老犬用のフードの選び方と与え方・おすすめドッグフードのすべて!

老犬用のフードの選び方と与え方・おすすめドッグフードのすべて!

犬は人間よりも速いスピードで老化していきます。犬種にもよりますが7歳頃からシニア期と呼ばれる時期に入り、老化が始まっています。そのため必要となる栄養素が変わってきたリ、今までのフードが食べにくくなるなどの変化が生じてきます。今回は老犬の食事とフード選びに関して考えていきたいと思います。

成犬用と老犬用のドッグフードの違い

老犬

「シニア犬、老犬」専用のドッグフードが販売されていますが、成犬用のドッグフードと何が違うのでしょか?

犬も人間と同じで老化とともに運動量が落ちたり筋力の低下、また代謝が低下してきます。そのため基礎代謝も低下するため一日に必要なカロリーも少なくなってきます。

ですからシニア犬、老犬用のフードはカロリーが控えめになっていたり、シニア犬、老犬ならではの悩みに特化した栄養成分が配合されているなどの違いがあります。

老犬用のドッグフードにどうして切り替えるの?

元気のない老犬

シニア期に突入したらドッグフードを切り替えなければいけない理由は何でしょうか?

シニア犬用のドッグフードをおすすめする一つの理由は「カロリー」です。

上記でも述べたようにシニア期に突入すると代謝の低下、運動量の低下などの理由から、成犬の時と同じような食事をしているとカロリーオーバーによる肥満の恐れがあります。ですからシニア用のフードはカロリーが抑えめになっています。

また老化とともに消化機能も弱ってくることがあり、食が細くなったり、うまく消化ができなくなることもあります。

ですから消化吸収の良いフードにすることで、わずかな量でも必要な栄養素がしっかりとることができるようになります。

切り替えのタイミングは?

老犬

フードの切り替えのタイミングは、犬種によって異なりますが、一般的に大型犬の方が小型犬よりも早く老化が進むといわれています。

大型犬は5歳からシニア期に突入し、8歳ころから老犬、高齢犬といわれています。小型犬の場合は7歳ころからシニア期になり、11歳ころから老犬、高齢犬と呼ばれます。

ですから大型犬の場合は6歳前後、小型犬は7歳前後を目安にシニア用のフードへの切り替えを行うことができます。

しかしこれはあくまで目安ですので、愛犬の運動量、食欲、生活環境など様子を見ながら切り替えをしましょう。

老犬のドッグフード選びのポイント

元気のない老犬

シニア期以降の犬は、見た目に大きな変化はなくてもからだの中身は確実に衰えてきています。消化機能の低下、免疫力の低下など目には見えない老化が始まってきます。こういった老化を防ぐためにも愛犬が少しでも健康で長生きできるように適切なドッグフードを選びたいものです。

ではシニア、老犬用のドッグフードを選ぶポイントは何でしょうか?

ポイントは4つです。

・高たんぱく、低脂肪 ・グレインフリー ・無添加 ・魚も含むもの

では詳しく見ていきましょう。

高たんぱく、低脂肪

高タンパク

老犬用のドッグフードを選ぶ時は、高たんぱく、低脂肪のものを選ぶようにしましょう。

なぜでしょうか?

たんぱく質は犬にとって欠かすことのできない栄養素です。血、骨、筋肉、皮膚や被毛などからだを作るのに欠かせません。ですからたんぱく質が不足してしまうと、筋肉が衰え、骨も弱くなり、免疫力も低下することでしょう。

ですからたんぱく質は大切なのですが、どんな肉を使用しているか、たんぱく質の質も大切です。いくら肉を使っているように見えても、使用している肉の品質が悪かったらうまく消化吸収ができません。

市販のドッグフードの中には「ミール系、肉副産物」といった粗悪な原材料を使用しているものもあります。これらは食用として取り除いた残りの本来なら破棄にするような、鶏の頭、骨、羽根、血液、足などを乾燥粉砕して用いていることがあります。病気や事故で死んで腐りかかっている肉を使用している可能性も考えられます。

