無添加ドッグフード「いぬはぐ」はどう?評判や口コミを徹底調査!

無添加ドッグフード「いぬはぐ」はどう?評判や口コミを徹底調査!

2018年5月に発売されたばかりの新しい「いぬはぐ」は無添加プレミアムドッグフードということで、発売前から注目されていましたが、発売後も愛用者が増えています。そこで今回はそんな注目のドッグフード「いぬはぐ」がどんなドッグフードなのか?特徴や原材料や成分を分析し、愛犬に安心して与えることができるかどうか見ていきたいと思います。

いぬはぐってどんなドッグフード?

いぬはぐ

「いぬはぐ」はどんなドッグフードなのでしょうか?

いぬはぐは愛犬のおなかのことを考えてつくられた「乳酸菌とオリゴ糖」配合の総合栄養食ドッグフードです。なんと発売されたばかりにもかかわらず、「おなかのことを考えてつくられたドッグフード」ランキングでナンバーワンになっています。

犬に良く見られる症状の一つに「下痢やおう吐」がありますが、実はこれは「腸内環境の乱れ」によることがあります。腸内環境が悪化すると胃腸炎や内臓疾患など体内のあらゆる部分に支障をきたすことがあります。

そこで腸内環境を整えるために、いぬはぐでは愛犬のおなかの菌活をサポートするため「乳酸菌」「オリゴ糖」を配合し、腸内環境を整えるサポートをしています。

いぬはぐはドッグフードの先進国ともいえるイギリス産のドッグフードです。

品質、栄養管理が徹底されており、欧州ペットフード工場連合の厳しい基準をクリアした工場で、厳しい管理のもと製造されています。日本も安全管理がしっかりしていますが、さらに厳しい基準が設けられており、高い信頼性があります。

いぬはぐの特徴

いぬはぐにはどのような特徴があるでしょうか?

上記でも紹介したように愛犬のおなかの菌活をサポートします。さらに健康志向にこだわり体調管理も徹底しています。

乳酸菌

Yogurt

乳酸菌は善玉菌ともいうことができ、善玉菌が増えることで悪玉菌を減らし腸内フローラを良い状態に保つことができます。腸内には免疫細胞の約70%があるといわれています。そのため腸内フローラが良い状態にあると免疫力を維持することもできるため、乳酸菌は健康維持にかかすことができないといってもよいでしょう。

私たちも腸内の善玉菌を増やすために乳酸菌配合製品を摂取したりしますよね?犬にとっても乳酸菌は欠かすことができないのです。

オリゴ糖

オリゴ糖

オリゴ糖は乳酸菌をサポートします。

オリゴ糖は善玉菌のエサになるため腸内の善玉菌を増やすことができ、腸内フローラを良い状態に保つことができるのです。つまり乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂取することによって、より効果的に腸内環境を整えることができるのです。

アミノ酸

アミノ酸は犬の健康な体つくりに欠かすことができない栄養素です。アミノ酸は血、骨、筋肉、皮膚や被毛などからだを作るたんぱく質の源です。ですから必須アミノ酸が不足すると身体を健康に維持することができなくなってしまいます。アミノ酸は犬には欠かすことができない栄養素といえるでしょう。

DHA・EPA

DHAやEPAは犬の健康をサポートする栄養素です。

健康的で美しい皮膚や被毛の維持、免疫力アップ効果や老化防止、そして炎症抑制、血液の健康などをサポートしてくれます。しかしこのDHAやEPAは体内で生成することができません。ですから食事から摂取しなければいけないのです。

グルコサミン・コンドロイチン

グルコサミン、コンドロイチンは軟骨成分の原料で、一緒に摂取することでより効果が高まるとされています。

いぬは加齢ととともに足腰が弱ってきます。また運動量の多い犬も足や関節に負担がかかりやすいのでグルコサミンやコンドロイチンが配合されているフードを食べることで、いつまでも健康な強い足腰をサポートできるでしょう。

いぬはぐの原材料と成分

では「いぬはぐ」の原材料を見てみましょう。以下の通りです。

鶏肉、玄米、白米、ターキー、アルファルファ、チキンエキス、鶏脂、ミネラル類、ビタミン類、クリノプチロライクレイ、サーモンオイル、ベータグルカン、アミノ酸、マリーゴールド、グルコサミン、MSM(メチルスルフォニルメタン)、コンドロイチン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ユッカエキス、オオバコ種子パウダー、リンゴ、プロバイオティクスとなっています。

いぬはぐでは愛犬のために安心で安全性の高い高品質の原材料を使用しています。では詳しく見ていきましょう。

鶏肉

鶏肉

まず「いぬはぐ」の第一原材料になっているのが「鶏肉」です。

新鮮な鶏肉を贅沢に使用しています。鶏肉は良質なタンパク源となっています。高たんぱくで低脂肪、免疫力を高めるセレンというミネラル等も豊富なのでドッグフードのたんぱく源に良く用いられます。また鶏肉は嗜好性の高い肉なので、鶏肉を使ったフードは食いつきが良い傾向にあります。

