愛犬が痒そう。。肌荒れにおすすめなドッグフードはコレ!

愛犬が痒そう。。肌荒れにおすすめなドッグフードはコレ!

肌荒れに悩む犬の多くは、ドッグフードを変えることで改善することもあります。今回は肌荒れをする原因や肌荒れを改善する方法を見てみたいと思います。もちろんすべてのケースではありませんが、ぜひ愛犬の肌荒れに悩んでいる方は参考にされてみてください。

犬の肌荒れ

肌を掻く子犬

愛犬の肌荒れに悩んでいる飼い主さんは少なくありません。 愛犬が頻繁に体を掻く、しきりに舐めている、噛んでいる、肌の赤み、発疹、脱毛などの症状が見られることがあるかもしれません。

なぜこういった肌荒れが起こるのでしょうか?

犬の肌荒れの原因

では犬が肌荒れを起こす原因をいくつか見てみましょう。

細菌の繁殖

一つの原因は、細菌が異常繁殖することによってです。 特に梅雨時期や夏場は細菌が繁殖しやすくなります。また暑さによって犬の免疫力も低下しやすいので、肌のバリア機能も低下し、ふだんなら抵抗できる細菌にも抵抗できず炎症を起こしてしまいます。

ですから清潔と免疫力の維持が大切です。

免疫力の低下

悲しそうなわんこ

免疫力が低下すると上記で述べたような細菌やカビ、寄生虫が繁殖しやすくなり、肌が炎症を起こします。

免疫力は年齢ともに低下しやすくなりますし、他にもシャンプーのし過ぎなど過剰に清潔にすることによって免疫力を低下させることもあります。 またふだんの食事の栄養がよくないために体力が低下し、免疫力が低下することもあるでしょう。 特にダイエットが目的で食事内容を変えたり、食事量を減らすことで栄養バランスが悪くなることもあります。

ですから栄養バランスの良い食事をするようにし、免疫力を強化しましょう。

アレルギー

犬に多く見られるのがアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎です。

まずノミやダニが寄生することで発生する肌荒れ、ハウスダストや花粉等の環境が起因した肌荒れ、そして食物が原因の肌荒れがあります。 この食物アレルギーは年々増加傾向にあり、食物アレルギーによる肌荒れに苦しんでいる犬は少なくありません。

アレルゲンとなっているものを特定し、排除してあげることが必要です。 アレルゲンを含まないフードを与えるようにしましょう。

肌荒れを改善するためにできること

元気のないわんこ

犬が肌荒れを起こす原因には主に免疫力の低下や食物が関係していることがわかりました。

ですから愛犬が普段食べるフードがとても大切であるといえるでしょう。 愛犬が肌荒れで苦しんでいたら、フードの見直しを検討してはいかがでしょうか?

どんなフードが良いのでしょうか?

ポイントは3つです。 ・高品質の動物性たんぱく質 ・良質な脂質 ・無添加

では詳しく見てみましょう。

高品質な動物性たんぱく質

タンパク質

犬にとって一番大切な栄養素は「タンパク質」です。 犬はたんぱく質から筋肉や臓器、皮膚、被毛などを作る栄養素を摂取します。ですから健康なからだを作るため、健康で美しい皮膚や被毛を維持するためにも、良質なたんぱく質はかかせないのです。

犬が必要とするたんぱく質は人間が必要としているたんぱく質よりもはるかに多いので、意識して摂取しなければなりません。 たんぱく質は約20種類のアミノ酸から構成されていますが、体内で生成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」といい、犬の場合は10種類あります。 このたんぱく質(アミノ酸)が不足すると、栄養が不足するため、皮膚や被毛の状態が悪くなったり、免疫力も低下するため肌荒れを起こしやすくなります。

たんぱく質には「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」がありますが、犬が必要としているのは、動物性たんぱく質の方です。 元々肉食動物である犬は植物性たんぱく質の消化吸収は苦手なのです。 また植物性たんぱく質と動物性たんぱく質ではアミノ酸含有量が違うので、犬がしっかり栄養を摂取するためには動物性たんぱく質がメインになったフードが理想的といえるのです。

