロシン)、ミネラル類(K、P、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル) (公式ホームページより)

穀類はコメが使用されています。公式ホームページをみると、人間が生米を食べるのでなく炊いて柔らかいご飯に変えてから食べるように、ドッグフードの穀物に含まれるデンプンを、ペットフードに含まれる穀物も、適切に調理されていて、消化できる適切な量に調整されているので、ワンちゃん良質なエネルギー源として利用することがでると書かれています。

肉も何の肉を使用しているか記載されていますので、もしワンちゃんのアレルゲンとなる食材が分かっている飼い主さんならば、材料をみて判断する事ができます。健康を維持することで皮膚の抵抗力をサポートするため、クルクミン、アロエベラ、ビタミンC、タウリンなどを配合し、ワンちゃんに不足しがちなオメガ3系不飽和脂肪酸(EPA、DHA)を配合しています。

皮膚のバリア機能のために、亜鉛-リノール酸複合体とともにビオチン、ニコチン酸を配合し、健康を維持することで皮膚が本来持つバリア機能を維持するように考えられています。また、健康を維持するために、複数の抗活性酸素物質(ビタミンE、ビタミンC、タウリン、ルテイン)を配合されています。

心配な点としては、動物性油脂や食物性繊維など何を使用しているかよくわからない記載があります。またビートパルプが使用されていますので、便秘になる可能性があります。保存料としてソルビン酸カリウム、酸化防止剤としてBHAと没食子酸プロピルといった人口の添加物が使用されています。これらの人工添加物は、危険数値にならないように計算されて使用されているとのことですが、これらは発がん性のものですので心配です。

成分

タンパク質:25.2 g
脂   肪:16.4 g
食物 繊維:7.8 g
灰   分:9.2 g
水   分:10.4 g
炭水 化物:44.6 g
カルシウム:1.3 g
カリ ウム:0.88 g
リ   ン:1.10 g
マグネシウム:0.09 g
  鉄  :24.3 mg
  銅  :1.64 mg
亜   鉛:26.1 mg
ナトリウム:0.44 g
EPA+DHA :658 mg
タウ リン:0.50 g
アルギニン:1.67 g
ビタミンE:65.8 mg
ビタミンC:32.9 mg
ビタミンB群:88.54 mg(公式ホームページより)

「ロイヤルカナン・スキンサポート・ドライ」の成分を見てみると、穀物が主成分となっています。公式ホームページをみると、犬は雑食なので、穀物にアレルギーがないなら問題ないと説明されていました。米は小麦やトウモロコシに比べてアレルギーが出にくい穀物ですが、メインの材料が動物性タンパク質でないというのが残念な点です。

そして、「ロイヤルカナン・スキンサポート・ドライ」の一番気がかりな点は、保存料としてソルビン酸カリウム、酸化防止剤としてBHAと没食子酸プロピルといった人口の添加物が使用されていることです。

これらの人工添加物は、危険数値にならないように計算されて使用されているとのことですが、長期的に取り続けた時にどのような悪影響があるのか分かっていませんし、肌によいとも言えませんので不安な点です。

ロイヤルカナン・スキンサポート・ドライの口コミ

「皮膚疾患のため、病院の先生に勧められて以来ずっと浮気もせず食べさせています。改善される訳ではないけど病院の先生にも薦められているので食べさせています」

「ずっとロイヤルカナンです。皮膚アレルギーがありますが、安心して食べさせられます。」

「ロイヤルカナンは食いつきを良くするためか油のコーティングが多い気がします。フードを触った後手がぬるぬるします。病院にて指定されているのであげています。悪いフードではありませんが、普段なら選ばないフードです。」

「こちらに変えてからはげていた部分に毛が生えて治りました」

口コミを見ると病院で勧められ、症状が改善された、毛艶が良くなった、食いつきがいいといった意見が見られました。反対に症状が改善されない、人口添加物が入っているので与えないといった意見が見られました。

「ロイヤルカナン」は高品質を目指すというよりは栄養バランスが重視されたドッグフードのようです。高カロリーなドッグフードを与え続けることにより健康を損なうこともあるので、高品質の商品だからといって健康にいいとは限らないという意見もあります。しかし少量でも人工添加物が入っていますので、気になる飼い主さんは避けたほうがいいかもしれません。

