愛犬の皮膚トラブル!辛そうなその原因と対策を探る!

愛犬の皮膚トラブル!辛そうなその原因と対策を探る!

美しい健康的な皮膚や被毛を持っている犬は美しいものです。しかし皮膚にトラブルを持っている犬は少なくありません。愛犬の皮膚トラブルで悩んでいる飼い主さんも年々増えています。今回はそんな犬が抱える皮膚トラブルの原因について見てみたいと思います。

目次

犬の皮膚トラブル?

元気のない子犬

皮膚トラブルを抱えている犬は少なくありません。しかもその数は年々増加傾向にあるといわれています。 動物病院に来る犬の中でも最も多いのが皮膚トラブルによるものです。

こんな症状がでたら要注意!

痒そうな犬

皮膚トラブルでよく見られる症状にはどのようなものがあるでしょうか?

  • 毛が抜ける
  • 毛艶が悪い
  • 皮膚が赤い
  • 足でしきりにかく
  • 足をよくなめる
  • 耳がかゆい、よく掻いている

こんな症状がみられたら、もしかしたら何らかの皮膚トラブルを抱えていることが予想できます。

犬が皮膚トラブルを抱える原因は?

犬と飼い主と草原

犬が上記のような皮膚トラブルを抱える原因にはどのようなものがあるでしょうか? いくつか見てみましょう。

免疫力の低下

一つ目には「免疫力の低下」があげられます。

免疫力とは自己防衛システムのことです。この免疫力が下がると抵抗力が弱ってしまうため、皮膚トラブルを抱えることがあります。 特に年齢を重ねたシニア犬は、免疫力が低下してくるため皮膚トラブルを抱えやすくなっています。

寄生虫や細菌

二つ目には「寄生虫や細菌」が原因となっていることもあります。

寄生虫で多いのはノミやダニが寄生することで皮膚トラブルを抱えることがあります。 ノミの唾液成分に対してアレルギーを起こすことがあります。

また細菌が原因となったものには、膿皮症や皮膚糸状菌症、マラセチア感染症などがあります。 細菌やカビ、酵母菌が原因となっています。

ストレス

犬のストレス

三つ目の原因には「ストレス」があげられます。

人間でもそうですが、ストレスがたまってくると免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなったりしますね。 犬も同じです。ストレスを抱えることで、免疫力が低下し皮膚トラブルを抱えやすくなります。

ホルモン

四つ目の原因には「ホルモンの影響」が関係しています。

避妊していない場合は、発情期になるとホルモンの影響により、脱毛など皮膚に変化が生じることがあります。 発情期が落ち着けば症状も改善するので、そこまで心配しなくてもよいでしょう。

内科疾患

五つ目の原因として「内科疾患」によるものがあります。

例えば、肝臓や腎臓の異常、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症、性ホルモン失調などがあります。 症状としては脱毛です。

アレルギー

病気の犬

他には「アレルギー」が原因となって皮膚トラブルを起こすことがあります。

人間でもアレルギーを持っている人は多くいますが、アレルギーを持っている犬も少なくありません。 アレルギーといってもいろいろな種類がありますが、上記でも挙げたノミ、カビ、花粉、ハウスダスト、金属などがアレルギー源になることがあります。

症状としては体をかゆがって、足でよく掻いたり、壁にからだをこすりつけたりするようになります。皮膚が赤くなって発疹が見られることもあるでしょう。

食生活

年々増加傾向にあるアレルギーの原因が「食物アレルギー」です。

主にドッグフードが原因となっています。 季節を関係なく、かゆがったり涙やけを起こしていたりする場合は、食物アレルギーが考えられます。 食物アレルギーのアレルゲンにはたんぱく質や添加物、炭水化物などがあげられます。 ドッグフードが原因の場合は、ドッグフードを見直さなければ症状が改善しません。