穀物メインのフードはやめよう

小麦

市販のドッグフードの原材料を見てみると、穀物がメインになっているフードが多くあります。 原材料欄の始めにトウモロコシや小麦等があげられています。

成分表を見てみると、たんぱく質量は十分摂取できるようになっているように見えるかもしれませんが、穀物は植物性たんぱく質のため実際に必要な栄養素は十分とれていないことになっているのです。

さらに犬は穀物の消化吸収を苦手としているため、消化器官に負担をかけて消化不良を起こすことがあるでしょう。 さらに小麦やトウモロコシ、大豆は犬がアレルギーを起こしやすい食材といわれています。そのため食物アレルギーによる肌荒れを引き起こすかもしれません。

上質な肉や魚がメインのフードを選ぼう

肉

ではどのようなドッグフードが良いのでしょうか?

肉や魚がメインになったフードを選びましょう。 しかしただ肉や魚がメインになっていれば良いというわけではありません。品質も大切です。

中には「○○ミール、肉副産物」などどんな肉や魚を使用しているかあいまいにしているものもあります。 こういった場合、粗悪な肉や魚を使用していることが予想できます。 食用として取り除いた残りの部位(鶏の頭、骨、羽根、血液、足など)、本来なら破棄にするような部位を使用している可能性があります。さらに病気や事故死して腐りかかった家畜の肉を使用している可能性もあります。

こうした肉に栄養価があるわけもなく、消化にもよくないことは容易に想像できるしょう。 ですからどんな肉を使用しているか、原産地や割合まで明らかにしているようなドッグフードを選ぶと安心ですね。

良質な脂質

「脂質」も犬にとって大切な栄養素です。 特に脂質は健康で美しい毛並みや毛質の維持をサポートします。 脂質が不足すると毛艶や毛並みが悪くなって、肌荒れを起こしやすくなります。

しかし脂質はカロリーが高いため、量ではなく「質」が大切になります。 脂質には2種類あり「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」がありますが、毛並みや毛艶に影響するのは不飽和脂肪酸の方です。 しかもこの不飽和脂肪酸は体内で生成できないため、食事から摂取しなければなりません。

ですからドッグフードには良質の不飽和脂肪酸が含まれていることが大切になってきます。

オメガ3、オメガ6脂肪酸が必要

オメガ3

不飽和脂肪酸が含まれている食品には何があるでしょうか?

愛犬の毛艶や毛並みをサポートするのに必要な不飽和脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」です。 これらは主に魚や植物に含まれています。

オメガ6脂肪酸は、ごま油、コーン油、アーモンド油、ひまわり油などに多く含まれています。 オメガ3脂肪酸は、亜麻仁油、エゴマ油、イワシやサーモンなどの魚油などに多く含まれています。

しかしこれらオイルが体に良いからといって、適当に摂取しては効果がありません。バランスよく摂取することが大切です。 市販のドッグフードはオメガ6脂肪酸の割合が多い傾向にあるので、バランスの良いフードを選ぶようにしましょう。

サーモンオイルは効果的

サーモン

良質の脂質を選ぶことが大切なことがわかっていただけたと思いますが、中でもサーモンオイルは良質の脂質の一つにあげられます。 市販のフードに不足しやすいオメガ3脂肪酸も含まれていますし、「DHA、EPA」も豊富に含まれています。

DHAやEPAは毛並みをよくする効果はもちろんですが、痒みや炎症を軽減する効果も期待できるため、肌荒れに悩む犬にピッタリの食材といえるのです。

無添加

オーガニック

上記の二つのポイントは栄養素に関するものでしたが、もう一つ大切なのは「無添加」であることです。 ドッグフードには驚くほど多くの添加物が使用されています。 不足している栄養素を補うために栄養添加しているものもありますが、問題なのは「合成添加物」です。

ドッグフードの嗜好性を高めるために合成香料で犬が好む香りをつけ足したり、着色料を使ってカラフルでおいしそうに見せることもあります。 また長期保存ができるように保存料や酸化防止剤をたくさん使用しているものもあります。

