犬用サプリ「グリニーズピルポケット」の特徴や効果を評判から知ろう!

犬用サプリ「グリニーズピルポケット」の特徴や効果を評判から知ろう!

愛犬向けのフィラリア対策にオススメのサプリ「グリニーズピルポケット」を紹介していきます。このサプリメントは、なかなかお薬を飲んでくれないワンちゃん対策として、4つのタイプのお薬タイプが用意されているので、ワンちゃんの好みに合わせてストレスフリーで飲ませることができます。

犬に薬を飲ませるのは大変!

Drug prescription for treatment medication. Pharmaceutical medicament, cure in container for health. Pharmacy theme, capsule pills with medicine antibiotic in packages.

みなさんは、愛犬にどのように薬を飲ませていますか?

フィラリアの予防薬や病気を治すためのお薬は、愛犬に健康で長生きしてもらうために欠かすことができない投薬です。可能なら飼い主も愛犬もストレスなしに気軽にお薬を服用したいですが、なかなか薬を飲んでくれない子も少なくありません。

では、愛犬にどのようにストレスなしでお薬を与えることができるでしょうか?お薬を飲ませるための工夫や便利なグッズ「グリニーズピルポケット」をご紹介しましょう。まずは基本的な薬の飲ませ方をみてみましょう。

基本的な薬の飲ませ方とは?

病院から処方される薬やサプリメントには、錠剤タイプ、カプセルタイプ、パウダータイプ、そして、シロップタイプの4種類が一般的です。では、ひとづつみてみましょう。

錠剤・カプセルタイプの場合

A lot of capsules and tablets pill on the table. The light is shiny to blister pack of the capsules. The medicines  are good treatment if order from the doctor.  Pills is dangerous when take overdose

錠剤・カプセルタイプの場合、飼い主もペットも慣れてしまえばストレスを軽減させることが可能です。以下のような手順で与えましょう。

1、愛犬の頭を保定し、少し上を向かせる

片方の手で愛犬の頭を保定しましょう。そして、若干上向きにさせます。

2、口を開けさせる

保定している方の手で、愛犬の歯の後ろ付近に指をかけます。そして、ゆっくり口を開けさせます。

3、薬をいれる

愛犬が口を開いたら、口の奥の方に向かって薬を落とします。手前に落とすと吐いてしまう可能性があるので、可能なら舌の付け根あたりを狙うようにしましょう。

4、口を閉じる

薬が入ったら口を閉じさせます。そして、喉付近をさすってあげましょう。その後、愛犬が舌をペロッと出したら薬を飲み込んだことのしるしです。

5、水を飲ませる

錠剤やカプセルタイプのお薬は、食道や腸内に張り付きやすいので、薬を与えた後は水を飲ませることが大切です。

パウダータイプの場合

Little spoon pouring powder on water glass

パウダータイプのお薬やサプリメントは口の中に入れて唾液と一緒に飲ませる、もしくは、水に溶かして飲ませることが一般的な方法です。次のような手順で行えます。

1、頭を保定し、上あごを若干上に上げる

錠剤を与える時と同様、頭を保定し、片側の上あごが開くように上へ引っ張りあげます。

2、歯と頬の間にパウダーを入れる

歯と頬の間に少しづつ薬を入れていきます。スプーンを使うと入れやすいでしょう。

3、口を閉じさせる

薬が中に入ったら口を閉じさせ、外側から頬を揉みます。そうすることで薬が唾液を混ざるのをサポートできます。

パウダータイプを直に愛犬に与えることが難しいと感じる場合は、いつも与えているフードに混ぜて与えることができます。ただし、フードを残してしまうと、どれくらい薬を服用したのかが分からないというデメリットがあります。

液剤(シロップなど)タイプの場合

Longhair dachshund puppy frowning at medicine in a spoon.

シロップなどの液剤タイプの薬の場合、シリンジやスポイトを使用して与えます。特にシリンジは目盛りがついているので正確な量を測ることができるでしょう。次のような手順で与えることができます。

1、液剤をシリンジに含ませる

薬を飲ませる分量だけ、シリンジにセットしましょう。

2、頭を保定する

頭を保定し、鼻先を持ち上げるように少し上を向かせましょう。

3、シリンジを口の中にいれる

シリンジを歯の後ろに差し込み、薬を流し込みましょう。その際、一気に薬を流し込むのではなく、愛犬の様子を見ながら少しづつ与えることがポイントです。

ペットに薬を飲ませるのは大仕事!

上記で見たような方法を、上手に行うことはとても大変です。特に犬や猫の場合、嗅覚がとても優れているので薬などのにおいにとても敏感で、一度嫌がると絶対に食べてくれません。

あるアンケート調査によると、愛犬が薬を嫌がったという経験をした方は約80%近くもいることが報告されています。薬を嫌がったり飲まなかったタイプの種類の中で一番多かったのは、錠剤やカプセルタイプ、続いてパウダータイプとなっています。

多くの飼い主の方はどのような飲ませたのでしょうか?

