愛犬の口臭がひどい!原因や対策・歯周病についても知ろう!

愛犬の口臭がひどい!原因や対策・歯周病についても知ろう!

最近愛犬の口臭が気になる、出血が見られるといった悩みを持っている飼い主さんはいますか?それは「歯周病」の症状かもしれません。歯周病というと、日本人の成人約8割が罹患しているともいわれているほど、犬も例外ではないのです。犬の歯周病の症状や原因について紹介したいと思います。

犬も歯周病にかかる!

Disease of teeth in dogs, plaque of a tooth stone

歯周病は人間だけの病気だと思ったら大間違いです。犬も歯周病になることがあります。

犬の唾液はアルカリ性なので虫歯菌が繁殖しにくいため、犬は虫歯になりにくいといわれています。しかし歯周病は別です。全体の8割近い犬が歯周病に悩んでいるといわれているほどポピュラーな病気なのです。

しかも歯周病は初めは症状がほとんどなく、知らないうちに進行し、気づいたときには深刻な状態ということが多いのです。

歯周病とはどんな病気なの?

Close-up of dog tooth cleaning

一言に「歯周病」といっても、大きく分けて「歯肉炎」「歯周炎」の二つに分けることができます。

歯肉炎は歯茎の炎症状態、歯周炎は歯を支える骨まで炎症している状態を言います。ですから歯周病とは歯周辺の炎症状態全体を指しています。

ですから歯周病の一番初期段階を歯肉炎と呼び、その後歯周炎へと呼び方を変えます。

歯周炎には3段階あって「軽度」「中度」「重度」があります。重度になると治療は困難になり完治も難しくなります。

ですからとにかく早期発見早期治療が大切です。

どうして犬は歯周病になるの?歯周病になりやすいの?

犬の歯

8割もの犬が歯周病といわれていますが、どうして犬は歯周病になりやすいのでしょうか?

元々犬は狩りをする動物で肉を食べてきました。

獲物の肉を食いちぎるために歯の根元にある歯根はあごの骨の奥深くまで埋もれています。ですから強い力で肉を食べることができるのです。

ところがペットとして人間に飼われるようになった犬は、やわらかい食事をするようになってきました。そのため歯のトラブルを抱えやすくなってきたといわれています。

その一つが歯周病です。

犬が歯周病になるには人間の場合と同じく、歯と歯茎の間にあるすき間「歯周ポケット」に細菌が入りこむことで歯周病になります。症状も人間と同様、初期のうちはほとんど症状はありませんが、放置していると重症な病気を引き起こすこともあるため、早めの治療が大切です。

では歯周病の症状にはどのようなものがあるでしょうか?

