犬の健康のために「おなか健康」特徴・効果を評判から知ろう!

犬の健康のために「おなか健康」特徴・効果を評判から知ろう!

おなか健康は愛犬のおなかの健康をサポートするサプリメントです。サプリメントで有名なDHCが販売しているので、知名度が高いサプリメントの一つです。腸内環境を整えることで健康維持を保つことができます。そこで今回はペットサプリメント「おなか健康」について詳しく紹介したいと思います。

愛犬のおなかケアは大切!

X-ray of dog lateral view with Gastric dilatation volvulus“GDV”or stomach twists-Double bubble pattern indicates stomach torsion has occurred-Veterinary medicine and Veterinary anatomy-Blue tone color

あなたは愛犬のおなかの調子で悩んでいますか?下痢や便秘、トイレのにおいが気になる等愛犬のおなかの不調に悩んでいる方は少なくありません。

これらおなかの不調は健康にも影響します。

腸内には体内の免疫機能の7割があると言われています。ですからおなかの調子が悪いということは免疫力も低下し、皮膚疾患を起こしやすくなったり、毛艶が悪くなったり、元気がなくなったりします。ですからおなかの健康維持は大切といえるのです。

おなかの不調は腸内環境の乱れ

愛犬が下痢や便秘をする、おならや口臭、体臭のにおいがきつくなったと感じることがありますか?これは腸内環境の乱れといえます。

腸の中には多くの細菌が住んでいます。それら細菌には善玉菌と悪玉菌があり、バランスよく住んでいるときは問題がないのですが、善玉菌が減って悪玉菌が増えると下痢や便秘、においといった不調が見られるようになります。

善玉菌は免疫力を高めたり、消化をサポートするなどの働きがありますが、悪玉菌は有害物質を作って腸壁を傷つけたり機能を弱らせたりします。善玉菌が減ると悪玉菌が活発化してしまうため、消化機能が弱りおなかの調子が悪くなったり、栄養がうまく吸収できないことで栄養不足、体力の低下がみられるでしょう。

また上記でも述べたように腸内には7割の免疫機能があるため、腸内環境が乱れるということは、免疫力の低下にもつながります。

善玉菌を増やすことが大事

Homemade yogurt or sour cream in a wooden bowl, Health food from yogurt concept

おなかの不調は腸内環境の乱れによることがわかりましたが、腸内環境の乱れを改善するためには善玉菌を増やすことが大切です。

ではそもそもなぜ善玉菌は減ってしまうのでしょうか?

一般的に善玉菌が減ってしまう原因と言われているのは、食生活の変化や加齢、生活環境の変化、ストレスなどがあります。ですから善玉菌が減る原因は普段の生活の中に多く潜んでいるのです。なので普段から善玉菌を減らさないようにすることが大切といえます。

善玉菌を増やすことで腸内環境も整い、結果的に消化吸収能力も高まって栄養がしっかりとれるようになり、免疫力も高まって病気になりにくくなることでしょう。

では善玉菌を増やすにはどうしたらよいでしょうか?

善玉菌が多く含まれている食品として有名なのは「ヨーグルト」です。無糖のプレーンヨーグルトを少量与えることによって善玉菌を増やすサポートができます。ただし犬によってはアレルギーが出たり、カロリーオーバーで肥満になるかもしれません。

ですから善玉菌を含むサプリメントの活用で、効率よく善玉菌を摂取できるでしょう。

どんなサプリメントが良い?

腸内環境を整えるために善玉菌を摂取することが大切ですが、効率よく摂取するために「サプリメント」はおすすめです。どんなサプリメントを選ぶと良いのでしょうか?

善玉菌と一言に言っても、善玉菌にはいろいろな種類があります。ですから複数の善玉菌を含むものを選ぶと良いでしょう。そして善玉菌の餌と栄養分も含まれているものを選ぶなら、腸内で善玉菌が増えるのを助けてくれるでしょう。

ペットサプリメント「おなか健康」

愛犬の腸内環境を整えるためにおすすめのサプリメントが「おなか健康」です。

「おなか健康」はサプリメントの販売で有名な「株式会社DHC(ディーエイチシー)」が販売している、犬用のサプリメントです。ペット用とはいえ、徹底した安全管理のもとで製造されているので、安心、安全性の高いサプリメントとして人気です。

「おなか健康」は愛犬のおなかの調子が気になる、愛犬のにおいが気になる場合におすすめのサプリメントです。

愛犬のおなかの不調や臭い改善をするには「腸内環境の改善」が大切です。腸内環境の改善は健康にもつながっています。

この「おなか健康」には腸内環境を整える3つの善玉菌や善玉菌の働きをサポートする成分が配合されています。また愛犬が喜ぶ味付け、食感になっているので、喜んで食べることでしょう。

特徴

「おなか健康」には3つの善玉菌や善玉菌の働きをサポートする成分が配合されています。

3つのどんな善玉菌が配合されているでしょうか?