アンケート結果によると一番多かった方法がそのまま飲ませる、ドライフードに混ぜる、そして、パンやチーズなどに包むという方法でした。そのほかにもウエットフードに混ぜる、小さく砕いて飲ませるなどの方法で与えた飼い主の方もいるようです。

飼い主の悩み

多くの飼い主が薬の与え方について次のような悩みを抱えています。 ・「口を開いてくれないので錠剤を与えるのがとても大変です。

・「愛犬が好きなおやつに薬をくるんで与えているのですが、おやつだけ食べてくすりは出してしまいます。」

・「フードに混ぜるとにおいがするのか食べてくれません。」

・「ニオイのある薬は絶対に食べてくれません。」

このように人間よりもはるかに嗅覚が優れている犬にとっては、薬のニオイを敏感に感じてしまう傾向が高く、一度薬と認識してしまうと全く口にしなくなってしまう可能性があります。また、フードに混ぜて与えていても残してしまうなど、薬の与え方に関する悩みは絶えません。

愛犬に薬を飲ませるコツとは?

それは嗅覚が優れているだけでなく、味覚も関係しています。犬の舌も人間同様、甘みや苦味、酸味などを感じる細胞があります。その中でも苦味成分は、舌の奥の方で感じると言われています。そのため、飲み込む際に舌の奥の方で苦味を感じるため、一度口にした薬でも吐き出してしまうようです。

このように犬は味とニオイに反応し、薬を飲んでくれません。ですから、味やニオイを感じないように素早く投与したり、それらをしっかりカバーできるもので包み飲み込ませることがコツとなってきます。

薬が苦手な愛犬には投薬補助トリーツ「グリニーズピルポケット」がおススメ!

薬を苦手とする愛犬や、薬を飲んでくれないと悩んでいる飼い主さんの悩みを解決してくれるのが、「グリニーズピルポケット」です。

「グリニーズピルポケット」は、投薬補助トリーツ、つまり、投薬補助剤としてサプリメントに分類されていますが、便利グッズと言えるかもしれません。

犬や猫などのペットに薬を飲ませるようとすると嫌がったりする場合に、においや味などで薬だと分からないように薬を簡単に隠すことができ、確実にペットの投薬を補助することが可能です。愛犬だけでなく、愛猫の健康まで考慮されており、主原料は100%自然素材を使用することで、ペットの食いつきがよい製品に仕上がっています。

グリニーズピルポケットの特長は?

グリニーズピルポケットはやわらかい形状をしているので、どんな形状の薬でも簡単に包み込むことができ、薬の存在を隠すことが可能です。

グリニーズピルポケットはチキンをメイン主原料としています。そのため、多くのペットが喜んで食べてくれます。

どんな薬でも隠すことができるので、薬を与える側の飼い主はもちろん、ペットにも負担が軽減され、良好な信頼関係の維持をサポートします。

グリニーズピルポケットの原材料&成分

・原材料

乾燥チキン、小麦粉、植物油、小麦グルテン、コーンシロップ、脱脂粉乳、タンパク加水分解物、グリセリン、pH調整剤、増粘安定剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)を原材料として使用しています。

・成分
成分はグリニーズピルポケット1個当たり、以下のようになっています。
タンパク質:11.0%以上、脂質:10.0%以上、粗繊維:1.0%以下、灰分:3.0%以下、水分:31.0%以下、エネルギー:約9kcal
出典:https://www.amazon.co.jp/グリニーズ-獣医師専用-ピルポケット-犬用チキン-90g/dp/B00H2ASQJS/

グリニーズピルポケットの使用方法とは?

グリニーズピルポケットは、以下のような手順で使用しましょう。

1、グリニーズピルポケットの穴に、錠剤やカプセルを入れます。その際、薬を持った手でピルポケットを触らないようにしましょう。薬のにおいが粒に残ると、愛犬が食べてくれない場合もあります。直接薬のにおいが移らないようピンセットや手袋などを利用することがポイントです。

2、ピルポケットの上部を練り合わせて蓋をします。そして、愛犬が食べやすい大きさに調整しましょう。

3、薬が包み隠されらピルポケットを愛犬に与えます。

給与量はどのくらい?

グリニーズピルポケットは、獣医師の指導に従い、薬を与える回数に合わせて適切に与えることが大切です。

トリーツとして与える場合は、1日当たり下記の給与量の目安に与えることが推奨されています。

・体重が1~5kgの場合1~4個 ・体重が5~10kgの場合 4~6個 ・体重が10~20kgの場合6~10個 ・体重が20~40㎏の場合10~17個

グリニーズピルポケットはどこで購入できる?

グリニーズピルポケットはペットショップやペット美容院などで市販されていますし、動物病院でも扱っています。

また、楽天市場やAmazonなどのインターネット販売からでも購入することが可能です。

グリニーズピルポケットを使用している方の口コミ評価・評判

Group of young people men and women whispering each other in the ear. Word of mouth concept

・「どんな薬でもグリニーズピルポケットに包んでしまえば、うちの子はしっかり食べてくれます。もはや必需品です。」

・「薬はまったく飲んでくれないのですが、グリニーズピルポケットに包むと、美味しいおやつを思って喜んで食べてくれます。」

・「まるごと1個は大きいので半分に分けて使っています。今まで薬をあげるのがとてもストレスでしたが、グリニーズピルポケットのおかげで助かっています。」

・「薬が入っているとは思わせないほど、食いつきよく食べてくれます。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