愛犬が飲むことができる・飲んではいけないものを徹底解説!

愛犬が飲むことができる・飲んではいけないものを徹底解説!

愛犬が人間の飲み物に興味を示すことがありますが、水以外のものを与えても大丈夫なのでしょうか。今回は犬が飲んでいいものといけないものをまとめてみました。ちょっとくらいならいいだろうと思ってあげてしまうと、命にかかわる大変なことになってしまうものもあるので気をつけたいものです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

愛犬が飲んでいいもの

愛犬

犬にとっても大切な水分補給、飲んでもいいものを挙げてみましょう。

水道水

人間にとっても犬にとっても一番安心なのが「お水」です。水道水は積極的に与えることのできる飲み物だと言えるでしょう。日本の水道水の水準は世界でもトップクラスですから安心して日ごろから与えるようにしましょう。

ただ、中には水道水をそのまま与えるのが不安だという人もいるかもしれません。その場合は一度沸騰させて冷ましてから与えることができるでしょう。また浄水器を取り付けて浄化させることもできます。軟水になるカートリッジがついた犬用の浄水器もありますよ。特に下部尿路の健康維持におすすめです。これだと安心して愛犬に与えることができますよね。

このように国内のたいていの地域の水道水は安心して与えることができますが、場所によっては井戸水や硬度の高い場合もあるようなので注意しましょう。

ミネラルウォーター(軟水)

健康を考えて普段からミネラルウォーターを購入している家族も多いことでしょう。水道水をそのまま飲むのは不安だと考える人たちも多くいます。普段から家で飲んでいるミネラルウォーターを愛犬にも与えて大丈夫でしょうか。軟水のミネラルウォーターであれば問題はありません。添加物や糖分など余計な成分が入っていない軟水のミネラルウォーターであれば、水道水と同様、毎日与えることのできる飲み物です。

ただ後でも説明しますが硬水のミネラルウォーターは犬に与えないほうがいいとされています。それで、普段から飲んでいるミネラルウォーターが軟水なのか硬水なのかを確かめてから与えるようにしましょう。

お茶(ノンカフェイン)

麦茶

お茶もカフェインが含まれていなものは犬に与えても問題はありません。例えば「麦茶」はカフェインやカテキン・タンニンが含まれていないので愛犬に与えても大丈夫な飲み物です。人間にとっても体の熱を冷ましたり胃粘膜を守ってくれるとして健康に良い飲み物ですよね。ただ、犬の場合は健康促進と言うよりは水が手に入らない時の水分補給という意味で与えても大丈夫ということになります。

他にも「ミントティー」、「カモミールティー」、「ローズヒップティー」などのハーブティーは与えても問題ありません。「ルイボスティー」は抗酸化作用があるとされているのでアレルギー持ちの愛犬に与えてみたいですね。さらに「タンポポ茶」は利尿作用や肝機能の働きを高めると言われています。

ノンカフェインのお茶にはその他にも「黒豆茶」、「そば茶」、「ゴーヤ茶」、「昆布茶」、「柚子茶」、「杜仲茶」などを挙げることができるでしょう。これらのノンカフェインのお茶は与えても問題がありません。

ただお茶には基本的にミネラルが豊富に含まれていて、このミネラルの過剰摂取は尿路結石の原因になるとされています。それで、水の代わりに毎日ノンカフェインのお茶を与えるのはやめるようにしましょう。あくまでも病気や体調が悪くて水を飲んでくれない時、散歩などで水を忘れてしまった時などに水分補給として与えても大丈夫だということです。

犬用の飲み物

soap with goats milk. natural handmade soap

犬用に販売されている飲み物はすべて与えても問題ありません。例えば「犬用の牛乳」は犬にとってよくない乳糖がカットされていたり、消化吸収がしやすいように調整されているので安心して与えることができます。中には乳製品にアレルギー反応を示す犬もいるので、様子を見ながら与えるようにしましょう。アレルギーが心配だという人はアレルギーが出にくい「ヤギミルク」を与える人もいます。「ヤギミルク」はアレルギーが出にくくてお腹にも優しいとされています。

また犬用としてミネラルウォーターやジュースなどが販売されています。これらは犬にとって良くない成分がカットされているので安心して与えることのできる飲み物です。1日に与えてもいい量がパッケージに記載されているので確認しながら与えるようにしましょう。また犬によっては体質に合わない場合もあるので、様子を見ながら少しづつ与えるようにしましょう。

犬が飲んではいけないもの

犬に与えてはいけないもの

たとえ犬が欲しがったとしても、害になる飲み物があります。犬が飲んではいけないものを挙げてみましょう。

アルコール

アルコール摂取

犬は人間と違って体内でアルコールを分解することができません。また人間に比べても体のサイズが小さいですから、少量であったとしても急性アルコール中毒を起こしてしまうことがあります。そうなると嘔吐、下痢、呼吸困難などを起こしてしまいます。さらに痙攣や意識障害を起こし死亡してしまう可能性もあります。

