柴犬ってどうなの?基本知識とおすすめフード2つ!

柴犬は日本犬の代表的存在といってもいいぐらい身近な存在です。日本犬らいしい犬が好きな海外の方にも人気が高い犬種です。今回は柴犬の特徴や健康管理、おすすめのドッグフードについてまとめてみました!

柴犬の基礎知識

柴犬

柴犬は日本犬の代表的存在といってもいいぐらい身近な存在です。日本犬らいしい犬が好きな海外の方にも人気が高い犬種です。「ハチ公」のモデルは秋田犬ですが、同じ日本犬の柴犬も体はひと回り小さいですが従順な犬種です。

柴犬の特徴

柴犬の特徴は短毛、立ち耳で、野生の犬の祖先といわれる狼の外観的特徴を受け継いでいます。短毛種ですがダブルコートなので、厳しい寒さから身を保護することに適しています。

以前は狩猟犬として活躍してきた柴犬ですが、国産ゆえに日本の気候に慣れているので比較的飼いやすい犬種の一つです。日本犬なので日本国内での飼育に向いているものの、柴犬の性格や特徴などを把握しておくなら、戸惑うことも少なくなり、より飼育しやすくなります。

柴犬の飼育時の参考になるポイントを抑えておきましょう。

柴犬の性格

柴犬はきりっとしていて、頑固そうなイメージがありますが、非常に表情が豊かな犬なんです。感情がすぐに顔に表れる性格なので、今、どんな気持ちなのかがすぐに分ります。甘えたい時だけ近寄ってきて、普段はベタベタと触られたり、かまわれることを嫌がるので、性格が「ツンデレ」だとよく言われます。

子犬の頃から飼育する場合は、見た目のかわいさに負けてしまってしつけを怠ることにないようにしてください。ダメなものはダメ!また従うべきことは絶対に服従させないと、成犬になったら力が強いのでまったく言うことをきかないってことになりかねません。

甘さをみせるとそれに味をしめて付け込んでくるずる賢さもあるんです。わがままが通ってしまうとそれをやり通そうとするわけです。きちんとしつけができるなら、本来賢い犬種なのでこちらの言うことをきちんと理解して従う忠実な犬になります。そうなるととってもかわいいですよ。

また外見のイメージの通り頑固なところもあって、自分が嫌なことには絶対に応じようとしないという態度を示します。個体差もありますが、柴犬は水に濡れることや、服を着せられることを嫌うことが多いです。

無理に服を着せようとすると暴れまくって必死に抵抗する犬もいますし、服は着せることができたとしても、落ち込んでしまってそのまま微動だにしないという犬もいます。それもまたかわいいんですけど。

また散歩に出かけて喜んでいるところ、家に帰ろうと促すと地べたに寝そべっててこでも動かないという態度をとるなんてこともあります。またとりわけ警戒心が強い犬ですから、屋内外のちょっとした変化や見知らぬ人を見ると吠え続けたりするので、番犬としては優秀な犬種です。

豊富な運動量があるので、毎日30分以上しっかり散歩させることが必要です。できれば朝夕に2回思いっきり走らせてあげてくださいね。

柴犬のオス犬の平均的な体重は10キロ前後、メス犬だと8キロ前後になります。食欲旺盛な犬が多いのでそれより体重が増えやすい傾向があります。平均寿命は12~15歳ぐらいですから、一般的な中型犬と同じぐらいですね。

柴犬の魅力

ぴっと立った三角耳は柴犬ファンの心をとらえます。取り上げた性格も柴犬の人気を高める要因となっています。

特に子犬の時期の柴犬の姿といったらたまりません。コロコロした体型はとってもキュートです。幼くてあどけない顔から次第に大きくなるにつれて凛とした雰囲気が漂うようになるのも魅力です。

幼犬は飼い主にべったりして愛しい限りですが、成長に伴って教えていくとちゃんと聞き分けのある成犬になるのでしつけがいがあります。頑固な一面もあるので、甘やかすことなくしっかりとしつけるなら従順でかわいい犬になります。そのためには幼犬のかわいさに負けて甘やかすことは絶対にないようにしましょう。

快活で運動が大好きなので、よく走り回りまわります。運動量も多いので、颯爽と駆ける姿は様になります。飼いやすさという面では、日本生まれの柴犬は国内での飼育に適していて病気にかかりにくいことも魅力です。

柴犬のお手入れ

柴犬の被毛は密度が濃いダブルコートですが、ブラッシングをしっかりすればトリミングサロンへ行って手入れするほどでもないのでメンテナンスしやすい犬種といえます。

ただし年に2回春と秋に換毛期を迎えるので、その時期はきりがないほど大量の抜け毛が出るので覚悟しておきましょう。換毛期はより入念にブラッシングをしてあげましょう。でも皮膚を傷つけてしまうほど強い力で行うことのないようにしてくださいね。

だからいってブラッシングが甘いと抜け毛が柴犬の体にまとわりつきます。犬がペロペロなめるとたくさんの抜け毛を飲み込んでしまいます。食道や胃の中に抜け毛がたまりすぎると、犬が頻繁にむせたり、くしゃみをします。せっかく食べたものを吐き出したり、胃が気持ち悪いのでたくさん草を食べたがることもあるでしょう。