犬の皮膚病の種類と原因

元気のないコーギー

上記でも皮膚トラブルの原因について見てみましたが、ここからは犬によく見られる皮膚病の種類やその原因について詳しく見てみましょう。

膿皮症

犬の皮膚病で最も多いのが「膿皮症」です。

膿皮症は皮膚の中に細菌が侵入して菌が繁殖し、化膿した状態のことを言います。 そのため症状としては、初期の段階では小さな発疹がでます。かゆみがあるため犬はしきりに掻くようになります。 よく掻くためかさぶたができたり、膿がでたり、患部が広がってきます。

膿皮症の原因となっているのは「ブドウ球菌」です。 ブドウ球菌は一般に存在しており、健康な時は大きな問題はありません。しかし免疫力が低下した時、抵抗できずに菌が活発となって膿皮症を起こすことがあります。 不潔にしていたり湿気の多い環境では菌が繁殖しやすいので、なるべく清潔を心がけるようにしましょう。

もしも膿皮症になった場合は、抗菌効果のあるクリームを塗ったり、抗生物質が投与されます。 症状が改善したからといって、途中で治療を中断すると症状が悪化したり回復に時間がかかることがあります。

皮膚糸状菌症

次に紹介する「皮膚糸状菌症」はカビが原因となって発症します。

皮膚や爪の根元にカビが侵入して繁殖します。 症状としては円形の脱毛症ができ徐々に脱毛部位が広がっていきます。他にも乾燥したフケが出たり、発疹やかさぶたができたりします。

こちらも健康な時は発症しませんが、免疫力が低下しているとき、免疫力が弱い子犬やシニア犬などが発症しやすいです。 またすでに皮膚糸状菌症を発症している犬に接触することで感染したりもします。

もしも皮膚糸状菌症を発症したら、抗真菌薬が投与されたり、塗り薬が投与されます。

内分泌性皮膚疾患

肌を掻く犬

「内分泌性皮膚疾患」はホルモンの異常によって起こる皮膚病の一つです。 ホルモンの異常分泌によって起こります。

主に症状は脱毛です。

血液検査をして、異常分泌を起こしているホルモンを特定し、不足しているホルモンを投与したり、過剰している場合は抑える薬を投与します。

ノミアレルギー性皮膚炎

「ノミアレルギー性皮膚炎」も犬によく見られる皮膚炎の一つです。 犬の体にはノミが寄生しやすいのですが、そのノミに対してアレルギーを起こすことで皮膚炎をおこします。 ノミアレルギーを起こす場所は、背中やおしり、しっぽのつけ根などです。これらの場所に赤い発疹が出ていたら、ノミアレルギーの可能性が考えられます。

ノミは体に寄生し血を吸う時に唾液を出しますが、その唾液に対してアレルギーを起こすのです。 またノミの糞や死骸が体内に入ることでアレルギーを起こすこともあります。ですから皮膚に黒い点が残っていたらノミアレルギーを起こす可能性があります。

ノミアレルギー性皮膚炎を発症したら、ノミ駆除薬を使って寄生しているノミを駆除します。

ツメダニ症、疥癬、アラカス

これらはダニが原因となって発症する皮膚炎です。 ツメダニ症はツメダニが皮膚に侵入することで、疥癬はヒゼンダニ、アラカスはニキビダニが原因となっています。

ツメダニ症の症状の大きな特徴は大量のフケです。他にもかゆみや脱毛、発疹などがあります。 疥癬は激しいかゆみが特徴です。皮膚病の中でも特にかゆみが強いのが疥癬です。他にもフケ、まだらな脱毛、発疹、化膿などの症状がでます。 アラカスは皮膚の赤み、フケなどが出るのが特徴です。全身にこれらの症状がでたらアラカスが考えられます。特に子犬には注意しましょう。

アレルギー性皮膚炎

痒そうな犬

最後に紹介するのは「アレルギー性皮膚炎」です。

アレルゲンに接触することによって皮膚炎をおこします。 上記でも紹介したノミやダニの他に、ハウスダスト、花粉、カビなどがアレルゲンとなります。さらにドッグフードがアレルゲンとなっていることもあります。

