老犬用のフードの選び方と与え方・おすすめドッグフードのすべて!

老犬用のフードの選び方と与え方・おすすめドッグフードのすべて!

犬は人間よりも速いスピードで老化していきます。 犬種にもよりますが、7歳頃からシニア期と呼ばれる時期に入り、老化が始まっています。 そのため必要となる栄養素が変わってきたリ、今までのフードが食べにくくなるなどの変化が生じてきます。 今回は老犬の食事とフード選びに関して考えていきたいと思います。

成犬用と老犬用のドッグフードの違い

老犬

ドッグフードコーナーに行くと、「シニア犬・老犬」専用と書かれたドッグフードが販売されていますが、シニア用と成犬用のドッグフードにはどんな違いがあるのでしょうか?

一番の違いは「成犬用よりも老犬用のほうがドッグフードのカロリーが少ない」ということがあげられます。

人間と同じように、犬も高齢になってくると一日の活動量が若い時よりも減って、筋力や代謝の低下がみられるようになります。

そのため老犬用のドッグフードはカロリーは控えめで、高齢の犬が必要としている栄養素をしっかり摂れる配合になっており、体調が変わりやすい老犬の健康をサポートできるようになっています。

最近では老犬用のドッグフードは種類が多く、関節をサポートする成分や犬の痴呆予防によいとされている成分が配合されているものなど、愛犬の体調に合わせて選ぶことができるでしょう。

老犬用のドッグフードにどうして切り替えるの?

元気のない老犬

愛犬がシニア期に入ったら、そろそろ食事を見直す時期がきています。

なぜこの時期にドッグフードを切り替えなければいけないのでしょうか?

それは老犬になると、代謝の低下や運動量の減少、消化機能の低下など、体調が変化するからです。

成犬と同じ食事だとカロリーオーバーなってしまい、徐々に肥満になってしまいます。

肥満になると、老犬の関節への負荷が増えてしまいますし、糖尿病などいろんな病気の原因にもなりかねません。

さらに消化機能が低下したり、食が細くなって今までよりも食べられる量が減ってしまうので、成犬用のドッグフードだと必要な栄養を十分に摂ることが難しくなります。

低カロリーで老犬に不足しがちな栄養素を強化した老犬用のドッグフードは、食が細くなったり、うまく消化ができなくなっている犬でも消化吸収が良いので、必要な栄養素をしっかり摂ることができます。

切り替えのタイミングは?

老犬

老犬用のドッグフードへの切り替えは、犬種や老化の進み具合によって異なります。

一般的に大型犬の方が小型犬よりも早く老化が進むといわれていて、それぞれシニア期に入ったころに切り替えを検討すると良いでしょう。

大型犬は5才頃からシニア期に入っていき、8~9才頃には高齢犬と呼ばれるようになります。

一方、大型犬に比べると寿命が長い小型犬は、7才前後にシニア期に入り、11~12才頃から高齢犬と呼ばれるようになります。

中型犬は小型犬と寿命の差もあまりないため、シニア期が7才前後、高齢犬になるのが11~12才頃、と同じような老化スピードとなっています。

大型犬で5才頃から、小型・中型犬でも7才でシニアと呼ばれるなんて「老犬扱いするには早すぎる!」と驚かれた方もいることでしょう。

しかし犬は約1年で大人になり、そこからは人間よりも速いスピードで年を重ねていくため、これは決して早すぎるシニア年齢ではありません。

もちろん全ての犬が同じ年齢やタイミングで老犬になるのではなく、人間と同じように生活習慣で体内年齢は変わってきます。

同じ犬種でも個体差がありますし、運動量・生活環境・食生活などの差もあるでしょう。

シニア期が近づいてきたら、そろそろドッグフードを切り替えるタイミングだと意識して、愛犬の体調の変化や食欲をよく観察し、適切なタイミングで老犬用のドッグフードに切り替えてあげましょう。

老犬のドッグフード選びのポイント

元気のない老犬

シニア期になると、徐々に内臓機能や運動機能が低下していきます。

見た目では大きく変化していなくても、少しずつ確実に老化が始まっていて、免疫力の低下などの影響も出始めるでしょう。

大切な愛犬が健康で長生きできるように、しっかりサポートしてくれるドッグフードを選びたいですよね。

どんなことを気を付けて選んだらよいでしょうか?

