愛犬の泌尿器対策に「ウロアクト」特徴・効果を評判から知ろう!

愛犬の泌尿器対策に「ウロアクト」特徴・効果を評判から知ろう!

愛犬の泌尿器予防にオススメのサプリ「ウロアクト」を紹介していきます。このサプリメントには泌尿器予防や健康維持を促進させる効果があります。犬・猫に対して膀胱炎を抑制する働きをすることが研究結果として報告されています。臨床実験でも効果を発揮することが確認できた抜群のサプリです。

犬の膀胱炎とは?

Doctor or teacher with ballpoint pen pointing on bladder on anatomical model of urine bladder with prostate. Study anatomy of urinary system or indication for patient to place of detected pathology

膀胱炎は人間でもかかりやすい病気です。人間同様、犬の場合も一度膀胱炎になってしまうと、何度も再発する可能性がある病気のひとつです。

特にメス犬や免疫力が低下しているシニア犬は膀胱炎にかかりやすいと言われています。また、水分の摂取が減る冬の時期は膀胱炎にかかりやすいので注意が必要です。膀胱炎と気付かずに放置してしまうと膀胱結石に発展してしまう可能性があります。

すべての犬種が膀胱炎に注意する必要がありますが、その中でも特にダックスフンド、シーズ、ダルメシアン、ミニチュアシュナウザーなどの犬種は特に結石にかかりやすいので気を付けましょう。

犬の膀胱炎の症状とは?

犬の膀胱炎の症状は、ほぼ人間と同じです。尿道から細菌が入り込み感染し、炎症を引き起こすことで膀胱炎の症状があらわれます。症状としては水を大量に飲むこと、トイレの回数が増えても尿の出る量が少ないこと、尿の色が濁っている、血尿がでるなどの症状があらわれます。

膀胱炎が進行すると尿路結石や前立腺炎などが発症する危険性もあります。ですから、早めの段階での治療がとても大切です。

犬の尿路結石とは?

A view of penis of male feline cat with a problem of urinary blockage in Feline lower urinary tract disease (FLUTD) or feline urologic syndrome (FUS)

尿路結石は、尿の中にあるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが結晶化して結石となる症状を引き起こす病気です。

一度尿路結石になってしまうと、血尿や排尿時に痛みを引き起こすだけでなく、完治したとしても再発しやすい病気として知られています。また、尿路結石は膀胱炎になると発症するリスクが高まるとも言われています。

では、犬に尿路結石ができるとどのような症状を引き起こすのでしょうか?

犬の尿路結石の症状とは?

Take out the red bloody urine from the black male cat

尿路結石はどこにできるかによって、症状が異なってきます。

膀胱に尿路結石がある場合

犬が最もかかりやすい尿路結石は、膀胱炎です。膀胱の中に結石があると膀胱に傷がついてしまい、膀胱に炎症や感染を引き起こします。

強い痛みを伴うこともあり、血尿や頻尿などの泌尿器トラブルが生じます。

膀胱から尿道に結石が流れている場合

特に尿道が細いオス犬は、膀胱結石が尿道へと流れると詰まりやすく、尿道閉塞を起こしやすいと言われています。少量の尿を頻尿に繰り返したり、血尿がでることもあります。

また、結石が完全に尿道を塞いでしまうと、尿を排出することもできなくなってしまう深刻なケースもあります。

泌尿器トラブルの予防と対策法とは?

hand stopping wooden block domino. concept prevent and solution.

膀胱炎や結石などの泌尿器トラブルにかからないために、どのように予防や対策をすることができるでしょうか?

膀胱炎の原因となる細菌が寄り付かないよう、飼育環境を清潔な状態に維持することができるでしょう。トイレ周りやハウス周りをキレイに保つことはもちろん、食べ残しのフードは放置せずに処分するようにしましょう。

また、トイレを我慢させないために、定期的に散歩することも大切です。さらに、ストレスを解消させること、栄養バランスのとれた食生活も基本です。

これらに加え、泌尿器トラブルの予防や改善に効果的なサプリメントを服用させることで、膀胱炎などにかかりにくい身体をつくることが可能です。さまざまなサプリメントが市販されていますが、その中でも膀胱炎や尿路結石の予防を用途としている「ウロアクト」がおすすめです。

ウロアクトはどのようなサプリメントなのか詳しくみてみましょう。

ウロアクトはどんなサプリメント?

「ウロアクト」は、ノミやダニの駆除薬で知られている「フロントライン」と同じ日本全薬工業から販売されている犬猫用の栄養補助食品で、犬猫の尿路結石を予防することを目的としています。

そのため、泌尿器トラブルに効果的なクランベリーとウラジロガシエキスが配合されています。丸い小さめな粒をした形状のサプリメントなので、比較的与えやすいサプリメントと言えるでしょう。国内で製造されているので、安全性が高いのもポイントです。

ウロアクトの原材料とは?

ウロアクトはウロジロガエキス、クランベリーパウダー、酵母エキス、魚類ペプチド、デキストリン、ミネラル類(亜鉛酵母)、結晶セルロース、軽質無水ケイ酸、デンプングリコール酸ナトリウム、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ビタミン類(ビタミンC、ビタミンE)を原材料として使用しています。

ウロアクトに期待できる効果とは?

