初めて犬を飼う人は必見!ドッグフードの種類・特徴をしっかり学ぼう!

はじめて犬を飼う方はまず食事についてしっかり抑えておきましょう。プレミアムドッグフードから比較的手頃な価格のドッグフードまで様々な種類がありますが、ワンちゃんの健康をしっかり守るには犬種や年齢、日頃の様子にあわせて適切なフードを食べさせてあげるのが愛情です。

愛犬のドッグフード選び

ドッグフードのの特徴と種類

初めて犬を飼うことになったら、準備するものがたくさんあります。その中の一つに「ドッグフード」をあげることができるのではないでしょうか?愛犬の成長に欠かすことができない大切なものです。しかし一言にドッグフードといってもたくさん種類があります。動物病院やペットショップではもちろんのこと、スーパーやホームセンターにもたくさんのドッグフードが売られています。手ごろな値段のものから東急なドッグフードまでたくさんあり、どれを選んだらよいのかわからない・・・と思っている飼い主さんは多いことでしょう。 ではあなたの愛犬にはどんなドッグフードが選んだらよいのか、ドッグフードの種類や特徴を見ていきたいと思います。ドッグフード選びの参考にされてください。

犬が必要な栄養素

犬が必要な栄養素は人間と同じく、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水です。しかし犬は肉食性が強いため栄養素の比率が人間とは異なります。人間と同じものを与えていると栄養バランスが偏ってきて、将来病気になることもあります。ですから犬には犬の栄養を考えたドッグフードを与えることが望ましいといえるのです。 多くのドッグフードは犬に必要な栄養素がバランスよく含まれています。主にどんな成分が含まれているのでしょうか?

炭水化物

犬が元気に動くエネルギーとなる大切な栄養素です。筋肉を動かしたり体温を調整するのに役立ちます。 しかし犬は糖質の分解が得意ではないので、多く摂取する必要はありません。また穀物由来の炭水化物は消化が難しいため、からだに負担となってしまいます。アレルギーの原因ともなります。

タンパク質

身体を作る基礎となる栄養素です。主に血液や筋肉、臓器や皮膚を作ります。ですからたんぱく質はしっかりとる必要があるのです。 タンパク質には2種類あります。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質です。犬は元々肉食動物ですから、植物性たんぱく質は吸収分解することができません。ですから動物性たんぱく質を含むドッグフードを選ぶようにしましょう。動物性タンパク質とは鶏肉や魚、卵などです。

脂肪

脂肪はエネルギーはもちろん、体温維持や臓器の保護、皮膚や被毛の健康維持など大切な役割があります。

ビタミン

目、歯、骨などの健康を維持させます。ビタミンが不足すると貧血を起こしたり、運動機能障害を起こすこともあります。 犬が必要なビタミンは14種類あるといわれています。ビタミンには2種類あって水溶性ビタミンは、水分に溶けるためたくさん取ると過剰分は尿と一緒に排出され、毎日補給する必要があります。犬が必要な水溶性ビタミンには、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B9、B12、ビタミンC、ビオチン、コリン、葉酸があります。 もう一つは脂溶性ビタミンです。脂溶性ビタミンは水溶性ビタミンと違って体内に蓄積されるため、摂取しすぎると消化できずに吐いてしまうことがあります。ですからバランスを考える必要があるといえます。犬が必要な脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあります。

ミネラル

筋肉や神経の働きを整えます。ミネラルにはカルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、鉄、亜鉛があります。

ドッグフードの原材料

犬が必要な栄養素やドッグフードに含まれている栄養素を見てきましたが、実際ドッグフードにはどんな原材料が使われているのでしょうか?それらの原材料はいったいどういうものなのかみてみたいと思います。 ドッグフードの成分表は上から原材料の多いものが記載されているので、ぜひ参考にしてみてください。

タンパク質として肉・ミートが使われています。上記でも述べましたが元々肉食動物の犬は植物性たんぱく質は消化吸収はできません。ですから動物性たんぱく質を含むドッグフードが望ましいといえます。牛肉、鶏肉、ラム肉といった動物性たんぱく質が記載されていると安心して愛犬に与えることができますね。

肉副産物

肉副産物とは、食用に加工されたときに残った部分の物を言います。例えば臓器や脳、骨、血液などです。食用の肉よりも安く手に入るため、これらの肉副産物を使用しているドッグフードはたくさんあります。

肉粉

肉粉とはミートミールとも呼ばれますが、肉副産物に加え毛やひづめ、歯、糞などを粉状に精製して脂肪分を取り除いたものを言います。中には動物の死骸や病気の動物なども含まれていることがあります。愛犬のことを考えたらけっして与えたくない物の一つですね。

動物性油脂

特にドライタイプのドッグフードの加工後に追加する脂肪分です。この動物性油脂はピンからキリです。オーガニックなものから化学物質、病気や事故で死んだ動物の肉骨粉から抽出したものまであります。