柴犬がかかりやすい病気

柴犬は犬種として、また中型犬の中でも比較的病気にかかりにくい犬種です。それでも柴犬がなりやすい病気があるのでいくつか取り上げます。把握しておけば、予防に努めたり、万一かかってしまっても対処がしやすくなります。

アトピー性皮膚炎

実は柴犬はアトピー性皮膚炎になりやすい犬種なんです。好き嫌いが少ないのでどんな食べ物もガツガツ食べますが、食べると皮膚が炎症するものがあります。柴犬が食べるとアレルギー反応を起こす食べ物として鶏肉、小麦粉、トウモロコシが代表例です。

そうであるにも関わらず、ドッグフードの多くにはこれらの原料が配合されているのが事実なんです。この他にも犬が必要とする動物性タンパク質である肉類がアレルゲンになることが以外に多いことに驚かれるかもしれません。

牛肉や豚肉に対してアレルギー反応を示す個体も以外に多いことも忘れないようにしましょう。食餌をとった直後に口を家具などに擦り付けてかゆがったりはしていませんか?足先や耳の後ろ辺りまた首の周辺をポリポリとかくしぐさを見せることもあります。

肉球の周りが赤くなっていたり、抜け毛や下痢、外耳炎になることも食物を原因とするアレルギーの可能性が高いです。進行が進むと肉球や皮膚が硬くなってきますので、かゆがっているようならアトピー性皮膚炎を疑がった方がいいですね。

動物病院でどの食品に対するアレルギー反応かが分かりますが、費用と手間がかかるのでだんだん食べ物の種類を絞っていって特定することもいいでしょう。アトピー性皮膚炎の対処として、こまめにブラッシングをしてあげることです。被毛を清潔に保つことができます。

いつも使用するおもちゃやベッドなども洗ったり、日に干したりして不衛生にならないようにすることができます。アレルゲンとなる原料を含まない食餌に変えるなら、かゆがる仕草は格段に少なくなります。小麦やトウモロコシがダメならグレインフリーにできます。

鶏肉や豚肉など特定の肉に反応してしまうなら、それらの入っていない食餌を探してください。鹿肉やラム肉などを使用したドッグフードがあります。健康的な魚中心の食餌にするなら、動物性タンパク質をしっかり吸収して柴犬が快適に過ごせます。

食べ物がアレルギーの原因であることが分かったらそれを避けますが、一度アレルギーになると、原因を絶ったとしてもしばらくはかゆがる仕草がなくならないものです。長年にわたって同じ食餌をしてきたのであればなおさらです。それでアレルゲンを絶つと同時に柴犬の体や住まいの環境を清潔に保つことで症状を良くするよう努めましょう。

食べ物だけが原因でアトピー性皮膚炎になるとも限りません。毛布やぬいぐるみ、散歩時に特定の植物に近づくことが原因となることもあるんです。特定の植物や家の中のものに触れたり、遊んだ後に目や皮膚などをかゆがったりするなら、かゆくなる原因となるものに接触させないようにします。

散歩するコースを変えるだけで原因となる植物との接触をなくせたり、おもちゃを変えることでアレルギーがおさまることもあります。また低刺激のシャンプーを使って定期的にシャワーに入れてあげることもアレルギー症状を和らげたり、状態を改善することにつながります。

膝蓋骨脱臼

柴犬に多い病気として膝蓋骨脱臼があります。膝蓋骨とは犬の後足の膝のお皿が外れて脱臼することです。初期症状がわかりにくく、犬自身もあまり痛がる素振りを見せないためなかなか気づくことが難しいです。

でも症状が進んでゆくと、犬が患部の足を上げながら歩行するようになるので実に痛々しいです。痛がったり、足を引きずったりすることもあります。先天性の膝蓋骨脱臼は小型犬に多く、中型犬の柴犬の場合は高所からの落下などが原因となる後天性のケースがほとんどです。

走ることが大好きで、興奮して駆ける時には、段差に引っ掛かったり高所から飛び降りたりしないように犬の住環境を改善しましょう。治療は脱臼の症状が早期であるほど治りが早くなります。深刻になる前に動物病院へ連れて行くことを強くおすすめします。

膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を行います。ただし、グレードが進行しすぎ、変形が重度の場合には手術に適さないことがあります。そのため手術はなるべく早期に行うことが重要です。特に幼犬で先天性の膝蓋骨脱臼が見られる場合には、骨が成長する前のできるだけ早い時期での手術が推奨されます。脱臼に伴って変形性骨関節症が起こっている場合には、痛みを和らげるための内科的治療が行われます。
出典:http://www.petwell.jp/disease/dog/shitsugaikotsu.html

膝蓋骨脱臼にならないように、フローリングの廊下や床にはタイルカーペットなどを敷いてスリップしないようにしてあげましょう。

できるだけ足腰や膝などの関節に負担をかけないような環境を整えるようにしてあげてください。

白内障

柴犬も白内障にかかる可能性があります。犬の白内障は人間と同じで目の中、つまり瞳孔の部分が白濁するようになります。白内障が広がると視力が落ちるので、ちょっとした物にぶつかることがあります。また症状が悪化すると失明してしまうことだってあります。

