ヤラ―ドッグフードってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!

ヤラ―ドッグフードってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!

世界で初めてオーガニックのドッグフードを作ったヤラ―です。とことんオーガニックにこだわった無添加フードでわんちゃんの健康維持を助けましょう!

ヤラードッグフードについて

ヤラードッグフード

ヤラ―ドッグフードは世界で最初にオーガニックフードを送り出しました。

ヨーロッパで根を下ろしたオランダが原産のドッグフードです。

オーガニック認証団体Skal(スカール)から1991年に認証されています。

ドッグフードの生産にあたり、自然環境と犬の健康を重要視しています。

犬が健康を維持し、病気に対する免疫力を高めるような食餌を提供しています。

ヤラ―ドッグフードのはじまり

創業者の愛犬が慢性皮膚疾患に悩まされる姿をみて、治療しようとするも治ることがありませんでした。

愛犬の皮膚の病気の原因が、食べ物であることに気づきました。

根本原因が低品質な原料や飼料の残留農薬であることに行きついたというわけです。

原材料を洗い直し、複数の機関によってオーガニックフードの認証を得られるドッグフードづくりがはじまったんです。

ヤラ―グレインフリー

グレインフリーとは小麦、米など穀物不使用のドッグフードのことを指します。

犬は本来穀物をうまく消化することができません。

そんな犬の体の特性に合った食餌を提供する上で、ヤラ―グレインフリーはぴったりです。

原材料も飼料もオーガニック

原材料には自然の中で育てられた天然食材を使用しています。

農薬や化学肥料に頼らないで生産されるのでオーガニックな食材は大変支持されています。

食材となる鶏の飼料までオーガニックなので食肉の安全への配慮ができています。

鶏も自然の中で太陽の光を浴びてすくすくと育っています。

ストレスをかけないように原料を育成する環境もヤラーが信頼できる理由です。

また鶏にはホルモン剤や抗生物質を投与していないため安全です。

農薬や化学物質の影響がないため、皮膚のコンディションを整えることができます。

野菜や飼料用の穀物類を栽培する上で、除草剤や殺虫剤などの農薬は不使用です。

ヤラードッグフードは土地の使用に関しても規定を設けています。

過去3年以上、合成農薬や化学肥料を使っていない土地でつくられた農産物、加工品を原料としてます。

土に残った農薬の影響を心配しなくていいのはいいですね。

栽培や飼育環境もベストコンディション

栽培環境に関しても規定があり、作物一つにつき規定以上の広さを確保しています。

日当たりや土壌からの栄養がすべての作物に十分行き渡るためです。

原料となる動物についても、一匹あたりの飼育面積の規定があります。

おかげで材料となる動物や植物も、栄養の詰まった健康な状態にすることができました。

天然素材からできたドッグフードですから、健全な成長を促します。

犬が身体面で健康体であるなら、感情的にも安定するため、しつけがしやすくなるというメリットがあります。

原材料も、材料となる鶏の飼料も化学物質を一切使用していないところが信頼できますね。

人が食することのできるレベルの食材を使用しているヒューマングレードも特徴の一つです。

合成添加物は一切不使用

人工的な酸化防止剤、香料、着色料といった合成添加物を加えていません。

そもそも犬は目でみて食べ物を判断することはないので着色しても意味がありません。

嗅覚は使いますが、着香料は粗悪なフードに風味をつけて食いつきをよくする目的があります。

また人工的な添加物は石油由来の化学物質なので、継続的に摂取するなら犬の健康を害する恐れがあります。

オーガニックドッグフードを語る以上、品質を保持するため人工的な合成添加物を排除しています。

ヤラーグレインフリーの酸化防止剤は、天然由来のローズマリー抽出物とビタミンEを使用しています。

クールコンテナでお届け!

オーガニックで無添加のヤラードッグフードの輸送は、クールコンテナをつかいます。

人工的な添加物を使用していないため品質の劣化がないように温度管理を徹底しているわけですね。

原産地から日本へ品質を保ったまま届けられています。

ヨーロッパ各国の厳しい審査をパス

原産国のオランダのEKOマークを取得しています。

EKOマークはオーガニック認証で、人用の食品にも適用される信頼の証です。

スウェーデンのオーガニック認証KRAVマークも付いています。

ノルウェーのオーガニック認証Debioマークと合わせて3カ国で無農薬フードと評価されています。

産地や生産者情報が明確なので安心

せっかくオーガニックフードであっても、生産者や生産場所、時期や生産方法が不明なら信頼ができませんね。

ヤラーグレインフリーは、原料の栽培から育成、製品として出荷するまでの情報が明確です。

生産過程が把握できているからこそ、品質について確かな信頼をもつことができるわけです。

ヤラ―グレインフリーの原材料

ヤラードッグフード

オーガニック、かつヒューマングレードと高品質のヤラーグレインフリーです。

実際に使用されている原材料から品質の確かさをチェックしてみましょう。

鶏肉*、グリーンピース*、イエローピース*、じゃがいもデンプン*、ヒマワリの種皮*、鶏脂*、海藻*、乾燥レバー(豚)*、魚(ニシン)、ビタミン類(VC、VB3、VB12、パントテン酸、塩化コリン、ビオチン、VA、VB2、VK、VB1、VB2、葉酸、VD3)ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、硫酸コバルト、ヨウ化カリウム、亜セレン酸Na)酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ビタミンE)

確かに原料の中に、小麦や米といった穀物類は含んでいません。

人工的な添加物も含まれていないので、犬の健康への配慮がきちんとなされています。

ヤラーグレインフリーの栄養成分

原材料の品質はとても大切ですが、犬にとって必要な栄養成分がきちんと含まれているでしょうか?