穀物

トウモロコシ、イネ、麦、あわ、豆といった穀物です。上記でも述べましたが肉食動物の犬はこれら穀物(植物性たんぱく質)は消化することができません。消化できない植物性たんぱく質は体内に蓄積され続けます。そして結果的にはアレルギーになったり病気になることがあるのです。 なぜそんな犬に不要なものを使用するのでしょうか?これらはドッグフードのかさ増しに使われています。そして肉よりも安く炭水化物が取れるからです。

脂肪

臓器の保護、皮膚や被毛の健康維持、エネルギー源に欠かせない成分です。 質の高い脂肪は鶏油、鶏レバー油、ラム製製油、サーモン油、ニシン油などがあります。何の脂肪なのか明らかにしていると安心ですね。ただ「動物性脂肪」「動物性油脂」と死か記載していないと、いったい何の脂肪なのかわかりませんし、酸化防止剤などの添加物が含まれている可能性が非常に高くなります。

添加物

保存料や着色料、香料といったものがあります。長く保存させるためには保存料は欠かせませんし、犬が好む嗜好性の高いフードにするためには香料が欠かせません。しかしこういった添加物には発がん性リスクがあったり、病気を引き起こす原因ともなっています。 中には天然由来のものもあり、天然に存在する物質で添加物の働きをするものもあります。そういったものでしたら体に優しいので、安心してあたえることができます。例えば酸化防止剤でしたら「ローズマリー抽出油」「ビタミンE 」などがあります。

ダイジェスト

ダイジェストとは嗜好性を高めるためのフレーバーとして表面にスプレーする「加水分解物」ともいわれています。うまみ成分を得るため肉のたんぱく質や脂肪を半消化状態にしたものですが、生成方法は食肉加工の廃棄部分に水と薬品を加えて作ります。酸化しないように酸化防止剤も入れます。ですから愛犬の健康を考えたらあまり好ましいものとは言えませんね。

ビートパルプ

テンサイから糖分を搾り取った後の繊維質のことです。 テンサイから砂糖を絞りだすとき、時間とコスト削減のために薬剤を使って処理することがあります。ビートパルプにはこの薬剤が残っている可能性があるため、安全なものとは言い難いですね。またビートパルプにはウンチを必要以上に固めたり、大きくする作用があるので、うんちから健康状態を知ることが難しくなります。また必要以上に固くなったウンチによって便秘になることもあります。

ドッグフードの種類

ここまでドッグフードの栄養素はや実際に含まれている原料を見てきましたが、ここからはドッグフードの種類について見てみましょう。 ドッグフードは大きく分けて2種類あります。一つは「ドライタイプ」もう一つは「ウェットタイプ」です。さらに細かく分けると、ドライタイプとソフトドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプです。 ではそれぞれの特徴を見てみましょう。

ドライタイプ

ドッグフードと聞いてまず思い浮かべるのはこのタイプのドッグフードでしょう。よく「カリカリ」とも呼ばれる水分含有量10%以下のドッグフードです。たくさん入っていて比較的安いため経済的でもあります。 このタイプのドッグフードの特徴は、水分量が少ないため固い固形状で、しっかり加熱されているため長期保存が可能です。保存に便利と言えます。固くて歯ごたえがあるため、ドライタイプのドッグフードを食べていると犬のあごの力が鍛えることができます。ふだんの食事であごの運動ができてしまうのです。また硬いドライタイプのフードは歯石予防にもなります。歯石がたまってしまうとそこから歯周病、歯肉炎と発展し後には食事がうまく取れずに痩せて、健康を害してしまいます。ドライタイプのドッグフードはこういったお口の病気の原因となる歯石予防をすることができるのです。 ドライタイプのエサを与えるときの注意点は、フード自体に水分がないので、新鮮な水も一緒に与えるようにしましょう。

ソフトドライタイプ

ソフトドライタイプは水分量が25〜30%ほど含まれたフードのことを言います。水分量がある分比較的柔らかめで乾燥していません。いわゆる半生タイプのドッグフードです。 水分量が多いということは腐りやすいというデメリットがあるといえます。そこでこれらソフトドライタイプのフードには防腐剤などの添加物が多く含まれています。愛犬の健康を考える方はこのことを念頭に入れておいてください。そして日持ちが悪いため賞味期限は必ずチェクするようにしましょう。 しかし水分量が多い分、柔らかくて食べやすいため歯の力がまだ弱い子犬や、あごの力が弱ってしまったシニア犬向けと言えるでしょう。また水分量が多いと香りが増すため、犬のし好性が高くなります。食欲の少ない犬でも食べやすいようにできています。食感もより肉に近くなるのでソフトドライタイプのフードを好む犬は多くいます。 栄養価が高いので、与えすぎて肥満にならないように注意する必要があります。

