愛犬が水を飲まない!その原因とお水の与え方を徹底解説!

愛犬が水を飲まない!その原因とお水の与え方を徹底解説!

愛犬が水を飲まないと悩んでいる飼い主さんは少なくありません。もしかしてどこか具合が悪いのかな?と不安に感じる方もいることでしょう。そこで今回は犬の飲み水について見てみたいと思います。水を飲みたがらない原因や、水の与え方など参考にされてみてください。

愛犬が水を飲まないと悩んでいる飼い主さんは少なくありません。もしかしてどこか具合が悪いのかな?と不安に感じる方もいることでしょう。

そこで今回は犬の飲み水について見てみたいと思います。水を飲みたがらない原因や、水の与え方など参考にされてみてください。

犬に水は必要!

A dog puppy jack russel drinking water from hand

水は犬にとっても大切です。

犬は水を摂取することでエサの消化を助けたり、犬の体の60~80%は水分でできているといわれており、代謝を高めるのにも水分は必要です。 体内の老廃物は水分(尿)によって体外に排出され、健康を維持します。

犬が水を飲まないのはなぜ?

犬は自身の気持ちや身体の変化を言葉に出して伝えることができないので、飼い主はわずかな変化にも敏感である必要があります。

では犬が水を飲まないことにはどんな理由、原因があるのでしょうか?

のどが渇いていない

犬が水を飲まない一番の理由は、のどが渇いていないことです。

私たち人間も同じでしょう。夏場は暑くてのどが渇くのでたくさん水分を摂取しますが、涼しくなってくるとだんだん水分摂取量が減ってきます。犬も同じです。気温が低く涼しくなってくると、自然と水を飲む量も減ってきます。

もしも気温の高い時期にもかかわらず、あまり水を飲まないようでしたら、夏バテや脱水症状を起こしていることが考えられますので注意しましょう。

おしっこを我慢している

他の理由はおしっこを我慢しているということです。

特に室内飼いしていて、室内での排泄をしつけていない場合は、おしっこを我慢しているため水を飲まないことがあります。他にも排泄に関して怒られた記憶がある犬は、おしっこを我慢する傾向にあります。

体の不調

さらに体の不調によって水を飲まないことがあります。

一つは骨や関節が痛むために、水を飲む体勢をとると痛みが出るため水を飲むのを我慢することがあります。他にも内臓疾患によって水を飲まないことがあります。

例えば泌尿器系の病気や腎臓、肝臓の病気でおしっこが正常に作られないとおしっこの量が減るため、水を飲まなくなることがあるようです。

老化

また老化に伴って水分摂取量は少なくなります。

運動量が減り、何もしない時間が増えるので水分を取りたいと思わなくなるようです。

だからといって水分が必要ないわけではありません。水分を取らないと脱水症状になることもあるので、しっかり水分をとることができるように助けましょう。

一日に必要な水分量

では犬が一日に必要とする水分量はどの程度なのでしょうか?

犬の体は60~80%は水分でできているといわれているので、常に水分を取って健康なからだを維持する必要があります。

体重から計算

犬が一日に必要な水分量は体重から算出することができます。

体重(kg)×30+70mlといわれています。

ですから体重5キロの犬でしたら一日に必要な水分量は約220ml、体重10キロでしたら370mlを目安にできます。

しかしこれは一日に必要といわれている水分量で、この中には食事中の水分量も含まれています。ですからウェットフードを食べている犬の場合は、飲む水の量は少なくなることでしょう。

季節によって飲む量は変化する

labrador puppy playing as an adult dog at a water fountain at sunset and barks at them

人間も夏と冬では水分摂取量が変わるように犬も季節によって水分摂取量が変わってきます。

夏は暑いので体温調節するために、ハァハァして舌から水分を蒸発させることで体温を下げるなど、多くの水分が体から奪われるため水分をたくさん取らせるようにしましょう。

冬は夏のように水分が奪われないため水分摂取量は夏のように多くはないかもしれませんね。

しかし注意してほしいのは、こたつやホットカーペットなどを使っていると、体内の水分は意外と奪われています。ですから場合によっては夏と同様に脱水しやすいといえます。また水分摂取量が減ってしまうことで尿が濃くなって結石を患う危険性もあります。

ですから冬場であっても水分は必要です。意識して水分を取るように助けましょう。

水の種類

一言に水といってもいろいろな水があります。水道水、ミネラルウォーターなど。犬にはどんな水を与えたらよいでしょうか?

