プードルってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフードはこれだ!

どなたでも「プードル」と聞くと、毛がふわふわもこもこの犬を想像できると思います。見た目がぬいぐるみのようで、すごく可愛いですよね。その可愛さに魅了されてプードルを飼いたいと思う方もいらっしゃると思います。今回はブードルについてその特徴や健康管理、おすすめのドッグフードなどを紹介します!

プードルってどんな犬?

プードル

どなたでも「プードル」と聞くと、毛がふわふわもこもこの犬を想像できると思います。見た目がぬいぐるみのようで、すごく可愛いですよね。その可愛さに魅了されてプードルを飼いたいと思う方もいらっしゃると思います。でも飼う前に、プードルがどんな犬なのかよく知っておくのは大切なことですよね。

今回はプードルがどんな犬なのか、詳しく調べてみました。

プードルは現在、日本で飼育されている犬の中で、もっとも多いとされています。プードルには4つの種類があります。大きさの順に、スタンダード・プードル、ミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルです。

FCI(国際畜犬連盟)が認めているプードルの種類はこの4種類だけですが、最近ではトイ・プードルより小さいサイズのプードルがいることも多くの方がご存知だと思います。タイニー・プードル、ティーカップ・プードル、プチ・プードルがトイプードルのなかに含まれています。種類によって体格も違い、性格も少しずつ違います。ではプードルの種類を一つひとつ見ていきましょう。

1、スタンダード・プードル

スタンダード・プードルは、体長45-60cm、体重15-19kgほどの中型犬です。スタンダード・プードルは、プードルの中で一番歴史が長い犬で、もともとは猟犬として使われていました。現在は介助犬としても活躍しています。

性格は一般的におおらかで人懐っこい性格です。頭もよく、しつけやすいといわれています。多くは飼い主に従順ですが、頭の回転が良く賢いので、ずる賢くなってしまうこともあるようです。ずる賢くならないためには、飼い主がしっかりと、飼い犬との上下関係を教えるなど、しっかりしつけをすることが鍵となります。

2、ミディアム・プードル

ミディアム・プードルは、スタンダードプードルよりも一回り小さく、体長35-45cm、体重8-15kgほどの中型犬です。ドッグショーなどで活躍しています。もともと猟犬で、体力があるので、散歩に十分時間をとり、運動させてあげることが大切です。

性格は、スタンダード・プードルによく似ています。温厚で賢く、物覚えが良いので、しつけやすいです。好奇心が強いですが、ほかの犬に対して上手に接し、仲良くできます。

3、ミニチュア・プードル

ミニチュア・プードルは、体長28-35㎝、体重5-8㎏の小型犬です。スタンダード・プードルを小型化した犬種です。嗅覚が優れているため、トリュフ探しでも活躍しています。

性格は、人懐っこく甘えん坊ですが、神経質な一面もあります。

4、トイ・プードル

トイ・プードルは、体長26-28cm、体重3kgの小型犬です。ミニチュア・プードルをさらに小型化した犬種になります。ミニチュア・プードルと同じくトリュフ探しの場で活躍してきました。また、器用な面もありサーカスでも登場することがあります。さらには、最近では病院などを訪問するアニマルアシステッドセラピー犬としても活躍しています。

トイ・プードルの性格は、他のプードルと同じく人懐っこく友好的です。しかし、大型のプードルのような落ち着きはなく、じっとしているのが苦手です。散歩のときにも、あっちに行ったりこっちに行ったりと飼い主を翻弄することもあります。

トイ・プードルより少し小さいプードルを、タイニー・プードルといいます。タイニー・プードルは成犬時の体重が2kgから3kg程度の超小型犬です。タイニー・プードルはその体格によって、スクエアタイプとドワーフタイプに分けることができます。

さらに、タイニー・プードルよりも小さいプードルをティーカップ・プードルと呼びます。体長23cm以下の大きさのプードルは、ティーカップ・プードルに含まれます。

また、ティーカップ・プードルよりも小さいプードルをプチ・プードルと言い、プチ・プードルは成犬時の体高が20センチ以下、体重が1,5kgほどで、プードルのなかで最も小さい種類です。体格が小さいプードルになればなるほど、臆病で神経質、また甘えん坊な性格になる傾向があるようです。

これらの超小型のプードルは体が小さいために、体が弱かったり、成犬になっても未熟な感じや幼さが残るといわれています。また、体格が小さい分、骨が細い傾向にあるので、骨折もしやすいようです。高いところから飛び降りないようにしたり、床にマットを敷くなどの注意が必要です。

プードルの毛の色の種類

どんなプードルを飼うか、選ぶポイントとして、毛の色も大切な点ですよね。たくさんの毛色のプードルがいますが、ジャパンケネルクラブで認定されている毛の色は、ホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバーグレー、クリーム、カフェオレ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパンです。

