愛犬の足腰が弱ってきた?足腰の健康をサポートしよう!

愛犬の足腰が弱ってきた?足腰の健康をサポートしよう!

今回は犬が発症する足腰の病気についてまとめました。また、ワンちゃんにいつまでも元気に走り回ってもらうために、飼い主としてどのように愛犬の足腰の健康をサポートできるのかをご紹介します。

愛犬の足腰が弱ってきた?

元気に走り回っている姿が印象的なワンちゃん達ですが、実はあまり足腰の関節が強い生き物ではありません。ワンちゃんが抱えやすい、足腰に関係した病気は非常にたくさんあります。中には、遺伝的な要因で、生まれつき足の病気を抱えやすい犬種も存在します。

そこで今回は、犬が発症する足腰の病気についてまとめました。また、ワンちゃんにいつまでも元気に走り回ってもらうために、飼い主としてどのように愛犬の足腰の健康をサポートできるのかをご紹介します。

「椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)」

元気のない犬

犬の「椎間板ヘルニア」とは、背骨の間でクッションのような働きをしている椎間板がつぶれて変形してしまう病気です。背骨などに負担が加わる生活をしていると、椎間板が押し出されてしまい、神経を圧迫するようになります。

椎間板ヘルニアを発症する原因としては、交通事故や壁への追突、高所からの転落など、瞬間的に大きな力が体に加わることによって、発症することがあります。特にダックスフントなどの銅長の体型をしていると、衝撃が背骨に加わりやすいので危険です。

また、体重の増加によって関節に負荷がかかったり、老化によって椎間板を守っている繊維が弱くなってしまい、内部の圧力を支えきれずに破れてしまうこともあります。

加えて、遺伝的な要因も大きい病気です。「ダックスフント」や「パセットハウンド」、「ラサアプソ」や「シーズー」、「ペキニーズ」や「コッカースパニエル」などが好発犬種とされています。

見た目のかわいらしさを追求するために、小型化されていたり、短足になるように人為的に繁殖された犬は、軟骨の形成に異常を抱える傾向が強く、椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

椎間板ヘルニアに発症すると、最初は痛みを感じるようになります。「キャン」と痛みで鳴くようになったり、痛みを避けるためにゆっくり歩いたり、散歩を嫌がるなど動きたがらなくなります。室内に階段がある場合には、昇り降りをしなくなります。

また、食欲が低下したり、排尿や排便などを行なわなくなります。震えていることがあったり、呼吸が荒くなったりする場合もあります。

徐々に病状が悪化してくると、部分的に麻痺が起きます。椎間板ヘルニアの多くは腰のヘルニアなので、後ろ足に症状が出やすくなります。後ろ足を引きずったり、足の力が弱くふらつくなど、明らかな歩行障害が見られるようになります。

そして、重症化すると完全に麻痺してしまいます。後ろ足が全く立たなくなり、足をいつも引きずるようになります。また、膀胱に麻痺が起きることもあり、自分で排尿できなくなるケースもあります。

治療としては、内科的治療と外科的治療を、症状の進行状況や犬の年齢、飼い主の希望などに応じて選択することになります。

内科的治療では、患部の痛みを軽減するために、痛み止めや消炎剤を使います。痛みを緩和させつつ安静にすることによって、椎間板にかかる負担を最小限にして、脊髄の機能の回復を待ちます。

外科的治療では、基本的には椎間板の飛び出してしまった部分を切除します。しかし、愛犬への体の負担を考慮して、「経皮的レーザー椎間板減圧術」などの新しい治療法も開発されています。

「膝蓋骨内脱臼(しつがいこつないだっきゅう)」

元気のないわんこ

「膝蓋骨内脱臼」とは、後ろ足の膝のお皿の部分の骨がずれてしまう病気です。本来、膝蓋骨(膝のお皿の部分)は、滑車溝(かっしゃこう)と呼ばれる大腿骨のくぼみにぴったりはまっています。この滑車のような構造によって、膝関節はスムーズに屈伸運動を行えます。

しかし、何らかの理由で膝蓋骨がずれてしまうと、滑車溝から膝蓋骨がはずれててしまい、関節の動作に支障をきたすようになります。膝蓋骨が内側にずれることを「内方脱臼」、外側にずれることを「外方脱臼」と呼びます。

英語では膝蓋骨を「Patellaluxation」と呼ぶために、「パテラ」と言う略称で呼ばれることもあります。膝蓋骨脱臼は小型犬や超小型犬に多く見られる病気です。内方脱臼は一部の大型犬種でも発症することがあります。

膝蓋骨脱臼の原因は、「先天性」のものと「外傷性」の2種類があります。先天的に膝関節の周囲の筋肉や構造に異常がある場合があります。好発犬種としては、「トイプードル」や「チワワ」、「ポメラニアン」や「ヨークシャー・テリア」などが挙げられます。

また、高い所からの落下や、歩行中の転倒、交通事故などの外傷によって、膝関節に強い衝撃が加わることによって、膝蓋骨脱臼が起きることもあります。

膝蓋骨脱臼は、症状が進行していく病気で、関節の状態によって4つの「グレード」に分けることができます。一般的に「Singleton」の分類を用いて重症度を判断します。