当然こうした粗悪な肉は栄養が低いでしょうし、なんといっても消化に良くないのでシニア犬、老犬の消化器官に負担をかけてしまいます。

そのためにも良質の肉をメインにしたドッグフードを選んでください。

また老犬になると基礎代謝が低下してくるので、カロリーを消費できなくなってきます。特に脂肪を取りすぎると消費できないため肥満になる恐れが出てきます。 ですから低脂肪のものを選ぶようにしたいですね。

高たんぱくで低脂肪な肉をメインにしたドッグフードがおすすめです。

グレインフリー

小麦

市販のドッグフードを見るとトウモロコシや小麦といった穀物がメイン原材料になっているものが多くありますが、これは穀物が肉に比べて安く加工も簡単なため、かさ増しに便利であるということが理由になっています。

しかし本来肉食動物である犬は穀物の消化吸収を苦手としています。老化により消化機能が弱ってきたシニア犬、高齢犬ともなればなおさらです。そのため穀物を摂取すると消化吸収がうまくできず、消化不良を起こすことがあります。

消化がうまくできないことで腸内環境がみだれ、免疫力低下にもつながるでしょう。もしかしたら病気になりやすくなってしまうかもしれません。また小麦やトウモロコシは犬がアレルギーを起こしやすい食材といわれています。

ですから消化に良くないアレルギーを起こしやすい穀物を含まない、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

無添加

犬に優しい

無添加のドッグフードを選んでください。これはシニア犬に限らずすべての犬に共通していえることです。

市販のドッグフードには、カラフルに色付けをしておいしそうに見せたり、嗜好性を高めるために香料や調味料を使ったり、長期保存させるために保存料、防腐剤、酸化防止剤などが大量に使用されています。

しかしこれら添加物の中には、発がん性や内臓疾患、アレルギーといったリスクがあるものもあります。

そのため人間の食品への使用が禁止や制限されている添加物もあるのです。もちろんドッグフードに使用する際も安全基準が設けられており、その基準は守っているとは思いますが、健康被害のリスクがあるとわかっている添加物を積極的に取り入れたいとは思いませんよね。

ですからこれら危険な合成添加物が使用されていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

魚も含むもの

魚

魚にはシニア犬、高齢犬の体に良い栄養素がたくさん含まれています。例えば、年齢と主に足腰が弱ってきますが、足腰の健康をサポートしてくれるコンドロイチンが魚には含まれています。

さらにDHAやEPAも豊富に含まれています。これらは免疫力アップ効果や老化防止、そして炎症抑制、血液の健康をサポートしてくれます。

ですから肉だけでなく魚も使用しているドッグフードを選ぶなら愛犬の健康をよりサポートできるでしょう。

老犬におすすめのドッグフード

横たわる老犬

ここまで老犬用のドッグフード選びのポイントを見てきました。

ではこれらをふまえて老犬におすすめのドッグフードを紹介したいと思います。

ピッコロ

ピッコロ

毎日のごはんでカロリーや脂質を気にしないといけなくなった「シニア犬用」に作られたドッグフードです。

容量/価格 1.5kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、7歳~(シニア犬用)

ピッコロは人気のドッグフードモグワンやカナガンが販売している、シニア犬のためにつくられたドッグフードです。

ピッコロには4つのポイントがあります。

・シニア犬のための栄養素がたっぷり含まれています。

リンゴやサツマイモの配合で食物繊維の補給や身体に負担とならない炭水化物が摂取できます。グルコサミンやコンドロイチン、MSMといった関節サポートをする成分を含まれています。そして消化の負担になる穀物は使用していないので、アレルギー対策もされているといえるでしょう。

・健康をサポートする高たんぱく

ピッコロにはなんとチキンとサーモンが70%も配合されているので、良質なたんぱく質が十分摂取できます。チキンは高たんぱくで低脂肪、また免疫力を高めるセレンというミネラルが豊富です。サーモンにはDHAやEPAが豊富なのでこちらも免疫力を高めたり、老化防止といった効果が期待できます。そしてとてもいい香りなので嗜好性の高いフードに仕上がっています。食いつきも良いと評判です。

・カロリー脂質控えめ

年齢とともに運動量が低下し、代謝も低下してくるシニア犬のためにカロリーと脂肪を抑えています。栄養バランスが整えられているにも関わらず、カロリーは100g/355kcal、脂質は15%と控えめになっています。