ウロアクトには、ウラジロガシエキスが配合されています。ウラジロガシエキスにはストルバイト尿石やシュウ酸カルシウム尿石の予防や改善が期待されています。

また、配合されているクランベリーパウダーは、尿路結石に有効な成分として知られています。ウロアクトには豊富にクランベリーパウダーが含まれているので、尿路結石だけでなく、膀胱炎や腎不全などの予防にも効果を発揮します。

では、ウロアクトにメイン成分として配合されている「ウラジロガシエキス」と「クランベリーパウダー」について、さらに詳しくみてみましょう。

ウラジロガシエキスがもたらす効果とは??

ウロアクトの半分以上を占めるウラジロガシエキスは、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹から抽出されるエキスです。日本全国に生息しており、さまざまな県の天然記念物として指定されています。

ウラジロガシは古くから民間薬として、泌尿器の疾患によく使用されていました。

現在では、ウラジロガシの枝や葉からエキスを抽出し薬やサプリメントとして利用しています。ウラジロガシエキスには胆石や腎臓結石を溶かす効果があるため、犬だけでなく、人間の結石治療薬としても使用されています。

また、ウラジロガシを煎じてお茶にして服用することもできます。自然由来の植物エキスなので副作用が少なく、犬や猫でも安心して服用することができます。

クランベリーが発揮する効果とは?

cranberries isolated on white Clipping Path

クランベリーには、ポリフェノールの一種であるプロアントシアニジンが豊富に含まれており、膀胱炎の予防や改善に効果があります。膀胱炎と結石は犬がかかる病気の中でも再発しやすいと言われています。膀胱炎は細菌感染が原因で発症します。

膀胱炎を発症すると尿道結石を併発するリスクが高まり、1度再発すると慢性化しやすい病気ですが、クランベリーに含まれている成分が泌尿器トラブルにかかりにくい身体作りをサポートしてくれます。

まず膀胱の壁に細菌が付着することを抑制し、細菌を尿と一緒に体外へと排出させるので膀胱炎を予防することができます。また、クランベリーは犬のアルカリ性の尿を酸性化させることができます。酸性性の尿は、結石などを発症させるリスクがありますが、クランベリーにはシュウ酸という成分が含まれているため結石を予防することが可能となっています。

ウロアクトの与え方とは?

ウロアクトは1日あたり以下の量を目安に与えることが推奨されています。愛犬の体重を測定し、以下の量を1日1~2回に分けて与えましょう。

・体重5㎏まで:1粒

・体重5~20㎏まで:2粒

・体重20㎏以上:3粒

ウロアクトに副作用はあるの?

ウロアクトは、適切な量を守っているなら副作用はありません。

しかし、ウロアクトはウラジロガシエキスを使用しており、それには”タンニン”が配合されています。副作用は比較的少ないですが、大量に過剰摂取してしまうと、人間のように便秘や下痢、貧血の症状を引き起こすことがあります。

また、ウロアクトにはクランベリーパウダも配合されています。もし動物病院などで療養食が処方されていると、愛犬の尿を酸性にする働きをするので獣医師さんに相談しましょう。 もし愛犬が何かの間違いで大量にウロアクトを摂取してしまったら、動物病院を受診することをおすすめします。

万が一ウロアクト摂取後に異変がみられるようなら、ただちに使用を中止し、動物病院を受診しましょう。

ウロアクトはどこで購入できる?

ウロアクトは楽天市場やAmazon、 Yhaooショッピングなどで購入することが可能です。

サイトにより価格に若干の差がありますので、よく調べてから購入されることをおすすめします。

ウロアクトをすでに利用した方の口コミ評価・評判

Spreading Secrets

・「愛犬が膀胱結石で手術を受けた後から、ウロアクトを与え続けています。再発しやすい病気と言われているので定期的な検査を受けていますが、尿検査でもエコー検査でも異常はありません。ウロアクト効果だと思います。」

・「ストルバイト結石がある愛犬にウロアクトを飲ませています。今まではストルバイト結石用のフードを与えていたのですが、アレルギーを引き起こしてしまうため悩んでいました。 良いフードを探していた時に、ウロアクトを見つけ口コミをみました。評判が良かったので試してみることにしました。

2ヶ月使用していますが、すでに効果を発揮しています。このまま服用を続けてみようと思います。」

・「うちの子は錠剤タイプの薬やサプリメントを苦手なので、フードに混ぜて与えています。問題なく食べてくれているので助かっています。」

・「結晶がでたのでウロアクトを与えることにしました。動物病院でもすすめられたので、安心して与えることができています。」

・「膀胱炎再発しやすい愛犬にウロアクトをあげています。生まれつき泌尿器が弱いため、毎日与えています。膀胱炎にかかる確率が減ったような気がします。」

・「動物病院でウロアクトをすすめられました。インターネット通販でも購入できるので助かります。」

・「膀胱炎になりやすい愛犬でしたが、ウロアクトを飲ませてからPhの数値を維持できています。」

・「いつも膀胱炎を繰り返していました。ウロアクトを膀胱炎予防として与えはじめたところ、膀胱炎が落ち着きました。これからも予防のために与え続けるつもりです。」

・「膀胱炎は再発しやす病気なので、ウロアクトは愛犬の必需品となっています。嫌がらずに食べてくれます。」

・「ウロアクトを与えてから、膀胱炎になりにくくなりました。有効成分が効いていると実感しています。」

まとめ

結果として、ウロアクトを与えたことによって、膀胱炎や尿路結石の進行を抑制させることができることが実証されています。必ずしも効くことがあるものではないので、身体に合わない(アレルギー)場合は即刻やめて他の手段を探すことをオススメします。

早期発見もしくは、サプリメントの早期摂取で膀胱炎や尿路結石を抑制させることができるので、更に愛犬の寿命を伸ばすことができます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