愛犬の口が臭う?犬の口臭がきつくなる原因や対策を考えてみよう!

愛犬の口が臭う?犬の口臭がきつくなる原因や対策を考えてみよう!

健康なワンちゃんであれば、無臭であると言われている口の匂いですが、実は多くの飼い主が愛犬の口臭で悩まされています。歯磨きを行なっているのに、愛犬の口臭が無くならないことを残念に思っている人も少なくありません。口臭の原因はお口のケアを怠っていることだけではありません。命に関わる重大な病気のサインの可能性も、効果的な改善方法を紹介します。

犬の口が臭くなる原因は

本来、健康なワンちゃんであれば、無臭であると言われている口の匂いですが、実は多くの飼い主が愛犬の口臭で悩まされています。毎日、ちゃんと歯磨きを行なっているのに、愛犬の口臭が無くならないことを残念に思っている人も少なくありません。

口の中から匂いがするとはいえ、口臭の原因はお口のケアを怠っていることだけではありません。命に関わる重大な病気のサインという可能性もあります。

そこで、今回の記事では、犬の口が臭い場合の原因についてまとめました。また、ワンちゃんの口臭を無く効果的な方法もご紹介します。

When your dog smells bad

生まれつき口臭をもっている犬はいません。本来、犬の口の中は無臭です。そのため、ワンちゃんのお口から嫌な匂いがするとしたら、それには必ず原因があります。

犬の口臭は、大きく分けると3種類に分類できます。歯石や歯周病などのお口に関係したトラブル、ドックフードなどの食事に関係した匂い、また、内臓などの病気が関係した口臭です。それぞれの口臭原因について、一つずつ解説します。

口腔内のトラブル

口臭が発生する原因の一つは、口腔内のトラブルです。歯垢や歯石などが付着していたり、歯周病を発症していたりするケースが考えられます。

1.歯垢や歯石

人間の歯も同様ですが、歯の表面は唾液の成分で作られた薄い膜によって、食事の時に起きるpHの変化から守られています。この膜に細菌が付着してしまいます。

通常は唾液で洗い流されてしまうのですが、歯と歯の間や歯茎との境など、隙間に入り込んでしまった細菌などが残ってしまうと歯垢となります。口の中に残った最近は、糖分によって増殖していきます。

歯垢を放置してしまうと、唾液に含まれているミネラル物質と反応して硬化し、歯石になってしまいます。歯垢は歯ブラシやガーゼなどで軽く擦ると簡単に落とすことができますが、度歯石になってしまうと、歯磨きや歯磨きガムなどでは簡単に除去できません。

人間の場合には、歯垢から歯石になるまでに20日程度の期間がありますが、犬の場合には、歯垢から歯石にわずか3日で成ってしまいます。そのため、毎日の歯磨きをしっかり行なわないと、すぐに歯石が溜まってしまいます。一ワンちゃんの歯に歯石が付着してくると、魚臭い匂いがするようになります。

2.歯周病

歯周病とは、歯周病菌という歯垢の中にいる細菌が原因となって引き起こされる、歯茎の炎症のことです。歯周病になる大きな原因は、歯垢や歯石を放置することです。大型犬よりも小型犬の方が歯周病になる確率が高いとされています。

また、尖ったものや何かの破片を口にしてしまうことによって口腔内を傷つけてしまうと、歯肉炎になってしまいます。老化や体調不良によって抵抗力が落ちていると、歯肉炎が悪化して歯周病になることもあります。

歯周病になると、歯肉が腫れたり、歯を支えている歯周組織が破壊されてしまうので、歯が抜け落ちてしまいます。また、歯を支えている顎の骨にまで影響を与えて溶かしてしまうので、下顎を骨折する場合もあります。

