犬の健康のために「姫マツタケ」特徴・効果を評判から知ろう!

犬の健康のために「姫マツタケ」特徴・効果を評判から知ろう!

「姫マツタケ」は健康食品やサプリメントで注目されているアガリスク茸とも呼ばれており、大変注目されています。愛用している方も多く、体に良いものなので家族の一員であるペットにも与えたいという方は少なくありません。そこで今回はペット用のサプリメントである「姫マツタケ」がどんなサプリメントなのか紹介したいと思います。

ヒメマツタケとは?

アガリスク茸

まずヒメマツタケについて紹介したいと思います。

ヒメマツタケとは1965年にブラジルから入ってきたキノコで、通称「アガリスク茸」として知られています。正式名称は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といって、アガリスク茸の中で唯一学術的に認められています。

非常に貴重なキノコであることから「幻のキノコ」、またヒメマツタケの産地の人が長寿であることから長寿と関係があると見れらて「神のキノコ」とも呼ばれていました。

ヒメマツタケの効果

ヒメマツタケで一番注目されているのが、免疫力アップです。免疫力を高めることによってガンの代替医療としても注目されています。というのもヒメマツタケには「ベータグルカン」という成分が含まれており、このベータグルカンは免疫力強化や抗がん成分として有名だからです。

現在もヒメマツタケに関する研究は続けられていますが、特にガンに対して効果的でありながら、抗がん剤のような副作用がないことで期待が高まっている成分です。

ペットサプリメント「姫マツタケ」

このようにヒメマツタケは免疫力アップや抗がん作用があることで注目されていますが、このヒメマツタケをペット用にしたサプリメントが「姫マツタケ」です。今回は株式会社シエンが販売している「姫マツタケ」サプリメントを紹介したいと思います。

株式会社シエンは世界で初めて人工栽培に成功したキノコ研究のパイオニア的存在である岩出菌研究所の技術提携によって、ヒメマツタケサプリメントを提供しています。

元々は2004年に人間用のサプリメントとして「姫マツタケ」を販売し始めました。その後2007年に動物用のサプリメント「Hime-matsutake Liquid」の販売を始めています。

姫マツタケ動物用のサプリメントは嗜好性の高いリキッドタイプ(液体)、フードに混ぜて与えやすいパウダータイプ(顆粒)、そしてタブレットタイプ(粒)があります。犬や猫はもちろんのことウサギや鳥などの小動物や爬虫類にも与えることができます。

特徴

姫マツタケに使用されている「ヒメマツタケ」にはベータグルカンをはじめとした多糖体がたっぷり含まれており、自然治癒力を高めることが期待されています。ですからペットに継続して与えることによって、本来持っている自然治癒力を高め、免疫力を高めるサポートをします。

特に注目できるのが「β-(1-6)Dグルカン」です。ベータグルカンには様々な種類がありますが、これまでベータグルカンは分子量が大きく体内に吸収されにくいと言われていました。しかしこのβ-(1-6)Dグルカンは体内に吸収されるという性質があります。ですからより効果を実感できることでしょう。

ふだんの健康維持サポート、シニア犬の体調管理など幅広く活用できます。

原材料

姫マツタケの原材料を紹介します。

・リキッドタイプの原材料はヒメマツタケ、黒糖、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステルとなっています。

・タブレットタイプはヒメマツタケ、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ショ糖脂肪酸エステル、CMC-NAとなっています。

・顆粒タイプはヒメマツタケ、デキストリン、可溶性でんぷんとなっています。顆粒タイプには食物繊維も配合されています。

主原料は南米原産の「ヒメマツタケ」です。パラグアイ、ブラジルのグループ農業で無農薬で有機栽培をしています。ですから安心して愛犬に与えることができます。

成分

姫マツタケの成分を紹介します。

・リキッドタイプは粗たんぱく質5.8%、粗脂肪~0.59%、粗繊維~0.59%、粗灰分2.3%、水分70.8%、可溶無窒素物21.1%となっています。

・タブレットタイプは粗たんぱく質14.8%、粗脂肪2.7%未満、粗繊維20.0%未満、粗灰分3.6%、水分7.5%、可溶無窒素物51.4%となっています。

・顆粒タイプは粗たんぱく質10.6%、粗脂肪2%未満、粗繊維1%未満、粗灰分4.1%、水分8.5%、可溶無窒素物76.6%となっています。

姫マツタケの与え方

姫マツタケの与え方を見てみましょう。

・リキッドタイプはペットの体重~1キロあたり1日0.1mlが目安になっています。0.1mlは約4滴ほどとなっています。嗜好性の高いリキッドタイプでしたら与えるのも楽でしょう。

