犬のおすすめレインコートの種類を紹介!選び方も教えます!

犬のおすすめレインコートの種類を紹介!選び方も教えます!

雨の日のお散歩はテンションが下がってしまいますね。犬は濡れて臭くなるし、汚れるし・・・と考えてしまいますね。レインコートを使用するだけで、雨の日でも楽しくお散歩ができちゃいます。オシャレなレインコートでテンションあげてお散歩しませんか?雨の日には反射テープ付きの目立つレインウェアで事故を未然に防ぐこともできます。

犬用レインコートの効果

犬のレインコート

雨の日のお散歩は毛が濡れるし、臭くなるので嫌ですね。

そんな時にレインコートがあれば大丈夫ですよ!

レインコートを装着して、雨の日の散歩も楽しみましょう!

ではレインコート装着するとどんな効果があるでしょうか?

選び方のコツもあるので、こまかく見てみましょう。

濡れるのを防ぎ、体温の低下を防ぐ

もちろん、レインコートを着ることで濡れるのを防ぐことができます。

犬種によっては濡れるのが嫌いな犬もいますね。

レインコートがあれば、体は濡れなくてすみ、体温の低下を防ぐことができます。

泥跳ねを防ぐ

犬泥はね対策

雨の日は歩くたびに泥が跳ねますね。

犬が濡れるし、泥で汚れてしまうことがあります。

レインコートを装着すると、泥跳ねから解決されます。

犬種によってはレインコートを装着すると気分が落ち込んで固まってしまう犬もいます。

そういった問題がない犬であれば、足までのタイプのレインコートを選ぶと足も汚れずにすみます。

飼い主さんの負担を減らす

レインコートを装着することで、散歩から帰って犬をキレイにする時の負担を減らすことができます。

濡れてしまうとドライヤーで乾かしたりする必要がありますね。そんな手間がなくなりますよ。

レインコートの選び方

レインコートの選び方を紹介します。

レインコートも色んなタイプがあるので、愛犬に合ったレインコートを探しましょう。

雨の日の散歩

初めてのレインコートにはマントタイプ

レインコートを初めて使う犬には、頭が通しやすいマントタイプがおすすめです。

特に洋服が嫌いで、頭からかぶりたくない犬種にも向いています。

ワンタッチで簡単に着せられるマントタイプは、足があがらない高齢犬にもおすすめです。

マントタイプはサイズも豊富で、選び方次第で簡単に装着できるものも多いんです。

これで雨の日でも楽しくお散歩ができます。

レインコートのサイズの測り方

レインコートのサイズの選び方は結構難しいです。

できればペットショップなどで、きちんとサイズを測ってくれるお店で買うのをおすすめします。

測る必要がある場所

・着丈は首から尻尾の付け根 ・首周り(首輪周り) ・バスト(前足の付け根の一番太い胴周り) ・ウエスト(前足の付け根、後ろ足の付け根の真ん中)

メジャーを用意します。犬をしっかり立たせた状態で寸法を測っていきましょう。

まず着丈は首から尻尾の付け根までの長さを測ります。

次に首周りです。だいたい首輪をしている所で大丈夫です。

バストは前足の付け根の一番太い胴周りを測りましょう。

そして最後は、ウエスト部分になります。

前足の付け根、後ろ足の付け根の真ん中を測ります。

毛が長い犬であれば、きつくない程度に毛を寝かしつけて測ります。

測ったら選び方は、愛犬のサイズに、少しゆとりをプラスしたサイズで探しましょう。

おすすめのわんちゃん用レインコート

雨の夜の散歩の時には、どんなレインコートがおすすめでしょうか?

ちょっとした工夫で雨の日も濡れずにお散歩を楽しめます。

おすすめのレインコートを紹介します。

一番のおすすめはオールオーバータイプ

オーバーオールのレインコート犬用

濡れる面積が狭いタイプのオールオーバータイプがおすすめです。

このタイプのレインコートは、四肢までスッポリ覆われるからです。

動きやすい大きさを買ってあげてくださいね。

夜のお散歩には

反射テープ

夜のお散歩の時のレインコートの選び方は、反射テープが付いているものがおすすめです。

安全対策として、背中にロゴが付いている反射テープでもオシャレでいいですね。

特に雨の日の夜は、視野も狭く、ドライバーにとって歩いている人や犬が見えづらいです。

レインコートも色が派手目のものを選ぶなら、ドライバーにも見やすく安全です。

ちょっとした工夫で事故を防ぐことができますね!

雨の日のお散歩のための色々な工夫

フードや裾にゴムを通してストッパーにしたりして、濡れないように対策できますね。

また雨がひどいときには、傘をさしてあげて頭が濡れないように工夫しましょう。

小雨の時に散歩に行くのもひとつの方法です。

選ぶ際に気をつけること

腹部をマジックテープで留めるものは、長毛種だと毛を巻き込んでしまいレインコートを嫌がってしまうきっかけを作ってしまいます。

長毛種のレインコートの選び方として、背中側にファスナーが付いているものを選ぶといいかもしれませんね。

この場合も、毛がファスナーに巻き込まないように注意しましょう。

毛をすっかり寝かしてからレインコートを着せてあげるように心がける必要があります。

まとめ

雨の日の犬

犬種によってもレインコートを嫌がる犬がいます。

愛犬に合った負担のこないタイプのレインコートを選んであげてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