ファインペッツの極(KIWAMI)ってどんなドッグフード?口コミと評判!

ファインペッツの極(KIWAMI)ってどんなドッグフード?口コミと評判!

犬を飼っている方でしたら、愛犬に安心して与えることができる安全なドッグフードを探したいと思っていることでしょう。ところが本当に安心・安全なドッグフードというのはなかなかないのが現状です。今回はそんな方に是非お勧めしたい究極のドッグフードを紹介したいと思います。ファインペッツの「極(KIWAMI)」です。

ファインペッツの極(KIWAMI)ってどんなドッグフード?

ファインペッツ極

「極(KIWAMI)」はドッグフードのファインペッツが提供する「世界最高品質」「安心安全」を20年追究した究極のグレインフリーのドッグフードです。

20年分のこだわりが詰まったこのドッグフードはまさに名前通りの「極」なのでしょう。ではどんなこだわりが詰まっているのでしょうか?

まずファインペッツの「極(KIWAMI)」で使用している肉ですが、「ケージフリーで育てられたフランス産のアヒル」「天然のオランダ産のニシン」をたっぷり使用しています。なんとこれらの肉魚が全体重量の90%まで使用されているのです!この配合量は国内で販売されているドッグフードの中でも群を抜いています。

お肉がたっぷり使用されている「極(KIWAMI)」はもちろん穀物は使用していません。ですから穀物の消化吸収が苦手な犬たちは消化器官への負担なく食べることができます。まさに究極のグレインフリードッグフードということができるのではないでしょうか?

こんなこだわりの詰まったドッグフード、ファインペッツの「極(KIWAMI)」の特徴を紹介したいと思います。

ファインペッツの「極(KIWAMI)」の特徴

「極(KIWAMI)」にはどんな特徴があるでしょうか?

肉類原材料配合率90%

安全に安心して与えることができるドッグフードしたように「極(KIWAMI)」の最大の特徴は肉類の配合率が90%であることです。この配合量は他のドッグフードには見られません。そして消化吸収率も87%を維持しているので、ドッグフードを与える際はよく観察し体重の推移に注意しながら与えるようにしましょう。与えすぎは肥満の原因となってしまいます。

しかし肉類が90%含むことで、食後の血糖値の乱高下が起こりにくいため幼犬からシニア犬、糖尿病等の病気のある犬にも安全に安心して与えることができるドッグフードとなっています。

もちろん使用している肉を含む原材料はすべて人間も食べることができるレベルのもののみです。危険な合成添加物も一切使用していません。

粒の大きさ

「極(KIWAMI)」の粒の大きさは8mmで統一しています。この大きさは1キロに満たない小型犬でも無理なく食べることができる大きさでありながら、大型犬でもしっかり食べることができる大きさです。

保存がかんたん

ドッグフードは開封後、酸化が始まり香りや風味が劣化します。特にこだわりのあるプレミアムドッグフードは合成添加物を使わないので保存があまりききません。そのため開封後は冷蔵庫で保管しなければならなかったり、少々面倒な部分があります。

しかし「極(KIWAMI)」は保存方法が簡単になっています。冷蔵庫で保管しなくてもいいように酸化防止処理を行い常温保管ができるようになっています。もちろん開封後は酸化が始まるので3か月という賞味期限はあります。ですから1度にまとめて購入するよりも定期購入された方が新鮮なドッグフードを与えることができるでしょう。

定期購入システム

忙しい方におすすめなのが定期購入システムの利用です。

ファインペッツのは毎月決まった日付に届くというシステムではなく、最短7日から最長90日までの間で希望する周期で届けることができます。ですから毎日与えるドッグフードの量が決まっていたら、購入するドッグフードの総量を毎日のグラム数で割ることで、何日周期で注文したらよいかが算出できます。

さらにお得なプログラムがあります。定期購入することで割引がされるのです。

1~9回目までは210円引き、10回目以降は10%引きとなり、20回目、30回目、50回目などの節目の時には20%引き、30%引き、50%引きといった特別割り引きがあります。さらに100回目になると100%引き、つまり無料になるのです!大変お得なプログラムですので、ぜひ定期購入をおすすめします。

製造国

「極(KIWAMI)」の製造国はオランダです。製造工場は世界最先端の衛生管理手法を採用した設備のクリーンな環境です。もちろん化学合成添加物は一切使用せず、丁寧に製造されています。

すべてにこだわっているため、品質管理に問題のある中国産原材料は一切使用していません。

ファインペッツの「極(KIWAMI)」の原材料と成分

ではここからは「極(KIWAMI)」で使用している原材料や成分を分析し、本当に安心して与えることができるドッグフードなのか見ていきたいと思います。原材料は以下の通りです。

