ロータスグレインフリーフィッシュレシピってどうなの?ドッグフードの評判をチェック

ロータスグレインフリーフィッシュレシピってどうなの?ドッグフードの評判をチェック

オーブンで素材のうまみを活かして焼き上げるドッグフードがロータスです。センスのいいパッケージからしても素材に対するこだわりが感じ取れます。ヒューマングレードのロータスドッグフードについて詳しく調べましょう。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピについて

LOTUS グレインフリー フィッシュレシピ 小粒 800g(ロータス)

ヒューマングレードのドッグフードと呼ばれるように厳選されて素材を配合しています

カナダ産のドッグフードロータスは、私たち人間と同じ食材を使用しています。

ヒューマングレードのドッグフードと呼ばれるように厳選されて素材を配合しています。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピの原材料と特徴について取り上げます。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピの原材料

ロータスグレインフリーフリーフィッシュレシピの原材料をみてみましょう。

犬の健康を維持する上で役立つどんな原料が配合されているでしょうか?

イワシ、タラ、乾燥じゃがいも、乾燥エンドウ豆、乾燥全卵、エンドウ豆繊維、タピオカ粉、大豆オイル[酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE源>、クエン酸)]、乾燥ビール酵母、リン酸ジカルシウム、さつまいも、ナトリウムリン酸塩、フラックスシード、炭酸カルシウム、海塩、サーモンオイル、オリーブオイル、人参、りんご、にんにく、ほうれん草、かぼちゃ、ブルーベリー、乾燥ケルプ(海草)、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、ビタミンE、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン(ビタミンB3)、亜セレン酸ナトリウム、パントテン酸カルシウム、イヌリン、ユッカ、アシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニトレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

原材料全般をみると、天然由来の素材が多いことが目をひきます。

具体的に材料の成分について詳しく調べてみましょう。

犬が安心して食べられる原材料

Salmon fish isolated on white without shadow

ロータスのフィッシュレシピは、主原料にイワシやタラといった魚を使用しています。

主原料以外の素材も人が食べることができるレベルの高品質なものです。

多くのペットフードに含まれる肉副産物を使用していないことも安心できる点です。

肉副産物とは、食用としての肉を除いた動物の骨、内臓、羽根、、足、頭などからできています。

当然、生肉の栄養素よりも劣ることになります。

中には4Dミートと呼ばれる病気や障害、死にかけた動物が原料として使用されることもあります。

犬の健康面で不安視されるようなものを原料に含んでいないことは安心できますね。

オーブンで焼いて製造

Empty open electric oven with hot air ventilation. New oven. Door is open and light is on

一般的なドッグフードは高圧高温で製造します。

そのためいくら高品質な材料でも熱処理する際に栄養が大量に失われていまいます。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピのこだわりは、オーブンで焼いていることです。

原材料をオーブンで焼くと栄養素が壊れにくくなり、素材そのものの品質を維持できます。

少量を摂取してもしっかりと栄養を吸収できるというメリットがあります。

犬の嗜好性も高まるので食いつきがよくなります。

栄養成分と嗜好性が高まるため、香料や脂肪などをわざわざ添加する必要はありません。

健康への害が懸念される石油由来の添加物は不使用ですから安心して与えることができます。

アレルギーの原因を排除

Cereal grains , seeds, beans on wooden background.

ロータスドッグフードは犬のアレルギーの原因となる材料を使用していません。

小麦、トウモロコシ、大豆、鶏肉などの使用を控えています。

穀物類が犬のアレルゲンとなるので、グレインフリーとしています。

保存料も安全

ドッグフードの保存料は、人工的な添加物が多いため犬の健康が心配されます。

ロータスなら天然由来の成分を使用しているから安心できます。

天然ビタミンEから作られたトコフェロールやクエン酸を使用しています。

健康維持に寄与する成分を配合

フラックスシードエキスは、重宝される亜麻仁油のことです。

アルファリノレン酸を多く含み、動脈硬化を予防し、免疫力を高めてくれます。

腸内環境を整えてくれるプロバイオティクスを配合しています。

さらにプロバイオティクスの増殖を促す物質であるプレバイオティクスも加えています。

オリーブオイルやサーモンオイル配合により、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランスよく得られます。

おかげで被毛や皮膚をよいコンディションに整えるのに役立ちます。

ミネラル成分のキレート化

原料の中に「キレート」という語がいくつか表記されています。

犬の健康に必要なミネラル成分は、そのまま簡単に体内に吸収できるわけではありません。

「キレート」とは、吸収しにくいミネラルを体に取り入れやすくするための製法です。

ミネラル成分のキレート化により、3〜10倍も吸収しやすくしています。

原材料に含めなくてよいものについて

ネギ系野菜

ロータスグレインフリーフィッシュレシピは、確かに選び抜かれた材料を使用しています。

少し残念なのは、ドッグフードとして不要な海塩とにんにくが含まれていることです。

犬は人のように汗をたくさんかくことができません。

塩分を摂り過ぎると汗で体外へ排出されにくいため、ごく少量だけで大丈夫なんです。

ドッグフードに塩分を加えると健康への影響が心配されます。

食品から得られる塩分で十分間に合うので、海塩はない方がいいでしょう。

にんにくは少量なら滋養強壮やノミ対策にもなります。

でもにんにくはユリ科でネギ属の植物で、犬が中毒症状を起こす場合があります。

確かに中毒の原因となる硫化アリルを除いたにんにくを配合しているドッグフードもあります。

硫化アリルの有無の確認ができない以上絶対に大丈夫とは言い切れません。

ロータスの配合成分について

ロータスグレインフリーフィッシュレシピに含まれる栄養成分を詳しくみてみましょう。

成分が犬の健康にどんな効果があるのかがわかります。

・粗タンパク質 25.0%以上 ・粗脂肪 14.0%以上 ・粗繊維 7.0%以下 ・粗灰分8.0%以下 ・水分10%以下

粗タンパク質について

food collage of various fresh meat and chicken, top view

犬は十分な量の動物性タンパク質を摂取しなければなりません。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質の最低基準があります。

