国産ドッグフードのおすすめって?安心安全ならこの2つをチェック!

国産ドッグフードのおすすめって?安心安全ならこの2つをチェック!

最近は国産ドッグフードよりも外国産のドッグフードの方が人気が高い傾向があります。 なぜなら外国産のドッグフードの方が安全基準が高いからです。 しかし国産のドッグフードの中にも優良なものはあります。 今回は国産ドッグフードでおすすめなものを紹介します!

国産ドッグフードはおすすめ?

国産ドッグフード

最近は国産ドッグフードよりも外国産のドッグフードの方が人気が高い傾向があります。

なぜなら外国産のドッグフードの方が安全基準が高いからです。しかし国産のドッグフードの中にも優良なものはあります。

外国産同様に安全かつ安心して購入して愛犬に与えることができるお薦めのドッグフードがあるんです。

では今回は国産のドッグフードのメリットやデメリット、選ぶポイントやおすすめのドッグフードを紹介したいと思います。

ドッグフード選びの参考にされてくださいね。

国産のドッグフードのメリット&デメリット

merit&demerit

外国産のドッグフードのほうが安全と思われる方が多いようですが、国産のドッグフードにも利点はあります。

しかし安全基準が緩いため心配な点があるのも事実です。

では国産ドッグフードのメリットとデメリットを見てみましょう。

国産のドッグフードのメリット

国産というブランドはどの分野にしても信頼できるという安心感が伴うのではないでしょうか。

実際に家電などでも外国産のラベルが張ってあるよりも国内での生産が成されていると事がわかると故障した時でも修理に出しやすいとか、簡単には壊れないだろうくらいの安心感を抱くことができます。

それぐらい国産というフレーズは安心できるのです。

また安心という枠組みには国産のドッグフードメーカーの工場では品質管理が徹底されているというイメージはないでしょうか。

確かにその場合がほとんどですし、ずさんな管理体制ですと遅かれ早かれ明らかになってしまうものです。

ですから製造工程に関しても安心できます。

これが海外になるとやはり日本国内レベルでの品質管理に徹している会社を見つけるのは難しいでしょう。

それだけ国産ブランドの品質に関しては信頼できるものがあるのです。

そしてこれは消費者にとってはありがたいことですが、国産のドッグフードには安く買えるものがたくさんあります。

外国から入ってくるドッグフードですとどうしても価格設定が上がってしまいがちですし、良いものが国内に入ってくることを考えるとどうしても外国産は高いというイメージや実際にその場合は少なくありません。

ですから国内のドッグフードは、もちろん高いものもあるとはいえ最初から価格設定を低くして国内で販売するメーカーも多くあります。

それで飼い主の財布のことを考えると値段設定が安いというのは大変ありがたいのではないでしょうか。

国産のドッグフードのデメリット

上記に挙げたように品質管理という点では国産がよさそうにみえます。

しかし残念ながら、栄養価、原材料で見てみると国産の方が劣っているという現状があります。

国産と外国産との比較で見てみると顕著に表れるのは国産のドッグフードは穀物がメイン原料になっていて、外国産は肉類がメインになっていることが多い点です。

なぜそうなっているのかというと穀物は安価で手に入るからです。

国内でドッグフードを安く提供しようと思う場合は、穀物類でかさ増しするドッグフードが多いといえるでしょう。

販売価格が安いので原材料にお金を掛けれないことを考えるとある程度は仕方のない事なのかもしれませんね。

そのため国産のドッグフードは安価な穀物を中心に作り、コストを下げているものが多く販売されています。

スーパーやコンビニ、量販店やホームセンターなどあらゆるところにドッグフードは置かれるようになりましたが、安く売られているドッグフードを見かけることがあるのではないでしょうか。

これらこそまさにコスト削減のために穀物中心のドッグフードであり、犬にとって本当によい食事といえるのか賛否分かれるところとなっています。

また国産のドッグフードは、添加物が多いのも一つのデメリットとなっています。

添加物は人間の間でも摂取量が多いと何らかの異変をきたすことが知られています。

ですから添加物がドッグフードに入れないようする基準が必要になりますが、国内生産では限界があり、添加物混入の国産ドッグフードが多く店頭に並んでいるといって良いでしょう。

