犬の老化防止に「グルコサミン700SD」特徴・効果を評判から知ろう!

犬の老化防止に「グルコサミン700SD」特徴・効果を評判から知ろう!

愛犬の老化防止にオススメのサプリ「グルコサミン700SD」を紹介していきます。このサプリメントには老化現象を遅らせることができ、健康維持を促進させる効果があります。犬・猫に対して関節の劣化を抑制する働きをすることが研究結果として報告されています。臨床実験でも効果を発揮することが確認できた抜群のサプリです。

気づきにくい犬の関節炎

An old German Shepherd Border Collie Mix Breed Canine is resting in a soft dog bed at home.

愛犬の関節炎に気付かない飼い主は少なくありません。

ある研究によると、関節の病気意外で動物病院を受診した10歳以上の犬の約半分以上に、関節にトラブルを抱えていることが分かりました。しかも飼い主の半分以上は、愛犬が関節炎にかかっていることを全く気付いていませんでした。

つまり、犬は本能的に痛みを隠そうとするため、飼い主は犬の痛みを見逃してしやすく発見が難しいと言われています。

犬の関節の痛みの原因とは?

red Sad dog on the floor by window light.

犬の関節の痛みには、一時性の「原発性」による痛みと、二次性の「続発性」の痛みの2種類に大きく分類されます。

原発性の痛み

加齢や老化などによって生じる痛みであある一方、続発性の痛みはほかの病気や過度な負担などが原因で発生する痛みです。それには股関節形成異常や外傷事故、脱臼などが挙げられます。

続発性の痛み

軟骨を含めた関節を変形させ、関節の機能を低下させ変形性関節症を生じさせます。一度発症してしまうと完治が難しく、生涯にわたって痛みが持続するため、早めに対策を打つことが大切です。

犬の関節炎の対策と予防とは?

一度変形してしまった軟骨の損傷、関節は修復することがとても難しいと言われています。そのため、飼い主は愛犬を良く観察し、少しの異常に気付いてあげる必要があります。早期に発見することができれば、症状は進行する前に適切な処理をすることができます。

関節を動かすことで痛がる

愛犬が関節を痛がっていると、動かさないで大事にしてしまいがちですが、関節をよく動かすことがとても大切です。なぜなら、関節を動かさないでいると、関節周囲の軟部組織を萎縮させてしまう可能性があります。そして、少しづつ筋肉が硬くなってしまい、症状を進行させてしまいます。ですから、まずは関節をよく動かしてあげるようにしましょう。

サプリメント効果で和らげることができる

Close up vitamins and supplements on white background with a brown bottle. Including Vitamin c, vitamin E, vitamin D3, salmon oil, fish oil and co enzyme Q10 capsules.

また、炎症と痛みを抑えるために薬を与えることもできます。それには動物病院を受診して、薬を処方してもらう必要があります。さらに関節炎を予防するために、サプリメントも与えることもひとつの方法です。

特に有効成分であるグルコサミンが配合されているサプリメントは、とても効果があります。サプリメントにはさまざま種類がありますが、その中でもグルコサミンをメイン成分として配合している「グルコサミン700SD」は、関節炎に有効なサプリメントとしておすすめです。

ペットサプリメント「グルコサミン700SD」とは?

「グルコサミン700SD」は、国内最大級のペット専用のドラッグストアペットゴー株式会社から販売されている犬専用のサプリメントです。純度100%のグルコサミンやコラーゲンペプチドが配合されているので、関節の健康サポート効果を期待できます。

グルコサミン700SDに使用している原材料・成分・標準組成は?

・原材料

グルコサミン、コラーゲンペプチド、糖転移ヘスペリジン、酵母エキス、ビーフパウダー、香料、還元麦芽等水飴、デキストリン、セルロース、微粒酸化ケイ素

・成分

粗タンパク 19%以上、粗脂肪 2%以上、粗繊維質 5%以下、粗灰分 3%以下、水分 4%以下

・標準組成(4粒当たり)

グルコサミン 700mg、コラーゲンペプチド 400mg、糖転移ヘスペリジン 25mg、酵母エキス 25mg
出典:https://www.amazon.co.jp/ペットビジョン-グルコサミン700SD-ビーフフレーバー-120粒-小粒/dp/B004CHY7UG/

グルコサミン700SDに期待できる効果とは?

グルコサミン700SDは、関節に有効なグルコサミンとコラーゲンペプチドをメイン成分として配合しています。年齢を重ねるとともにグルコサミンは少しづつ減少し、体内で生成することが難しくなってきます。関節の健康を維持するためには、軟骨のためにグルコサミンをサプリメントで補うことがとても大切です。

また、コラーゲンペプチドは丈夫な骨や関節を作るだけでなく、健康な皮膚や被毛にも欠かすことができない成分なので、意識的に摂取することができるでしょう。

関節の痛みはシニア犬だけが持つ特有の悩みではありません。室内犬や小型犬などでも年齢に関係なく、ちょっとした段差を飛び下りしたときの衝動や肥満などから関節炎や腰痛などの痛みを発症するリスクがあります。ですから、すべての犬種がシニア期に入る前から関節を予防することはとても大切です。

グルコサミンがもたらす関節への効果とは?

