愛犬のドッグフードはローテーションするべき!その理由解説します!

愛犬のドッグフードはローテーションするべき!その理由解説します!

大切なワンちゃんの健康のため、ずっと同じものを食べさせるのではなく、何種類かのドッグフードをローテーションさせて与えるというものです。わたしも初めフードローテーションは、栄養が偏るのを防ぎリスクを分散させ、ワンちゃんの健康のために必要なものだと思っていました。ドッグフードローテーションするべきなのか、ローテーションするならば、どんな方法がいいのか考察してみました。

フードローテーション、必要?それとも必要ない?

job rotation concept

ドッグフードフードローテーションという言葉。大切なワンちゃんの健康のため、ずっと同じものを食べさせるのではなく、何種類かのドッグフードをローテーションさせて与えるというものです。わたしも初めフードローテーションは、栄養が偏るのを防ぎリスクを分散させ、ワンちゃんの健康のために必要なものだと思っていました。

でもこのフードローテーション、調べれば調べるほど真逆の意見がみられて混乱してしまいました。例えば、リスク分散のためにフードローテーションが必要だという意見もあれば、それは昔の話で今は必要ないという意見があり、また、ローテーションした方がアレルギーになりにくいと言いう意見があれば、逆にアレルギーになりやすいという意見も見られました。

ということで、ワンちゃんのためドッグフードローテーションはした方がいいのかしない方がいいのか、した時の賛成派の意見と反対派の意見、またローテーションするならば、どんな方法がいいのか考察してみました。

先ずはそもそもドッグフードローテーションとは何かという点から見ていきたいと思います。

ドッグフードローテーションとは?

dog food

そもそもドッグフードローテーションとは、何でしょうか?ドッグフードローテーションとは、1種類の同じドッグフードをずっと食べさせるのではなく、2種類以上のドッグフードを順番に食べさせることです。つまり、毎食変えるのではなく、1袋毎や一定期間のローテーションで与えていくという方法だそうです。

そのようにする理由としては、大きく二つの理由があるように思われます。一つは栄養バランスという点で、もう一つはリスク分散です。

栄養バランスについては、人間は食事をするとき、「毎日○○品目食べましょう」「肉や魚やお野菜もバランスよく食べましょう」などと言われているように、同じメニューをずっと食べ続けるのでなく、毎日色々な食べ物を食べることにより、栄養が偏らず健康な食生活を送ることができます。それと同じように、ワンちゃんにとっても色々なフードを食べるとまんべんなく栄養がとれるという考えです。

リスク分散については、ワンちゃんの市販のドッグフードの中には、人間が食べられない肉や栄養素のほとんどないいわゆる穀物のカスが主原料になっている物があり、また、着色料や保存料など、人工添加物が多く使用されているものもあります。それで、同じフードを食べさせることによる同一の添加物や発がん性物質が、ワンちゃんの体内に蓄積するのを防ぐという目的があります。

フードローションのメリット

では次にフードローテーションにはどんなメリットがあるのか賛成派の意見をもう少し細かく見てみましょう。

1.色々な栄養素が摂れる

上記でも述べましたが、1つのドッグフードだけでは摂れない栄養素も、複数のドッグフードなら補いあって摂取できるというメリットがあります。つまり、フードローテーションによって栄養の偏りを防ぐという意見です。

2.アレルギー物質を防げる

安価な市販のドッグフードの中には、トウモロコシや小麦などの穀物類がメインのドッグフードや多く含まれています。アレルギーは同じ食品を取り続けることで発症する場合が多いので、フードローテーションすることにより、アレルギーになる可能性を下げることになるそうです。

3.添加物の蓄積を防げる

アレルギーと同じように、市販の安価なフードには人工添加物が含まれていますので、フードローテーションすることで同一の添加物がワンちゃんの体内に蓄積しないようにすることができるそうです。

4.嗜好性の変化に対応しやすい

同じ食事ばかり与えていると飽きて食べなくなるワンちゃんに対して、さまざまなフードを与えることで特定のドッグフードへの食いつきが悪くなったとしても、他のフードに切り替えることで嗜好の幅を広げ、食に関心を持たせることができます。

また、災害による避難生活など何らかの原因でそのドッグフードを与えられなくなった場合に、フードローテーションをしているなら他のフードで対応することができます。

フードローテーションへの反対派の意見

反対意見

次にフードローテーションしない方がいいという意見を見てみたいと思います。

1.栄養のバランス

ローテーションのメリットとして「栄養の偏りを防ぐ」という意見がありました。しかし、現在のドッグフードの「総合栄養食」と呼ばれるものは、水と一緒に摂るだけで1日の栄養が全て補えるものになっているので、バランスよく栄養がとれるそうです。