アレルギー性皮膚炎の場合は、激しいかゆみや発疹、ただれ、脱毛などが見られます。食物アレルギーの場合は下痢やおう吐も加わります。 アレルゲンはたくさんあるので、皮膚のかゆみやただれなどがみられたら、病院でアレルゲンの検査をして特定すると良いでしょう。

アレルゲンがわからないとアレルゲンに触れるたびに症状が出るので、早めにアレルゲンを知って、触れないようにする必要があります。 それで、愛犬がいる環境を清潔に保ったり、シャンプーを心がけたり、ドッグフードの見直しなどができるでしょう。

アレルギーを起こすドッグフード

アレルギー

皮膚トラブルを抱えている犬の中にはドッグフードに対してアレルギーを持っており、ドッグフードを変えることで症状が改善します。 どんなドッグフードを選んだらよいでしょうか?

犬がアレルギーを起こしやすい原材料を大きく分けると3つあります。

・穀物 ・たんぱく質 ・合成添加物

では詳しく見てみましょう。

肉の種類

肉とアレルギー

アレルギーの主な原因となっているのは「タンパク質」です。 肉や魚、卵、乳製品などに多く含まれているたんぱく質です。特に注意してもらいたいのは「肉」です。

一般的にチキンや牛肉やアレルギーを起こしやすい肉だといわれており、ラム肉、魚などはアレルゲンになりにくいといわれています。 ふだん与えているドッグフードに使用されている肉がどんな肉か調べて、牛肉を使っているフードにアレルギーを起こしている場合は、チキンメインのフードの替える、チキンにアレルギーが出た場合は、魚のフードに替えるといったように様子を見てみましょう。

動物性たんぱく質もしっかりとれて、アレルギーにもなりにくいのは魚メインのフードです。 肉アレルギーのある犬も、魚メインのフードでしたら問題ないでしょう。

穀物不使用

小麦

穀物がアレルゲンとなっていることも多くあります。特に穀物に含まれている「グルテン」です。 そのグルテンが特に多く含まれているのが「小麦」また「トウモロコシ」もあげられます。小麦やトウモロコシに対してアレルギーを持っている犬は少なくありません。 ですから穀物を使用していないフードを選ぶようにしましょう。

穀物不使用のフードをおすすめする理由は、アレルギーの問題だけではありません。 犬は本来肉食動物ですので、体のつくりが穀物の消化に向いていません。穀物を消化するためのアミラーゼという酵素を持っていないため、うまく消化吸収ができず消化不良を起こすことがあります。 栄養として吸収されないため犬にとって穀物は不要な食材といっても良いでしょう。

無添加

ドッグフードと犬

ドッグフードによく使用されている合成添加物がアレルゲンとなっていることもあります。 添加物は人間にとってもからだに良いものではありませんよね。犬にとっても害でしかないものです。

ドッグフードを長持ちさせるために使っている防腐剤、保存剤、酸化防止剤、またカラフルでおいしそうに見せるために使用されている着色料もアレルギーの原因だといわれています。 私たち人間も合成添加物を摂取するようになってから、アレルギー体質の子供が増えてきたといわれています。

酸化防止剤として使用されているエトキシキン、BHT、BHAなどはアレルギーのリスクの他にも発がん性などのリスクも高いため、ぜひ避けてください。

アレルギー対策されたおすすめドッグフード

上記で紹介した「肉の種類」「穀物不使用」「無添加」3つのポイントをクリアしたドッグフードを紹介します。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンはイギリス原産の穀物不使用、余計な添加物を一切使用していないドッグフードです。 メイン原材料はチキンですので、チキンにアレルギーがなければ問題ないでしょう。使用しているチキンも平飼いチキンでストレスのない環境下で育てられた新鮮な良質のチキンです。人間が食べることができる原料のみを使っているので、安心です。

口コミを見ても、食いつきの良さや、毛並みの改善、アレルギーの改善など喜びの声が多数届いています。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

アランズナチュラルドッグフードもイギリス産ドッグフードです。 100%無添加、上質なラム肉が55%配合されたプレミアムドッグフードです。使用している原材料は全部でなんと10種類のみ。アレルギーを起こしやすい小麦やトウモロコシは使用していません。