歯周病は悪化させてしまうと、血液を通して歯周病菌が全身に広がって、心臓病や腎臓病などの深刻な内臓疾患を引き起こす可能性がある危険な病気です。

3.口腔内の乾燥

通常、犬の口腔内は唾液によって潤った状態です。しかし、鼻炎などによって鼻から呼吸ができないと、口で呼吸を行なおうとするので、口腔内が乾燥しやすくなります。

また、水分摂取が不十分であったり、パンティング呼吸(体温を下げるためにハアハアと口を開けて呼吸すること)を行なっている場合にも、口の中が乾きやすくなります。

口腔内が乾燥すると、口の中の唾液が濃縮されてネバネバし、生臭い匂いを発する口臭の原因になります。

ドックフードなどの食事

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ドックフードなど、ワンちゃんが普段食べている物が口臭の原因となっている場合もあります。特に着香料などの人工添加物が使用されているドックフードには注意が必要です。

また、酸化したドックフードを食べさせてしまうことで、愛犬の口の中がいつもと異なる口臭がするように感じる場合もあります。特にドライフードは、缶詰などのウェットフードに比べて、開封してから食べきるまでに時間がかかるので、劣化しやすくなります。

消化に悪い食事も腸内にガスが蓄積して口臭を発する原因になります。例えば、「ミートミール」などの肉副産物が使用されていたり、「とうもろこし」や「小麦」などの穀類が多く使用されたドックフードを食べると、胃腸に負担がかかり消化不良になります。

加えて、ドックフードに含まれている油脂類も口臭の原因となることがあります。「チキンオイル」や「サーモンオイル」などの、高品質で天然の油があれば問題ありません。

しかし、「動物性油脂」と原材料に記載されている場合には、レンダリング工場で製造された質の悪い油が使用されている危険があります。そうした悪い油脂類が使われたドックフードを食べ続けていると、口の中が酸化してしまい口臭の原因と成ります。

食べ物とは少し違う話になりますが、犬の中には好奇心やストレスによって食糞をしてしまうワンちゃんもいます。当然ですが、食糞すると食べたウンチの一部が歯に付着して残ってしまい、強烈な悪臭を放ちます。

内臓の病気

犬の内蔵

ワンちゃんの口臭が気になる時に一番注意が必要なのが、腎臓病や糖尿病などの内臓の病気を患っているケースです。例えば、愛犬の口からアンモニア臭のような口臭がする場合には、肝臓や腎臓に問題を抱えている場合があります。

肝臓には、栄養素を分解や合成して体内に貯蔵したり、体の中の毒素を分解して無害化するなど、ワンちゃんの健康のために欠かせない働きをしています。

しかし、年齢を重ねるごとに長年の負担が影響して肝臓の機能が低下したり、細菌やウイルスなどの感染や遺伝的な要因によって、正常な機能が損なわれる場合があります。

肝臓の働きが悪くなると、体内のアンモニアを分解して排出することが難しくなるので、体内にアンモニアが蓄積してしまい、おしっこ臭い体臭や口臭がするようになります。

同様に、腎臓にも血液をろ過したり、体内の老廃物をおしっこにして体の外に排出する大切な役割がありますが、腎不全などの腎臓病を発症するとおしっこを作れなくなるので、体内に毒素や老廃物が蓄積してアンモニア臭が発生します。

腎臓病は徐々に進行して行く病気で、末期の腎不全になると体内の老廃物や余分な水分を全く排出できなくなる「尿毒症」になってしまいます。尿毒症は命に関わる深刻な病気なので、発症すると余命が数週間とも言われています。

腎臓が「沈黙の臓器」と呼ばれることからも分かるように、腎臓も肝臓も余剰能力が沢山あるので、全体の半分程度の機能が失われていても、症状が表れないことも多くあります。症状が表れた時には、手遅れになっているケースも少なくありません。

また、愛犬の口から独特の甘い匂いがする場合には、糖尿病を発症している可能性があります。糖尿病になると、「アセトン臭」と呼ばれる口臭が発生します。

糖尿病とは、血糖値をコントロールする働きのある「インスリン」が機能しなくなることによって、体内に必要な糖がおしっこと一緒に排出されてしまいます。唾液の中にも過剰に糖分が含まれる状態になるので、口から甘い匂いがするようになります。