・タブレットタイプは1粒0.25gとなっていますが、体重~10キロ当たり1日5g(約20粒)を目安に与えます。

・顆粒タイプは体重~5キロあたり1日1g(1/2包)を目安に与えます。

姫マツタケの保存方法

姫マツタケは高温多湿なところでの保管は避けてください。特にリキッドタイプの場合は開封後は冷蔵庫での保管をおすすめします。

防腐剤等を使用していないので、ノズルを直接舐めるとカビや細菌が繁殖する恐れがあるので、ノズルを直接舐めさせないようにしましょう。

姫マツタケの種類

姫マツタケにはいろいろ種類があります。

Hime-matsutake Dog&Cat

嗜好性の高いリキッドタイプで犬猫用となっています。小型犬や中型犬そして猫に与えやすい10ml入りとなっています。

Hime-matsutake Pet

嗜好性の高いリキッドタイプの動物用となっています。大型犬や多動飼いしている方におすすめです。30ml入りとなっています。

Hime-matsutake Big Wan

こちらはタブレットタイプになっていて、主に大型犬や超大型犬に与えやすくなっています。1粒0.25gで300g入りとなっています。

Hime-matsutake Cospet V101 姫マツタケエキス顆粒

動物に与えやすい顆粒タイプとなっています。食物繊維も配合されているので、与え始めは便がゆるくなることもあるかもしれません。2g×30包入りとなっています。

他にもウサギやハムスターなどの小動物や爬虫類用のHime-matsutake Exoticがあります。これらはペットショップ、通販、専門店などで購入が可能です。

姫マツタケのメリット&デメリット

merit&demerit

では姫マツタケのメリットやデメリットを見てみましょう。

姫マツタケのメリット

上記でも紹介したように、姫マツタケにはベータグルカンが多く含まれています。ベータグルカンは活力の源となって、免疫力を高めたり、自然治癒力を高めてくれます。

ですからシニア期になって体力や免疫力が低下してくる犬の体調管理をサポートすることができるでしょう。

またふだんの健康維持もサポートできます。

近年皮膚疾患で悩んでいる犬は多くいますが、これらは免疫力の低下によって肌のバリア機能の低下などで肌の発疹痒み、赤みといった症状が発症することがあります。しかし免疫力を高めて肌のバリア機能も強化できれば、皮膚疾患を起こしても早く回復することでしょう。そもそも皮膚疾患を起こさないようになるかもしれません。美しい被毛の維持にも効果があるでしょう。

また活力を与えてくれるということですので、病中、病後の体力が低下したり免疫力が低下しているときに与えるのも良いでしょう。

姫マツタケのデメリット

原材料を見てもからだに害となりかねない添加物等も含まれていないので、特にデメリットはないといえます。

すべて自然素材を使用している無添加サプリメントですので、使用量を守っていれば副作用もないといえるでしょう。

ただし姫マツタケも薬ではなく、あくまでサプリメントです。ですから与えたからといってすぐに効果が見られるわけではないでしょう。継続的に与え続けることで動物が本来持っている自然治癒力を高め、免疫力を高めることが期待できます。

姫マツタケの口コミ評価・評判

Spreading Secrets

では実際に姫マツタケを購入した方たちの口コミを見てみましょう。実際に購入した方の声ですので、購入の参考にできるでしょう。

姫マツタケの良い口コミ

ではまず姫マツタケの良い口コミから見てみましょう。どんなものがあるでしょうか?

多くの方が愛犬の健康を実感しています。

成犬に与えている方は愛犬が毎日元気で生き生きをしている様子を観察しています。

他にも愛犬や愛猫の鼻水やくしゃみで悩んでいる方は、姫マツタケを与えるようになってからくしゃみの回数が減り、鼻水が垂れるのも無くなった。と喜びの声をあげています。

またアトピーによる皮膚トラブルやかゆみで困っていたペットに姫マツタケを与えるようになってから、かゆがることが少なくなったようなので、引き続き継続してみたい。という声もあります。

姫マツタケを与えるようになってから、ご飯の食いつきが良くなった。という声もあります。元気になって食欲も出てきているのかもしれませんね。

そしてなんといっても姫マツタケは嗜好性が高いので、偏食気味の犬も抵抗なく食べてくれるようです。水に混ぜて与えている方もいますが嫌がらず飲んでくれた。といっています。フードにかけて与えている人もおいしそうに食べてくれる。と喜んでいます。

姫マツタケの悪い口コミ

姫マツタケの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

ほとんどの方が愛犬の健康を実感しており、悪い口コミはほとんどありませんでした。

一つ上げるとするなら、犬や猫の中にはリキッドタイプを好まない、顆粒タイプの方が食べやすいという子もいるようです。なのでお試しサイズがあると良い。という意見がありました。

たしかに実際に与えてみないと食いつきはわからないので、お試し用があると良いですね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