ナチュラルハーベスト セラピューティックフォーミュラ カロン スキン&コートケア用食事療法食

ドッグフード『ナチュラルハーベスト』

こちらは幼犬用・成犬用・シニア犬用のドライタイプのドッグフードです。1.36㎏で3200円(税込 3,456 円)で、なかなかのお値段のプレミアムグレードです。こちらは原産国がアメリカで、日本の通販会社によって販売されています。

日本の獣医師と、米国の獣医師が皮膚・被毛の健康をサポートため良質なタンパク質や必須脂肪酸等により栄養バランスのとれたドッグフードを共同で開発して作られた総合栄養食です。

特徴として、皮膚・被毛を構成する10数種類のアミノ酸をバランスよく含んだタンパク質を豊富に配合。必須脂肪酸オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が2.7%:1.2%、比率は2.3:1となっています。皮膚の活発な代謝をサポートするためビタミン・ミネラルを強化し、プラセンタ・キチンキトサン・タウリン・ホエイプロテインで免疫機能をサポートしています。

熱に弱い乳酸菌をフード冷却後に配合し、腸内環境を整えるようにしています。

通販サイトを見てみると、皮膚トラブルを抱えているワンちゃんのためによく考えられて作られているドッグフードのようです。では、実際には材料や成分についてはどうでしょうか?

ナチュラルハーベスト カロン スキン&コートケア用食事療法食の成分

玄米、ターキーミール(低灰分)、α化米、菜種油(ビタミンE、クエン酸で酸化対策済)、ホエイプロテイン、ビートファイバー、加水分解チキンエキス、鶏軟骨、亜麻仁、魚油、塩化カリウム、ビール酵母、キチン、タウリン、クエン酸、イヌリン、パパイヤ乾燥末、ローズマリー、ビタミンC、塩化コリン、月見草油(低温圧搾)、クランベリー、豚プラセンタ、キレート亜鉛、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌)、セレン酵母、ユッカ抽出物、ベータカロテン、キレートマンガン、硫酸亜鉛、DLメチオニン、キレート銅、硫酸鉄、ナイアシン、硫酸銅、硝酸チアミン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、酸化マンガン、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンD3、ビオチン、ビタミンB12、ヨウ化カルシウム、葉酸

「ナチュラルハーベスト」の「カロンスキン&コートケア用食事療法食」もメインの食材が玄米となっていて穀物を使用しています。こちらもメイン食材が動物性たんぱく質でないのが残念な点です。また○○ミールというのがよくわからなく、通販サイトを見ると4Dのお肉は使っていないようですし、お値段が高いので粗悪なものは使っていないと思いますが、少し不安になる点です。

皮膚・被毛のためとして亜鉛、銅、ヨウ素などのミネラルが含まれています。皮膚バリアのサポートに、プラセンタ・キチンキトサンや、健康な皮膚に不可欠な内臓機能の維持のためにタウリンを配合しています。酸化防止剤はビタミンEやクエン酸やローズマリー抽出物などを使用し、着色料や保存料やなども人工添加物を使用していないのは評価できる点です。

成分

粗タンパク質:27%以上
粗 脂 肪:14%以上
粗 繊 維:2.5%以下
粗 灰 分:6.5%以下
水 分:10%以下
354kcal/100g

ナチュラルハーベスト カロン スキン&コートケア用食事療法食の口コミ

「食いつきも良いし便の様子もいいのでしばらく続けて食べさせようと思います。」

「とにかく痒がるマルチーズにトリミングの店で勧められ、試してみたら、悪化することもなかったので、食べさせ続けています。」

「種々の食物アレルギーに悩まされ、合わないものを食べると、目の周りや唇が腫れ上がっていましたが、ナチュラルハーベストのカロンや他のいくつかのフードでローテーションを始めてからは、アレルギーが出ることも無くなり体調も落ち着いています」

「アレルギーで肌が弱いですが、このフードに変えてから肌トラブルが少なくなりました。」

口コミをみると、使用した飼い主さんは高評価が多いようですが、中には食いつきが今一つという口コミもありました。こちらのドッグフードは1㎏のお値段が3000円越えと安くはないので、少量で試してみてワンちゃんに合うようならまとめ買いすると少しお安くなるようなので、いいかもしれません。

まとめ

このように肌にいいといわれるドッグフードでも原材料や成分をみるとすべての成分が肌にいいものを使っていると言えないことが分かりました。ワンちゃんとって合うか合わないか、原材料や成分や価格などを調べて判断するなら肌あれを予防し、重症化しなくてすむかもしれません。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