さらに穀物中心のドッグフードになっているので、嗜好性が低くなっています。

そして肉類を入れているとしても人間が食べるものではない廃棄の肉を用いるなど、使用している肉質も良いものではないので、嗜好性が低くなっています。

さらに悪いことに、緩い基準でドッグフードが生産されるために化学調味料や香料といったものが多く使われる傾向があります。

なぜそうした科学調味料を用いるのかというと、風味をつけてるためです。

風味が良ければ購買意欲が高まりますし、犬にとっても食いつきがよくなって飼い主もこのドッグフードは食べてくれるのでリピートしようとなります。

つまり嗜好性を高めているわけです。

しかしこうした香料や化学調味料はガンの原因になることが良く知られています。

人間でさえそうした物質を体内に取り入れることを警戒しているのに愛犬ならなおさら決して与えたくはないと思うのではないでしょうか。

また問題になっているのは着色料です。

こちらも食欲を沸き立たせる色をつけることで飼い主の購買意欲を高めます。

当然ながら色味のない濃い色や食欲を沸き立たせない色味のドッグフードでは誰も飼ってくれないわけです。

色味もカラフルな方がおいしそうに思ってもらえるのではないでしょうか。

しかし皮肉なことに犬は色で食事を選んでいるわけではありません。

犬には色は関係ないのですからドッグフードにおいしそうな色がいれられているというのは明らかに飼い主をターゲットにしているといえるでしょう。

まずは飼い主がドッグフードを飼ってくれないと確かに意味はありませんよね。

しかしこうした着色料は外国では食品添加が禁止されているものもあります。

なぜなら発がん性やアレルギーの原因となるからです。

研究結果においてこうした弊害が生じることが認められているので外国では用いることが無いよう、はっきりと禁止にしているのですね。

このような合成着色料や香料といった添加物が国産では多く使われています。

残念ながら国産ドッグフードのウィークポイントはこうした添加物といって良いでしょう。

国産ドッグフードの選ぶポイントは?

このように国産のドッグフードのメリットとデメリットを見てきました。

国産のドッグフードにはあまり魅力がないように思えるかもしれませんが、中には安心して与えることができるドッグフードもあります!

では国産ドッグフードの場合、どんなことを意識して選んだらよいでしょうか?

ポイントは3つです。

・「第一原材料が肉や魚であること」 ・「無添加のもの」 ・「ヒューマングレードのもの」

では詳しく見ていきましょう。

第一原材料が肉や魚であること

肉

上記でも紹介したように、国産のドッグフードは穀物がメインのものがほとんどです。

穀物メインにすれば安く生産できるため、コストダウンできるからです。

本来肉食動物である犬は穀物の消化を苦手とします。

消化吸収ができず消化器を弱めることがあります。

また犬にとって穀物は栄養がほとんどないといってもいいでしょう。

さらにトウモロコシや小麦、大豆といった穀物にアレルギーを持つ犬は多くいます。

継続的に摂取することでアレルギーを起こすこともあります。

そんな理由から穀物メインのドッグフードは避けてください。

原材料欄の一番上に肉か魚が記載されているものを選ぶようにしましょう。

原材料欄は多く使用している原材料順に記載します。

ですから一番上に出てくるものをメインにしているということになります。

一番最初に肉や魚が出てくれば、そのドッグフードは肉や魚を中心にしたドッグフードということになるのです。

肉や魚は犬が一番必要とする栄養素のたんぱく質の宝庫です。

ですから肉や魚中心のものを選ぶようにしましょう。

無添加のもの

abstract color splash isolated on white background

国産のドッグフードを選ぶ際は不要な添加物のないものを選んでください。

特に見てほしいのは着色料と香料です。

原材料欄に「赤色2号」「赤色40号」「青色2号」などとあったら要注意です。

これらの合成着色料はタール系の着色料で、石油から作られた着色料です。

石油から作られていると想像しただけでも体にいいとは言えないのではないでしょうか?

これら着色料は海外では使用禁止になっているものもあります。

しかし日本では使用が許可されているため、国産のドッグフードには着色料が多く見られます。

しかし動物実験では赤血球の減少、発がん性、アレルギーの危険性、けいれんの恐れ、肝臓や腎臓への悪影響などがわかっています。

こんな危険な着色料がたっぷりのドッグフードを愛犬に与えたいと思いますか?

犬にとっては百害あって一利なしです。

また風味をよくするための香料も、原料が良かったら必要ないものなのです。

粗悪な原料を使うので嗜好性を高めるために香料を使用します。

しかし長期的に香料、化学調味料を取っていると健康被害が出てきます。

合成甘味料などは人間への使用が認められていないものやおう吐、腎臓機能に影響を与えるものがあります。

合成酸化防止剤も含まれていない方が好ましいでしょう。

ハーブ

しかし、酸化防止剤を使用しないと油分を含むドッグフードはすぐに傷んでしまいますね。

ドッグフードメーカーはどうしているのでしょうか?