グルコサミンをメイン成分として配合しているグルコサミン700SDは、グルコサミンの効能や効果を発揮することが可能です。

グルコサミンは軟骨成分のクッションとして、骨と骨を結び付け、関節の動きをスムーズに動かす大事な役割があります。それに加え、血液や血管、皮膚、腸管などにも働きかけたり、肌のハリやみずみずしさを維持する働きもします。

グルコサミンは生まれた時が一番ピークの量をしており、少しづつ減少していきます。グルコサミンの量が減ってくると関節の痛みや炎症などを発症するリスクが高まってきます。ですから、関節の痛みや炎症を予防するためには、意識的にグルコサミンを摂取する必要があります。

コラーゲンペプチドがもたらす関節への効果とは?

コラーゲンペプチドはグルコサミン同様、骨や関節の健康に欠かせない成分のひとつです。

コラーゲンペプチドと聞くとお肌に必要な成分というイメージがありますが、古くなった骨を壊して、新しい骨を作ったり、骨の代謝を促す働きをします。そのため、骨密度を高めたり、軟骨細胞の活性化に効果的です。

さらに軟骨を作るために欠かせないヒアルロン酸の産出もサポートします。

グルコサミン700SDの与え方とは?

グルコサミン700SDは、愛犬の体重によって1日当たりの目安量が変わってきます。1日1~2回に分けて与えることが可能です。

推奨されている1日当たりの目安量は以下の通りです。

・体重5㎏まで:2粒

・体重5~10㎏まで:4粒

・体重10㎏以上:6粒

となっています。

グルコサミン700SDは副作用はある?

グルコサミン700SDは、GMO(遺伝子組み換え原料)は一切使用していないので、摂取量を守っていれば副作用が生じることはありません。

動物病院でもグルコサミンが処方されることがあるので、前もってグルコサミン配合のグルコサミン700SDを与えていれば予防するこも可能です。

グルコサミン700SDの保管方法とは?

グルコサミン700SDを開封したなら、蓋をしっかり閉め、高温多湿ではなく、避けた涼しい場所で保管しましょう。

グルコサミン700SDはどこで購入できる?

グルコサミン700SDは、販売元のペットゴーの公式サイトから購入することができます。

楽天市場やAmazon、Yahoo!などのインターネット通販からの購入も可能です。

グルコサミン700SDの口コミ評価・評判

Spreading Secrets

・「15歳のチワワにグルコサミン700SDを飲ませています。以前は後ろ足が震えていましたが、飲み始めてから震えが少なくなりました。

錠剤タイプを苦手とするので、いつもおやつと一緒にごまかして与えています。」

・「愛犬が10歳を過ぎたため、かかりつけの獣医師さんにグルコサミンを摂取するようにすすめられました。どんなサプリメントを与えようかとネットで探していたら、グルコサミン700SDを見つけました。口コミも良かったので購入し、愛犬に与えています。味が気に入ったのか、いつも喜んで食べてくれます。」

・「腰や膝が痛むようなしぐさを見せることがありましたが、特に気にしていませんでした。すると、お座りが上手に出来ないほど深刻な状態になってしまい、慌てて動物病院に連れていきました。

獣医師からは加齢なので完治は無理と言われ、進行を遅らせるためにグルコサミンが処方されました。グルコサミン700SDを与えてから1年が経過しようとしていますが、今は痛みが和らいだのか元気に走り回っています。」

・「今は14歳になった愛犬ですが、10さいを過ぎた頃からグルコサミン700SDを飲ませています。関節炎や腰痛にならないよう予防のために継続して与えていますが、グルコサミンの効果が効いているおかげで元気です。」

・「愛犬の関節予防のために、8歳の時から与えています。今は10歳を過ぎましたがグルコサミン700SDのおかげで元気に過ごしています。これからも継続して与えようと思っています。」

・「思ったより粒が大きく、食べてくれませんが、細かく刻んでフードに混ぜています。関節炎の予防には欠かせません。」

・「特に効果を実感していないですが、関節炎の予防のために飲ませています。いつまでも足腰元気に過ごしてもらいたいです。」

・「14歳のチワワの後ろ足の動きが鈍くなってきたので、グルコサミン700SDを飲ませることにしました。2回購入しましたが、以前よりも動きが軽くなったように感じます。もうしばらく継続して与えるつもりです。」

・「内容量とお手頃な価格が気に入っています。愛犬も喜んで食べてくれるので与えやすく、継続しやすいのでこのまま関節炎の予防のために続けたいです。」

・「うちの子はよく脱臼を繰り返していました。しかし、グルコサミン700SDを飲ませてから2年が経過していますが、脱臼をしなくなりました。グルコサミンのパワーに驚いています。」

・「まだ6歳のトイプードルですが、関節炎と言われました。時々、痛そうな声をあげるのでとても辛かったですが、グルコサミン700SDを飲ませてからは症状が落ち着き、痛そうな仕草を見せなくなりました。

サプリメントもおいしそうに食べてくれるので助かります。」

・「グルコサミン700SDを与えてから、愛犬の足のトラブルが改善されました。散歩もまた再開できて嬉しいです。愛犬の元気な姿を見れるのが一番です。」

・「愛犬の関節ケアのためにグルコサミン700SDを食事の時にあげています。犬が喜びそうな美味しそうなにおいがするので、食いつきよく食べてくれます。」

・「小型犬なので、粒を細かくしてあげています。まだ与え始めたばかりなので効果は分かりませんが、関節炎になってからでは遅いので、予防のために継続して与えるつもりです。」

まとめ

結果として、グルコサミン700SDを与えたことによって、老化現象の進行を抑制させることができることが実証されています。必ずしも効くことがあるものではないので、身体に合わない(アレルギー)場合は即刻やめて他の手段を探すことをオススメします。

早期発見もしくは、サプリメントの早期摂取で肌の調子を整えることができるので、更に愛犬の寿命を伸ばすことができます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