ノーフォークテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

ノーフォークテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

ノーフォークテリアは、イングランドのノーフォーク州で狩猟犬として作出された犬種です。 ヨークシャテリアの次に小さな体を持つテリア種ですが、小さく可愛らしい見た目とは裏腹に、とても勇敢でとても自立心のある犬種です。 今回は、そんな活発でちょっと頑固なノーフォークテリアの魅力や特徴、そしておすすめのドッグフードをご紹介します。

ノーフォークテリアって?

Norfolk Terrier looking intently into the distance. Set in the English countryside

ノーフォークテリアは、イギリスが原産のテリア種です。

イングランドの東部にあるノーフォーク州のノーリッチ市で作出されたことから、ノーフォークテリアと名付けっれました。

見た目は小柄で、コンパクトです。

大きさで言えば、ヨークシャテリアに続いて小さい、最小テリア種の中の一種です。

もともと、狩猟犬として作出されていますので、大変活発であり、また勇敢な性格をしています。

小さいとはいえ、頑丈な体つきをしていて、筋肉質です。

とても愛らしい性格をしていますが、テリア種らしく頑固なところもあります。

また、小さなイタヅラっ子として知られています。

家族への深い愛情と、ちょっと頑固で負けん気が強いところがまたかわいらしい犬種です。

では、ノーフォークテリアはどんないきさつで作出されたのでしょうか?

ノーフォークテリアの歴史

ノーフォークテリアが作出されたのは、19世紀後半のイギリス、ノーフォーク州でのことです。

19世紀後半ということで、まだ比較的歴史の浅い犬種ということがわかります。

もともとノーフォークテリアは、ファームドッグとして、ネズミ、アナグマ、キツネなどを狩るために作出されています。

小型で、そして頑丈なテリア種を生み出すために作られました。

19世紀後半まで、小型のテリアはまだ十分に普及されているとはいえませんでした。

そんな中、イギリス・ケンブリッジ大学の学生たちが、学校内の宿舎などのネズミ狩りのために、小さなテリアを手に入れます。

そのテリアは、アイルランド土着のテリアとヨークシャテリアが祖先犬の犬だったと考えられています。

学生たちは、その小さなテリアをトランピントン・テリアと呼んでいたようです。

そのトランピントン・テリアを、地元のテリア好きのある人が繁殖し始めます。 この当時、繁殖に用いられたテリアは白い毛色をもち、立ち耳の個体もいたようです。

また、ペドリントンテリアも交配に用いられました。

そのようにして、20世紀のはじめ頃には、褐色で背中に赤茶色い毛色をもつ個体も誕生していました。

そして1912年、イギリスの西部にいたファーガンという人が作出したメス犬「ブローニー」が高評価を得て、その後のノーフォークテリアとノーリッチテリアのもととなりました。

そのようにして、トランピントン・テリアがショータイプとして改良されていき、ノーリッチテリアとしてイギリスのKCに1932年に登録されることとなりました。

この頃、ノーリッチテリアとしてドッグショーでは、立ち耳のタイプもたれ耳のタイプも出場していましたし、どちらも認められていました。

ところが、立ち耳を好むブリーダーが多く、一部の繁殖者たちからノーリッチテリアは立ち耳であるべきだという主張があったようです。

もともと、垂れ耳タイプは数がすくなかったようですが、第二次世界大戦のころにはさらに数が減ってしまいました。

ノーリッチテリアも戦争の影響を受けたのです。

しかし、戦後にたれ耳のノーリッチテリアの愛好家たちが、その繁殖を始めるようになります。

そして、垂れ耳のノーリッチテリアを別の犬種として認定してくれるように、イギリスKCにお願いするようになります。

そのような働きかけをしてから約7年後、やっと1964年にたれ耳タイプとしてノーフォークテリアが独立する形で登録されました。

やっと公式に認められたノーフォークテリアですが、20世紀の中頃から海外にも輸出されるようになったいたようです。

しかし、彼らはれっきとした狩猟犬です。

見た目はとってもキュートで小さい犬種ですが、ネズミ刈りをするための猟犬気質をしっかりと持ち、テリア気質そのものです。

作業能力はとても優れているのですが、家庭犬として改良されてきたわけではないので、やはりここ日本でも愛玩犬として人気のヨークシャテリアと比べると、飼育頭数は少ないです。