家族団らんの時など、お酒に興味を示す犬に思わずペロッとなめさせてあげたい誘惑にかられることがあるかもしれませんが、お酒は絶対に愛犬に与えないでください。ペロッとお酒をなめてフラフラ歩いている様子は人間から見ると面白いと思えるかもしれませんが、犬にとっては命にかかわる危険な状態にさらされていることになります。

無理にお酒を与えることがなくても、テーブルに置いてあったお酒を犬が飲んでしまうということがあります。お酒は犬にとって非常に危険な飲み物ですから、家族みんなで意識して犬の届く範囲にお酒を置かないようにしましょう。思わぬ事故によって愛犬が死んでしまうことがないように注意したいものですね。

牛乳

牛乳

意外かもしれませんが、人間が普段から飲んでいる牛乳も犬にとっては避けたほうがいい飲み物になります。骨を丈夫にするカルシウムが含まれていますし、健康に良いイメージがあるかもしれません。また牛乳が大好きに犬もたくさんいるので与えても大丈夫だと思っている人が多くいるようです。

しかし人間用の牛乳には乳糖がたくさん含まれていて、それを犬は分解することができません。というのも、乳糖を分解するラクターゼという酵素が犬の体内には少ないからです。さらに成犬になるにつれてこのラクターゼがどんどんと減少してしまいます。消化に悪いため、牛乳を与えるとかなりの確率で下痢をしてしまいます。牛乳を飲んでも大丈夫そうな犬もいますが、積極的に与えることがないように注意しましょう。

犬用の牛乳として販売されているものは、乳糖がカットされていて消化にも問題ないので与えても大丈夫です。またヨーグルトは乳糖が分解されているので、無糖のヨーグルトであれば与えても問題はありません。

ミネラルウォーター(硬水)

硬水

健康のためにミネラルウォーターを飲んでいる家庭では、同じものを愛犬にも与えたいと思うでしょう。軟水のミネラルウォーターであれば問題はなく、むしろ積極的に与えてもよい飲み物ですが、硬水のミネラルウォーターは与えないようにしましょう。

硬水のミネラルウォーターに含まれているマグネシウムを犬は上手に消化できません。そのため下痢になったり尿結石の原因になることもあります。尿管や膀胱に石ができてしまい尿が詰まるとおしっこの排出がしにくくなったり腎臓に負担がかかってしまうので犬にとっては非常に危険です。日本のミネラルウォーターはまろやかな軟水が多いですが、海外のものは硬水の場合が多いので、与える前に確かめるようにしましょう。

コーヒー

Brewing coffee

休憩時間にコーヒーを飲むという人は多いでしょう。わたしも眠気覚ましやリラックスするために毎日2~3回はコーヒーを飲みます。中には興味を示す犬もいるかもしれませんが、コーヒーにはカフェインが含まれているので犬には与えてはいけません。体が小さいに犬は少しのカフェインでも中毒になってしまう可能性があります。そうなると興奮したり嘔吐、下痢、体の震えなどの症状があらわれることがあります。

これらの軽い症状だけならいいのですが、痙攣、失神、呼吸障害などの重い症状があらわれ、最悪死んでしまうという可能性もあります。少量を誤飲してしまったから死んでしまうということはありませんが、身体の小さな犬がコーヒーを飲んでしまうと代謝が早くてカフェインの作用が強く出てしまうので注意しましょう。意図的には絶対に与えないでください。

ココア

ココアに含まれているカカオは犬にとって害になるので与えてはいけません。犬にチョコレートを与えてはいけないのと同じですね。カカオの成分に「デオブロミン」というのがあって、人間には害はありませんが代謝の早い犬にとって害になってしまいます。犬がこの「デオブロミン」を摂取してしまうと、中枢神経を刺激して、脱水症状や消化不良、心拍数の低下といった症状があらわれることがあります。

また多量に摂取してしまうとてんかん作用を起こしてしまい、最悪の場合は死に至るということもあり得ます。意図的に愛犬にココアを与えることがないようにしましょう。間違って飲んでしまった場合は動物病院にすぐに連れて行って獣医さんに診てもらう必要があります。

お茶

カフェイン多め

カフェインが含まれているお茶は犬に与えてはいけません。

例えば

・紅茶 ・緑茶 ・日本茶 ・ウーロン茶 ・ほうじ茶 ・玉露 ・玄米茶

などにはカフェインが含まれています。「玉露に至ってはコーヒーの2倍のカフェイン」が含まれているとも言われています。お茶は健康そうなイメージがありますし、毎日飲んでいるという人も多いかと思いますが、カフェイン中毒になる恐れがあるので愛犬には与えないでください。

上記にも述べましたが、カフェイン中毒になると落ち着きがなくなる、興奮状態になる、頻尿、失禁、嘔吐、下痢、身体の震え、ふらつきなどの症状があらわれるようになります。またさらにひどくなると呼吸困難、痙攣、失神、昏睡などの症状があらわれ、死に至ることもあります。