フランス産アヒル肉、グリーンピース、鶏脂(天然由来成分にて酸化防止処理済み)、乾燥ポテト、オランダ産乾燥ニシン肉、全卵、アルファルファ、イナゴマメ、ビール酵母、鶏スープ、乾燥リンゴ、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、亜麻仁油、乾燥にんじん、乾燥チコリルート、魚介抽出物、コンドロイチン、クランベリー、タウリン、ユッカシジゲラ抽出物となっています。

では詳しく見ていきましょう。

肉、魚

主原材料になっているのはフランス産のアヒル肉、オランダ産乾燥ニシン肉です。

どんな肉を使用しているかはっきりしていますし、メインの原材料が肉であることは本来肉食動物である犬にとって一番必要な栄養素「動物性たんぱく質」をしっかり摂取できるので犬にとって大変うれしいことです。しかも「極(KIWAMI)」の場合全体の90%まで肉類を使用しているこだわりです。

アヒル肉はアレルギー性が低く、脂肪分が少ないながらも嗜好性の高い原材料です。ですからアヒル肉をふんだんに使用している「極(KIWAMI)」は犬にとって最高のドッグフードといえるでしょう。

安いドッグフードを見ると原材料のところに「肉類(○○ミール、○○パウダー)」という表記があることがあります。このミール、パウダーに使用されている肉は、肉副産物と呼ばれる本来なら破棄にするような部位(鳥の頭、骨、血液、あし、羽根、糞尿)を粉砕して使用していることがあります。

中には病気で死にかけの家畜の肉や事故死した家畜の肉が使用されている可能性もあるのです。こういった原材料にどれだけの栄養素があるでしょうか?想像するだけでも全く栄養がないことはわかるでしょう。また消化にも良くありません。こういったフードを食べ続けていれば消化器官に負担をかけて、消化不良を起こしたり体調不良を起こすことでしょう。

しかし「極(KIWAMI)」ではこういった粗悪な原材料は一切使用せず、人間が食べることができるレベルの原材料のみを使用しているので安心です。

油脂

脂肪も犬にとって必要な栄養素の一つですが、「極(KIWAMI)」で使用している油脂は鶏脂、サーモンオイル、亜麻仁油です。どんな脂を使用しているかはっきりしていることは大変うれしいですね。

安いドッグフードでよく見られる「動物性油脂」という表記がありますが、これはいろんな動物からとった脂が混ざっていたり、腐りかけの肉から絞り取った脂や、本来なら破棄にするような部位から搾り取った脂が使用されていることがあります。こういった脂はすでに酸化が進んでいることから大量の酸化防止剤や防腐剤が添加されます。当然こういった脂が犬の体によいわけがありませんね。

「極(KIWAMI)」で使用しているサーモンオイルや亜麻仁油はオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸といった美しい皮膚や毛並みや毛艶をサポートするのに効果的なオイルです。

穀物

極(KIWAMI)では穀物の使用が一切ありません。

本来肉食動物である犬は穀物の消化吸収は苦手です。穀物を消化するためにはアミラーゼという酵素が必要なのですが、犬の唾液にはこのアミラーゼが含まれていないため消化ができないのです。消化ができないため消化器官に負担をかけてしまい、消化不良を起こして下痢やおう吐をすることがあります。

またトウモロコシや小麦、大豆といった穀物は犬がアレルギーを起こしやすい原料と言われています。ですから穀物が含まれているドッグフードを食べることでアレルギーを発症することがあります。症状としては皮膚疾患、かゆみや脱毛、そして下痢やおう吐といったものがあります。今は症状がなくても定期的にアレルゲンを摂取することで発症することもあるので、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを与えることが望ましいといえるでしょう。

その点「極(KIWAMI)」は穀物を一切使用していないため、しっかりと消化吸収ができるというわけです。

添加物

極(KIWAMI)は化学的な酸化防止剤、防腐剤、着色料、香料などは一切使用していません。

これら合成添加物は百害あって一利なしです。例えば合成着色料は発がん性や内臓疾患、けいれんやアレルギーといったリスクが高いことが動物実験によって明らかにされてきました。これら着色料はフードをおいしそうに見せるかもしれませんが、犬は色の識別ができないので全く意味はないのです。着色料の使用はただ購買意欲を高めるためだけのものなのです。

また酸化防止剤として有名なBHA、BHT、エトキシキンなどは大変高い酸化防止効果がありますが、発がん性や内臓疾患のリスクが高く、食用への使用も禁止や制限されている添加物です。こういった添加物を体の小さい犬が毎日摂取していたらどんな結果になるでしょうか?何らかの健康被害が出ることは容易に想像できるでしょう。

しかしドッグフードはある程度日持ちさせるために酸化防止がかかせません。では極(KIWAMI)ではどんな酸化防止剤を使用しているのでしょうか?