まず、高たんぱくで低カロリーであること。

消化機能の低下している老犬にやさしいグレインフリーであること。

犬に有害な添加物を使用していないこと。

老犬によい栄養素を含んでいること。

これらの基準を満たした老犬用ドッグフードなら、体調が変化していく愛犬を健康面でしっかり支えることができます。

ではなぜこれらが重要なのか、詳しく見ていきましょう。

高たんぱく、低脂肪

高タンパク

老犬用のドッグフードを選ぶ時は、高たんぱくで低脂肪のもの、つまり低カロリーなものを選ぶようにしましょう。

なぜでしょうか?

たんぱく質は、本来肉食の犬にとって欠かすことのできない栄養素です。

強い骨格や十分な筋肉を作るため、また皮膚や被毛などにも影響を与えます。

老犬がたんぱく質不足になってしまうと、骨が弱くなったり、筋肉の減少、免疫力の低下など、健康を維持するのが難しくなりますので、タンパク質の高いものを選んであげましょう。

しかし愛犬に持病がある場合、高たんぱく過ぎる食事が良くない場合もあるので、切り替えの際に獣医さんに相談して、愛犬に高たんぱくなドッグフードが合うか確認しましょう。

また脂肪分を摂りすぎると運動量の落ちた老犬では消費できないため、肥満になる恐れがあるため、できるだけ低脂肪のものを選ぶといいでしょう。

しかしどんなものから摂取した栄養素でも良いという訳ではなく、安全な食品から摂取することは大切です。

ドッグフードの原材料に「ミール」と書かれたものが含まれていないか確認してみましょう。

これらは本来破棄するような、鶏の頭や内臓、骨や足など、肉ではない部分を使用していたり、病気や事故で死んだ肉を使用している可能性も考えられます。

人間が食べれない状態のものを食べるということは、機能低下がみられる老犬の消化器官に大きな負担をかけてしまいます。

高たんぱくで低脂肪な肉をメインにしたドッグフード、できれば人間もたべられる新鮮な肉を使用しているヒューマングレードの材料を使っているドッグフードを選ぶと、老犬にも安心して食べさせてあげられますね。

グレインフリー

小麦

本来肉食である犬は穀物の消化吸収を苦手としていて、老化によって消化機能が低下してきた老犬の消化不良の原因となってしまいます。

食事からきちんと栄養を摂取できるよう、質の良い肉が多く配合されたグレインフリー(穀類不使用)のドッグフードがおすすめです。

市販のドッグフードには穀類が主原料となっているものが多いですが、それは肉に比べてコストが安く、ドッグフードのかさ増しと加工もしやすいためのようです。

また小麦やトウモロコシなどの穀類は、犬がアレルギーを起こしやすい食品といわれています。

老犬にとって消化がうまくできずに栄養が吸収できないということは、腸内環境が乱れてしまい免疫力低下にもつながるので、老犬が効率よく栄養吸収できるように消化しやすいドッグフードを選んであげましょう。