粗タンパク質は犬なら「22.5%以上」という条件を満たす必要があります。

米国の一団体の基準ですが、十分なタンパク質が含まれるか知ることができます。

粗タンパク質が25.0%以上なのでAAFCOが設けている条件をクリアしています。

主要成分以外の配合成分についても詳しくみてみましょう。

粗脂肪について

犬の健康にとって一定量の脂肪分は必要な栄養素です。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピの粗脂肪はどれくらいでしょうか?

AAFCOはドッグフードに含まれる粗脂肪の最低基準も設けています。

粗脂肪は8.5%以上を満たすことが求められています。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピは14.0%以上なのでAAFCOの基準を満たしています。

脂肪の摂り過ぎは肥満になりますが、ある程度の量は健康に不可欠です。

ロータスの脂肪分であれば、適量なので犬の健康に寄与します。

ロータスに関する口コミ

ロータス

ロータスグレインフリーフィッシュレシピはバランスのいいドッグフードです。

実際に使用した方からのコメントも愛犬に与えるかどうか判断する上で役立ちます。

評価の良い口コミ

ロータスを犬に与えてみて良かったという肯定的な口コミをみてみましょう。

価格に見合っていて、体調不良が改善したという観察もあります。

ドッグフードの品質に対する高評価が安心できる点ですね。

涙やけも解消
トイプードルとミニピンの二頭に与えています。トイプードルの方は涙やけがましになり、ミニピンも老犬ですが、便の匂いもましになり、これよりもいいものが見つかるまでリピートするつもりです。価格も最安なので嬉しいです。
ローテに入れています
我が家の愛犬はMダックス。チキンアレルギーがあるようなので、こちらのフィッシュやラム、ダックレシピをローテしています。小粒ながら噛んで美味しそうに食べており、グレインフリーなのも安心。ちょっぴりお高いですが、可愛い愛犬の健康のためなのでリピします〜
長年愛用しています。垂れ耳犬種で胃腸が犬種的に弱く、愛犬はおなかを壊すことはほとんどありませんが、ドライフードは消化吸収率が低いようです持病は慢性の外耳炎。耳掃除に気を抜いたり、食餌の加減でもてきめんに耳の汚れにきます特にたんぱく質が魚系はどのメーカーでも相性が悪いのですが、ロータスだけは大丈夫!(まぁロータスでもチキンとラムはいまいちでしたが)たんぱく質のローテーションを考えるのにも魚系が1つは合ってよかったですw少しコストが高いのだけが難点ですが、このままのレシピで続いてくれると事を祈ります

評価の低い口コミ

ロータスを愛犬に与えてみた方から改善を望むコメントもあります。

粒の大きさが小さすぎることが気になるようですね。

グレインフリーのダックは食べられなかったのですがこちらは吐くことなく食べられています。思ったよりも小粒で…いつも大き目のフードを与えていたので一度に口に入れてしまって喉に引っかかってしまうことがあり近くで見ていないと心配です。中粒が発売になると嬉しいです。

ロータスの賞味期限

ロータスグレインフリーフィッシュレシピの賞味期限は製造から13カ月です。

酸化防止剤として、天然由来のビタミンEやローズマリー抽出物を使用しています。

開封したなら1カ月以内に食べきるようにしてください。

空気に触れると酸化が進むので、長く保管しないようにしましょう。

ロータスグレインフリーフィッシュレシピの価格

LOTUS グレインフリー フィッシュレシピ 小粒 800g(ロータス)

ヒューマングレードのドッグフードと呼ばれるように厳選されて素材を配合しています

ロータスグレインフリーフィッシュレシピ小粒

Amazonから購入できます。

1kg当たり2,500円程度となり、粒や対象年齢、メイン食材によって値段が上下する。

栄養バランスのとれたロータスグレインフリーフィッシュレシピ

ロータスグレインフリーフィッシュレシピは、犬の健康を一番に考えてつくられています。

材料はヒューマングレードでアレルギー対策のできた魚中心のグレインフリーです。

素材の栄養が失われないよう焼き上げてつくる製法は注目に値します。

この記事が気に入ったらシェア
      名無しさん

粒はとても小さめなんで、大型小型犬問わずだいじょうぶだと思います。密封されてるし、管理もしやすいです。

      名無しさん

ミニチュアダックスに与えてます。チキンはアレルギーなのでこちらを与えています。グレインフリーです。値段は少し高めですが、大切な愛犬の健康のためにリピートしています。

      名無しさん

匂いがきつくないのでおすすめです。

おすすめ記事
関連記事
人気のタグ