他にもターキーを使用しています。ターキーも高たんぱく、低脂肪でミネラルが豊富な質の良い食材です。

いぬはぐで使用している鶏肉は品質の良いヒューマングレード(人間が食べるレベルのもの)です。粗悪な原材料と言われている「肉副産物、ミール系」が使用されていないことも高く評価できます。

低品質のドッグフードになると、粗悪な肉類を使用していることがあります。鶏の頭や骨、血液、羽根、足といった食用として取り除いた残りの部位を乾燥粉砕して使用していることがあるのです。さらに恐ろしいことに長期間の病気で薬物投与された家畜の肉や、事故死して腐った家畜の肉を使用している可能性も否定できません。こうした肉は当然栄養価が低いですし、消化にも良くありません。

ですから上質の肉を使用しているいぬはぐはおすすめできるといえるでしょう。

玄米、白米

玄米白米

「いぬはぐ」の第二、第三原材料には玄米と白米が使用されています。これら穀物は良質な食物繊維をして用いられています。

最近ドッグフードの「グレインフリー(穀物不使用)」が注目されていますが、いぬはぐではなぜ穀物を使用しているのでしょうか?

いぬはぐでは「少量の穀物」は犬に必要であると考えています。穀物に含まれている食物繊維がおなかの健康を維持し、またタンパク質、脂質、糖質という栄養バランスを考えて少量の穀物を使用しています。また穀物を適量摂取することで腹持ちを良くすることもできます。

穀物は犬がアレルギーを起こしやすいといわれていますが、その原因の一つが「グルテン(麦類のたんぱく質)」であるといわれています。

そのためグルテンを最も多く含む「小麦」は犬がアレルギーを起こしやすい食材の一番に挙げられています。ですからいぬはぐでは小麦を一切使用しない「グルテンフリードッグフード」です。

いぬはぐで使用している玄米や白米はグルテンが含まれておらず、栄養価も高く、比較的消化もしやすい穀物ということで使用されています。

鶏脂、サーモンオイル

サーモンオイル、 鶏脂

「いぬはぐ」では上質なオイルとして「鶏脂とサーモンオイル」が使用されています。どちらも不飽和脂肪酸が豊富で皮膚や被毛の健康をサポートしてくれます。

またサーモンオイルには上記でも述べたDHAやEPAが豊富に含まれているので、免疫力アップ効果や老化防止のほかにもかゆみや乾燥などの改善に効果があります。

リンゴ

りんご(apple)

「いぬはぐ」では良質なビタミン、ミネラル源としてリンゴを使用しています。

リンゴには「ペクチン」という成分が多く含まれていますが、このペクチンはおなかをすっきりさせる作用があるといわれており健康維持のサポートをしてくれます。ポリフェノールも豊富ですので、健康と若々しさを維持することが期待できます。

添加物

「いぬはぐ」では人工保存料、着色料、風味料といった添加物を使用していません。これら添加物の中には健康被害を及ぼすものもあります。

例えばカラフルでおいしそうに見せるためだけに使用されているタール系着色料の中には、発がん性、染色体異常、アレルギーなどのリスクがあるため、外国では子どもへの使用が禁止されているものもあります。ドッグフードの酸化を防ぐためのBHA、BHT、エトキシキンなどの人工酸化防止剤は強い酸化防止効果が期待できる一方、こちらも発がん性やアレルギーなどのリスクがあるため、日本国内においても使用が禁止、制限されています。

こういった危険な添加物は一切使用していません。ですから安心して愛犬に与えることができるでしょう。

成分

では「いぬはぐ」の栄養成分を見てみましょう。以下のとおりです。

たんぱく質22.0%以上、脂質6.0%以上、粗繊維3.7%以下、灰分7.5%以下、水分9.0%以下、代謝エネルギー332kcal/100gとなっています。

犬が必要としている栄養素は十分摂取できますが、プレミアムドッグフードのわりにたんぱく質、脂質の量が低いめとなっています。

主原材料にチキンを使用し、動物性の油脂を使用しているにもかかわらず、この数値というのはなんだか物足りない気がしますね。原材料欄を見ただけでは、どの程度の割合で原材料を使用しているか全くわからないため、もしかしたら動物性たんぱく質の割合が少ないのかもしれませんね。

いぬはぐは「全年齢対応」となっていますが、子犬は体を作る大切な時期で多くの栄養が必要な時期です。特に体つくりに欠かせないタンパク質や脂質は高い方が望ましいでしょう。ですから成長期の子犬には少々物足りないフードかも知れません。

いぬはぐは保存がきかない?

ビタミンE

添加物の項目で見ましたが、いぬはぐは人工保存料を使用していません。健康に配慮していますが、保存料が入っていないということは保存がきかないということになりかねません。

いぬはぐではどのように対策しているのでしょうか?