本当に良質の肉や魚をメインに使用したドッグフードでしたら、素材そのものの旨味があるため人工的に香りや味を付ける必要はないはずです。 また犬は色を識別できないため、着色料でカラフルにしたところで全く関係ありません。着色料の使用は飼い主の購買意欲を高めるためだけに使用されています。

脂質を使用しているドッグフードはどうしても酸化しやすいという問題点があります。フードが酸化すると風味が劣化したり、品質が変化して内臓に負担をかけたりするため、酸化防止剤の使用はかかせないといえます。 しかし「BHT、BHA、エトキシキン」など合成酸化防止剤は発がん性やアレルギーといったリスクが高いため、愛犬家が避けたいとしている添加物に数えられています。 合成香料や着色料も同じです。

ですから合成添加物を使用していないドッグフードを選ぶようにしましょう。

しかし油脂を使用しているドッグフードには酸化防止剤の使用が欠かせません。ではどのようなフードを選んだらよいでしょうか? 酸化防止剤の中には安全性の高い天然由来のものを使用したものがあります。 例えば、ビタミンE のミックストコフェロール、緑茶エキス、ローズマリー抽出物などです。 これら天然由来の酸化防止剤は安全性が高いので、安心して愛犬に与えることができます。

高品質のプレミアムフードを見ると、こういった天然由来の酸化防止剤を使用しているものが多くあります。 ただし、これらは合成酸化防止剤に比べると酸化防止効果が高くないため、賞味期限が長くありません。 開封後は酸化しないように保存に気をつけ、早めに消費するようにしましょう。

おすすめのドッグフード

ドッグフード

これらをふまえておすすめしたいドッグフードをいくつか紹介します。

ネルソンズ

ネルソンズ

愛犬の健康を気遣いグレインフリーの商品として安心できるドッグフードです!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、生後7ヶ月~7歳

獣医師もおすすめするドッグフードイギリスのトップブリーダーが開発したプレミアムドッグフードです。獣医師もおすすめするドッグフードとして有名です。

犬が消化吸収を苦手としており、アレルギーを起こしやすい穀物は使用せず、合成添加物も一切使用していません。 メイン原材料には新鮮なチキンを使用しており、粗悪な原材料とされている肉副産物は使用していないので、肉の品質も良いといえるでしょう。

サーモンオイルや海藻も配合されており、美しい毛並みや毛艶の維持にかかせない不飽和脂肪酸もバランスよく摂取できます。 サーモンオイルには肌荒れの炎症を軽減させる働きも期待できるので、肌荒れに悩んでいる犬にピッタリです。

またオリゴ糖も配合されており、腸内環境を整える助けをしてくれます。

たんぱく質30%以上、脂質15%以上、エネルギー約362kcal/100gと高たんぱく質、低炭水化物を実現しています。

ドッグフード「ネルソンズ」って?原材料や評判、口コミまとめ!

「ネルソンズ」は、ヒューマングレードにこだわった、「イギリス最高級ドックフード」です。全犬種、7か月から7歳まで対応していて、幅広い犬種や年齢の愛犬に食べさせる事ができ、イギリス国内累計100万袋以上販売されている人気のドックフードです。今回は原材料、みんなの評判をまとめました!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8C%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%80%81%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

オリジン

オリジンは数々の賞を受賞しており、「生物学的に適正」なフードを提供しています。なんと肉類:野菜、フルーツ:穀物の割合が85:15:0となっています。 使用している食材は地元産の新鮮で栄養豊かな食材のみを使用し、安全性の高い工場でフードへと加工されます。

特にアレルギー体質の犬におすすめしたいのはオリジンの「シックスフィッシュ」です。 魚は肉よりも消化が良くアレルギーにもなりにくいため、肉アレルギーのある犬も食べることができるでしょう。

シックスフィッシュで使用している原材料は新鮮なサバ、ニシン、カレイ、アカディアンレッドフィッシュ、アンコウ、シルバーヘイクといった魚をふんだんに使用しています。全体の85%に天然魚を使用しており、そのうちの3分の2は新鮮また生の魚です。 ですから栄養豊かで旨味、風味もよく仕上がっています。

たんぱく質量は38%、脂質は18%と非常に栄養豊かになっています。そのうえ低炭水化物で炭水化物量は16%に抑えられているため、肥満予防にもなります。 もちろん合成添加物を一切使用していないので、安心して愛犬に与えることができます。

オリジンドッグフードってどう?原材料とみんなの評判まとめ!