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

ミネラルウォーター

Cold potable water plastic tank with cute dog model

ミネラルウォーターは安全で品質が高く、私たち人間が不足しがちなカルシウムやマグネシウム、ナトリウムなどのミネラルを摂取することができます。

しかし犬の場合はドッグフード自体に必要なミネラル分がしっかり配合されているため、飲み水からさらにミネラル分を摂取する必要性はないでしょう。また気をつけなければいけない点もあります。

特に気をつけていただきたいのは「結石」です。

マグネシウムやカルシウムなどのミネラルをたくさん取りすぎることで結石になりやすくなるのです。特に腎不全などの病気によって薬を飲んでいる際は、体内のカリウム濃度が高くなることがあるので要注意です。

ドッグフードで十分ミネラルがとれているので、さらにミネラルウォーターからミネラルを取る必要はありません。ですからミネラルウォーターはあまりおすすめできません。

水道水

drain water from the tap Metal outdoors

水道水は費用が高くないので経済的ですし、ミネラルがあまり入っていないので、ミネラルの過剰摂取を気にしなくてよいというメリットがあります。値段を気にしなくていいので、常に水を交換していつでも新鮮な水を与えることができます。

デメリットといえるものはほとんどありません。

水道水に含まれている塩素にアトピーを持っている人がいるので、もしも気になるようだったら浄水器の水を与えると良いかも知れませんね。

浄水器

Woman pouring water from filter jug into glass in the kitchen

浄水器を通した水は塩素や有害物質を取り除くので、水道水よりもさらに安全性の高い水といえます。最も犬におすすめの水です。

デメリットはありません。

一つあるとしたら、浄水器の中にはミネラルを添加するものもあるので、ミネラルの過剰摂取に気をつけましょう。

犬への水の与え方

では犬への水の与え方を見てみましょう。

器の選び方

hot weather Golden retriever and Ice bowl. For cooling, shallow focus

普段愛犬が使う水飲み用の器には、ステンレス製や陶器製のものがおすすめです。なぜなら丈夫で傷がつきにくく衛生的だからです。

プラスチック製の器は傷がつきやすくそこから砂金が繁殖するので衛生的でありません。さらに噛み癖のある犬は器を噛んで壊してしまうことがあります。破片で口内を傷つける危険性もあります。ボトルタイプのものを利用している方も多いかともいますが、あまり飲みやすいようではないようです。また衛生的にもあまり良いとはいえません。

また小型犬と大型犬では飲む水の量が違うので、体型にあった器を選びたいですね。

またマズルの長さや耳の長さによって器を変えることができるでしょう。例えばパグなどの短頭種であれば浅めの器にすることで水が飲みやすいでしょうし、ダックスフンドのように鼻が長く耳も長い犬種でしたら深めの器の方が飲みやすく耳を濡らさずにすみます。

水を飲ませるタイミング

水を飲ませるタイミングは決める必要はありません。

私たちも飲みたいときに水を飲みますよね。犬も飲みたいときにいつでも水が飲めるように、新鮮な水をいつも用意しましょう。

特に夏場は水も傷みやすいので、一日に何度か水を交換してあげましょう。古い水は細菌が繁殖しておなかを壊すことがあるかもしれません。

水を飲ませるタイミングで一つ上げるとしたら、「散歩の前」に水を与えると良いでしょう。

なぜなら散歩は犬にとって運動です。ですから水分が体内から排出され脱水状態になることがあります。

特に夏場は水分が奪われやすいので熱中症のリスクも高まります。散歩前に十分水分を取らせることでこういったリスクを回避できるかもしれません。

またできれば散歩中や散歩後にも必要に応じて水を与えましょう。

犬が水を飲まない時はどうしたらよい?

犬と遊ぶ

犬が水を飲むことの大切は十分わかったと思いますが、愛犬がなかなか水を飲まないときはどうしたらよいでしょうか?

ドッグフードに水を入れる

ドライタイプのドッグフードを与えるときに水を入れて、ふやかしてから与えることができます。こうすることで自然と水分が摂取できますし、水にもフードの味がつくので喜んで飲むことでしょう。

ウェットフードに替える

ドライフードの水分含有量は10%以下ですが、ウェットフードは75%程度となるので、ふだんの食事だけでも十分水分が取れるようになるのです。

水に味をつける

水に味をつけることで飲むようになることがあります。

動物病院などで水やドッグフードに味をつけるアイテムが販売されています。

こうしたアイテムは嗜好性を高めることができますが、カロリーも高くなるのでカロリーオーバーにならないように気をつけましょう。

また毎回使うのではなく、どうしても水を飲んでもらい時などに限って使うようにできます。

水を置く場所を変える

犬が水を飲まない理由には、水を飲む体勢を取る時にからだに負担をかけて痛むため飲みたがらないということがあります。ですからスタンドを使うなどして、犬が飲みやすい高さに調整してあげることができるでしょう。

まとめ

今回は犬の飲み水について見てきました。

犬の体の60~80%は水分でできているといわれているので、水分を摂取することは大切です。

水分をしっかり摂取することで脱水症状になることを避けたり、体内の老廃物をスムーズに体外に排出することで健康維持にもつながります。

しかしどんな水を飲ませるかも大切です。

人間にとって良いミネラルウォーターも犬にとっては過剰なミネラル摂取で、尿路結石の危険性が生まれます。一番良いのは常温の水道水、もしくは浄水器の水です。

また愛犬がなかなか水を飲まないときは、ドライタイプのドッグフードの中に水を入れるなら、水分を含んだフードを食べることで水分が摂取できます。また水自体にもフードの味がつくので喜んで飲むはずです。

大切なのはいつでも新鮮な水が飲めるように用意し、こまめに水分補給できるようにしてあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