そうならないためにもできるだけ早く異変に気づいてあげることです。老齢期を迎える犬には白内障にかかる可能性が高くなります。シニア犬でないのに白内障の症状が表れるようなことがあれば、糖尿病などの疾患の疑いがあるので、すぐに動物病院にかかるようにしましょう。

普通に歩けて目が見える段階であれば目薬や内服薬によって内科的な治療を行います。少し症状が進行してしまった場合には、外科的な方法で治療を行います。

白内障の治療には、内科的治療と外科的治療があります。視力(視覚)がまだ失われていない場合には、点眼薬や内服薬で進行を抑える内科的治療を行います。白内障が進行し日常生活が困難となっている場合には、外科的治療を行います。しかし、網膜の委縮が起こっている犬では白内障の手術をしても眼は見えないままであるため、手術前に網膜の状態についての詳しい検査を受ける必要があります。また、糖尿病が原因の場合は、その治療が優先されます。
出典:http://www.petwell.jp/disease/dog/hakunai.html

柴犬におすすめのドッグフード

病気にかかりにくくて国内での飼育に適した柴犬ではありますが、食べ物がアレルゲンになることが多いのでドッグフードには注意を払いたいものですね。

またカビやダニなどによってもアトピー性皮膚炎になってしまうことがありますので、体の免疫力を高めるような食餌をすることも大切です。

免疫力が弱まってしまうとアトピー性皮膚炎や他の病気にかかりやすくなります。そうならないためにも犬に必要な動物性タンパク質を十分摂れる高カロリーな食餌が必要です。

同時にドッグフードに含まれる栄養素の質にも気をつけてあげましょう。原材料の表記はしっかりとチェックするようにしましょう。

内容量をかさましするために穀物を多く配合したり、材料を安価に済ませるために粗悪な品質の悪い肉副産物を使用していることもあります。

犬にとって消化するのに負担となる穀物類を含まないグレインフリーで、粗悪な肉類を避け人でも食べることのできるヒューマングレードの品質なら安心できます。

保存期間をできるだけ延ばすために人工的な保存料を使用したり、見た目をよくすために着色料や着香料を加えているドッグフードもかなり多いことも見過ごせません。

体に有害な添加物を一切使用していない無添加のドッグフードを選ぶようにしたいものです。

おいしく食べて、アレルギーになりにくい理想的な食餌は探せばあるんです。柴犬におすすめできるドッグフードを紹介します。

ネルソンズ

ネルソンズは犬の健康にとことん配慮した安全性を重視しているドッグフードです。ペット先進国の一つである英国の会社が製造しています。

ネルソンズは穀物を一切使用しないグレインフリーです。犬が消化を苦手とし、アレルギーの原因となる小麦やトウモロコシなどを配合していないところがいいですね。

最も必要とする動物性タンパク質を新鮮なチキン生肉から摂ることができるようにしています。タンパク質をたっぷり、炭水化物は少なめに配合し健康維持に寄与します。

健康リスクを伴いがちな遺伝子組み換え食品を配合してはいませんし、安全性が疑問視される肉の副産物や人工的な添加物も一切加えていませんので安心です。

注文を受けてから製造にとりかかるので、長期間保存されることなく、作り立ての新鮮な状態で届けられるのもうれしいですね。

ネルソンズ https://www.nelsonsdogfood.jp/

アカナ

カナダ原産のアカナドッグフードは地元でとれる新鮮な原材料をそのまま加工して製造しています。

アカナにはいくつかのカテゴリーがあって、犬の年齢や原材料の特徴を活かした製品が揃っているのでニーズに合わせて選択できます。

「ヘリテージ」は25年に渡る実績のあるシリーズで全体の65~70%を新鮮な肉で占められています。

主原料は放し飼いの鶏肉と天然カレイで、タンパク質を33%以上含んでいるので犬が必要とするカロリーをしっかり摂取することができる設計です。

「シングル」は原材料を限定しています。栄養成分のバランスを保ちつつ、単一の動物性タンパク質にしているという意味です。

ラム肉、鴨肉、豚肉、イワシの4種類の中から選べるので、アレルギーを抱えている犬にはありがたいですね。

「レジオナル」は地元カナダ産の新鮮な原料を70%も使用しているドッグフードです。肉や魚をブレンドしていますが、鶏肉、魚、ラム肉を中心としていてアレルギーに配慮しています。

アカナはどの製品も原料の鮮度と品質を第一に考えており、加工された原料をしない工夫がなされています。犬の健康に対する配慮が行き届いているところがいいですね。

アカナ http://www.acanafamilyjapan.jp/

柴犬に最適な環境を用意しよう

表情豊かで犬らしい姿が魅力的な柴犬ですが、いつも笑顔でごきげんでいてほしいものですね。

そのためには飼育環境や食餌の内容をしっかり吟味しておくことが必要です。体にいいものを与え、病気の原因になるものを除くことが大切です。