愛犬がアレルギーかも?どんな原因があるか対策も含めて知っておこう!

愛犬がアレルギーかも?どんな原因があるか対策も含めて知っておこう!

今回の記事では、犬がアレルギーを発症する一般的な原因や対策方法などを紹介していきます。あくまで目安となりますので、正確な診断や対処は獣医師さんと相談して判断してくださいね!

目次

愛犬がアレルギーかも?

女性と犬

ワンちゃんの体には人間と同じように、ウイルスや細菌などの病原体から体を守るために免疫機能が備わっています。しかし、この免疫システムが過剰に反応し過ぎて、有害物質だけでなく、無害な物質にも反応するようになると、アレルギー反応が起きます。

アレルギーを発症すると、執拗に体を舐めたり、毛並みが乱れたり、涙やけが起きたり、目の周辺や口元の毛が抜けたりと、外見上の影響だけでなく、生活にも深刻な被害が生じます。

今回の記事では、犬がアレルギーを発症する一般的な原因や対策方法などを紹介していきます。あくまで目安となりますので、正確な診断や対処は獣医師さんと相談して判断してくださいね!

犬がアレルギーを発症する原因は

犬がアレルギー反応を引き起こす原因には、特定のアレルゲンに反応している場合から、心理的な問題が関係しているケースまで、実にさまざまです。犬がアレルギーを発症する主な原因を4つご紹介します。

「食物性アレルギー」

アレルギー

「食物性アレルギー」とは、食物有害反応のひとつです。例えば、食物の中に消化されにくいタンパク質があると、体内の免疫システムがそのタンパク質を「アレルゲン」と判断して攻撃することによって症状が表れます。

犬種や年齢に関わらず、どんな犬での発症しやすく、時間と共に症状が進むので、アレルゲンとなる食物を避ける以外に解決方法はありません。犬の40%は何らかの食物アレルギーを持っていると言われているので、注意が必要なアレルギーの一つです。

アレルゲンとなり易い食材は、「牛肉」や「鶏肉」、「仔羊肉」などの肉類、「小麦」や「とうもろこし」などの穀類、さらに、「乳製品」や「卵」など、多岐にわたります。

食物アレルギーを発症すると、下痢や嘔吐などの消化器疾患が表れます。また、慢性外耳炎になることもあります。どれほど強く症状が表れるかは、ワンちゃんによって違いがあるので、便の回数が多くなったり、軟便になったりした時にも注意が必要です。

「アトピー性皮膚炎」と同じような皮膚疾患も出現します。指の間や脇の下、目の周りや顎などの顔周辺、内股やお尻周りなど、体のいたる所に発疹や脱毛などが表れます。しかし、「アトピー性皮膚炎」との違いは季節に左右されずに発症することです。

食物性アレルギーは「ステロイド治療」では治りにくいので、最初は「アトピー性皮膚炎」や「ノミアレルギー性皮膚炎」だと思って治療していたものの、薬の効果が見られないので調べてみたら、食物性アレルギーだったということが分かる場合もあります。

人間の食物アレルギーと同じように、体質の変化が影響したり、同じものを食べ続けていることによって発症するケースもあるので、ドックフードを切り替えた時だけでなく、長年使っていたドックフードでも発症する可能性があります。

「アトピー性皮膚炎」

痒そうな子犬

「アトピー性皮膚炎」とは、強い痒みと発疹が表れる皮膚の病気です。「ダニ」や「ハウスダスト」、「花粉」や「カビ」などのアレルゲンによって反応してしまいます。

そのため、屋外で飼っている犬よりも、室内犬の方がアレルゲンに触れる機会が多いので、発症率が高い傾向にあります。

ワンちゃんの「アトピー性皮膚炎」は、人間と同じように、遺伝的な要因が関係して発症することもあります。遺伝的な要因で症状が表れる場合、生後6ヶ月から3歳ほどの成長期に出現するのが特徴です。