「グレード1」は、関節がときどきはずれて症状が出ることがあっても、普段は異常がなく日常生活には支障がない状態です。押したり外部からの力が加わると脱臼しますが、通常はきちんと滑車溝にはまっています。

「グレード2」は、関節がはずれやすくなり、自然の動作で脱臼と整復を繰り返している状態です。脚を浮かせて歩くなどの異常歩行が見られる時もありますが、日常生活に大きな支障は生じません。この時点で軽度の骨格変形が見られるケースもあります。

「グレード3」は、自然には整復されずに、膝蓋骨がいつも脱臼している状態です。しかし、人が手で整復すると正常な状態に戻ります。いつも足を引きずっているなど、はっきりとした歩行異常が見られ、骨格の変形も目立つようになります。

「グレード4」に進むと、整復することが完全に出来なくなり、常に膝蓋骨がはずれた状態になります。骨が完全に変形してしまっているので、膝を曲げたまま歩くようになり、全く歩行できなくなるワンちゃんもいます。

このように、症状が進行していくにつれて、重度の歩行障害が起きる病気なので、早期発見が重要な病気です。しかし、グレード1やグレード2の段階では、飼い主の前で症状が表れない場合もあり、脱臼に飼い主が気付かないことも多いようです。

膝蓋骨脱臼の治療には、内服薬やサプリメントを活用した「内科的治療」と骨組織や軟部組織の再建術を行う「外科的治療」の2種類が検討されます。病気の進行状況に加えて、犬種や体重、年齢などを総合的に判断します。

あまりに重症化してしまうと、外科的手術でも治らないほど変形が進み、手術出来なくなってしまう可能性があるので、足を引きずっていたり、足を痛がっているようにスキップするなどの症状が見られた場合には、症状が消失したとしても一度病院に受診しましょう。

「股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)」

病気のわんこ

「股関節形成不全」とは、発育段階に股関節の形成に異常が生じ、太ももの骨と骨盤とを繋げる股関節が正常に発達しない病気です。「股異形成(こいけいせい)」と呼ばれることもあります。

基本的には、両側の足に発症する病気ですが、ごく稀に片側の足の関節だけに症状が表れる場合もあります。大型犬がかかりやすい病気で、体重が12kg以下の小型犬や中型犬ではほとんど見られません。

遺伝的な要因が大きい病気であり、およそ7割が先天的にこの病気を患っていると言われています。「ジャーマンシェパード」や「ロットワイラー」、「ゴールデンレトリバー」や「ラブラトールレトリバー」などに多く見られる病気です。

幼い時に症状が表れることが多く、生後4カ月から12ヶ月のうちに発症するケースが ほとんどです。立ち上がるのに時間がかかったり、上手に座れずに横座りになったりします。

また、足を突っ張るように歩いたり、腰を極端に振って歩くなど、歩き方の異常が見られる場合もあります。運動を嫌がるようになり、階段の昇り降りや走ることを拒否するようになります。

一般的には、「内科的治療」と「外科的治療」を愛犬の年齢や症状によって選択することになります。

保存的治療を選択した場合には、鎮痛剤などを用いて痛みを緩和させます。運動の制限をしつつ、食事制限をして体重管理を行い、股関節に加わる負担を軽減させます。

一方、内科的治療の効果が認められず、明らかな運動障害がある場合には外科的手術を行います。「骨盤3点骨切り術」や「股関節全置換術」などが行なわれます。

「特発性多発性関節炎(とくはつせいたはつせいかんせつえん)」

病気の犬

「特発性多発性関節炎」とは、免疫介在性の多発性関節炎の一種で、関節内に抗原抗体複合物が沈着することで、関節内に炎症が生じてしまう病気です。人間でいう「リウマチ」に似た病気が表れます。足首やひざなど、あらゆる部位に同時に炎症が起きます。

発症する原因は良く分かっていないところもありますが、免疫系の異常によって起きると考えられています。ストレスや食生活の乱れなどで免疫力が低下すると、発症しやすくなると言われています。

アレルギー症状と似たような仕組みで、外部からの有害物質から体を保護するための免疫機能が、自分の関節を攻撃してしまい、炎症を起こします。

関節に強い痛みが生じる事から、特発性多発性関節炎を発症すると、動作が緩慢になる傾向があります。足をかばって歩くようになったり、そもそも同じ場所からあまり動かなくなることもあります。

関節部分に炎症で腫れたように見える部分ができたり、関節部分に触られることを嫌がるようになります。

「特発性多発性関節炎」の治療は、免疫抑制剤やステロイドなどによって、免疫反応を抑える方法が用いられます。もし、感染症や腫瘍などの基礎疾患がある場合には、その治療も優先して行なわれます。

犬の足腰を守る

病気や老化で愛犬が歩けなくなってしまうのは、飼い主としてとても辛いものです。どのようにして、ワンちゃんの足腰の健康を保つことができるのでしょうか。ワンちゃんの足腰を守るのに役立つ方法をご紹介します。