セミモイストタイプ

セミモイストタイプのドッグフードもソフトドライタイプと同じく、水分量が25〜35%程度となっています。ソフトドライタイプとほぼ同じと考えてよいでしょう。ソフトドライタイプとの違いは、セミモイストタイプのフードは混ぜ合わせた材料を押し出し機で形を整えて製造するという点です。セミモイストタイプの代表といえば「ジャーキー」です。 嗜好性の高いものが多く、犬が喜んで食べます。セミモイストタイプのフードばかり与えていると、ドライ対応のカリカリを食べなくなってしまう可能性があるので、注意してください。そしてこちらも水分量が多いため防腐剤が使用されていたり、しっとり保つための湿潤調整剤が使われています。ですから所食として与えるのではなく、あくまでおやつや食欲がない時二与える程度にすると良いでしょう。

ウェットタイプ

ウェットタイプのドッグフードは水分量が75%ほどのフードです。缶詰やチルドパックに入っているものがほとんどです。 ウェットタイプのドッグフードは肉や魚をペースト状にしているので、ウェットタイプのフードが好きな犬は多く、食べやすくておいしくできています。栄養バランスが考えられており、中には人間が食べるような高級食材を使っているウェットタイプのフードもあります。 ウェットタイプのドッグフードは水分量が多いため日持ちしません。開封後はすぐに食べる必要があります。またドライタイプのフードに比べると高価ですので経済的に優しくありません。またウェットタイプばかり食べていると、あごの力が弱くなりますし、カリカリのような歯石予防の効果もありません。 しかし年齢から食欲が落ちてしまった、あごの力が弱くなってしまったシニア犬や、食欲がない時などには食べやすいのでうまく使うと良いでしょう。ドライタイプとウェットタイプを混ぜるなどの工夫ができるかもしれませんね。

ライフステージごとにドッグフードを変える

ドッグフードの種類と特徴

ドッグフードにもいくつかの種類があることを見てきました。そしてそれぞれのドッグフードにも特徴がありますね。それら特徴を生かして、犬の成長に合わせてドッグフードを変えていくことができます。ではどのように変えていくことができるでしょうか?

子犬期 哺乳期〜離乳期

生後4週までは哺乳期です。犬の母乳成分をもとにした粉ミルクや液状ミルクを与えます。 哺乳期が終わってから離乳期に入ります。大体生後8週ころまでです。この時期はまだ固いものを食べることができませんので、缶詰等のウェットタイプのフードが望ましいでしょう。粉末状やフレーク状のものをペースト状にして与えることもできます。

成長期

生後8週ころから約1歳くらいまでを成長期と言います。この時期は成長期ですので、たくさんのカロリーが必要です。たんぱく質の多い高カロリーの子犬用のドッグフードが良いでしょう。生後2か月くらいまではあごや歯が成長段階ですので、ドライタイプを水でふやかして与えると良いでしょう。その後徐々にドライタイプのフードに移行することができます。ドライフードにすればあごを鍛えることができますし、乳歯が抜ける助けもしてくれます。乳歯がきちんと抜ければその後の永久歯もきちんと生えてきます。

成犬期

1歳から6歳くらいまでを成犬期と言います。生後1年くらいから成犬期のフードに替えるようしましょう。子犬用のフードは栄養価が高いので、いつまでも子犬用のフードを与えていると栄養の取りすぎで肥満になることがあります。この時期の食事はその後の健康に影響を与えるので、なるべく高品質のものを選ぶようにしてくださいね。

高齢期

7歳ころから高齢期に入ってきます。高齢期に入ると運動量が減るので、今まで通りのフードの与え方をしていると肥満になる可能性があります。またあごの力も弱くなり、歯も悪くなって今まで普通に食べることができていたドライタイプのフードも食べにくくなってくるかもしれません。また食欲も低下してくるので、ドライタイプは食べなくなってくるかもしれません。 そんな時はウェットタイプのフードがおすすめです。水分が多く含まれているため柔らかいので食べやすいでしょう。また嗜好性が高いので食欲をそそるかもしれません。

妊娠・授乳期

犬は数匹の赤ちゃんを妊娠しますのでたくさん栄養が必要です。授乳期も母乳を与えなければいけないので栄養が必要です。つまり妊娠・授乳期はたくさんの栄養が必要ですので、高カロリーのドッグフードが必要になります。特に授乳期は母乳でカルシウムをしょうひしますから、カルシウムを積極的にとれるようなフードを選びましょう。

まとめ

愛犬の成長に欠かすことができないのがドッグフードです。しかしドッグフードと一言で言ってもその種類は様々です。成長に合わせたドッグフードの選び方もあります。愛犬のその時の体長に合わせた選び方もあります。あまり食欲がないような時、水を飲みたがらない時などはウェットタイプのフード。健康な時はドライタイプといったようにつかいわけることができるでしょう。 ぜひここで紹介したドッグフードの種類や特徴を参考に選んでくださいね。