母親から子犬になぜアレルギーが遺伝するのかは、現代の医療技術を通して考えても、特定が難しいようです。なぜなら、親犬もその親犬から受け継いでいるケースが多いからです。

柴犬」や「シーズー」、「シェットランドシープドッグ」や「ゴールデン・レトリバー」、「ラブラドール・レトリバー」や「ウェストハイランド・ホワイテリア」などが、好発犬種として知られています。

「ノミアレルギー性皮膚炎」

掻いている犬

「アトピー性皮膚炎」と同様に、犬が発症しやすいアレルギーとして広く知られているのが、「ノミアレルギー性皮膚炎」です。名前の通り、ノミが寄生することにより、ノミの唾液に含まれる抗原によって、アレルギー反応が起こる皮膚の病気です。

「ノミ」に繰り返し刺されると、発症する可能性が高くなります。一度、「ノミアレルギー性皮膚炎」になってしまうと、生涯にわたって発症し易くなります。また、「アトピー性皮膚炎」を持っている犬も、「ノミアレルギー性皮膚炎」になり易いと考えられています。

「ノミ」が発生しやすい時期は、夏の終わり頃から秋にかけての時期です。「ノミ」には、たくさんの種類がありますが、犬に付着しやすいのは、「ネコノミ」や「イヌノミ」、「ヒトノミ」になります。

「アトピー性皮膚炎」が「ダニ」や「ハウスダスト」によって生じるので、室内犬に発症しやすいのとは対照的に、「ノミ」は外で付着してしまうケースが多いので、屋外で飼育している犬に多く見られます。

「ノミアレルギー性皮膚炎」を発症すると、患部に赤い発疹や「蕁麻疹(じんましん)」ができて、強い痒みが襲います。腰からおしりにかけた部分や、尻尾の付け根に「ノミ」は付着しやすく、主な好発部分はお尻周辺になります。

「ノミ」が付着してから15分から30分にくらいまでの早期に表れる「I型アレルギー」と、数時間以上が経過してから緩やかに出現する「Ⅳ型アレルギー」の2つの症状があるので、「ノミ」に噛まれてから発症するまでの時間は、状況によって異なります。

痒みや湿疹だけでなく、局所的に被毛の脱毛が起きることもあります。また、体の小さい子犬や重症化したケースでは、貧血などを引き起こす可能性があります。

「ストレスに起因するもの」

犬のストレス

犬には驚くほど繊細な一面があります。人間にとっては些細なことに思える問題でも、ワンちゃんにとっては、大きなストレスになっている場合があります。

例えば、生活環境が変わることを犬は嫌うので、模様替えをしてトイレやフードボウルの位置が変わったり、いつも使っているソファーやクッションが新しくなったりといった変化にストレスを感じることがあります。

また、家族構成の変化にも敏感です。別の家族に引き取られ、飼い主が変わるのはもちろんのこと、結婚によって新しい家族が増えたり、子供が成長して親元を離れるなど、一部の人の入れ替わりだけでも、心理的な負担になります。

長時間一人で留守番することが多かったり、旅行や出張に出かける際に、ペットホテルや友人宅に預けられることも、ストレスになります。せっかく飼い主が帰宅したのに、忙しくて遊んであげられないので、ゲージにすぐに閉じ込めてしまうと、寂しさが倍増します。

そうした感情的なストレスは、体内に活性酸素を発生させたり、体内のミネラルバランスを崩したりと、アレルギーの要因となってしまいます。

効果的なアレルギー対策は

では、つらいアレルギー症状から愛犬を守るために、飼い主としては何ができるのでしょうか。効果的なアレルギー対策をご紹介します。

アレルギー検査を行う

アレルギーチェック

「ノミ」や「マダニ」などの寄生虫によって、アレルギー皮膚炎が起きている場合には、原因を調べるまでもなく、アレルゲンを特定することができます。しかし、食物アレルギーの場合には、きちんと検査を行なってアレルゲンを特定する必要があります。

