愛犬のためにドッグフード用の食器?その特徴や素材・効果を探る!

愛犬のためにドッグフード用の食器?その特徴や素材・効果を探る!

あなたの愛犬はどんな食器を使っていますか?中には人間用の食器を与えている方もいるかもしれません。ペットショップやインターネットで見てみると、様々なデザインの、様々な材質のドッグフード用の食器があります。これだけ種類が豊富であるということはそれぞれに特徴があると考えられますね。

ドッグフード用の食器はどれも同じ?

犬用食器

多くの方はドッグフード用の食器はどれも同じだと考えていることでしょう。素材によって何かが違うなんて考えないと思います。

よく見られるドッグフード用の食器には「ステンレス製」「陶器製」「プラスチック製」などがあります。

これらドッグフード用の食器の素材や形には意味があり、犬によっては向き不向きがあるのです。

ドッグフード用の食器の素材とその違い

ではそれぞれの素材ごとにどのような特徴があるのか見てみましょう。

ステンレス製

ステンレス器

ステンレス製の食器は丈夫で、割れにくい、傷つきにくい、細菌の繁殖を抑えられるといったメリットがあります。

傷が多いとそこに細菌が繁殖しやすくなり、食器に細菌が繁殖すれば当然フードも汚染されます。傷がつきにくいというのは大きなメリットといえるでしょう。

ですからドッグフード用の食器として一番おすすめされているのがステンレス製です。

ただし安い粗悪なものですと成分が溶けだして、金属アレルギーを起こすことがあるので注意しましょう。

またステンレス製の食器はデザイン性に欠けます。大体シンプルな円形のものですので、デザイン性を求める方には向いていません。さらに軽いので、小さい食器を選ぶと食べている最中にずれていきます。ずれが気になる方は滑り止めマットの使用をおすすめします。

陶器製

陶器皿

陶器製の食器も傷がつきにくく丈夫で重みがあるので安定感があります。また電子レンジで温めることもできます。

ですから食事中にずれたり、ひっくり返されるといったことがないでしょう。また傷つきにくいので細菌の繁殖を防ぐこともできます。

デメリットは不注意で落としたときに割れてしまったり、値段がやや高いということです。また重いので携帯するには向いていません。

プラスチック製

Different types of food box made of foam, paper, plastic

プラスチック製の食器はデザインが豊富で安く販売されているので、最も使用されている食器といってもよいでしょう。

デザイン性を求める方や、何となく選んだという方が多いかと思います。

プラスチック製の食器は軽いので落としても割れにくく便利ではありますが、傷つきやすいというデメリットがあります。傷がつくということはそこから細菌が繁殖するため、ドッグフード自体にも菌が繁殖し衛生的に良くありません。

またフードを与えた後、食器をそのまま放置しておくと犬が食器をおもちゃにしてしまうことがあります。噛むことで割れたり、傷がついたりします。菌の繁殖のほかにも割れた食器によって口内を傷つけてしまうかもしれません。

中にはプラスチックでアレルギーを起こす犬もいます。

木製

木製器

木製の食器はデザイン性に優れており、おしゃれで見栄えがします。木でできているのでとても軽く、落としても割れにくいのが特徴です。

しかしプラスチック同様、噛み癖のある犬はおもちゃにして噛み壊す可能性があります。見た目は素敵ですが、あまりおすすめできません。

紙製

紙皿

紙製の食器は普段使いというよりは、お出かけした時に使う携帯用といえるでしょう。

使用した後はそのまま捨てることができるので手軽です。

シリコン製

シリコン製器

シリコン製の食器も紙製同様、お出かけ時の携帯用といえます。

以前は携帯用といえば紙製が主流でしたが、再利用できるシリコン製は環境にも配慮していることから、近年増えてきています。折りたたみ式なので携帯に便利で、何度でも使えます。

犬に適したものを選ぼう

A large group of common dogs of different breeds that are various sizes

ここまで食器の素材とその特徴を見てきましたが、大きさや形状もいろいろあります。 愛犬に合った大きさや形のものを選ぶようにしましょう。

なぜでしょうか? なぜなら犬は体格に差がありますし、顔の形や耳の付き方など犬種によって大きな違いがあるからです。小型犬のチワワと、大型犬のセントバーナードに同じ食器を与えたら、片方は食べにくく感じることは容易に想像できるのではないでしょか?