天然由来の酸化防止剤を使用しています。

ミックストコフェロール(ビタミンE)、ローズマリー抽出物といったものです。

ですから原材料欄に酸化防止剤としてこれら天然由来のものが記載されていれば安心でしょう。

しかし合成酸化防止剤、また着色料、香料など余計な添加物は含まれていないものを選ぶようにしてくださいね。

ヒューマングレードのもの

Cute boy feeding pug at table in kitchen

ヒューマングレードとは、人間が食べられるレベルの食材という意味です。

残念なことですが、安いドッグフードはコストを下げるために粗悪な原材料を使用しています。

質の悪い肉や肉副産物を使用していることがあります。

質の悪い肉には4Dともいわれている「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseasd=病気である」のことです。

つまり人間が食べない肉が含まれているす。

ガンなどで死にかけの家畜や事故で死んだ家畜などが含まれていることがあります。

肉副産物とは、食肉用として取り除いた残りの部分のことです。

つまり鶏のとさか、頭、くちばし、羽根、骨や血液、ひづめ、糞尿などです。

これら粗悪な肉を粉砕して使用します。

消化や吸収が悪くアレルギーを起こすこともあるでしょう。

そんな粗悪な材料でできたフードを愛犬に与えたいと思いますか?

もちろん答えはノーですよね。

ヒューマングレードでない材料は非常にあいまいな表現をしています。

例えば「肉類」です。

そのあとにチキンやターキーなどあっても「他」と記載されていたら、これはもう何の肉を使っているかわかりませんね。

他には「ミートミール」「チキンパウダー」「肉副産物」「動物性油脂」などです。

動物性油脂という表示も危険です。

動物性油脂の作り方は死んだ家畜や廃棄にする肉等を粉砕し高温処理して動物性油脂を取ります。

ですから何の肉を使っているか全くわからないうえに、危険な肉を使っている可能性もあるのです。

もしかしたら病気で死んだ家畜や腐った肉を使用している可能性も考えられます。

このような質の悪い肉からとった脂ですから、腐りやすいのも当然です。

ということは腐らないように強力な酸化防止剤を使用するようになるわけです。

製品表示のココに注目!

Indoor shot of astonished Caucasian female notices danger in front, stares with bugged eyes, opens mouth widely, keeps hands on cheeks, isolated over yellow background. Omg, its just dreadful!

危険度が高い添加物が合成酸化防止剤です。

酸化防止剤はドッグフードの酸化やカビを防ぎ、長期保存できるようにします。

ドッグフードには欠かせなさそうですが、犬に悪影響を及ぼす可能性が高い添加物です。

絶対に避けてほしい酸化防止剤は

・「ブチルヒドロキシアニソール(BHA)」

・「ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)」

・「エトキシキン」

です。

BHAはガソリンの酸化防止剤

一時期は人間の食品にも使用されていましたが、動物実験の結果、発がん性、歩行障害、呼吸困難などの危険性が見つかりました。

そのため、現在は人間が食べる食品への使用が制限されています。

しかしいまだにドッグフードへの使用は認められていて犬が食べる危険性が引き続き生じています。

とはいえ国内の法律でも安全法の基準を満たしていることが前提ですので何でもかんでもかまわないとなっていることは間違いありません。

BHTも石油用の抗酸化剤

1940年代から使用されるようになり1954年から日本においても食品添加物として認められました。

しかしガンを誘発する物質であることが広く認められるようになり限定的な使用が認められるだけになっています。

人間が食べるものの中でも魚介冷凍品やガムなどに用いられています。

このように人間用の食品添加物として最初に使用が許可されましたが、のちに発がん性が認められ、現在では使用が制限されています。

しかしなぜかやはりドッグフードへの使用は認められています。

これは日本におけるペットフード安全法に定められている基準を満たしていれば使用は認めるというものです。

エトキシキンは劇薬!?

ゴムの固定剤として開発され除草剤や駆除剤の酸化防止剤として使用されている非常に強力な酸化防止剤です。

過去にはベトナム戦争時代アメリカ軍が枯葉剤の酸化防止剤として使用した歴史があります。

劇薬であることがわかるでしょう。

大変危険な酸化防止剤ですので、日本では使用が認められたことはありません。

しかし外国では安価で効果があることからドッグフードに使用しているものもあります。

日常的な摂取で皮膚炎や発がんのおそれがあります。

国産ドッグフードで安全安心なのはこの3つ!