・ビフィズス菌 腸内のpHを酸性に導くことで悪玉菌の増殖を抑えてくれます。善玉菌としても最も有名なのがこのビフィズス菌です。

・フェカリス菌 免疫力を高めたり、ビフィズス菌が増えるのをサポートしてくれます。

・有胞子性乳酸菌 腸内の善玉菌が増える環境を整えてくれます。

さらにこれら善玉菌の働きを助けるための「米胚芽・大豆発酵抽出物」「ラクトフェリン」なども配合されています。そして体臭、口臭、便臭などのにおい対策に効果があると言われている「ユッカ抽出物」も配合されています。

原材料・成分

・原材料

ビール酵母、米胚芽・大豆醗酵抽出物、豚レバーエキス、還元麦芽糖水飴、N-アセチルグルコサミン、有胞子性乳酸菌、ビフィズス菌粉末、穀物醗酵エキス末(穀物醗酵エキス、マルトデキストリン)、キウイフルーツエキス末、チキンエキス末、ポークエキス末、乳酸菌(フェカリス菌)セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ユッカ抽出物、微粒二酸化ケイ素、ラクトフェリン濃縮物

・成分(代謝エネルギー:0.82kcal)

粗たんぱく質19.2%以上、粗脂肪3.8%以上、粗繊維2.1%以下、粗灰分5.4%以下、水分7.7%以下、ナトリウム0.22mg、米胚芽・大豆醗酵抽出物30mg、N-アセチルグルコサミン10mg、キウイフルーツエキス末5mg、穀物醗酵エキス末5mg、ユッカ抽出物5mg、ラクトフェリン1mg、フェカリス菌(EC-12株)50億個、ビフィズス菌5億個、有胞子性乳酸菌5000万個
出典:https://www.amazon.co.jp/DHC-ディー・エイチ・シー-ディーエイチシー-愛犬用おなか健康60粒/dp/B008PL1VJ0/

おなか健康の与え方

ではおなか健康を与える目安を見てみましょう。

<一日当たりの与える量>

・体重5キロ未満1粒 ・5~10キロ2粒 ・10~20キロ3粒 ・20キロ以上4粒

が目安となっています。

おなか健康はタブレットタイプですので、そのまま与えたりふだんのフードに混ぜて与えます。もしも愛犬が食べにくそうにしている場合は砕いてからフードに混ぜて与えると良いでしょう。

おなか健康のメリット&デメリット

merit&demerit

ではおなか健康のメリットやデメリットを見てみましょう。

おなか健康のメリット

おなか健康のメリットは腸内環境の改善です。

腸内環境の乱れによって悪玉菌が増えると、下痢や便秘、体臭や口臭などのにおい、そして皮膚トラブルなどの不調も見られることがあります。しかしおなか健康サプリメントの摂取によって、善玉菌を増やすことができれば、腸内環境が整い、消化吸収力も高まって栄養がしっかり吸収できるので体力が高まったり、免疫力も高まることでしょう。

「おなか健康」の3つの善玉菌と善玉菌の働きをサポートする成分によって、腸内環境を整えることが期待できます。

おなか健康のデメリット

デメリットといわれるものはほとんどありません。サプリメントはそもそも栄養補助食品ですので薬と違って副作用などの問題もありません。とはいえきちんと給餌量を守るようにしましょう。

また食物アレルギーがある犬の場合は、原材料に含まれている原料によっては体質に合わないものがあるかもしれません。

おなか健康の口コミ評価

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

では実際におなか健康を購入した方たちの口コミを見てみましょう。

実際に購入した方の声ですので、購入の参考にできるでしょう。

おなか健康の良い口コミ

おなか健康サプリメントの良い口コミは何でしょうか?

多くの方が口をそろえて言っているのは「効果の実感」です。

おなかの調子が悪かった犬も、おなか健康サプリメントを摂取するようになってからおなかの調子が良くなっているようです。すぐに効果を実感したという犬もいますが、しばらく継続してから効果を実感している犬もいます。ですから継続して使用し続けることが大切のようです。

また犬が喜ぶチキンスープとポークエキスそしてビール酵母が入っているので、嗜好性が高いようです。抵抗なく食べてくれると評判です。

おなか健康の悪い口コミ

悪い口コミは見つかりませんでした。

まとめ

今回はペット用サプリメントの「おなか健康」について詳しく紹介してきました。

愛犬のおなかの調子が悪かったり、愛犬の口臭、体臭、便臭などで悩んでいる飼い主さんは少なくありません。これらは腸内環境の乱れが原因ですが、腸内環境の乱れは免疫力の低下によって、病気になりやすくなったり皮膚トラブルを抱えたりすることもあります。

そんな犬におすすめなのが今回紹介した「おなか健康」です。

3つの善玉菌とその善玉菌の働きを助ける成分も配合されているので、腸内環境の改善をサポートすることができます。DHCのサプリメントは比較的安価ですし、ネットや電話での通販購入が簡単です。安くて入手しやすいということは継続しやすいということでもあります。

愛犬のおなかやにおいで悩んでいる飼い主さんは、一度試してみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