ラフコリーって?基礎知識とおすすめドッグフードはこれ!

映画やテレビ、アニメの主人公になる犬は、その後ペットとして人気になることが多くあります。名犬ラッシーの映画は小さいころから親しんできた映画ではないでしょうか。そのラッシーになったのはラフコリーという犬種です。今回はラフコリーについてその特徴や健康管理、おすすめのドッグフードなどを紹介します!

名犬といわれる犬種

ラフコリーの特徴やおすすめのドッグフード

映画やテレビ、アニメの主人公になる犬は、その後ペットとして人気になることが多くあります。名犬ラッシーの映画は小さいころから親しんできた映画ではないでしょうか。そのラッシーになったのはラフコリーという犬種です。

この犬種も人気になっている犬種です。このラフコリーの歴史や性格を見てみましょう。なぜ家庭犬として人気なのかわかるでしょう。

ラフコリーの歴史

ラフコリーはイギリスのスコットランド原産の犬種です。もともと牧羊犬として活躍していました。その前は2000年以上も前でローマ人が飼っていた牧羊犬が祖先となるようです。牧羊犬としてだけでなく、水難救助犬として活躍していたことも知られています。1860年代にかの有名なイギリスのビクトリア女王がコリーを気に入りスコットランドから2頭連れて帰ったようです。

この時はまだラフコリーとして知られている状態ではなく、スムースコリーだったと伝えられているようです。スムースコリーは現在数は少ないですが、牧羊犬としては最適で人気があったようです。ラフコリーとスムースコリーはもともと違う犬種でしたが、二つの犬種を交配させることに力を入れた時期があり似た容姿になり同じ犬種と間違われるほどになりました。

スムースコリーが最初は人気があったもの、スムースコリーよりラフコリーの方が性格が穏やかな為、ラフコリーが後に人気になりました。また毛色も茶色や白の毛色がそれまで犬の中で多くなかった為、人気になった理由の一つでもあります。そもそもコリーという言葉は、スコットランド語では黒い犬という意味があるようですが、今はあまりラフコリーでは見られません。しかし、昔はトライカラーやブルーマールが多くいたようです。

人気となった後にはイギリスだけでなく、アメリカにも移動し、またアメリカでも人気になりました。アメリカの住宅にも飼いやすい犬とされて裕福な人たちに飼われていましたが、名犬ラッシーの映画を通して一般家庭にも買われるようになりました。

日本でも名犬ラッシーの映画やテレビで見る機会があり、ラフコリーも人気な犬種となりました。ちなみにスムースコリーとラフコリーを合わせてスコッチコリーと呼ぶこともあり、ラフコリーは多くの人に飼われているので、略されてコリーとだけ呼ばれることもあります。それだけ人気ですし、コリーといったらラフコリーということがみんなの頭にあるほど認知されているということでしょう。

ラフコリーの体型と寿命

ラフコリーの特徴といえば、なんといっても鼻の長さではないでしょうか。すらっと伸びた大きな鼻をしていてかっこよく見えます。他には半垂れ耳を持っていたり、垂れ尾を持っているのも特徴的です。足も長くすらっとしているので走っている姿も風のように軽やかに見えます。

体高はオスで61cmから66cmほどで、メスの場合はそれより小さく56cmから61cmほどです。体重も体高が違っているのでオスの方が重く20kgから29kgほど、メスは18kgから25kgほどとされています。大型犬の分類です。小型犬より大型犬は人気が低いですが、それでも飼いやすいので大型犬の中では人気です。ただ牧羊犬として活躍していたほどに身体がしっかりしていて筋肉もあり運動が大好きですので、毎日の散歩が必要です。

被毛は綺麗な毛並みのロングコートを持っています。毛色はホワイト、ブラックアンドホワイト、セーブル、マーブルなどがあります。公認となっているのは、セーブルアンドホワイトやトライカラー、ブルーマールの3つです。たまに白いコリーで頭や身体の一部だけにこの3つのどれかが入っているラフコリーもいるようですが、それらは公認されてはいません。胸元やしっぽ、また手足に飾り毛があるのもラフコリーの特徴といえます。