無添加

犬に優しい

市販のドッグフードには大抵の場合、合成添加物が使用されています。

それはドッグフードを長期保存させるための防腐剤や酸化防止剤、犬が好むように香りづけをしたり、味を一定に整えるための調味料として用いられています。

しかし添加物の中には犬にとって有害なものが少なくありませんし、人間の食品への使用が禁止・制限されている物も含まれています。

中には犬の発ガンリスクが高まるもの、内臓疾患やアレルギーの原因になるものもあるので、愛犬の健康のためには極力安全性の高いドッグフードを食べさせてあげたいですね。

無添加のもの、また自然由来の防腐剤を使用している合成添加物不使用のドッグフードを選んであげましょう。

魚も含むもの

魚

本来犬は肉食だとお伝えしましたが、魚には老犬の体に良い栄養素がたくさん含まれているので、肉に加えて積極的に摂らせてあげたいですね。

例えば老犬になって関節に問題を抱えることがあるかもしれませんが、魚に含まれるグルコサミンやコンドロイチンなどは関節のサポートをしてくれる成分です。

またDHAは犬の認知症予防に効果的ですし、EPAは炎症抑制効果、ほかにも免疫力アップや老化防止、また血液の健康を助けてくれるそうです。

白身魚やサーモンを使ったドッグフードを選ぶとこれらの栄養素が自然な形で補うことができ、愛犬の健康をよりサポートできるでしょう。

老犬におすすめのドッグフード

横たわる老犬

ここまで老犬に良い成分や栄養素についてのポイントを見てきましたが、それらを満たしている老犬にオススメのドッグフードをいくつかご紹介したいと思います。

老犬に欠かせない「高タンパク質・グルテンフリー・添加物不使用」の3本柱をしっかりと頭に入れて、愛犬のためにベストなドッグフードを選ぶ参考にしてみてくださいね。

ピッコロ

ピッコロ

毎日のごはんでカロリーや脂質を気にしないといけなくなった「シニア犬用」に作られたドッグフードです。

容量/価格 1.5kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、7歳~(シニア犬用)

ピッコロは人気のドッグフードモグワンやカナガンが販売している、シニア犬のためにつくられたドッグフードです。

ピッコロには4つのポイントがあります。

・シニア犬のための栄養素がたっぷり含まれています。

リンゴやサツマイモの配合で食物繊維の補給や身体に負担とならない炭水化物が摂取できます。グルコサミンやコンドロイチン、MSMといった関節サポートをする成分を含まれています。そして消化の負担になる穀物は使用していないので、アレルギー対策もされているといえるでしょう。

・健康をサポートする高たんぱく

ピッコロにはなんとチキンとサーモンが70%も配合されているので、良質なたんぱく質が十分摂取できます。チキンは高たんぱくで低脂肪、また免疫力を高めるセレンというミネラルが豊富です。サーモンにはDHAやEPAが豊富なのでこちらも免疫力を高めたり、老化防止といった効果が期待できます。そしてとてもいい香りなので嗜好性の高いフードに仕上がっています。食いつきも良いと評判です。

・カロリー脂質控えめ

年齢とともに運動量が低下し、代謝も低下してくるシニア犬のためにカロリーと脂肪を抑えています。栄養バランスが整えられているにも関わらず、カロリーは100g/355kcal、脂質は15%と控えめになっています。

・安心素材のみ使用

ピッコロで使用している食材はすべて安心素材のみを使用しています。粗悪な原材料を使用していないので、人工香料、着色料を使う必要がありません。保存料にも天然由来のミックストコフェロールという安全性の高いものを使用しているので安心です。

犬心‐いぬこころ‐糖&脂コントロール‐

犬心

動物栄養学にもとづきながら、安全性や美味しさにも配慮した 「病気対応のドッグフード(療法食)」

犬心は人間も食べることができる低糖、低脂のナチュラル療法食です。

犬の健康を考え、7トラブル・病気(クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、胆泥症・胆嚢粘液嚢腫)をケアした、人も食べられる療法食です。

犬心には4つの特徴があります。

・血糖コントロール

血糖値上昇を防ぐために糖質制限がされており、とうもろこしと大豆を少々使用しているので、完全なグレインフリーのドッグフードではありませんが、使用量は必要最低限の量ことなので、老犬の消化に大きな影響を与えることはなさそうです。

・低脂肪

低脂肪にし、さらに不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を中心に配合しています。使用している脂肪は低温手づくりしているので酸化を防いでいます。

・高たんぱく、低カロリー

シニア犬用ということで低脂肪、低カロリーにしていますが、必要なたんぱく質はしっかりとれるよう高たんぱくになっています。そしてたんぱく質は消化の良い高消化性たんぱく質です。さらにビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養バランスも考えられています。

・腸内環境の改善

腸内には免疫細胞の70%が集まっているため、腸内環境の改善によって免疫力アップが期待できるのです。そこで善玉菌をアップさせるため発酵性食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などを配合しています。また免疫成分であるベータグルカンを多く含有している花びら茸を配合しています。

すべてヒューマングレード、そして身体に害となりかねない添加物、肉副産物等は使用していません。

気になるのは血糖値上昇を防ぐためにトウモロコシと大豆を少々使用していることです。しかし使用している量は必要最低限なので、そこまで気にしなくてもよいとは思います。

オリジンドッグフード

オリジンドッグフードは、チキンやレバー、サーモンやニシンなど、動物性の肉食材すべて合わせた割合がなんと80%以上、良質な動物性たんぱく質がたっぷり摂れるドッグフードです。