とはいえ、2017年には300頭以上の登録がありました。

原産国のイギリスでは、初期のころは狩猟用として農村で古くから飼育されてきましたが、現在は都市部でも飼育されています。

ノーフォークテリアの特徴

Norfolk Terrier on Trunk

ノーフォークテリアは平均体高はオスが25~26cm、メスが24~25cmの小型犬です。

JKCでは、理想的な体高を25~26cmとしています。

テリア種の中でも、最小テリア種の一つに入ります。

体重はだいたい4~6kgほどになります。

毛色は、レッド、ブラック&タン、グリズルとなっています。

ホワイトの班も許容されています。

被毛はダブルコートです。

約5センチメートルほどの直毛の被毛を持っています。

お手入れは、ブラッシングやコーミングを週に数回行なう程度で、トリミングをする事もできます。

しかし、ドッグショーに出場するこの場合は、野性味をもたせるためにトリミングをしないことが多いようです。

垂れ耳で短い脚

ノーフォークテリアは、たれ耳が特徴です。

とても似ているとしても、もし立ち耳であればそれはノーフォークテリアではなく、ノーリッチ・テリアでしょう。

ノーフォークテリアもノーリッチテリアも、脚が短めです。

体長が体高よりも少しだけ長い体型をしています。

小さく、ずんぐりとして体型です。

脚が短いので、ネズミを捕獲したり、ネズミを巣穴から追い出すといった作業にとても向いています。

別名「原野の小悪魔」

Norfolk Terrier in summer meadow

小さいながら、とても筋肉質な体つきをしていてコンパクトながら頑丈な体を持ちます。

骨もしっかりとしていて野性的な雰囲気もあります。

機敏な動きをします。

そして天候の変化に耐えやすいという特徴も持ちます。

またノーフォークテリアは、巣穴にいる獰猛な敵にも恐れることなく立ち向かう作業犬でした。

どんな天候の中でも、小動物を執拗に追いかけ勇猛に狩猟をする姿から、「原野の小さな悪魔」なんていう別名がつけられています。

とても愛らしい見た目をしていますが、中身はテリア気質そのものなんですね。

とても活発でなので、飼育するさには運動量はそれなりに必要です。

一日に30分~1時間程度のお散歩をしましょう。

運動が大好きで、動きも大変機敏ですので、ボール遊びも丈夫です

アジリティーも喜んで挑戦してくれるでしょう。

ただし、興奮しやすいところもありますし、抑止できないこともありますのでリードを離すと、どこまでも言ってしまい、迷子になって戻ってこないという事もありえるそうです。

そうゆう危険はとても高い犬種なので、お散歩のときにはしっかりとリードを持つこと、また自由に遊ばせるときにも、しっかりと塀や囲いがある場所で遊ばせましょう。

ノーフォークテリアの寿命

ノーフォークテリアは寿命は約12~15歳です。

遺伝性の疾患もすくないので、比較的長生きしてくれる犬種のようです。

環境や食べ物などによっても寿命は変わりますが、中には15年以上生きてくれる子もけっこういます。

大変に活発な犬種ですので、毎日の30分以上のをさせてあげることや、狩猟犬だったので何かを追いかける遊びを取り入れたりしてあげることで、ストレスの発散や健康維持をすることができます。