この安心・安全のおすすめ国産ドッグフードを選ぶ際は、原材料をよく見る必要があります。

肉や魚がメインであること、不要な添加物は使用していないこと、粗悪な原材料を使用していないことです。

これらを踏まえて、国産のドッグフードでも安心・安全のおすすめはあるのでしょうか?

もちろん犬の健康を考えたおすすめのドッグフードはあります。

それは「ナチュロル」「ドットわん」「プリモ」の2つです。

では詳しく紹介していきたいと思います。

ナチュロルがおすすめな理由

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ナチュロルがおススメなのは何といってもグレインフリー(穀物不使用)なのと、食品添加物が含まれていないことでしょう。

国内においてこれだけのドッグフードを提供しているのはナチュロルくらいだといえます。

また栄養も豊富に含まれていますし、シニアなどの体調管理が難しくなってきている年齢の愛犬や下痢をしやすい愛犬にはぜひ一度試してみてほしいドッグフードです。

穀物不使用

国産ドッグフードの中でも唯一の穀物を一切使っていない不使用のドッグフードになります。

しかも食材も人間が食べられるものを使用していますので大変安全で安心できます。

国内の穀物不使用のドッグフードを探しているのならナチュロルを迷わず選ぶと良いでしょう。

無添加

ナチュロルは獣医とペット栄養士が共同で開発したドッグフードであるため無添加にこだわっています。

国産のドッグフードでは無添加のものは稀ですのでナチュロルは大変珍しい製品といえるでしょう。

しかも単に無添加というだけでなく原材料は高品質なものなので愛犬に安全な食材を安心して与えることができるんです。

安定・持続型ビタミンC を配合

安定・持続型ビタミンCが1000mg/kg含まれているのでビタミンが不足している愛犬に与えたいドッグフードといえるでしょう。

安定持続のビタミンCでもあるので高濃度のこのビタミンから十分に取り入れて慢性的なビタミン不足から脱却することができるでしょう。

価格評価は?

公式サイトでは通常価格が850g×2(1.7kg)で税抜き6'000円となっています。

しかしキャンペーンがなされており、二回目以降の注文を税抜きで4'980円という価格で提供してくれています。

期間限定ではあるものの100円モニターなるものも用意されていますのでまずは試してみたい飼い主様にはぴったりのキャンペーンといえるでしょう。

しかも無添加で穀物も不使用となればそれなりの値段は覚悟しなければならないものですが、国産なのに高すぎない設定になっているので総合的な評価は高いとみてよいでしょう。

ドットわんがおすすめな理由

ドッグフード『ドットわん』

野菜や穀物など日本各地から確かな品質の食材を調達。「茹でる」「炊く」などの下調理をした後、食材の栄養素を壊さぬよう、低温でじっくり乾燥させました。だしのような香りに、サラリとした手触り。食材そのままを活かした、やさしい味わいのドライフードです。

ドットわんはすべて国産の原材料を使用したドッグフードです。

自然食にこだわっています。

ドットわんはドッグフードはただの空腹を満たすだけの犬のエサではなく、健康な体つくりに欠かすことができない食事と考えています。

余計な添加物を使用していない

そこでドットわんは不要な加工や添加物は一切行っていません。

食材そのものの栄養を引き立てています。

食材自体に栄養素がたっぷり詰まっているからです。

添加物の使用は犬が本来持っている抵抗力、免疫力等を弱めてしまい、病気やアレルギーになりやすくなります。

ですからドットわんでは余計な添加物は一切使用せず、食材から栄養がしっかりとれるように原料から加工、包材までこだわっています。

こだわり食材を使用

食材自体にはどんなこだわりがあるでしょうか?

