ワクチンで防げる犬の病気。副作用などは大丈夫なの?

ワクチンで防げる犬の病気。副作用などは大丈夫なの?

いつまでも健康でいてほしい愛犬。病気の予防として、ワクチンを打つことができます。痛いのは嫌いですが、それでも大病はある程度予防できます。どんな病気を防げるのでしょうか?ワクチンによる副作用はないのでしょうか?ワクチンにはどんなものがあるのでしょう???

ワクチンとは

犬のワクチン

毒性を無くしたり弱めたりした病原体のことで、それを体内に入れることにより体内に抗体を作り、感染病にかかった時に病状を軽くすることができます。

不活化ワクチンと生ワクチンとがあります。

不活化ワクチンは死んだウイルス、細菌、リケッチアなどを使用したワクチンで副反応がでにくいですが、、免疫力持続期間が短く1年程度です。

生ワクチンは毒性を弱めた微生物やウイルスを使用したワクチンで、副反応が高く、免疫力持続期間が長く3年から一生持つものもあります。

ワクチンで予防できる病気

犬にワクチンを

狂犬病、イヌ伝染性肝炎、コロナウイルス感染症、ジステンパーウィルス感染症、ケンネルコフ、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症、犬伝染性喉頭気管炎、コロナウィルス感染症、犬伝染性喉頭気管炎、犬パラインフルエンザウィルス感染症

接種を義務化されているワクチン

ワクチンの義務

狂犬病ワクチンは狂犬病予防法によって義務化されているワクチンですので、必ず接種しなければなりません。接種しない場合は、処分の対象となってしまします。

この病気は犬だけでなく、人間にも感染するという恐ろしい病気です。致死率が100%なので、狂犬病予防法を制定し、1975年以降日本では狂犬病の病気の発生がありません。

しかし他国ではこの病気の感染により5万人者人たちがなくなっています。このワクチンにより、愛犬も私たち人間もこの病気から保護されているのはありがたいことです。

接種時期は、毎年はがきなどで集団接種の通知がきますので、それに記入されている場所で接種することができます。または動物病院などでも接種できます。

任意のワクチン

狂犬病以外は任意ですが、愛犬の病気による苦痛を軽減するために接種していたほうがいいと思われます。

どのワクチンが必要なのかは犬の種類によっても違いますので、獣医さんと相談して決めた方がよさそうです。

混合ワクチンというものもあります。感染症や致死率の高い病気や副反応が軽かったりするワクチンを組み合わせたものです。このワクチンは比較的多く接種されています。

副作用

子犬とワクチン

やはりワクチンといえ、異物を入れているので、副作用はあります。注射箇所には、腫れ、痛み、脱毛という副作用がみられます。

そのほかにも、食欲がなくなる、微熱、リンパの腫れ、肉芽腫、虚血性病変、神経炎、関節炎、発作、呼吸の変化、貧血、過敏症、じんましん、血小板減少、アナフィラキシーショックなどの副作用が見られる場合もあります。

小型犬ですと、複数のワクチンを一度に打つと3日以内に副作用が出てることが多いとされているようです。

また接種後は、すぐに移動したりするのではなく、30分程度病院内や近くにいると、副作用が出た場合にすぐ対処できます。接種後24時間は運動、シャンプーは避けて安静にしておきましょう。

ワクチンを接種した際にはどんな副作用が出たのか記録しておくと、次回の接種時の副作用の軽減につながります。アナフィラキシーショックの副作用が出てしまった場合は、その同じワクチンは使うことが出来ないので、ワクチン名も記録しておく必要があります。

ワクチンを打ったので必ずかからないというものではありません。ワクチンにより感染病にかかった時にも、重病にならずに済みますが、副作用についてもよく理解しておくことがわかります。

どれだけの頻度で接種するかも、一般的に勧められている接種回数と愛犬に必要な接種回数は変わってくることがあるので、よく愛犬を知ってくれている獣医さんに相談して決めていくことが大切です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事