足腰にかかる負担を軽減する

太ったチワワ

フローリングやタイルなどの硬い材質の床の上で生活していると、ワンちゃんの足腰に負担になってしまいます。また、滑りやすいので、転倒したり壁にぶつかったりして、思わぬ事故や怪我を誘発する恐れもあります。

カーペットやクッションシートを引くなどして、走ったりジャンプしたりしても足腰の負担にならないように工夫しましょう。特に、フローリングの階段がある場合には、転倒の危険があるので、滑り止めを必ず付けるようにしましょう。

また、イスやソファ―などは、人間にとっては大した高さではありませんが、ワンちゃんにとっては飛び降りるような感覚です。飛び降りた時に足を痛めて、歩き方がおかしくなってしまうというケースも少なくありません。特に小型犬には注意が必要です。

散歩の時にも注意が必要です。アスファルトやコンクリートの上を走らせるのは、犬の足腰に良くありません。散歩は可能な限り舗装された路面を避け、土や芝生などの軟らかい地面の上を歩くようにしましょう。

都会などで土や芝生の道がない地域では、公園やドックランが併設されている施設を利用することができるかもしれません。

また、犬と遊んでいる時に無理してジャンプさせたり、2本足で歩かせたりしていると、後ろ足にとても負担がかかります。犬は四足歩行の生き物なので、そのことを理解して、犬にとって無理な体勢を取らせないようにしましょう。

肥満にならないように注意する

太った犬

体重が増加すると、必然的に足腰にかかる負担は増えます。しかし、犬は自分で体重を管理することは出来ないので、飼い主がコントロールしてあげる必要があります。厳しい言い方をすると、ワンちゃんが太ってしまうのは、全て飼い主の責任です。

人間と同じように、適切な体重を保つには、適度な運動と正しい食生活が欠かせません。犬は人間が思う以上に、運動を必要としています。可能であれば毎日散歩に連れて行ってあげましょう。

また、食事量にも注意が必要です。ドックフードには、年齢や体重に応じて給餌量の目安が記載されていますが、生活環境や運動量によって必要とするエネルギー量はそれぞれのワンちゃんで異なります。

愛犬の体格や活動量などを観察して、必要なエネルギーを計算するようにしましょう。忘れてしまいがちな点ですが、しつけや間食としてあげる「おやつ」のカロリーも一日の摂取カロリーに含める必要があります。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

必要な栄養をしっかり摂取する

犬と飼い主

良質なタンパク質をしっかり摂取することによって、筋肉量を十分に保つこともできます。高タンパク質なドックフードを選んだり、鶏肉などのタンパク源をトッピングするのも効果的です。

また、人間と同じようにサプリメントを活用する方法もあります。関節や骨の健康をサポートするために、「コンドロイチン」や「グルコサミン」などをしっかり摂取できる、犬用のサプリメントが販売されています。

シニア犬の老化を防ぐ

老犬

老化に伴って足腰が弱くなっている場合には、筋力の低下を防ぐことによって、足腰が弱くなっていくペースを軽減することができます。若い時のように元気に走り回れるような回復は見込めませんが、最低限の生活を維持できるように助けてあげましょう。

犬は老化して筋肉量が低下してくると、太ももなどの大きな筋肉だけでなく、足首や足先の筋肉も低下します。そのため、歩行注に足が滑ってしまったり、後ろ足の踏ん張りがきかなくなり上手に立ち上がれなくなってしまいます。

歩行が可能であれば、上手に歩けないことを可哀想と思って抱っこしてしまうのではなく、自分で歩かせるようにしましょう。芝生や砂地など、足元がやわらかくて不安定な場所を歩かせると、足をしっかりあげる必要があるので、関節や筋肉の良い訓練になります。

外で散歩をするのが難しい場合でも、室内で障害物をまたがせたり、座布団の上など柔らかい場所を歩かせて、足腰を鍛えるように心がけましょう。

運動量が低下して散歩が難しくなってしまったり、寝たきりのような状態の犬の場合には、マッサージやストレッチを行なってあげることもできます。

肉球をやさしく揉んであげたり、指の間の水かきの部分を伸ばしたりして、一つずつ触りながらマッサージを行います。後ろ足を中心にお腹や全身をさすってあげることにも、血行を良くする効果があります。

さらに、膝を手で抑えつつ、前足と後ろ足をゆっくり動かして、曲げたり伸ばしたりしてストレッチすることもできます。股関節に手を当てて、太ももをゆっくり曲げたり伸ばしたりもできます。

まとめ

犬と飼い主

全ての動物に共通して言えることですが、ワンちゃんによって足腰の関節の健康は、健やかに生活する上で欠かすことの出来ない大切な要素です。

老化であったり、遺伝的な要因で起きる病気を完全に防ぐことはできませんが、日頃から足腰に負担のかからない生活を心がけ、サプリメントなどを活用して関節のケアを行うことで、関節の病気が発生することをある程度予防することはできます。

また、歩き方に異常があった場合には、すぐに病院を受診することによって、病気の早期発見に努めましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事