例えば、フレンチブルドッグ、パグ、シーズーなど鼻ぺちゃの犬種には浅めの食器が良いでしょう。安定感のある食器がおすすめです。

逆にミニチュアダックスフンドや柴犬、ハウンド系の鼻の長い犬の場合は直径が小さめのものが良いでしょう。特に鼻も耳も長いアフガンハウンドなどは直径が小さめで深さのあるものを選べば、耳を汚さずにすみます。

チワワやポメラニアンのような小型犬には浅めで中心に集まりやすい形状の食器だと食べやすいでしょう。

さらに大きさも大切です。例えば小型犬に大型犬サイズの大きな食器を与えたとします。体の小さな犬は餌を食べようと食器の中に足を突っ込み、食器をひっくり返してしまうかもしれません。フードならまだ良いですが、水だとしたらびしょびしょになって後片付けが大変です。

このように犬種、体型などを考慮して適切な大きさ、形状のものを与える必要があります。もしかしたら成長に合わせて食器を買い替える必要もあるかもしれませんね。

工夫された食器

ドッグフード用の食器の中には一工夫されたものもあります。

富士山型

Empty metal pet bowl isolated on white

早食い防止用

でこぼこ

愛犬の早食いで悩んでいる方もいることでしょう。

早食いするとのどに詰まらせる危険性がありますし、噛まないので消化に時間がかかり消化器官に負担をかけます。また大型犬に多い「胃捻転」は早食いが一つの要因となっています。ですから早食い防止用の食器があると便利ですね。

早食い防止用食器の特徴は食器の中にでこぼこがあります。このでこぼこの間にあるドッグフードを食べることにあるので食事時間の時間を稼ぎます。でこぼこがあるため洗うのが大変ですが、早食いを防止できるメリットは大きいですよね?

愛犬におすすめのドッグフード用の食器はこれ!

ではここからはおすすめできる食器をいくつか紹介したいと思います。しかし一番大切なのは愛犬に合ったものです。ぜひ参考にされてみてください。

犬猫食器 オーカッツ ヘルスウォーターシリーズ ボウル

White ceramic bowl isolated on white background with clipping path

こちらは人工機能石でできたペット用の食器です。この食器に水を入れると、水がまろやかになって飲みやすくなります。

ですから水をあまり飲まない犬や、水を飲んでほしい時などにこの食器はおすすめです。水垢がつきにくく落としやすい性質なので、お手入れが楽です。

SLOWBOWL 犬の早食い丸呑み防止用食器

こちらは犬の早食いを防止する食器です。食器の中には複雑な凹凸があるのでゆっくり食べさせる仕組みになっています。

早食いによるフードがのどに詰まることや、丸呑みによる胃腸への負担を回避します。ただしこちらの食器はプラスチック製ですので、噛み癖のある犬の場合は噛み壊しに注意してくださいね。

ドッグボウル

COM-SHOT ステンレス スローフードボウル 犬猫兼用食器

White rice cooker:Close up,select focus with shallow depth of field.

こちらも早食い防止の食器です。ステンレス製なので噛み癖のある犬やプラスチックアレルギーのある犬も安心です。

食器内に大きな凹凸があります。これによって食べづらくして早食いを予防しています。

またこちらの商品の良いところは底に滑り止めのゴムがついているので、食べている最中のずれを抑えることもできます。また裾が広がった富士山型なので、食器のひっくり返しも予防できます。

Le Creuset(ル クルーゼ) ドッグボール 犬用食器

ル・クルーゼドッグ・ボール(S) オレンジ ドッグボウル Dog Bowl

ル・クルーゼから販売されている犬用食器です。

陶器製なので丈夫でまたなんといってもデザイン性に優れています。おしゃれな見た目で人気の高い商品です。サイズが2種類ありカラーも豊富なので、お気に入りが見つかるはずです。

フードボウルスタンド

フードボウルスタンド

フードボウルスタンドとはドッグフード用の食器とスタンドがセットになっている商品です。

高さがあるので、犬は床に置いてあるフードを食べるよりも、首や前足、腰への負担が軽減されます。特に関節が弱い犬、シニア犬、ヘルニアを患っている、病中、病後の犬などにおすすめです。

「MATUMI (マツミ) アワーズ フードボウルスタンド(ハイタイプ) 」はカラーバリエーションが豊富で、食器はステンレス製のため手入れが楽で衛生的です。名入れも可能ですので愛犬のオリジナルが手に入ります。

ハリオ BUHIプレ

ハリオ (HARIO)

こちらはフレンチブルドッグ専用の食器です。

そり返しがついているのでフードがこぼれにくく、また鼻が低いフレンチブルドッグに合わせており、顔がすっぽり入る大きさと食器が斜めに作ってあるため食べやすくなっています。またシリコンマットがついているので滑り止めにもなっています。

まとめ

元気に散歩するワンコ

犬の食器は種類が豊富で、大きさ、形状、素材などバラエティーに富んでいます。ドッグフード用の食器はどれも同じだと考えないでください。

中には食器の素材に対してアレルギーを持っている犬もいますし、早食いによってのどに詰まらせる犬もいます。体の小さい小型犬に大きな食器で与えたら食べにくいことでしょう。また噛み癖のある犬は食器を噛んでおもちゃにしてしまう可能性もあります。

ここでおすすめしたいのはステンレス製の食器です。丈夫で傷がつきにくいので、衛生的ですし破損やアレルギーの犬も安心です。ただし安い粗悪なものは成分が溶けて金属アレルギーを起こすことがあるので、注意してください。

犬種別に食べやすい工夫がされた専用の食器も用意されています。

早食いを予防するための工夫がされた食器もあるので、犬種や体格、またニーズに合わせて、ピッタリのものを選んであげましょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