ラフコリーの寿命は12歳から16歳といわれています。しかし、飼い方によって、またストレスをためない生活を送ることによって寿命は長くなります。かかりやすい病気に気を付けて生活することも寿命を伸ばすポイントとなります。

ラフコリーの性格

ラフコリーの性格は歴史の部分でもあげたように、穏やかな性格をしているのが特徴です。飼い主には従順で友好的です。賢いこともありしつけはとてもしやすい犬種だといえます。しつけだけでなく、根気よく教えることによって芸をするようになります。

陽気な性格で、我慢強いこともあり、小さい子供や他の飼っているペットたちとも仲良く遊ぶことができます。攻撃的になることもなく、初対面の人でも仲良くすることができますし、初心者でも飼いやすい犬種となっています。

しかし、敏感に状況を察知する能力もあり、繊細なところもあります。飼い主の気持ちが写ってしまったり、読み取ることでストレスを受けやすい犬種でもあります。ストレスがないような環境づくりや、よくコミュニケーションを取ることによってそれらは解消することができます。

ラフコリーのかかりやすい病気

ラフコリーは遺伝性の病気をもって生まれることがあるようです。そういった病気には対処することが難しいと思われるかもしれませんが、購入する前によく調べることによって病気に対処することができます。遺伝性の病気の多くは無理な繁殖を行ったり、きちんと管理されていない状態での飼育が原因となることがあります。

親犬がどんな状況で生活しているのか、遺伝性の病気を持っていないか確認することができるでしょう。そうすることによってラフコリーが苦しまずにすみます。また遺伝性の病気だけでなく、生活習慣からくる病気もありますので、犬に良い環境や食生活を整えてあげることによってそれらも対策を行うことができます。

ここではラフコリーがかかりやすい4つの病気を取り上げます。ではかかりやすい病気をひとつずつ見てみましょう。

皮膚病

皮膚病は人間にも多くなってきている病気ですが、犬にも大きな問題となっています。毛が多いラフコリーにとって皮膚病にかかりやすいといえますし、かかってしまうとなかなか治しにくい病気となります。治らなくて一生付き合っていかなければならないものもあります。

皮膚病といってもその中でも色々な種類のものがありますが、特に多いといわれているのが、アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎です。症状としてはかゆみがあり、なめたり、足で掻いたりします。皮膚が赤くなって、掻き過ぎて腫れあがったり、血が出てしまう犬もいます。

原因となるのは様々で、検査してわかることが多いですが、ハウスダストや花粉によるもの、ダニやノミなどの虫や菌、そして食べ物が影響して起こることもあります。もう一つの原因として甲状腺機能低下症によって皮膚病にかかっていることもあるようですので、注意が必要です。これはホルモン分泌が影響して皮膚に炎症を起こしてしまったり、脱毛することもあります。

治療としては、食事療法によるものや薬剤を投与することによって治療します。肌につけるシャンプーなどを刺激の弱いものに変えたりすることによって炎症を抑えることもします。皮膚病にならない為に、特に皮膚に触れるものは清潔にしておくことができます。

服を着せているラフコリーは服を毎回洗ったり、洗う際には刺激の弱い洗剤を使うことができます。またシャンプーが肌に合うか前もって確認したり、食器やトイレを清潔に保つことができます。室内で飼っているなら部屋もこまめに掃除したり、犬小屋も毎回掃除することができます。何より身体に入れるドッグフードからアトピーやアレルギーになってしまうことが多いですので、グルテンフリーや添加物の入っていないものを与えることにより皮膚病にならないようにすることができます。 ###膿皮症 この膿皮症は上記の皮膚病に含まれているものですが、個別で見てみましょう。皮膚病は増えていますが、特にラフコリーは繊細で気を使う犬ですから、この膿皮症に気を付ける必要があるからです。