一般的に、プードルの性格は人懐っこくて、甘えん坊で、賢いというのが特徴ですが、毛の色によっても多少の性格の違いがあります。 例えば、毛がホワイトの場合、性格が穏やかで、飼い主への忠誠心が強いといわれています。

ブラックの場合、従順でしつけやすいという特徴があります。また、運動能力が高いのですが、落ち着きはあります。シルバーの性格は、甘えん坊な面が強いようです。そして、落ち着きがなく活発であるといわれています。

毛がブラウンの場合、運動能力が高く、独立心が高いという特徴があります。毛がレッドまたはアプリコットの場合、飼い主への忠誠心が低いといわれています。そして、活発な一面もあるので、小さいうちからしっかりとしつけることが大切です。

プードルの平均寿命

スタンダード・プードルの平均寿命は14~15年、トイ・プードルの平均寿命は14~17年と言われています。トイ・プードル以下よりも小さい犬種になると、体が弱い犬もおり、病気になりやすいため、寿命が短くなることがあります。

プードルの購入価格

スタンダードプードルの購入価格は大体35~40万円と高額になっています。

トイプードルの購入相場価格は大体20~30万円です。ティーカップ・プードルは体格が小柄で繁殖も難しいため、30~40万円と高額です。

プードルに必要なお世話とは?

毛のブラッシング

毛のブラッシングはプードルのお世話に欠かせません。放っておくと伸び続け、細い毛が絡まったり、フェルト状に固まったり、毛玉になってしまいます。ブラッシングがしっかりできていないと不衛生になり皮膚病を発症することもあるので、できるだけ毎日、難しいときは週に2~3回はブラシやコームでゆっくりと毛並みを整えてあげる必要があります。

耳掃除

プードルはたれ耳で、周りの毛も長いので耳の中が不衛生になりやすいです。耳の中が汚れた状態が続くと外耳炎になりやすいので、1週間に1度は綿棒やガーゼで汚れをふき取ってあげるようにしましょう。

かかりやすい病気

種類によってかかりやすい病気には違いがあります。プードルがかかりやすい病気は以下の三つです。

胃捻転

胃捻転は大型犬に多く発症する病気です。胃捻転は何らかの原因で胃が捻転してしまい、胃の中で発生したガスで充満したり、周りの臓器を圧迫してしまう病気です。悪化すると、血液の循環が悪くなり、圧迫された臓器が壊死してしまったり、最悪の場合死に至ることもあります。

胃捻転の症状 落ち着きなくうろうろする、大量のよだれ、おなかが膨れる、食欲がなくなる、吐こうとしても吐けない、などの症状がみられます。このような症状が見られた場合は、早めに動物病院に連れて行ってみてもらいましょう。

ただ、症状がわかりにくかったり、病院に連れて行っても診断が難しい場合もあるようです。日ごろから、愛犬の行動を観察して、普段と違う行動をするなら、病院で診てもらうと安心ですね。

脂腺炎

脂腺炎とは、皮膚の疾患です。スタンダード・プードルは、染色体異常により、この病気を発症することがあります。この病気を発症すると、フケや脱毛が起こり、病気が進行していくと脱毛の範囲が広くなります。また、毛が脂っぽい感じになったっり、臭うようになります。

完治は難しい病気ですが、副腎皮質ホルモン剤や、免疫抑制剤、ビタミン剤、専用のシャンプーの使用により、改善することが可能です。

脂腺炎の症状 皮膚の角質が分厚くなったり、ふけが出てくる、毛の質が変わったり、カールがなくなる、などの症状が見られます。 このような症状が顔や耳から始まり、進行すると首や背中に広がっていきます。

普段から、ブラッシングをするときに、毛や皮膚の状態をチェックするようにしましょう。もしも、毛が脂っぽくべたべたするようになったり、フケが出てくるようなら動物病院で診てもらうことをおすすめします。

アジソン病(副腎皮質機能低下症)

アジソン病(副腎皮質機能低下症)は、副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することによって起こります。特にメスに発症しやすいといわれています。ストレスが原因で引き起こされるともいわれているので、ストレスがたまらないようにすることが予防法の一つと言えるかもしれません。

また、この病気には、急性と慢性がありますが、急性の場合は早急に処置を行うことが必要です。副腎皮質ホルモンの分泌量の低下が原因ですので、不足している副腎皮質ホルモンの補う薬を飲んで治療していきます。定期的な検査によって、補充する副腎皮質ホルモン剤の量を確認しながら経過を見ていくことになります。

急性のアジソン病の症状 急性の場合、急に元気がなくなり、足元がふらついてまっすぐ歩けなくなる、ショック状態になるなどの症状が出ます。このような症状が出た場合は、すぐに動物病院に連れていき、適切な処置をしてもらいましょう。

