犬用サプリ「カリナール2」の特徴や効果を評判から知ろう!

犬用サプリ「カリナール2」の特徴や効果を評判から知ろう!

愛犬向けの腎臓機能をサポートするサプリ「カリナール2」を紹介していきます。このサプリメントには植物由来のリンが配合されており、消化管内で吸着し排出を促す効果が期待されています。バイエル薬品では「カリナール1」も販売されており、両者を同時に与えることで相乗効果を発揮し、腎臓の健康を保ちます。

「ペットサプリメント・カリナール2」とは?

ペット用サプリメント「カリナール2」は、腎臓にトラブルを抱えている犬猫専門の健康補助食品です。

バイエル薬品から発売されているカリナールシリーズは、「カリナール1」「カリナール2」、そして、「カリナールコンボ」の3種類が用意されています。

カリナール1

カルシウム由来のリンがメイン成分として配合されており、フードで摂取したリンを消化管内で吸着して、排便として効率よく排出する作用を期待できる。

カリナール2

乳酸菌やオリゴ糖をメイン成分としており、腸内環境を整える働きがある。

カリナールコンボ

カリナール1とカリナール2の両方の作用を持っています。

カリナール2の与え方とは?

Hungry labrador retriever is feeding at home.
・原材料

マルトデキストリン、フルクトオリゴ糖、オレンジバイオフラボノイド、ビタミンC、エンテロコッカス・フェシウム、ビタミンB6、ラクトバチルス・アシドフィルス、葉酸、ビタミンB12

・成分

粗タンパク:0%以上、粗油・脂肪:0%以上、粗繊維:2.0%以下、粗灰分:3.5%以下
出典:https://www.amazon.co.jp/バイエル-カリナール2-ー-50g/dp/B00ENY9Y7Y/

カリナール2は、犬猫兼用のサプロールです。ですから、愛犬に与える場合は、体重を正確に測り、体重に合わせて規定されている給与量を与えるようにしましょう。

カリナール2を購入すると、スプーンが一緒についてきます。付属スプーン1杯あたり0.4gです。1日当たりの給与量を1日2~3回、食事ごとに分けて与えます。

サプリメントはパウダータイプで無味無臭なので、いつも与えているフードに混ぜるだけでOKです。味にこだわりがある愛犬でも、味が変わらないので抵抗なく食べれます。

体重ごとの給与量の目安

・2.5㎏以下スプーン1杯 ・2.5~5㎏ スプーン2杯 ・5~7.5㎏ スプーン3杯 ・7.5~10㎏ スプーン4杯 ・10㎏以上 2.5㎏ごとにスプーン1杯ずつ増やす

カリナール2の正しい保存方法とは?

カリナール2開封後は直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に保管することが推奨されています。そして、愛犬や小さなお子さんの手に届かない場所に置きましょう。

カリナール2に期待できる効果とは?

カリナール2には、どのような働きが期待されているのでしょうか?

腎臓の機能をサポートする作用

カリナール2は、カリナール1のように腎臓の機能に働きかける作用を期待できます。

3大栄養素のひとつであるタンパク質が体内で分解されるとき、体内で窒素化合物が発生します。身体が窒素化合物を必要としておらず、毒素として扱われています。そのため、腎臓では尿と一緒に窒素化合物も体外へ排出するよう機能しています。

しかし、腎臓の機能が低下していると、毒素である窒素化合物を上手に排出することができずに体内にとどまってしまうだけでなく、腎臓にも大きな負担がかかってしまいます。

健康な腸内環境の善玉菌は、窒素化合物などの毒素を減らす働きをします。

カリナール2には「フラクトオリゴ糖」を配合することで、善玉菌の働きを活発にさせることができます。フラクトオリゴ糖が腸に届くと乳酸菌などの善玉菌のエサとなって活性化し、多くの毒素を取り込むことができ、それは腎臓の機能のサポートにつながります。

大腸菌の増殖を抑制する作用

Yeast cells and Pseudohyphae yeast cells (Fungus)

カリナール2には、「エンテロコッカス・フェシウ」と「ラクトバチルス・アシドフィル」という乳酸菌が配合されています。これらの乳酸菌は腸管に届くと、大腸菌の増殖を抑制するよう作用します。

カリナール2を与える際の注意点とは?

カリナール2はパウダータイプのサプリメントなので、フードにトッピング、もしくは混ぜる際には、パウダーが飛び散らないように注意しましょう。また、ドライタイプのフードを与えている場合は、愛犬が食べやすいようにパウダーに少量の水を含まれることで食べやすくなります。

さらに、決められている摂取量をしっかり守るようにしましょう。どんなに身体に良い物でも過剰摂取は、副作用を引き起こす原因となりますので、規定量を守ることは基本です。

カリナール2に副作用はあるの?

カリナール2を愛犬に与える場合、決められている給与量をしっかり守っていれば副作用の心配はありません。

しかし、すでに腎不全を患っており、他のサプリメントや薬を服用しているなら、かかりつけの獣医師さんに相談されることをおすすめします。

カリナール2はどこで購入できる?