・豊富な栄養素で健康サポート

新鮮なチキンとレバーが57%も配合、さらにサーモンやニシンも13%含まれているので、魚からの栄養素も十分摂ることができ、グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3系脂肪酸によって、老犬の関節ケアや免疫アップのサポートをしてくれます。

・ヒューマングレードの材料を使用

原料すべてがヒューマングレードで、新鮮で良質な材料からバランスの取れたビタミンやミネラルを摂取することができます。

アレルギー対策の面でも安心なグレインフリーのドッグフードですし、合成添加物不使用の無添加のドッグフードなので、年を取った愛犬にも安全な食事を与えることができますね。

モグワンドッグフード

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンは、「愛情を込めた手作りごはん」がコンセプトだそうで、ナチュラル志向の飼い主さんからの人気が高いです。

厳選された原材料から作られた栄養満点のレシピは、味のおいしさと犬の健康サポートの両方を満たしています。

・たんぱく質を高い割合で配合

こだわりの原材料はすべてヒューマングレード、新鮮なチキンとサーモンが53%も配合されており、ヘルシーで高たんぱくなバランスです。

・免疫力をアップ

使用されているオイルも、消化の良いサーモンオイルと抗酸化成分の高いココナッツオイルで、老犬の腸内環境を整え、免疫力をアップさせてくれます。

・関節へのケア

グルコサミンとコンドロイチンも配合されているので、関節ケアもバッチリです。

・安全な材料を吟味

ミールの不使用、合成添加物の不使用、さらに消化不良を引き起こさないようにグレインフリーで作られているので、安全面でも安心できるでしょう。

手作りフードの良さが詰まった、安心のモグワンドッグフードです。

老犬用のドッグフードの与え方

年取った犬

老犬の食が細くなってきたのは、食欲の低下だけではなく、加齢とともに噛む力が弱くなったり歯が弱くなって、うまく噛むことができなくなっているのかもしれません。

また消化機能が弱ってくるため、消化吸収が難しくなっているのかもしれません。

老犬にも一日に必要なエネルギー栄養素はありますので、徐々に食欲がなくなってドッグフードを食べなくなってしまうと体力も落ちてしまいますし、飼い主さんは心配ですよね。

しかし健康維持のために必要な栄養素をしっかり摂れることは大切ですが、無理に食べさせるのもなんだかかわいそうな気がしますよね…。

でもちょっとした工夫で、また老犬が食欲を取り戻してくれるかもしれません。

硬いドライフードが食べにくくなってきた愛犬に、どんなことをしてあげられるでしょうか?

ふやかす

老犬が硬いドッグフードが食べにくそうにしていたり、あまり食が進まない時には、ぬるま湯でふやかしたドッグフードを準備してみるといいでしょう。

消化機能が低下してきたために食欲が落ちている老犬には、ふやかしてからあげたほうが消化吸収もしやすくなります。

さらにふやかすことでドッグフードの香りも強くなるので、老犬の食欲を刺激したり、水をなかなか飲まなくなってくる老犬の水分摂取にもなるのでオススメです。

気を付けたいのは、早くふやかそうとして熱湯でふやかしてしまうと、せっかくドッグフードに含まれているビタミンなどの栄養素が壊れてしまいます。

30℃くらいのぬるま湯で、じっくりふやかしてからあげましょう。

ふやかした食事になると食べかすが歯に残りやすくなり、歯磨きが欠かせなくなります。

虫歯にならないように、食後に歯みがきまをするような習慣にしたいですね。

また老犬が食べ残した場合ですが、ドライフードに比べると水分量が多いため、ふやかしたフードは傷むスピードも早くなります。

食事の時間に食べなかったらすぐに下げて、老犬が時間の経ったご飯を食べないように注意しましょう。

普段あげている一度の食事量では食べきれないようでしたら、ご飯の回数を小分けにするなどして、体調の弱くなっている老犬が傷んだ食事を口にしないようにしてあげましょう。