歯周病の症状

ここからは歯周病の主な症状を見てみましょう。

上記でも述べたように早期発見が難しい病気ですが、飼い主さんが愛犬をよく観察することでわずかな変化に気づけるかもしれません。

ここでは比較的発見しやすい主な症状を見てみたいと思います。

・口臭 ・歯茎の赤み ・歯の変化 ・歯垢、歯石の付着 ・食べ方の変化 ・出血

では詳しく見てみましょう。

口臭

歯周病になると口臭が強くなってきます。歯周病菌の繁殖によるものです。

通常健康な犬の唾液は臭くありません。ですから愛犬に舐められた時においが気になるようでしたら、歯周病の可能性が考えられます。

歯茎の赤み

健康な犬の歯茎はピンク色をしていますが、歯周病になると細菌が繁殖し炎症を起こすために赤くはれてきます。

この変化にはなかなか気づきにくいかもしれませんが、歯磨きの時などに歯茎の状態を観察することで早めに変化に気づけるかもしれませんね。

歯の変化

愛犬の歯をよく見てみると色が変化していることがあります。歯垢の付着によって黄色っぽく変化してきます。

歯垢、歯石の付着

愛犬の歯の色が変化していたらもう少しよく観察してみましょう。犬の歯に薄いクリーム色~黄色の粘着物がついていたらそれは歯垢です。

濃い茶色や濃い灰色のものが歯を覆うように付着していたら、それは歯石です。

食べ方の変化

歯周病が進行してくると歯茎の腫れや痛みが出てきます。そのため硬いフードが食べにくくなってきます。

愛犬が今までは普通に食べていたドライフードを食べたがらなくなってきたリ、口を開けることを嫌がったりするようになります。

出血

さらに症状が進行すると、口内の出血が見られることがあります。炎症が強い部分からの出血や膿が見られることもあるでしょう。

しかしこの段階はすでに初期ではなく、かなり症状が進行している可能性があります。

これらの変化がみられたら早めに専門家に診てもらうと良いですね。

歯周病の原因とは?

では歯周病の原因は何でしょうか?歯周病になる原因を3つ見てみましょう。

・歯垢、歯石 ・口内の傷 ・老化

では詳しく見ていきたいと思います。

原因1:歯垢、歯石

歯石、歯垢

歯周病の一番の原因は歯垢や歯石によるものです。

通常歯の表面には唾液の成分である薄い膜が覆っており、食事による口内環境の変化から歯を守っています。ですから歯の表面に細菌が付着しても唾液によって流すことができるようになっています。

しかし奥歯や歯茎周辺は細菌が流されにくいため、たまりやすくなっています。こうして口内にとどまった細菌は食べかすの糖分をエサに繁殖していきます。これが「歯垢」です。

これらは食後6~24時間で形成されますが、この段階ではとても柔らかいので歯磨きによって簡単に除去することができます。歯磨きの重要性がわかりますね。

ところが歯垢が歯に付着したままでいると、やがて唾液に含まれているミネラルによって硬く変化していき「歯石」になります。犬の場合なんと3~5日で歯石へと変化します。こうして硬くなった歯石は歯磨きでは除去することができません。しかも歯石の表面はでこぼこしているためそこに歯垢がつきやすくなりどんどん増えていきます。悪循環ですね。

歯石ができると、歯周組織に炎症が起こり広がります。その結果出血したり歯周ポケット(歯と歯茎のすき間)が広がってそこへ歯垢や細菌が侵入し繁殖して炎症を起こし、膿んだり、毒素の働きで骨を溶かすことまであるのです。

原因2:口内の傷

Slab fracture on a healthy adult dogs tooth.

何かの拍子に硬いものを噛んだり、とがったものに触れたりして口内に傷ができ、その部分から炎症を起こして歯肉炎になることがあります。

しかしこの場合は傷の回復とともに炎症も治まることがほとんどです。そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

原因3:老化

犬老化

犬は老化が進むと歯と歯茎の間の「歯周ポケット」というすき間が広がってきます。そのためこの歯周ポケットに歯垢がたまりやすくなるので、歯周病になりやすいといわれています。

また加齢とともに唾液の分泌量も少なくなってきます。ですから口内の洗浄機能も低下し細菌が繁殖しやすくなって歯周病になりやすくなります。歯磨きの習慣のないシニア犬は要注意です。

歯垢や歯石がつく原因は?

上記で見たように歯周病になる一番の原因は「歯垢、歯石」の付着です。

ではなぜ歯垢や歯石が付着してしまうのでしょうか?いくつかの原因を見てみましょう。

・水分不足 ・噛み合わせ、歯の生え方 ・唾液が少ない ・加齢 ・食事内容

では詳しく見てみたいと思います。

水分不足

歯垢や歯石の付着の一つの要因は水分不足があります。水分が足りないと歯についた食べかすがそのまま残って歯垢や歯石の原因になるのです。

私たちもスナック菓子を食べた時、歯にお菓子がたくさんつきます。しかし唾液や舌、また水分をとることで歯に残ったお菓子を流すことができるのではないでしょうか?