また、良質のフードを与えることで、健康と美しい毛並みを維持する事もできるでしょう。

ノーフォークテリアの性格

Cute Norfolk Terrier

ノーフォークテリアは猟犬らしく、とても勇敢で負けず嫌いです。

その勇敢さは、自分よりも体の大きな犬、また他の動物にも立ち向かっていくほどです。

まさに、テリア気質ですね。

これは、ノーフォークテリアのもっとも特徴的な性格といえるでしょう。

興奮しやすいところもありますが、けんか好きというわけではありません。

恐れを知らない、小さな猟犬なのです。

そして極めて活発です。

それで、小型犬とはいえ運動量が必要なので元気な人が飼育に向いています。

陽気な性格でイタズラ好きというのも特徴の一つです。

それで、小さなイタズラっ子と言われています。

小さいけど、気は強くて、でも愛情は深く、イタヅラっ子な性格で、その愛らしさ満点の性格で多くのファンを持ちます。

とても好奇心も旺盛で、活発なので、家の中のものをひっくり返したり、かじったりすることがあります。

イタズラっ子ということなので、壊されたくないものや口に入ったら危険なものなどは、手の届かない場所に保管するようにしましょう。

室内で退屈してしまうと、破壊行動をすることもあるようです。

それで、十分に毎日運動をさせてストレスを発散させてあげましょう。

とても遊び好きですし、飼い主さんのことが大好きですので一緒にいっぱい遊びたがります。

そうしないと、飼い主さんの気を引こうとイタズラをすることが多くなるようです。

それで、ノーフォークテリアといっぱい遊ぶ時間を取れる人が飼育してください。

いつも家の中でお留守番ばかりでほとんど一緒に遊べない、家に閉じ込められている、というような環境はストレスが溜まってしまいますので、そのような生活をさせてしまうという人は、飼育には全く向いていません。

家族に対して愛情深いのですが、頑固者で、独立心も強いので、甘やかされていると飼い主さんの指示であっても気に入らないと抵抗することもあるようです。

とはいえ、忠誠心はあります。

しっかりと信頼関係、主従関係を築く必要があります。

そのようにして飼い主さんとの信頼関係が築かれていれば、その命令を忠実に聞きますし、飼い主さんを危険から守ろうとします。

それで、愛玩犬ではなく猟犬ということで、小型犬ですが初心者向きの犬種ではありません。

野性味のある猟犬ですので、テリア種のもつ気質をよく理解して、子犬のときから訓練を施すことができるような人が飼育するほうがよいでしょう。

また、小さなお子さんや小動物と2人だけにしておくということも避けたほうが良さそうです。

もちろん、性格には個体差がありますが、どちらかというとオスのほうが大人しいと言われています。

それで、テリア種を飼育することに慣れていない人や初心者さんであればオスのほうが飼育しやすいかもしれません。

メスのほうがイタズラ好きの子が多いみたいですよ。

ノーフォークテリアのかかりやすい病気

Norfolk terrier dog looking up, isolated on white background

ノーフォークテリアは基本的に頑丈な体つきをしていて、遺伝性疾患も比較的少ない犬種です。

ただ、ケガには注意する必要がありそうです。

自分よりも大きな体の犬にも立ち向かっていったり、ネズミなどの小動物を追いかけて壁にぶつかったりすることもあるようです。

それで、行動を抑制できるように飼い主さんは常にリードを持っていることや、行動を見守ってケガを防止してあげましょう。

またテリア犬種は皮膚疾患にもなりやすいと言われていますので、皮膚を清潔に保てるように注意してあげましょう。

他にも、気をつけておきたい病気がありますので、いくつかご紹介します。

膝蓋骨脱臼

活発な犬種に多いのが脱臼です。

中でも、膝蓋骨脱臼(パテラ)は多いといわれています。

これは、膝蓋骨が外れてしまうもので、内側に外れるものを内方脱臼、外側に外れるものを外方脱臼と言われています。

オスのほうが発症率が高く、とくに内方脱臼が多いです。

原因としては、先天性のものであれば生まれつき関節の周りの筋肉とか靭帯に異常が見られます。

外傷性であれば、高いところから飛び降りたり、転倒したりすることで発症することがあります。

症状の程度によって、日常にあまり支障がでないこともありますが、悪化すると骨が変形してしまい全く歩けなくなることもあります。

先天性の場合は予防は難しいですが、外傷性の場合できるだけ負担をかけないように生活をする事によって予防できます。

また、どちらの場合も症状が悪化しないように生活の中で段差を少なくすることや、滑りやすいフローリングなどにはカーペットを引くことなどをして膝への負担を軽減しましょう。