いぬはぐは危険な人工保存料を使用する代わりに、天然由来で安全性の高いビタミンEを酸化防止剤として使用しています。

いぬはぐの保存方法

いぬはぐで使用している天然由来の酸化防止剤は合成酸化防止剤に比べて、酸化防止効果が弱い傾向にあります。そのため開封後の保存に気をつけましょう。

公式サイトでは「高温多湿を避けて常温で保存」することを推奨しています。暑い時期はジッパー付きの袋に小分けにしていれて冷蔵庫の野菜室に保管することもおすすめされています。

しかし冷蔵庫保存すると出し入れの際に温度が変わることで結露が生じ、カビの発生の原因にもなりかねません。ですから1回分づつ小分けにすると良いかもしれませんね。

いぬはぐの値段は?

価格

いぬはぐは公式サイトのみでの購入が可能で、1.5㎏で6,980円で販売されています。1キロ当たり4,500円以上する高級ドッグフードですね。

プレミアムドッグフードの中でも上位に入る値段の高さでしょう。これではいくら体に良いといっても続けるのが難しいですね。

お得に購入する方法はないのでしょうか?

お得な購入方法

公式サイトでは、毎月届ける「とくとく便」というものがあります。つまり定期コースを申し込むことで割引が得られるのです。

定期コースを申し込むと初月2,980円、2回目以降は1,000円から3,000円の割り引きを受けることができます。さらにクレジットカード決済にするなら、さらに500円引きになります。

定期コースに申し込んでも、変更、中止、お休みはいつでも可能です。ですからいぬはぐを購入したい場合は、ぜひ定期コースで申し込みましょう。

お試しサンプルはある?

定期コースがお得とはいえ、もしも愛犬の口に合わなかったらどうしたらよいのでしょうか?お試しサンプルがあるといいですよね。

・いぬはぐにはサンプルがあるのでしょうか?

残念ながら「いぬはぐ」ではサンプルが用意されていません。しかし定期コースに申し込んでも1回で解約することが可能です。契約の縛りがないため、もし愛犬に合わなかったら一回だけで解約しても問題ありません。

いぬはぐの口コミ評判

ではここからは「いぬはぐ」を実際に購入された方たちの、口コミ評判を見ていきたいと思います。まだ発売されたばかりということで口コミが少ないのですが、ぜひ購入の参考にされてみてください。

いぬはぐの良い口コミ

まず「いぬはぐ」の良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

・食いつきが良い

食いつきが良いと評判です。健康維持のためにシニア犬、高齢犬に与えている方も多いようですが、老犬も喜んで食べてくれると評判です。

・下痢の改善

便の改善を喜んでいる声が多数です。このフードの目的を果たしていますね。乳酸菌、オリゴ糖等の配合によって、腸内環境を整えているのでしょう。いぬはぐを食べるようになってからおなかがすっきりして、下痢をすることがなくなりうんちの艶も良くなったという喜びの声があります。

・おいしそう、おいしい

使用している原材料がヒューマングレード(人間が食べるレベルのもの)なので、実際に食べた方もいるようです。美味しいという感想を述べています。ということは犬が食べても美味しいと感じることでしょう!

いぬはぐの悪い口コミ

では「いぬはぐ」の悪い口コミにはどのようなものがあるでしょうか?

・値段が高い

一番多い口コミはやはり値段の高さですね。一袋6,980円もするので買っても愛犬が食べなかったらどうしよう。という思いがあるようです。

しかし定期コースの申し込みによって、1袋2,980円になるため購入を検討している方はぜひ定期コースで購入することをおすすめします。

・食べない

期待して購入したものの、食べてくれない犬もいるようです。食いつきに関しては個体差があるので、実際に与えてみないとわからないですね。

・下痢をする

中には下痢をする犬もいるようです。腸内環境を整える成分が配合されているのが、逆に働いてしまったのかもしれませんね。

いぬはぐがおすすめの犬はこんな犬

では「いぬはぐ」をおすすめしたいのはどんな犬でしょうか?

まず、いぬはぐには腸内環境を整える成分が配合されています。ですから腸内環境の乱れによって下痢やおう吐で悩んでいる犬におすすめです。口コミ評価を見ても症状の改善を喜んでいる声が多数あります。

また関節サポートや免疫力を高めたり、老化防止効果のある成分も豊富に配合されていますので、愛犬に長く健康でいてほしいと望んでいる方にもおすすめです。

そして品質の良いそして安全性の高いものを探している方にもおすすめしたいですね。

無添加、ヒューマングレードの食材のみを使っているので、安心して愛犬に与えることができます。

まとめ

散歩するワンコ

今回は愛犬のおなかのことを考えてつくられた「いぬはぐ」ドッグフードを見てきました。まだ発売されて間がないドッグフードですが、注目されておりすでに多くの愛用者がいます。

乳酸菌やオリゴ糖の配合によって善玉菌を増やすことができ、腸内環境を整えることが期待できるドッグフードです。

愛犬の下痢やおう吐で悩んでいる方、安心して愛犬に与えることができる新たなドッグフードを探している方は一度試してみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