慢性のアジソン病の治療 慢性の場合、食欲がなくなり、嘔吐したり、下痢をする、体重が落ちるといった症状が出てきます。また、飲む水の量が増える、それに伴い尿の量が多くなる、などの症状も見られます。また、こういう症状が出たり、おさまったりを繰り返すことがあります。

プードルにおすすめのドッグフード

カナガンドッグフード

カナガンドックフードは、イギリスで販売されているドッグフードです。イギリスでは人気の高いドッグフードで、80パーセント以上のリピート率を誇るとされています。

カナガンドッグフードが人気の理由の一つとして、使用されている原材料が厳選されたものであることが挙げられます。 例えばカナガンドッグフードは穀物が含まれていないグルテンフリーのドッグフードです。トウモロコシ、小麦、大麦などの穀類は犬が消化不良やアレルギー、皮膚疾患を起こしやすくしてしまいます。プードルも、皮膚疾患を起こしやすい犬種ですので、グルテンフリーのドッグフードであれば安心して与えることができます。

また、プードルは健やかな毛並みを保つことが、皮膚疾患を防ぐ点で大切なポイントになります。カナガンドッグフードには海藻が含まれており、海藻の豊富なミネラルやオメガ3脂肪酸は美しい毛並みを保つのを助けます。

また、関節の病気もプードルに多く見られますが、関節を健康に保つのに役立つグルコサミンやコンドロイチンも含まれています。その他の材料もすべて人間が食べられる材料が用いられています。 また、カルガンドッグフードのもう一つの良い点は、一つひとつの粒が小さいことです。プードルのうち体の小さいプードルにとって、食べやすい大きさです。

一袋2kgが3,980円と決して安くはないですが、良い材料が使われていることや、愛犬の病気の予防ができることを考えると、安心安全なカナガンドッグフードを試してみるのも良いかもしれません。

モグワン

モグワンもカナガンドッグフードと同じく、イギリスで販売されているドッグフードです。モグワンもすべて人間が食べられる材料で作られています。

モグワンは動物性たんぱく質が多く含まれています。成分表を見ると、チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)となっています。チキンとサーモンという複数のたんぱく質源を使用することでアレルギー疾患を発症するリスクを低くしています。

また、カナガンドッグフードと同じく、海藻が配合されているので、オメガ3脂肪酸が毛並みを美しく保つのを助けます。 グルコサミン、コンドロイチンも配合されているので、関節の病気の予防も期待できます。 モグワンは1,8kgで3,960円とカナガンドッグフードよりも少し高めの価格になっていますが、口コミを見ると、愛犬の毛並みが良くなった、とか、少し高価だが愛犬の健康に変えられないといった口コミが目立ちました。その品質の高さを多くの購入者が評価しているようですね。

AATUドッグフード「ダック」

AATUドッグフードシリーズもイギリスで販売されいるドッグフードです。グルテンフリーであることは上記のドッグフードと同じですが、使用されているたんぱく質源が異なっています。AATUドッグフード「ダック」はカモ肉を使用しており、成分表では80パーセントがカモ肉であると表示されています。カモ肉はアレルギーが出にくいのでアレルギーで悩まされている犬には非常に良いフードです。

他には、8種類の野菜や果物、ハーブを配合しており、栄養素のバランスが良いことも大きな特徴です。もちろん海藻やコンドロイチン、グルコサミンも配合されています。

今回は3つのドッグフードを取り上げましたが、基本的な安心安全が材料を使用してることに加え、プードルの毛並みを美しく保つのに必要なオメガ3脂肪酸が含まれている海藻や、関節を強く保つのを助けるコンドロイチンとグルコサミンといった材料を使用しているかどうかという点を基準にドッグフードを選んでみるとよいでしょう。

##まとめ プードルは人懐っこくて甘えん坊な犬だということがわかりました。ですから、よく可愛がってあげたり、一緒に遊んであげたり、ゆっくりとお散歩して運動させてあげれる時間をとれるかどうかが、プードルを飼うかどうか決めるときの大きなポイントになるといえますね。そのようにできるなら、信頼関係をしっかり築けますし、飼い主の言うことをよく聞く愛犬に育ってくれるでしょう。

また、プードルの特徴である可愛いふわふわもこもこの毛のお手入れには費用と毎日のお世話が必要であることもわかりました。購入するときの価格も高額ですが、その後のお手入れにかかる費用と、毎日のブラッシングをしてあげれる時間をとれるかどうか、購入する前に考えることができるかもしれませんね。

しかし、大切な家族の一員として愛情をこめ時間をこめ必要なお世話をしてあげれるなら、飼いやすい犬種です。プードルを選ぶときはぜひ、プードルの種類や毛の色、また一頭一頭の個性に触れて選んであげてください。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。