極(KIWAMI)で使用している酸化防止剤は、天然由来のビタミンEを酸化防止剤として使用しています。このような天然成分のものを使用しているので安心して愛犬に与えることができるといえるでしょう。

成分

このように原材料にこだわりのあるファインペッツの「極(KIWAMI)」の成分はどうなっているでしょうか?見てみましょう。

粗たんぱく質36.00%、粗脂肪分20.00%、灰分6.70%、粗繊維質3.00%、水分8.0%、100gあたり415kcalとなっています。

こうしてみるとタンパク質、脂肪分ともに高数値です。肉魚が原材料の90%ということで犬にとって必要なたんぱく質をしっかりとることができるようになっています。しかし注意が必要です。

タンパク質を取りすぎると、内臓に負担をかけたり、太りやすくなってしまいます。いくら良い原材料を使用しているからといっても与えすぎはよくありません。カロリーも高めですので給餌量は記載されているものをしっかり守るようにしましょう。また体重の変化にも目ざとくあり、肥満にならないように注意してくださいね。

ファインペッツの「極(KIWAMI)」の口コミ評判

これまで「極(KIWAMI)」の原材料や成分を徹底分析してきました。

ここからは実際に「極」を購入した方の口コミを見て、「極」がどんなドッグフードなのか分析していきたいと思います。ぜひ購入の参考にされてみてください。

ファインペッツの「極(KIWAMI)」の良い口コミ

「極(KIWAMI)」の良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

まず多い口コミが「便の調子が良くなった」というものです。

極(KIWAMI)は犬にとって必要な肉魚がメインになっているので、しっかり消化吸収ができるため便の調子が良くなるのでしょう。

穀物が使用されていると消化不良を起こして下痢気味になったり、消化ができないためそのまま排出され便の量が多くなることがあるようですが、極(KIWAMI)では穀物の使用がないため消化がしっかりでき、便の状態も良くなっているようです。

他に多い口コミが「食いつきがよい」といったものです。

今まで食べたドッグフードの中で一番食いつきがよい、見事に完食してくれる。といった声が多くあります。それもそのはずでしょう。なんといっても極(KIWAMI)の原材料の90%が肉と魚なので嗜好性の高いドッグフードになっています。特に使用しているアヒル肉は嗜好性の高いことで知られています。

安いドッグフードでも食いつきがよいという口コミのものもありますが、それらは香料や調味料といった添加物の使用で犬が好む味をつけているからです。ですから最初は食いつきが良くなるのですが、徐々に添加物や粗悪な原材料が消化器官に負担をかけ、食欲が低下してくることがあります。

その点、極(KIWAMI)は良質の肉や魚をふんだんに使用し素材そのもののうまさがあるため、いつまでもおいしく食べることができるようです。

さらに「毛並みがよくなった」という声もあります。

良質のサーモンオイルや亜麻仁油の使用によって毛並みの改善が見られている犬が多いようです。毛並みや毛艶は犬の健康のバロメーターですので、毛並みの改善は大変うれしいことです。

ファインペッツの「極(KIWAMI)」の悪い口コミ

では悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

悪い口コミを探してみましたが、ほとんど見つけることができませんでした。一つあげるとするならば「他のドッグフードを食べなくなった」というものです。極(KIWAMI)が大変おいしくからだに負担もかけないので、他のドッグフードを食べなくなってしまうようです。極(KIWAMI)が嗜好性の高いおいしいドッグフードである証拠といえますね。

まとめ

今回はファインペッツの「極(KIWAMI)」を徹底分析してみました。

原材料を分析してみても「極」は名前の通り究極のプレミアムドッグフードということができます。厳選した肉類を第一原材料にたっぷりと使用したこれ以上はないといっても良いくらいのグレインフリードッグフードです。

「極(KIWAMI)」は原材料にもこだわているので1キロ当たり4000円近い高級ドッグフードとなっています。中身は値段に見合った本当に安心して与えることができる最高級のドッグフードです。とはいえ実際に試してみないと食いつきや身体に合うかどうかはわかりませんよね。

そこで「極」はお試しパックを用意しています。本来1.5㎏5.278円のところ、お試しパックは1.000円で試すことができます!これは試さないわけにはいかないでしょう。

多くの飼い主さんが愛犬の調子が良くなっていることを実感している「極(KIWAMI)」。ますはお得なお試しパックで試してみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