犬も同じです。犬の場合唾液がたくさん出る犬種は口の中に汚れがたまりにくいといわれています。しかし唾液でのぞききれなかった食べかすは、水分をとることで、食べかすを流すことができます。

こうして歯に食べかすが残ったままになることを避け、歯垢予防になります。

噛み合わせや歯の生え方

歯垢や歯石が付着する他の要因は、歯の噛み合わせや生え方が関係していることもあります。

私たちも歯並びが良くないと歯の間に食べかすがたまりやすいですよね。犬も同じです。

特に小型犬や口が小さい犬は歯が小さかったり、歯の間が狭かったり、歯が重なって生えていることもあります。そうするとどうしても食べかすがたまりやすく汚れがそのままになって歯垢や歯石の原因となります。

小型犬によく見られる乳歯が抜けずそのまま残っている場合も、歯周病になりやすいです。

唾液が少ない

犬の唾液は口内の汚れを取り除いたり、口内環境を整える働きがいます。

ですから唾液が少ないと口内の菌が繁殖しやすくなります。唾液量は十分であっても呼吸が激しい犬は結果的に口の中が乾燥状態になる時間が多くなるので、やはり歯垢や歯石の原因となる菌が繁殖しやすい環境になり、歯垢や歯石が付着しやすくなります。

加齢

加齢とともに唾液の量も少なくなり、抵抗力も弱くなるため、口内の清潔を保ちにくくなり菌が繁殖しやすくなります。またストレスも免疫力低下の原因となって、菌が繁殖しやすくなります。

食事内容

栄養バランスの良くない食事によっても抵抗力が弱って菌が繁殖しやすくなります。

またウェットフードを食べることが多いとどうしても口内に食べかすが残りやすくなります。ウェットフードは柔らかくて粘着度が高いため、どうしても歯につきやすく、歯垢の原因となりやすいです。

歯周病になるとどうなる?

犬歯周病

ここまで歯周病の原因や、歯周病を見分けるための症状を見てみましたが、ここからは歯周病になるとどうなってしまうのか見てみたいと思います。

口臭が強くなる

A funny expression of a blonde woman caught by surprise as her Rottweiler yawns in her face.

犬が歯周病になるとまず生臭い口臭が強くなってきます。

歯に歯垢や歯石がつくことが原因です。歯垢や歯石の元である細菌が糖をエサに繁殖しますが、この時に生臭いにおいを発生させるのです。

歯茎の炎症

歯垢や歯石の元である歯周病菌が繁殖して歯茎に炎症を起こします。歯茎が赤く腫れます。

ここまでは比較的初期の症状です。

歯茎が溶ける

歯茎が溶ける

症状が進んでくると歯茎の炎症が激しくなり歯茎が溶けてきます。

歯茎が溶けると聞くと恐ろしいですが、本来歯茎に覆われている歯の根元の部分が露出して歯が長く見えるようになります。そして歯がぐらぐらして、抜けることもあります。

膿が出る

歯周病菌が歯の根元で増殖すると、血や膿がたまることがあります。

さらに症状が進すと、膿がどんどんたまり歯の根元が腫れてくることでしょう。

歯根膿瘍の破裂

この段階になるとかなり重症といえます。

歯の根元に大量に膿がたまり傷みが生じます。また菌が血液に運ばれて全身へと移動します。そのため発熱することがあるでしょう。

さらにたまった膿のために目の下やあごの下まで腫れてくることがあります。この膿が鼻から出ることもありますし、膿によって皮膚が避けて破裂する可能性もあり、顔がボロボロになってしまいます。愛犬の顔がこんな状態になるのはなんとしても避けたいですね。

当然痛みがあり食事も難しくなります。

あごの骨がもろくなる

歯周病菌が歯の根元に入り込んで増殖し炎症を起こすとあごの骨にも影響を及ぼします。そのため骨が徐々に溶けてちょっとした衝撃でも骨折することもあるのです。

心不全、腎不全

歯周病菌が全身に運ばれ心臓や腎臓に達し、そこで炎症を起こすことで心不全や腎不全を起こします。もはや口内トラブルだけではなく命にもかかわる、全身に影響を及ぼすのです。

歯周病は予防できる!