Search Searching Exploration Discover Inspect Finding Concept

カリナール2は動物病院を受診し、獣医師さんに処方してもらうと、服用することができます。

また、動物病院を受診しなくても、Amazonや楽天などのインターネット通販を利用して個人的に購入することも可能です。

カリナール2を愛犬に与えている方の口コミ評判

Group of young people men and women whispering each other in the ear. Word of mouth concept

・「愛犬が体調を崩してから、カリナール1とカリナール2の両方を健康維持のために与えています。それぞれが別の作用を果たすので、朝と夜に分けてフードに混ぜています。最近は体調も崩さないので、動物病院に行く回数も減りました。サプリメントのおかげだと思います。」

・「腎臓を悪くしたので、口コミで評判の良かったカリナール2を購入しました。パウダータイプなのでフードにトッピングして食べさせています。無味無臭なので特に変わった様子もなく、いつものように食べてくれます。このまま与え続けて、数値が改善されることを期待しています。」

・「腎臓の機能の改善サプリメントをインターネットで探していた時、カリナール2を見つけました。ごはんにしっかり混ぜてあげています。数値が元に戻りつつあるので、このまま維持のために与え続けるつもりです。」

・「うちの子は腎臓が悪いので、カリナール1と2を与えています。だいぶ調子がよくなりました。」

・「18歳になる愛犬は、かかりつけの獣医師さんにカリナールを勧められました。今は1と2の両方を与えることに加え、療法食もしています。そのおかげで数値が安定し、状態を維持することができています。このまま長生きしてもらいたいです。」

・「うちの子はBUNの数値が悪かったので、ダメもとでカリナール2を与えてみました。すると、驚いたことに数値が回復してきました。与えて良かったです。」

・「かかりつけの獣医師さんにカリナール2をすすめられてから毎日与えています。無味無臭なのでフードに混ぜても問題なく食べてくれるので助かっています。」

・「腎臓機能が低下している愛犬に、毎日与えています。お値段もお手頃価格なので嬉しいです。」

・「便秘気味だったのにお通じがよくなっているような気がします。腸内環境が整っている証拠だと思います。」

・「シニア期に入っている我が家の愛犬は、もう腎不全を完治することは難しいと言われています。しかし、進行を少しでも遅らせるためにカリナール2を与えています。腎不全と診断されてからすでに3年たちますが愛犬は元気です。これからもカリナール2を与えて続けていきます。」

そのため、愛犬が健康な時からサプリメントを与え、腎臓病を予防することは大切です。

腎臓病の症状とは?

Kidney disease. 3d illustration

犬の腎臓は、体内の毒素をろ過する役割があります。腎臓の機能が低下するとろ過することができなくなり、体内に毒素や余分な水分が溜まっていくことで、はじめて症状があらわれます。そのため、症状に気づいた時には病気が進行しているケースが多い傾向にあります。

腎臓病の症状は?

初期症状として、たくさん水を飲むこと、トイレの回数が増えることなどが挙げられますが、この段階では気づきにくいでしょう。

しかし、症状が進行すると食欲の低下、体重の減少、おしっこのニオイがなくなる、口臭や体臭がキツくなる、被毛がパサついている、よく吐く、歯茎が白くなってきた、便秘気味になるなどの症状があらわれはじめます。

そして、末期になると痙攣など神経に異常があらわれはじめる場合もあります。

完治が難しく進行する腎臓病

腎臓病は一度ダメージを受けると、その機能は回復することが難しい病気です。また、症状がなかなか出ないため、気づかないうちに症状が悪化している特徴があります。

定期的に健康診断を受けることも大切!

動物病院で定期的に検査を受けるなら、腎臓病の早期発見につながり、進行を遅らせることが可能です。一般的に腎臓病の検査は、尿検査で診断できます。しかし、尿検査は、初期の腎臓病以外にも糖尿病や肝疾患、泌尿器疾患などのさまざまな病気を発見する手がかりとなります。

一方、慢性腎臓病の検査の場合、尿検査だけでなく血液検査、エコー検査なども同時に行われます。

特に愛犬が7歳を過ぎたら、定期的に検査を受けるようにしましょう。

まとめ

サプリメントだけでなく、食事療法も同時に!カリナール2を与えて腎臓病の予防や改善を期待することもできますが、それと同時に食事療法も行えばさらに進行を遅らせることができます。愛犬のために食事を手づりすることが一番ですが、毎日行うには限界があります。

そこで腎臓病のために改善されたフードを与えることができるでしょう。腎臓病用のフードは、腎臓の機能に負担がかからないように作られています。腎臓病を悪化させる栄養素「リン」は、そもそも骨や歯、細胞などの生成に欠かせない成分ですが、腎臓の機能が低下してしまうと、リンを体外へ排出することが出来ずに体内に蓄積されてしまい、腎臓に大きなダメージを与えます。そのため、リンを制限した食事療法が必要です。

あるデーターによるとリンを制限した食事療法を行った場合、食事制限をしないケースよりもおおよそ3倍も長生きできたと報告されています。このことからもリンを制限した食事療法が効果を発揮することが分かります。

もちろん食事療法すると同時に、カリナール2を与えることも忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