人間の糖尿病と同じように、犬の場合にも糖尿病によって他の疾患を抱える危険性が高まります。特に「白内障」や「網膜症」などの目の病気や、「糖尿病性腎症」などに注意が必要です。

愛犬のお口が臭い時の解決法とは

犬の口臭

では、ワンちゃんのお口の匂いをなくすために、どんな方法が効果的なのでしょうか。糖尿病や腎臓病などの病気が原因となって口臭がする場合には、疾患を治療することが先決です。

しかし、それ以外の原因でワンちゃんのお口が臭う場合には、ちょっとした工夫で口臭を軽減させることが可能です。愛犬の口臭対策として効果的な方法を幾つかご紹介します。

口腔内のケアをしっかり行なう

hand brushing dogs tooth for dental care

最近のペットに対する意識の向上に伴って、多くの飼い主が愛犬のためのデンタルケア用品を購入していて、ワンちゃんのデンタルケアを行うことに高い関心を持っています。

しかし、ワンちゃんが嫌がったり、日々の忙しさのために、歯磨きの習慣を確立できている飼い主はとても少ないのが現状です。ワンちゃんのお口清潔な状態に保つことは口臭予防の第一歩なので、可能であれば、毎日歯磨きを行うことが理想です。

毎日歯ブラシで愛犬のお口を磨くことが難しい場合には、もう低い目標を定めて習慣化する努力をしましょう。いきなり完璧に行なおうとすると挫折してしまう可能性があるので、無理なく行える範囲を見極めるようにしましょう。

例えば、毎日の散歩の後に足を拭くのと同じタイピングで、ガーゼなどで軽く口の中を拭いてみることができます。犬も散歩の後であれば、足を拭かれることに慣れているので、比較的スムーズに口の中を拭かせてくれる可能性は高いです。

また、歯磨きを行うことが難しい日には、歯磨きガムなどを利用することによっても口臭を抑えることができます。また、最近では飲み水に混ぜるだけで、お口のヌメリを除去することのできるマウスクリーナーなども販売されています。

継続は力なり」です。うちのワンちゃんは歯磨きを嫌がるから、お口のケアは何もできないと諦めてしまうのではなく、ワンちゃんの性格なども考慮に入れながら、無理なく続けられる口腔内のケアを見つけるように努力しましょう。

歯石をしっかり取り除く

犬の歯石

歯磨きを行った後にもワンちゃんのお口が匂う場合には、愛犬の歯に歯石が付いてしまっている可能性があります。そんな時は、ワンちゃんの歯石を取り除く必要があります。

ワンちゃんの歯石を取り除く方法は、「ペンチ」や「スケーラー」という歯石除去の道具を利用して自宅で行なう方法と、全身麻酔をして動物病院で除去してもらう方法の2種類があります。

1.「ペンチ」や「スケーラー」を用いて自宅で歯石を除去する

ワンちゃんに全身麻酔をかけることに抵抗があったり、費用面で負担になる場合には、歯石除去用の器具を用いて、自宅で歯石を取り除くことができます。

しかし、ワンちゃんに意識がある状態で口の中を掃除する必要があるので、怖がって暴れてしまうワンちゃんの場合には作業が困難になる場合も多いです。日頃から歯磨きで口の中を触らせてくれているワンちゃんでないと難しいかもしれません。

実際の作業としては、まず「ペンチ」を使って大きな歯石を取り除きます。犬の歯の表面を挟み込んで、削ぎ落すように歯石を除去します。先端が尖っていないので、ワンちゃんの口腔内を傷つけることなく作業することができます。

「ペンチ」使って大まかな歯石をこそぎ落したら、今度は「スケーラー」を使用して、取り残した細かい歯石を落としていきます。

2.動物病院で歯石を除去する

毎日歯磨きを行う習慣がないワンちゃんなどは、口の中を触られることに慣れていないため、スケーラーを使って歯石を取り除こうとすると、嫌がって暴れてしまうこともあります。無理に除去しようとすると怪我をさせてしまう恐れもあり危険です。