数々の賞を受賞した世界が認めるオリジンドッグフード、ますますの成長を続け愛犬に、より安全で安心な食事を生産しています。今回はそんな『オリジンドッグフード』を公式サイトや販売サイトから情報を得て、解析し成分と原材料を分析、そして口コミをまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

カナガン

カナガン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 イギリス
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンはイギリス産の高級グレインフリードッグフードです。 穀物不使用、人工添加物不使用のイギリスでは80%以上のリピート率を誇る人気のドッグフードです。

犬がアレルギーを超しやすい、また消化を苦手としている穀物は一切使用していません。 アレルギー対策されたといわれるフードの中にもわずかに穀物を使用しているものもありますが、カナガンでは一切使用していません。 穀物を使用しない代わりにサツマイモを使用し、食物繊維の補給ができ、腹持ちを良くします。

またメイン原材料になっているのは、イギリス産の高級平飼いチキンです。余分なストレスがない環境下で育てられた新鮮なチキンをふんだんに使用しているのでうまみが違います。 チキンはたんぱく質が豊富ですし、免疫力を保つセレンも含まれているので、肌荒れに悩んでいる犬にピッタリの食材といえるでしょう。また不飽和脂肪酸を含む鶏脂やサーモンオイルも使用しているので、美しい毛並みや毛艶の維持をサポートしてくれます。 その他の食材もすべてヒューマングレード(人間が食べることのできるレベルのもの)ですので、安心して愛犬に与えられます。

たんぱく質が33%以上、脂質17%以上、エネルギー361.5kcal/100gとバランスの良いフードになっています。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

ファインペッツ

ファインペッツ

安全性の高さに定評があるドッグフードです!

容量/価格 1.5kg / ¥3,142(税込)
原産国 オランダ
メイン食材 鹿肉、鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ファインペッツドッグフードは「世界最高品質」「安心安全」へのこだわりがあるドッグフードです。

品質にこだわったファインペッツのフードは犬が消化吸収を苦手とする穀物を使用していません。 またいくら品質の良い肉であってもアレルギーになりやすい肉では肌荒れは改善しません。ですからファインペッツでは牛肉や豚肉は使用していません。 高たんぱくでありながら低脂肪、低カロリー、そしてビタミンやミネラルなどの栄養素が豊かな鹿肉、鶏肉、サーモン肉などをふんだんに使用しています。

そしてもちろん使用している原材料はすべて私たち人間が食べることができるレベルのものです。 また合成添加物は一切使用していないので、安心して愛犬に与えることができます。

栄養バランスも良くたんぱく質が27.1%以上、脂質16%以上となっています。 また消化吸収率が非常に高く87%となっています。少ない量でも十分栄養が取れるようになっています。ですから今まで通りの量を与えていると肥満になる可能性があるため、注意が必要です。

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッフードってどうなの?評判と口コミを見る!

低価格のドッグフードは家計的にはうれしいですが、粗悪な原材料が使われていたりして、愛犬の健康を考えると与えたくないですよね。やはり大切なペットには安心安全で質も高いフードを与えたいものです。今回は、FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードについて調べてみました。

https://dogfood.fun/FINEPET%E2%80%99S%EF%BC%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84%EF%BC%89%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%EF%BC%81

まとめ

飼い主と犬

今回は肌荒れに悩む犬におすすめのドッグフードを紹介してきました。

食物アレルギーによる肌荒れで苦しんでいる犬は、ドッグフードの見直しによって肌荒れが改善することがあります。 アレルゲンとなりかねない穀物や牛肉、豚肉等を含まない、また合成添加物も一切使用していない、アレルギー対策されたドッグフードを選んであげましょう。

品質の良い原材料を使ったフードでしたら健康な体つくりのサポートもしてくれるので、免疫力も高めてくれます。 こうしてアレルギー体質を克服することもできるかもしれません。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事