膿皮症とは感染症の病気で、皮膚に細菌が感染することによって発症します。皮膚にはいつも菌がいますが、何かの原因でその菌が異常繁殖してしまうのです。症状は、皮膚病の部分であげた症状と同じでかゆみが強く、掻くことをやめられないほどです。また皮膚が赤くはれてしまったり、その感染した部分だけ脱毛してしまうこともあります。

感染するスピードが速く、最初は小さな点々のようなのが見られたと思っていたら、身体の色々な部分に増え広がっていることもあります。皮膚の表面で最初は感染しますが、放置すると皮膚の内部まで感染してしまうこともあるようです。

原因としては、環境の変化によって抵抗力が落ちることによって発症することがあります。敏感なラフコリーは特に環境の変化に弱いといえますし、抵抗力が落ちやすいといえる犬種でしょう。また他の病気が引き金となって発症してしまいます。その病気が皮膚病のところであげているアトピーやアレルギーが原因になったり、糖尿病や肝臓病などが原因となることもあります。

治療は他の病気が関係している場合には、その治療を先に行います。またかゆみを抑えるためにステロイドを塗ることもあります。菌の繁殖によるものの場合には、薬用のシャンプーを使って洗い流す方法や、抗生物質によって治療することもあります。

膿皮症にならない為に、抵抗力を下げないように心がけ、身体によいドッグフードを与えるようにしましょう。またストレスをためないようにも心がけるべきです。

コリー眼異常

コリー眼異常とは遺伝が原因でなる病気の一つです。症状は視力が失われていくというもので、網膜の出血や網膜剥離になってしまうこともあり、重度になると失明してしまうラフコリーがいます。しかし、軽度の場合ですと症状が出ないものもいます。

コリー種がこの遺伝性の病気を持っており、ラフコリーやスムースコリーは発生率が50%から90%と報告されているほど、かかりやすい病気だといえます。残念ながら、今のところこの遺伝性の病気には治療法がないとされています。病気になってしまったら、なるべくストレスのかからない環境で生活させてあげられるように助けてあげることができますし、ラフコリーの高さに物を置かないようにしてあげることができるでしょう。

コリー眼異常にならないように産まれてから6週から8週経つと検査が受けられるようですので、遺伝性の病気を持っているか動物病院で見てもらうことができるでしょう。また遺伝ですから、親犬についても検査がされているところで出産された犬かどうか確認することもできるでしょう。

股関節形成不全

股関節形成不全も遺伝性のある病気とされています。この股関節形成不全は股関節の発育の際、また成長の際に異常がある病気です。股関節の両側に見られますが、片側にだけ見られることもあります。股関節がしっかり成長しないので安定せず、股関節が炎症してしまうこともあります。

ラフコリーだけでなく、大型犬に多い病気となっていて10kg未満の体重の犬にはあまり出ることはありません。症状は幼犬の時期に痛がったり、歩くのを嫌がったり、歩き方が変だったりします。階段の上り下りも難しくなったり、片足でジャンプすることが難しかったり、座り方もおかしくなったりしますので、そのような症状を見せたら、股関節の検査をすることをおすすめします。

治療としては、痛みを抑えるために鎮痛剤や抗炎症剤を投与する治療を行います。また手術によって治療する方法もありますが、あまり普及されていないようです。適切な処置が行われるように動物病院の先生とよく話し合って決めることができるでしょう。股関節形成不全は遺伝的な要因に加えて、栄養や運動の量などが関係して症状を悪化させることもあります。

股関節の周りの筋力を強化することによって、症状を和らげることもできますし、肥満にしないことによって股関節に負担をかけずにすみます。幼犬の時から運動や食事に気を付け、カルシウムが含まれるカロリーが少ないドッグフードを与えることによってかかりにくくすることもできるでしょう。