そのような場合には、動物病院で全身麻酔をかけて歯石を除去するのが効果的です。最近では歯周病を予防するために、7歳や10歳などの節目の年に、愛犬の歯に溜まった汚れを奇麗に落としたいと、口臭の有無に関わりなく歯石除去を受ける人もいます。

年齢を重ねるほどに、全身麻酔に伴う危険性が高まるので、予防医療の一環として異常が表れる前に歯石除去を行なうことは、犬の健康に取っても非常に良い方法です。

しかし、その後しっかりお口のケアを行なわないと、すぐにまた歯石が付着してしまいます。愛犬のお口の健康を守る基本は、毎日の歯磨きだと言うことを忘れないようにしましょう。

具体的な作業としては、まず全身麻酔をかけた後、超音波スケーラーによって歯石の除去を行います。次に、歯周ポケット内の洗浄と研磨(ポリッシング)を行います。

歯周病がかなり進行していて、歯周ポケットが深くなっている場合には、歯石が歯根まで付着してしまっているので、「ルートプレーニング」と呼ばれる歯根の清掃も行ないます。

歯根が大きく露出してしまっていたり、歯がグラグラするほど歯周病が悪化してしまっている場合には、抜歯する必要があることも考えられます。

全身麻酔を使用するとはいえ、犬の歯石除去は基本的に日帰りで行なえます。そのため、入院費はかかりませんが、歯周病などの治療ではない歯石除去はペット保険の適用外なので、それなりに費用がかかります。体重や体の大きさによって料金が異なります。

歯石除去の平均的な値段は、体重が10kg未満の犬の場合には、20,000円から50,000円程度です。体重が10kgから25kgの中型犬では、30,000円から60,000円ほどです。体重が25kg以上の大型犬になると、40,000円から80,000円ほどです。

最近では、全身麻酔を行なわずに歯石の除去を行なっている動物病院も少なくありません。しかし、麻酔を行なったスケーリングでは、歯周ポケット内の洗浄を行うことはできません。

ご家庭で「ペンチ」や「スケーラー」を用いて除去するよりは、奇麗に歯石を取り除くことが可能ですが、歯の表面の歯石を減らしているだけなので、歯周病の予防や治療としては十分ではありません。

ドックフードを変えてみる

hungry  jack russell  dog behind food bowl and licking with tongue, isolated wood background at home and kitchen

安く販売されているドックフードの多くは、「とうもろこし」や「小麦」などの穀類を使用してかさ増しされています。しかし、本来肉食である犬にとって、穀類が含まれているドックフードは消化が難しく、胃腸などの消化器官に負担をかけてしまいます。

そのため、ドックフードを選ぶ時には、「鶏肉」などの動物性タンパク質が主原料として使用されている、ワンちゃんにとって消化しやすい商品を選ぶようにしましょう。「フラクトオリゴ糖」などの腸内環境を整える成分が配合されている商品もあります。

また、着香料や保存料などの添加物も口臭の原因となるので、無添加のドックフードにすると口臭が軽減されることがあります。

加えて、ドックフードの酸化を防ぐために、小分けになっている商品を選んだり、真空保存できる容器を使用することも、愛犬の口臭対策として効果的です。

まとめ

飼い主と愛犬

いかがでしたか。ワンちゃんの口臭は、愛犬の健康状態を示す大切なサインです。命に関わる病気を早期発見して、治療を行うためにもときどきお口の匂いを確認する習慣を身につけましょう。

また、嫌な口臭を防ぐのに大切なのは、毎日の歯磨きなど口の中を清潔な状態に保つことが欠かせません。お口の中を触られるのを嫌がる犬は少なくありませんが、子犬の時から歯磨きの習慣を確立することによって、口腔ケアをきちんと行なうようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