食物アレルギーの場合、アレルゲンとなる食材を避けることによってのみ、症状を改善することが可能です。思わぬ食材がアレルゲンとなっている可能性もありますし、アレルギー検査を事前に行なっておくことで、食物性アレルギーの発生を予防することも可能です。

一般的な方法としては、「プリックテスト」と「RASTテスト」という2つの方法があります。「プリックテスト」とは、皮膚検査の一つで、犬の皮膚内にアレルゲンとなる物質を入れて、アレルギー反応が起きるかどうかを確認する方法です。

一方「RASTテスト」とは、血液検査の一つで「IgE抗体」を利用してアレルギーを検査する方法です。「IgE」とは、アレルギー反応の要因となる「免疫グロブリン(Ig)」の一つです。アレルギー反応を起こす人の多くが、この「IgE」が多いと言われています。

「RASTテスト」は、血液中の「IgE抗体値」を測定して、アレルゲンと血清をつきあわせることで、原因物質を特定していきます。

また、「除去食試験」という方法もあります。今まで食べていたドックフードを食べさせるのをやめ、除去食と言われるアレルゲンとなる可能性のある食材が含まれていないドックフードを2か月間給餌します。

この2カ月間で愛犬のアレルギー症状に改善がみられた場合、食物性アレルギーである可能性が極めて高いと判断できます。その場合には、さらに「食物負荷試験」を行います。

以前与えていたドックフードに再び戻します。一週間から10日間を目安に徐々に量を増やしながら給餌します。これで、アレルギー症状が再発した場合には、このドックフードに含まれている原料の何かにアレルギー反応を起こしているということになります。

アレルゲンを特定するために、「鶏肉」、「牛肉」、「小麦」、「とうもろこし」、「お米」など、そのドックフードに含まれていたアレルゲンとなる可能性のある食材を1つずつ与えて、ワンちゃんの体調の変化を観察します。

「プリックテスト」や「RASTテスト」などの試験に比べて、気の遠くなるような時間と手間が必要ですが、食物性アレルギーの有無や、食物アレルゲンへの過剰反応を判断する最も信頼度の高い方法です。

生活環境を整える

かゆいわんこ

「ダニ」や「ハウスダスト」などがアレルゲンとなって、アトピー性皮膚炎を発症している場合には、家を清潔にすることが必要です。ワンちゃんのために、「ハウスダスト」や「ダニ」がない生活環境を整えてあげましょう。

「イエダニ」は、結露やカビなど湿気が多い場所を好みます。ダニが発生しやすい時期は、6月から9月までの湿気が多い夏場です。一般的に温度20度から30度、湿度が60%以上で発生しやすくなると言われています。

それで、特に夏の時期は、エアコンのドライ機能などを上手に活用して、室内の温度や湿度を管理することによって、ダニの発生を抑えることができます。

最近では、「イエダニ」だけでなく、チリの中に生息している「チリダニ」やその死体によってもアレルギーを発症するケースが多くあります。それで、ダニの繁殖を防ぐためには、家の中を「チリ」や「ホコリ」がない清潔な状態に保つ必要があります。

床やゲージ、ソファーや愛用のおもちゃに至るまで、ワンちゃんが使っているもの全てを清潔な状態に保ちましょう。特に寝具は、体や呼気から発散される湿気でダニが発生しやすい場所です。そのため、ワンちゃんが夜眠る場所は、念入りに掃除する必要があります。

ワンちゃんのケア

わんこのケア

湿気の多い梅雨の時期や、夏の蒸し暑い時期は、皮膚に負担がかかり、異常が出る可能性が高まります。患部を清潔に保てるだけでなく、皮膚の状態の変化を観察できるように、愛犬の被毛は短くカットしておく方が良いでしょう。