2.アレルギーを発症しやすくなる

アレルギーはある食材を食べ続けることによって、アレルギーのリスクが高まるのでローテーションが効果的といわれています。ただし、市販のほとんどのドッグフードには、アレルギーを起こしやすいといわれる小麦やトウモロコシなどがメイン材料として使用されているため、同じような原材料のドッグフードでローテーションしても効果はなく、原材料の違うものでローテーションしたときに効果的だそうです。

それで、フードローテーションよりもアレルギーを起こしやすい穀物を使用していないものや、低アレルゲンのドッグフードを選ぶ方がよいそうです。

さらに、食べ慣れたフードで、突然アレルギーになるということは少なく、逆に食事を頻繁に変えることにより、その中に今まで食べたことのないタンパク質が入っていたりするので、それが元でアレルギーになることもあるとのことでした。

3.添加物の蓄積

ローテーションには与えているドッグフードに、人工添加物や農薬が使われていたときなどに、同じ添加物や同じ農薬が身体に蓄積されるのを防ぐ目的がありましたが、現在は無添加やオーガニックの食材を使っているものも多く、そういったものを選ぶことで添加物の蓄積は防げるようになりました。

4.嗜好性の変化

フードローテーションすることにより、いろいろな味を覚えて好き嫌いが激しくなり、飽きやすくなったり、ワガママになったりする場合もあるようです。なぜなら、気に入らなくてもまた別の味の新しいフードがもらえる、と学習してしまうからだそうです。

5.胃腸に負担がかかる

フードを変えると下痢をしたり、軟便になったりすることがあります。食べたことのない材料により、消化不良を起こす場合があります。

6.病気の原因が特定しにくい

いくつかのフードを試している時期に体調不良が起こった場合、原因がフードの成分なのか全く別のことなのか、判断することができません。また、フードの成分で体調不良になっているとしたら、どの成分が原因かを特定するのに時間がかかってしまいます。ですが、同じドッグフードを固定で与え続けるなら、体調不良などの異変があったときに原因を特定しやすくなります。

ドッグフードローテーションの方法

ここまでで、フードローテーションの賛成派、反対派の意見を見てきましたが、どちらかというと今は反対派の方が多いのかなという印象でした。ドッグフードのローテーションをしたい場合は単に何種類かを順番に与えるのでなく、栄養素についての知識が必要だと感じました。

ローテーションするには?

いくつかの方法があるようです。例えば、数種類のドッグフードをメーカーやメインとなるタンパク源が異なるようにします。なぜなら、アレルギーはタンパク質がメインのフードで起こりやすいので、タンパク質の違うものを選びます。もちろん、すでにアレルギーを持っていれば、その材料が使われているものは避けます。

袋ごとに変えても、期間で決めて変えても良いそうですが、お勧めは袋単位のローテーションのようです。袋ごとにするならドッグフードをできるだけ新鮮なうちに使い切ることができて、品質・衛生面で管理しやすいからだそうです。

また2種類以上混ぜて使うのも良いようです。ドッグフードを変えると、ワンちゃんの消化器官に負担がかかり下痢などをする場合があります。それで、一気に変えずに今までのフードに混ぜながら徐々に変えていくなら消化器官の負担を軽減することができます。

また、1ヶ月以内でコロコロ変えてしまうと、アレルギーが出てしまった場合にどのドッグフードで出てしまったのかわかりづらくなるので、1ヶ月以上の少し長めの周期にしたほうがよいようです。

別の注意点としてワンちゃんの年齢の問題もあります。ワンちゃんも人と同じようにライフステージによって必要カロリーが違いますし、食べられる量も違いますので、年齢に応じてフードを変えてあげることが大切です。

まとめ

フードローテーションについて考察してきました。同じドッグフードを食べ続けることからくるリスクを分散させるというこの考え方から始まったドッグフードローテーション。この方法には賛成派と反対派がいて、それぞれメリット、デメリットがあることがわかりました。どちらを選ぶかは、飼い主さん次第ですが、ワンちゃんによっても、好みや体質は違いますので、どちらが正しいというわけではないようです。

例えば、今は質のよいドッグフードが多く販売されていて、それらの「総合栄養食」と呼ばれているものは、水以外の犬に必要なすべての栄養素をまかなえるように作られているので、毎日同じドッグフードを与え続けたからといって、栄養不足になるという心配はないとのことでした。

逆に、フードローテーションをして複数のフードを与えても、飼い主さんに栄養についての知識がなく、それぞれ偏った栄養の物ならバランスよく栄養を摂取するのは難しいことがわかりました。

フードローテーションをして、どんなドッグフードをどのようにワンちゃんに与えるかは、栄養や原材料についてある程度自分で勉強して詳しくなるか、フードについて詳しい獣医さんなどに相談しながらするのがいいようです。そして、飼い主さんがワンちゃんの体調や様子をよく観察し、経済事情も考慮して、安全で安心できるものを選んで与えることが大切だと感じました。

ドッグフードローテーションをする場合は、ワンちゃんの体調を十分観察しながら進めることが大切ですね。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