尿路結石の可能性

「緑茶」にはカフェインだけでなく、尿路結石の原因になるシュウ酸が含まれています。また「紅茶」、「ウーロン茶」、「抹茶」、「ほうじ茶」に含まれているポリフェノールも過剰摂取するとタンニン中毒になってしまいます。そうなると貧血、粘膜の荒れ、便秘などの症状があらわれ、さらに肝臓障害を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

人間にとっては問題がなく、健康に良いお茶だとしても、犬にとっては非常に危険な成分が含まれていることがあるので、必ず成分を確認してから与えるようにしましょう。分からない時は与えないほうが無難だと言えるでしょう。

スポーツドリンク

スポーツドリンク

運動の時や熱中症防止にスポーツドリンクが活躍します。脱水症状の時などには特に重宝しますが、犬には与えていいのでしょうか。最近では犬も熱中症にかかると言われていて、熱い夏の散歩などはしっかりと水分補給をすることが必要です。スポーツドリンクを与えてみたくなる気持ちになってしまうかもしれませんが、スポーツドリンクには塩分や糖分が大量に含まれているので注意が必要です。

愛犬が熱中症になってしまった場合にスポーツドリンクを飲ませたいのであれば、4~5倍くらいに薄めて与えるようにしましょう。また「PET SWEAT(ペットスエット)」のような犬用のスポーツドリンクも販売されているので、もしものために用意しておくといいでしょう。犬用のスポーツドリンクは調整されているので与えても問題はありません。

ジュース

普段飲んでいるフルーツジュースや野菜ジュース、健康にも良さそうなので愛犬に与えてもいいかなと思ってしまう人もいるようです。しかし人間用のジュースには糖分や添加物がたくさん含まれているので、犬にとっては不健康な飲み物になってしまいます。

フルーツジュースの場合は犬にとって危険なブドウが、また野菜ジュースには犬にとって危険なタマネギが入っている可能性もあるので注意が必要です。犬にとって危険な成分が入っている可能性が高いので、人間用のジュースは与えないようにしましょう。犬用のジュースであれば問題はありません。犬はもともと肉食動物なので、フルーツや野菜を摂取する必要はないので、わざわざフルーツジュースや野菜ジュースを与えることはないでしょう。

コーラなどの炭酸飲料も糖分がたくさん含まれていて肥満や糖尿病の原因になるので与えないでください。特にコーラにはカフェインが含まれているので愛犬が間違って飲んでしまわないように注意しましょう。

味噌汁やスープ

miso soup

ご飯に味噌汁をかけて犬に与えていた時代があるので、いまだに犬や猫の定番の食事だと思っている人もいるようです。しかし味噌汁は犬に与えてはいけない飲み物のひとつです。人間が飲むものに興味を示したり、味噌汁を好んで飲む犬もいますが、味噌汁には塩分が多く含まれています。塩分の取りすぎは心臓に負担をかけますし高血圧の原因にもなります。

味噌汁の他にも、ラーメンの汁やスープなども塩分がたくさん含まれているので犬にとっては害になる飲み物です。愛犬が欲しがるかもしれませんが、寿命を縮めてしまう悪影響を与えるものなので与えないようにしましょう。

愛犬の水分補給について

水分補給

www.flickr.com

人間と同様、犬にとっても水分補給は大切です。ドッグフードからも水分補給はできますが、水分含有率は10%程なので全然足りていません。それでこまめに水分補給をするようにしましょう。犬が飲んでいいものをいくつか挙げましたが、一番安心して与えることができるのが水道水(または軟水のミネラルウォーター)です。水ばかりではかわいそうだと、色々な物を与えたい気持ちになりますが、犬にとっては必要のないものです。

人間にとっては美味しくて問題のない飲み物でも、愛犬には害になるものがあるので、基本的には水道水だけを与えるのがベストだと言えるでしょう。夏の暑い時や散歩の時に水以外のものを与えたいときは、犬にとって危険がない確実に安全なものを与えるようにしましょう。また、水分補給は大切ですが、与えすぎるとお腹を壊してしまうので適量を与えるようにしましょう。

まとめ

犬が飲んでいいもの、いけないものをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?犬にとって大切な水分補給、いいものや美味しいものを与えたいという優しい飼い主さんがたくさんいるでしょうが、リスクのある飲み物もあるので、ぜひ覚えておいてください。

愛犬が隣で欲しそうな顔をしているとついつい「少しなら」と与えたい気持ちになりますが、そこはぐっとこらえてお水を与えるようにしましょう。人間用の飲み物は基本的に犬にとっては刺激が強すぎるので、どうしてもという場合は犬用の飲み物を購入するといいでしょう。適度な水分補給を心がけて、愛犬には長く健康に生きて欲しいですね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