また、外部からアレルゲンとなるものが皮膚に侵入するのを防ぐために、「皮膚バリア機能」を強化することも効果的です。「セラミド」などの保湿剤を使って、無防備になっているワンちゃんの皮膚を保護してあげましょう。

爪を短く切ることも効果的です。犬は痒みを我慢することが出来ません。そのため、患部が気になって掻き毟ってしまいます。その時爪伸びていると、皮膚を傷つけてしまい、出血することもあります。

患部を悪化させることを防ぐためにも、愛犬の爪を定期的にカットしておきましょう。少なくとも1ヶ月に一度はカットすることをお勧めします。

免疫力を向上させる

元気のないわんこ

免疫力が低下すると、アレルギーを発症するリスクが高まります。免疫力が低下する理由は、ストレスや運動不足、食習慣や老化など、色んな要因が挙げられます。特に、7歳以上のシニア犬は免疫力が大きく低下する傾向があるので、しっかりケアする必要があります。

免疫力を高めるには、適度な運動と十分な睡眠、そしてバランスの良い食事が欠かせません。しかし、老化と共に低下する免疫力は、正しい生活習慣を保っているだけで防ぐことはできません。

そのために、年齢に応じて免疫力を高める「サプリメント」などを使用することによって、アレルギー症状を緩和させることができます。腸内環境を整える働きがある「乳酸菌」が配合されたサプリメントを使用すると、免疫力の向上に最も効果的と言われています。

また、意外に思われるかもしれませんが、「ヨーグルト」を食べさせることによっても、生きた乳酸菌をワンちゃんのお腹に届けて、腸内環境を改善することができます。ただ、甘いヨーグルトには糖分が多いので、「プレーン」や「無脂肪」の選ぶようにしましょう。

投薬による治療

元気のない犬

「ノミ」や「マダニ」に寄生されていることがアレルギーの原因になっている場合には、投薬によって害虫を駆除する必要があります。「ノミ」を駆除するためには、皮膚に垂らして使用するタイプの薬が効果を発揮します。動物病院で処方してもらうことができます。

最近の治療薬は、「ノミ」の卵や幼虫に対しても効果があるので、確実に「ノミ」を根絶することができます。「ノミ」の駆除薬は定期的に使用することで、予防効果も期待できるので、症状が改善しても継続的に投薬することをお勧めします。

痒みや炎症がひどい場合には、「ステロイド薬」を使用する場合もあります。「ステロイド薬」には、強い抗炎症作用があるので、痒みを抑えるのに効果的です。

「ステロイド」と聞くと、副作用などを心配する人も少なくありませんが、犬のアレルギー治療では、副作用を引き起こすほど使用することはありません。しかし、長期間使用し続けると肝臓に負担がかかるので、必要に応じて肝臓の検査を受けさせましょう。

まとめ

犬を抱きしめる女性

同じような症状が表れるアレルギーでも、「食物性アレルギー」と「ノミアレルギー性皮膚炎」や「アトピー性皮膚炎」では、原因も対処方法も全く異なります。

「ノミアレルギー性皮膚炎」や「アトピー性皮膚炎」の場合には、駆除薬などを使用することが欠かせませんが、「食物性アレルギー」はアレルゲンとなる食材を避けることが必須であり、ステロイドなどの治療薬の効果は限定的です。

そのため、飼い主の判断で対処するのではなく、ワンちゃんのアレルギー症状がなぜ起きているのかを正確に突き止めることが、犬のアレルギーに対処する上で一番重要なことです。

痒みや皮膚の炎症など、不快な症状が多く表れる病気です。放置して良くなることは無いので、適切な対策を行い、一日でも早く症状を抑えるようにしましょう。

また、日頃から愛犬の免疫力を向上させるため、ヨーグルトなどの乳酸菌を取り入れた腸内環境の改善を行なったり、アレルギー検査を活用してアレルゲンとなる食材を調べておくなど、アレルギーの発症を予防することも大切です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