トッピングを使う

いつものドッグフードにちょっとだけトッピングをすると、老犬の食欲を高めることができるかもしれません。

いつもと違う食感や香りによって、老犬の食欲が戻らないか試してみましょう。

トッピングする前に、犬が食べてよい食材と中毒を起こす食材を調べて、何をあげるか決めましょう。

愛犬にアレルギーがある場合は、トッピングする食材にアレルゲンが含まれていないかよくチェックしましょう。

トッピングする具材は、焼いた肉や魚、野菜、またチーズなどがオススメです。

しかしトッピングする量に気を付けてください。

あくまで食いつきをよくするためのものなので、たくさん与えるとトッピングしか食べなくなったり、カロリーオーバーになって肥満になる恐れがあります。

市販のトッピング専用のフードをふりかけのように利用するのも、手軽にできていいですよ。

ウェットフードを与える

一般のドライフードは水分含有量が10%以下とほぼ水分がありませんが、ウェットフードは水分含有量が75%くらいと、かなり柔らかく人間の食事に近い食感や風味を味わうことができます。

そのため食欲が低下してきたり、歯が弱くなってきた老犬にも食べやすい食感だと思います。

ウェットフード自体に水分が含まれているため消化にも良く、便秘がちの犬にもおすすめです。

食いつきが悪くなった時に、普段のドッグフードにトッピングするのにウェットフードを使うこともできます。

犬が好きな香りのものが多いので、喜んで食べてくれるますよ。

ただ生タイプのフードを保存するためには合成添加物が使われることが多いので、購入の際は気を付けて選んであげてくださいね。

エサ入れを口元の高さにおいてあげる

意外に思われるかもしれませんが、食事をするお皿を台の上に置くことで食欲が戻った老犬もいます。

それはシニア期に入って飲み込む力が弱まったため、地べたに食器があると下を向いたまま食事をしなくてはいけないので、食べにくさを感じていたのかもしれません。

犬の体高に合わせて、首をそれほど下げずに食べられるくらいの台を準備してあげましょう。

飲み込みにくさが改善されて、驚くほど食欲を取り戻すかもしれませんよ。

少量でも栄養素が偏らないよう計算してあげる

老犬になるとあまり動かなくなるので、それほどお腹が空かなかったり、食欲を感じなくなってくるかもしれません。

「いつもペロリと食べていたのに…。」と飼い主さんは心配になることでしょう。

しかし無理に食べさせてしまうと「あとで愛犬が吐いてしまった…。」「下痢をしてしまった…。」なんてことになってしまうかもしれません。

吐いてしまったり、下痢をしてしまうと、老犬の体には結構な負担がかかってしまい、体調を崩す原因になってしまうかもしれません。

だんだん食欲が減っていたり、以前は「ご飯」と聞くと喜んで寄ってきていたのに反応が鈍くなってきたと思ったら、ドッグフードの変え時が来ているのかもしれません。

今までのを食べさせようとするのではなく、同じくらいのカロリーを摂れるように切り替えてあげましょう。

栄養バランスのよいもの、老犬の健康をサポートする成分の入っているもの、高たんぱくで低脂肪なもの、などを選ぶといいでしょう。

愛犬が一日のうちに必要な栄養とカロリーが取れるものか、よく確認してください。

持病がある場合は切り替える前に獣医さんにどんなものにしたらいいのか聞いたほうがいいでしょう。

また愛犬に必要な栄養素が十分足りるか心配な場合は、ドッグフードを決める前に獣医さんに相談してみるのもいいと思います。

愛犬の体重が増えすぎないように、また減りすぎないように、変えた後はしばらく気を付けて観察しましょう。

まとめ

毛布にくるまる老犬

今回は老犬用のフードの選び方とおすすめのドッグフードを紹介してきました。

シニア犬・高齢犬は、成犬に比べると運動量や代謝が低下してくるため、カロリーを抑えなければなりません。

とはいえ健康なからだを維持するためには、良質な動物性たんぱく質を摂取する必要があります。

またシニア・高齢になってくると消化機能も低下してくるため、消化に良くない原料を使ったフードを食べていると、消化不良を起こして免疫力を低下させてしまうことにもなりかねませんので、消化の良い食材を使用したフードを選ぶようにしたいものです。

ですから愛犬がシニア期に突入したら、消化に良く良質な動物性たんぱく質が摂れる低カロリーな老犬用のドッグフードを選んであげましょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