ドットわんではほとんどすべての食材を産地から直接仕入れています。

直接産地に行き、食材の特徴やこだわりを実際に目にします。

こうして最高の品質の食材のみを使用してフードを作っています。

そんなこだわり食材の一つが「トキワの豚」です。

岩手山麓のきれいな空気と水で育てられた豚は、赤みが多くしっかりした肉質の上質な豚です。

他にも、独自の天然飼料を組み合わせ健康的に育てたコクのある伊勢赤どり、その日に出す分しかさばかない鮮度の高い朝びき鶏があります。

その他の野菜や果物などすべて国産にこだわっています。

原材料欄にはすべて産地が表示されています。1カ所に限定できないものに関しては「国産」と表示されています。

酸化防止剤は天然由来のもののみを使用しているので、安心です。

そんな原材料にこだわったドットわんの原材料を見てみると、一番最初に玄米と出てきます。

次が鶏肉、ポークエキスとなっています。

穀物が主原料というところは気になります。

しかしその他の原材料で気になるものはほとんどありません。

原材料にこだわり、新鮮なもののみを使用していますし、危険な添加物も使用していない点は高評価といえます。

主原料の穀物も玄米ですから、アレルギーが出にくい食材ですし、消化率が高く栄養価も高いのでそこまで心配しなくても大丈夫かもしれませんね。

かわいいパッケージが特徴です。

安くお試しパックが買えるので、食いつきを見るのにぴったりですね。

価格評価は?

公式サイトでは3kgで9'914円になります。

しかも有名な楽天やAmazonといった通販サイトでも値段設定は一緒になっています。

決して安い商品ではありませんが無添加であることを考えると高品質のドッグフードといえます。

そのため様々なたんぱく質を取り入れたいと考えている飼い主にしてみれば決して高い買い物とはならないでしょう。

プリモがおすすめな理由

ドッグフード【プリモ】

生肉をミンチにし穀物に練り込み、時間をかけ低温で発泡させないで製造したプリモのドッグフードは自然派総合栄養食です。

プリモは新鮮・国産・無添加のドッグフードで、生食に限りなく近い食事がコンセプトになっており、全部で6種類の肉をブレンドして生産されています。

そしてプリモのこだわりは「愛菜食に最も近いドライフード」です。

愛犬の健康を考えた肉中心の生食を。という思いから作られました。

生肉を50%使用

生肉を50%以上使用しています。

本来肉食動物である犬のために主原料を動物性たんぱく質とするため生肉をたっぷり使用しています。

使用する肉は国産の牛肉、鶏肉、南米産の馬肉、魚(ホキ、メルルーサ)などです。犬にとって良いものを選んでいます。

低温低圧で調理することで、素材の持つ栄養素やうまみをこわさず、ドライフードを作っています。

フレッシュなオイル使用で保存料不使用

さらに食材は生鮮品を仕入れて手作業に近い形で製造しています。

酸価ゼロのフレッシュなオイルを使うことで酸化を防ぎ、保存料を不要にしています。

ですからBHT、BHA、エトキシキンといった合成酸化防止剤を使用することなく、防腐剤、抗カビ剤、着色料などの食品添加物も一切使用せずに作っています。

愛犬の健康をなによりも考えたドッグフードです。

嗜好性の高さ

なんといってもプリモは生肉を50%以上使用しているので、動物性たんぱく質が豊富で嗜好性も高いのが特徴です。

製造方法にもこだわっているので、栄養も失わず、うまみもそのままという、なんともうれしいドッグフードですね。

穀物も玄米粉や大麦全粒粉も使用されていますが、量が多くないですしアレルギーを起こしにくい食材ですのでそこまで気にしなくてもいいかもしれません。

添加物を使用していないため、日持ちがしにくいため、保存方法には工夫が必要です。

価格評価は?

参考価格は3kgで税抜き4'204円となっています。

単純に計算して一日当たり129円となりますのでそれほど高いドッグフードではないでしょう。

また一度に沢山購入すればさらに安くなるでしょうし、実際の販売価格はさらに下がる可能性がありますので価格評価は良いと判断できます。

まとめ

jack russel puppy with food isolated on white

今回は国産のドッグフードについて見てみました。

国産のドッグフードは海外のものに比べて安全基準が緩いため、栄養価や添加物の心配があります。

しかし品質管理が徹底しているのでそこは高く評価すべき点ですね。

外国産のドッグフードの方が栄養価や安全基準といった面では人気が高いですが、国産のドッグフードでも質の良いものはあります。

今回紹介した「ナチュロル」「ドットわん」「プリモ」は国産にこだわっていたり、無添加にこだわっています。

愛犬の健康を考えたドッグフードといえるのではないでしょうか?

外国産のものは輸入になるので、製造から手元に届くまで時間がかかりますから保存料を使用していないドッグフードの場合日持ちが気になりますね。

その点国産でしたら製造から手元に届くまでも早いので賞味期限をそこまで気にする必要もないかもしれません。

ぜひ国産のドッグフードが気になる方は今回紹介した情報を参考にして、愛犬にあったドッグフードやおやつを選んでみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