小脳変性症

小脳変性症は先天的に小脳が正常に機能せずに小脳障害を起こしてしまう病気です。小脳の働きはとても重要で、バランス感覚や、目の動きなどを管理する場所です。運動するにはこの小脳が正常に機能していなければならず、小脳障害になってしまうと歩行が困難になったり、物をしっかり見ることができなくなります。

上手く立ち上がることも困難でトイレに行けなかったり、距離感がつかめなくなるなどの、生活に支障をきたすようになるのです。この小脳変性症には進行性のものとしないものがあるようで、進行しなければそれほどの支障をきたさないこともあるでしょう。

先天性のもので、治療することも予防することも困難といえるでしょう。ラフコリーの高さに物を置かないことや、二次的病気にならないようにストレスをかけない環境づくりをしてあげることを心がけましょう。

ラフコリーにおすすめのドッグフード

ラフコリーのかかりやすい病気の中には食生活が関係しているものがありました。食べるものによって病気になるか、健康でいられるかがかかってくるのです。

先天性のものは止められるものではありませんが、なってしまったとしても身体によいものを食べることによって症状を軽くしたり、ストレスなく心が良い状態に保たれることもあるでしょう。ですからよいドッグフードを選び与えることは重要といえます。どんなものを与えることができるでしょうか。

皮膚病の部分でもあげましたが、なんといってもアトピーやアレルギーは避けたいですから、グルテンフリーのドッグフードや添加物を使っていないドッグフードを選ぶ必要があります。またカルシウムが摂取できるドッグフードなら股関節の形成に役立つことでしょう。グルコサミンやコンドロイチンが含まれているものもよいです。

上質のたんぱく質を使っていることも重要でしょう。良い毛並みや皮膚を健康に保つだけでなく、強い筋肉を作ることができるからです。栄養バランスがよく取れていて低脂肪で低カロリーのドッグフードを選ぶことによって肥満にならないようにすることもできます。ではこれらを考慮したうえでよいドッグフードをご紹介します。

モグワンドッグフード

モグワンドッグフードはイギリスのドッグフードで今人気になっています。海外製だと安全性を心配される方がいるかもしれませんが、実はイギリスは品質の面で厳しい国といわれています。モグワンドッグフードを作っている工場は国際規格SAI GLOBALのクラスAを取得してますので、安心でお勧めです。

それだけでなく、栄養バランスもしっかり考えられており、ラフコリーにとって良いものだけを摂取できるようにされています。グルテンフリーになっていて、添加物は含まれていません。その為アレルギーやアトピーになる心配もありませんし、がんになってしまうような要素を持つものも含まれていません。

タンパク質が豊富で動物性たんぱく質が50%以上となっています。これだけ含まれているドッグフードは他に見ないのではないでしょうか。それだけでなく、カルシウムやグルコサミン、コンドロイチンが含まれているので、足や関節を食事をしながら強化していくことができます。犬にとって肥満になることは最も避けたいことですが、このモグワンドッグフードはカロリーも考えてられており低脂肪で、給与量を守って与えることに肥満になることはありません。

他のドッグフードに比べ給与量が少ない様に感じるかもしれませんが、十分満足できるような栄養素になっています。モグワンドッグフードは1.8kgで4630円で販売されていました。少し高めに感じるかもしれませんが、栄養の点やグルテンフリーで無添加であることを考えるとおすすめの商品です。

まとめ

頭がとてもよく、一般家庭にも人気になった映画やテレビで主人公のラフコリーはいかがだったでしょうか。まだまだいっぱい情報があるかもしれませんが、ラフコリーそれぞれにも個性がありますからここは違っていると思われることもあるかもしれません。

自分に合ったラフコリーを探してみるのはいかがでしょうか。いつでも寄り添ってくれて、よき相棒として歩んでくれるそんなラフコリーに出会えることを願っています。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。