犬によく見られる「歯周病」ですが、歯周病が恐ろしい病気であることがわかったのではないでしょうか?

症状が悪化するとただの口内トラブルでは済まず、全身に影響を与えるのです。

ですから愛犬の歯の健康は飼い主さんが守ってあげなければなりません。歯周病にならないようにできることは「歯垢、歯石」が歯に付着しないようにすることです。

そのために大切なのはなんといっても「歯磨き」でしょう。

犬の歯磨きは大切

hand brushing dogs tooth for dental care

歯磨きを習慣づけることはとても大切です。早い時期から歯磨きの習慣を身につけさせましょう。

一般的に犬は口や口まわりを触られることが嫌いです。ですから歯磨きを嫌がる犬は少なくありません。なので幼少期から習慣づけることで歯磨きを嫌がらない犬に成長します。

また歯磨きの習慣を身に着けるなら、飼い主さんも愛犬の口内状態を常にチェックできます。

歯の生え方に異常はないか?乳歯が抜けずに永久歯が生えてきていないか?歯茎の赤みや腫れなどにもいち早く気づくことができるでしょう。

ですから家族の一員として迎えた時から歯に触ることを慣れさせましょう。

どうやって歯磨きさせる?

Vet doctor checking the teeth of a dog

歯磨きが大事なことはわかっても、どうやって歯磨きしたらわからないかもしれませんね。いきなり歯ブラシと歯磨き粉を使ったら、犬はびっくりして嫌がることでしょう。

・犬の口に指を入れて歯の外側を触る

まずは歯に触れることに慣れさせます。手を良く洗ってきれいな指で愛犬の歯に触る練習をします。

・犬の口を開けて歯の内側を触る

歯に触れることに慣れてきたら、次は犬の口を少し開けて、歯の内側に触れる練習をします。こうして歯に触れることに慣れたら、ゴールは近いですよ

・ガーゼや歯磨きシートを使う

歯に触れることに慣れてきたら、今度は歯磨きの開始です。清潔なガーゼや専用の歯磨きシートを指に巻き付けて犬の歯や歯茎を撫でるように歯磨きします。 ゴシゴシこする必要はありません。優しく汚れをふき取る感覚で十分です。

・歯ブラシを使う

愛犬がすべての行程に抵抗しなければ、歯ブラシを使う練習をしてみましょう。しかし歯ブラシは柔らかいものを選ぶようにしてください。 硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くことは避けましょう。

初めからいきなりブラシを口に突っ込んで歯磨きをするというのは、犬が抵抗します。そして次回の歯磨きを嫌がり、口を触らせてくれなくなるかもしれません。

ですから少しずつ無理のない範囲内で口や歯に触れる練習をしましょう。歯の内側も見落とさず、汚れをふき取るように意識してくださいね。

歯磨きガムは効果的?

犬歯磨き用ガム

犬専用の歯磨きガムというものも販売されています。

歯磨きガムは噛むことによってデンタルケアにもなりますし、硬いものを噛むことによる唾液の分泌も促します。唾液が多く分泌されれば、口内の汚れを流しつつ口内環境を整えることもできるので、歯周病予防に効果的といえるでしょう。

しかし中には歯磨きガムを丸呑みしてのどを詰まらせてしまう犬もいるので、ガムを与えているときは目を離さないようにしましょう。

まとめ

今回は犬によく見られる病気の一つ「歯周病」について見てきました。

犬が歯周病になる一番の原因は歯垢や歯石の付着です。

ですから飼い主さんは愛犬の口内をチェックして、歯垢や歯石が付着しないように定期的な歯磨きをすることで歯周病を予防できるかもしれませんね。

またもしも歯周病と思われる症状がみられたら早めの治療を心がけましょう。

愛犬の健康を守るのは飼い主さんの務めです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