・安心素材のみ使用

ピッコロで使用している食材はすべて安心素材のみを使用しています。粗悪な原材料を使用していないので、人工香料、着色料を使う必要がありません。保存料にも天然由来のミックストコフェロールという安全性の高いものを使用しているので安心です。

犬心‐いぬこころ‐糖&脂コントロール‐

犬心

動物栄養学にもとづきながら、安全性や美味しさにも配慮した 「病気対応のドッグフード(療法食)」

犬心は人間も食べることができる低糖、低脂のナチュラル療法食です。

犬の健康を考え、7トラブル・病気(クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、胆泥症・胆嚢粘液嚢腫)をケアした、人も食べられる療法食です。

犬心には4つの特徴があります。

・血糖コントロール

血糖値アップにつながる糖質を制限し、糖の吸収をブロックする食物繊維バランスを調整しています。

・低脂肪

低脂肪にし、さらに不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を中心に配合しています。使用している脂肪は低温手づくりしているので酸化を防いでいます。

・高たんぱく、低カロリー

シニア犬用ということで低脂肪、低カロリーにしていますが、必要なたんぱく質はしっかりとれるよう高たんぱくになっています。そしてたんぱく質は消化の良い高消化性たんぱく質です。さらにビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養バランスも考えられています。

・腸内環境の改善

腸内には免疫細胞の70%が集まっているため、腸内環境の改善によって免疫力アップが期待できるのです。そこで善玉菌をアップさせるため発酵性食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などを配合しています。また免疫成分であるベータグルカンを多く含有している花びら茸を配合しています。

すべてヒューマングレード、そして身体に害となりかねない添加物、肉副産物等は使用していません。

気になるのは血糖値上昇を防ぐためにトウモロコシと大豆を少々使用していることです。しかし使用している量は必要最低限なので、そこまで気にしなくてもよいとは思います。

老犬用のドッグフードの与え方

年取った犬

犬は加齢と共に歯が弱くなってきたリ、噛む力が弱くなってきます。そのため硬いドライフードをうまく噛むことがでなくなってくるかもしれません。また消化機能が弱ってくるため消化吸収が難しくなるかもしれません。

ですから徐々に食欲がなくなって、フードを食べなくなることもあるでしょう。

しかしいくら老犬になったからといっても一日に必要なエネルギー栄養素はあります。必要な栄養素を取らなければ健康に支障が出てきます。

ですから犬の食欲がわくような工夫をしましょう。どんなことができるでしょうか?

ふやかす

シニア、老犬へフードを与えるときは、ぬるま湯でふやかしたものを与えると良いでしょう。ぬるま湯でふやかすと香りもたつので、食欲が低下してきた犬にも効果的です。また水分を含むため水分摂取にもなり、消化も助けてくれます。

トッピングを使う

ドッグフードにトッピングをすることによって食欲を高めることができるかもしれません。焼いた肉や魚、野菜、またチーズなども効果的です。

しかしトッピングはあくまで食いつきをよくするためのものです。たくさん与えるとカロリーオーバーになって肥満になる恐れがあるので気をつけましょう。

トッピング専用のフードを利用しても良いですね。

ウェットフードを与える

ドライフードは水分含有量が10%以下ですが、ウェットフードは水分量が75%程度ですので、柔らかく生食に近い食感、風味があります。そのため食欲が低下してきた高齢犬も喜んで食べることでしょう。フード自体に水分が含まれているため、消化にも良くおすすめです。

まとめ

毛布にくるまる老犬

今回は老犬用のフードの選び方とおすすめのドッグフードを紹介してきました。

シニア犬、高齢犬は成犬に比べると運動量や代謝が低下してくるためカロリーを抑えなければなりません。とはいえ健康なからだを維持するためには良質なたんぱく質を摂取する必要があります。

またシニア、高齢になってくると消化機能も低下してくるため、消化に良くない原料を使ったフードを食べていると、消化不良を起こして免疫力を低下させてしまうことにもなりかねませんので、消化の良い食材を使用したフードを選ぶようにしたいものです。

ですから愛犬がシニア期に突入したら、消化に良く良質な高たんぱく質で低カロリーの老犬用のドッグフードを選んであげましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