品質と同時に栄養素に不足がないかを知ることも重要です。

原材料に含まれる栄養成分

ヤラーグレインフリーに含まれている栄養成分をみてみましょう。

	
粗蛋白質 32.0%、粗脂肪:14.5%、炭水化物 33.8%、粗繊維 3.6%、粗灰分 7.1%、水分 9.0%

タンパク質の種類や量は十分か?

ヤラーグレインフリーの主原料は鶏肉です。

犬が必要とする動物性タンパク質が摂取できるのでふさわしいフードです。

低品質のドッグフードは、チキンエキスとか、チキンミールという材料が使われます。

「エキス」や「ミール」という原料は注意を要します。

生肉以外の鶏の部位、つまり頭、とさか、骨、足、羽根、内臓を混ぜ合わせて高圧高温処理した粉状の原料にするからです。

調理の過程で素材の栄養かかなり劣化してしまいます。

栄養のあまりない部位が原料となるので、犬の健康にプラスになりません。

ひどい場合には、4Dミートと呼ばれる、病気や死にかけ、障害のある鶏が使用されることもあります。

粗悪な原材料からつくられるドッグフードは犬のアレルギーの原因にもなります。

ヤラ―グレインフリーの場合、鶏肉そのものを使用している品質のよいフードなので安心できます。

タンパク質の量が十分かどうかはAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の基準が参考になります。

AAFCOでは幼犬22.5%以上、成犬なら18.0%以上と規定しています。

ヤラ―グレインフリーは粗タンパク質を32.0%含んでいるため十分だと判断できます。

粗脂肪は適量か?

AAFCOの定める基準によると、ドッグフードの脂肪分は幼犬で8.5%以上、成犬で5.5%以上です。

ヤラーグレインフリーの粗脂肪は14.5%含むため基準を満たしています。

犬は人と同じように脂肪分を必要としています。

過剰に摂り過ぎると肥満になり、病気の原因になるので適量摂取することが重要となります。

シニア犬に与えるとなると脂肪分が高くて心配になるかもしれません。

その場合、脂肪分の低い「ヤラーシニア」を選ぶとよいでしょう。

原材料で気になる点

ヤラードッグフード

ヤラーグレインフリーは、とてもバランスのよい犬の健康にとってプラスとなるフードです。

含まれる原料の中で気になるのは、塩化ナトリウムが含まれていることです。

人間の場合、とりすぎた余分な塩分は汗と一緒に体外へ排出されます。

犬は人のように大量に汗をかくことができません。

塩分を摂り過ぎると、腎臓への負担がかかってしまいます。

もちろん犬も塩分を必要としますが、ごく少量、つまり食べ物に含まれている程度で十分です。

そのためあえてドッグフードの原材料に塩分を加える必要はありません。

加えて、主原料の鶏肉ですが、割と多くの犬が鶏肉へのアレルギーをもっています。

チキンを含むフードを食べると、皮膚がかゆくてかくしぐさが増えたります。

どの犬が食べても問題がないようにするには、チキン以外のタンパク質源を使用するのがベターです。

口コミ

ヤラ―グレインフリーを犬に食べさせた方からのコメントは参考になります。

好意的なものとそうでないものがあるので、比較してみるとフードの特性がわかります。

評価の高いコメント

高評価されている理由は、香料がないのに香りがいいことです。

グレインフリーであることも気に入られています。

まきしまむ由美様 サンプルをいただいて試してみました。開けた瞬間、すごく良い香り!さすがYARRAH、といった感じ。グレインフリーが出ないかな〜と思っていたので、これからはメインになりそうです。

ヤラーグレインフリーを取り扱っている通販サイトの口コミ情報が少ないため、評価の低いコメントがみつかりません。

歴史のあるヤラードッグフードですが、グレインフリーは比較的新しいため利用者がまだ少ないんですね。

賞味期限

ヤラーグレインフリーの賞味期限は半年間です。

開封したなら1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

小型犬なら600g入りの小包装をおすすめします。

価格について

ヤラーグレインフリー2kg 5,799円(税込)でAmazonから購入できます。

600g入り、2kg入り、5kg入り、10kg入りがあります。

商品の詳細はこちら!

ヤラ―グレインフリーは高品質のドッグフード

ヤラードッグフード

ヤラーグレインフリーは、オランダ産でヨーロッパ各国のオーガニック認証団体で評価されています。

オーガニックで犬の体思いで高品質なドッグフードです。

愛犬に合うかどうか一度試してみるといいですね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