ラム肉は犬がアレルギーを起こしにくい肉ですので、牛肉やチキンにアレルギーのある犬も食べることができるでしょう。 穀物も使用していますが、グルテンを含まない比較的消化の良い玄米、オーツ麦、大麦ですのでそこまで心配しなくてもよいでしょう。

口コミを見ると、ラム肉を使っているため独特なにおいがありますが、犬にとっては好きなにおいのようで食いつきもよく、アレルギーの改善を喜ぶ声が多数あります。

アランズナチュラルドッグフードの評判って?気になる成分や口コミを教えます!

大切な愛犬だから、与える毎日の食事はこだわりたい。そう思っている飼い主さんも多いですよね。そんな愛犬思いの飼い主さんにおすすめしたいのが、アランズナチュラルドッグフード。自然給餌(ナチュラルフーディング)の考え方を取り入れたアランズナチュラルフードについてまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%88%90%E5%88%86%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンも前述同様イギリス産のプレミアムドッグフードです。 すべての原材料がヒューマングレード(人間が食べることのできるレベル)のもので、犬に必要な動物性たんぱく源には新鮮なチキンと新鮮なサーモンを53%も使用しています。 穀物は一切使用していませんし、危険な合成添加物も一切使用していないので、アレルギー対策されたフードといえます。

サーモンを使用しているのでEPAも豊富で、アレルギー反応による炎症を抑える助けをしてくれます。

口コミ評価も高く、喜んで食べますし、アレルギー症状も落ち着いた。という口コミ多数です。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

オリジン

オリジンドッグフード

自然な形でのタンパク質と脂質を摂取でき、ワンちゃんの健康を促進するのに非常に効果的です。

世界的に人気の高いオリジンは世界で唯一全種類のフードが、六つ星を受賞した高品質プレミアムドッグフードです。 オリジンはとにかく肉や魚をたっぷり使用した栄養価の高いフードです。 なんと肉:野菜、フルーツ:穀物の割合が80%:20%:0%という、犬にとって理想的なフードになっています。

肉アレルギーのある犬に特におすすめしたいのは、魚がメインになっている「シックスフィッシュ」です。 魚は肉に比べて消化がよく、アレルギーも起こしにくいので、肉アレルギーのある犬も安心して食べることができるでしょう。

口コミを見ても原材料に対する安心感や、体調の改善、食いつきの良さ、皮膚病の改善、毛艶が良くなったなど喜びの声が多数です。

オリジンドッグフードってどう?原材料とみんなの評判まとめ!

数々の賞を受賞した世界が認めるオリジンドッグフード、ますますの成長を続け愛犬に、より安全で安心な食事を生産しています。今回はそんな『オリジンドッグフード』を公式サイトや販売サイトから情報を得て、解析し成分と原材料を分析、そして口コミをまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

まとめ

痒そうな犬

今回は犬が抱える皮膚トラブルの原因について紹介しました。

皮膚トラブルを抱える犬は少なくありません。 皮膚トラブルは命にかかわるような病気ではないので、あまり気にしない飼い主さんもいるかもしれませんが、犬にとっては痛みやかゆみはつらいことですし、早く治療しなければ症状が長引いてしまいます。

皮膚トラブルの多くは原因があって、原因を取り除くことで症状が改善するものもあります。 早めに皮膚トラブルの原因を追究し、適切な治療を受けられるようにしましょう。

皮膚トラブルの原因の中でも近年増えているのが食物アレルギー、ドッグフードによるものです。市販のドッグフードには、犬がアレルギーを起こしやすい穀物がメインになったものや、合成添加物をたくさん使用しているものが多くあります。 いつまでもそんなフードを与えていたら症状が悪化し、愛犬はつらい思いをするだけです。

上質な肉や魚を使用し、穀物や合成添加物を使用していないアレルギー対策されたドッグフードを選んで、アレルギー予防してあげましょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