また体重管理をしっかりとすることも大切です。

肥大性心筋症

心筋症は心臓病の一つです。

原因不明なことも多く、発見も難しいと言われていますが、放って置くとそのまま進行して死を招く病気です。

心筋症には、肥大型と拡張型があります。

肥大型はまれですが、心室が肥大化してしまいます。

原因はよくわかっていません。

それで予防が難しいのですが、症状に早く気づいてあげることが特に大切です。

ぐったりとしている、食欲がなくなる、呼吸障害が見られる、腹水があるなどです。

心筋症の場合、今までとても楽しそうに元気にしていたのに、いっきに元気をなくしてぐったりとします。

それで、愛犬の様子が変だな、元気がないなと異変を感じたらすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

眼疾患

遺伝性疾患が少ないノーフォークテリアですが、白内障や緑内障などの眼疾患には気をつける必要があります。

これらの眼疾患は、通常老犬になるとどの犬種でも発症しやすくなります。

でもノーフォークテリアの場合は、中年齢ころに発症することもあります。

失明のリスクを減らすためには、やはり早期発見が大切になります。

白内障になると視野が曇りますので、壁にぶつかるようになったり、物音に敏感になったり、アイコンタクトが取りづらくなります。

そして、目が白く濁ります。

白内障が進行すると、緑内障などが続発することがあります。

犬の場合、白内障の原因の多くは遺伝によるものです。

愛犬が見えづらくなっているという事に気づいたら、病院にすぐに連れて行くとともに、生活環境を変えないこと、ケガをしそうな家具の角などにはガードを当てること、大きな音を出さないなどの配慮をしてあげることができます。

ノーフォークテリアのおすすめドッグフード3選!

Norfolk terrier dog eating food

活発なノーフォークテリアの体の健康維持のために、良質なフードを選んであげたいものですよね。

運動が大好きなので、良質なタンパク質を使用し、筋肉をつけまた骨や関節を強くする成分が入っていると嬉しいです。

また、小型犬は皮膚炎にもなりやすいですので、皮膚バリア機能を高めることができるような成分も入っているとうれしいでしょう。

では、ノーフォークテリアにもおすすめのドッグフードをご紹介します。

ナチュロル

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

新鮮生肉を55%も使用した、健康寿命ケアフードです。

厳選した良質なヒューマングレードの原材料を使用し、グレインフリー、グルテインフリーで、今まで手作りごはんをあげていた方も満足のドッグフードとなっています。

それも、世界初で安定・持続型ビタミンCを高濃度配合しています。

ビタミンCは、免疫力を維持するのに効果的といわれています。

犬の毛ヅヤというのは内蔵の鏡なんていわれています。

それでノーフォークテリアの免疫力を高めて、内側から健康になることで、より毛ヅヤがよくなったり皮膚トラブルも少なくすることができるでしょう。

100%無添加なので、安心して与えることができますよ。

UMAKA

UMAKA 美味華

旨味の強い鶏肉を使った確かな素材を使ったドッグフード!

こちらは、老舗料亭で人が食べている九州産華味鳥を100%使用した、かなり高級なドッグフード。

ヒューマングレードを超えた高い品質のフードを与えたいという飼い主さんにぴったりです。

原材料は国内産のものメインで使用しています。

着色料は使用していませんし、アレルギーになりやすい小麦グルテンも使用していません。

そしてノンオイルコーティングなので酸化する心配もありませんね。

そしてノーフォークテリアのような活発な犬種にもうれしいのが、グルコサミンとコンドロイチンが配合されている点です。

足腰の健康を維持して、元気にいっぱい走れるようにサポートしてくれます。

消化に負担をかけるようなものは一切含んでいないので、老犬にもおすすめですよ。

このこのごはん

このこのごはん

小型犬のためのドッグフードとして人気なのが、このこのごはんです。

こちらは小型犬がもつ、におい、どろどろ涙、毛並みがごわごわといった悩みと向き合ったフードで、高タンパクで低脂肪といった太らせたくないという飼い主さんにも向いています。

保存料は不使用で、オイルコーディングもしてありません。

人工添加物もひっていないし、酸化防止剤も不使用です。

国内の厳選素材を使用し、乳酸菌がお腹をサポートしてくれます。

そして、高タンパクなんだけどタンパク質の分解を助けてくれる青パパイヤなどの果物をミックスして、毛づやをよくします。 ノーフォークテリアといった小型犬が食べやすい小粒で、小型犬がかかえやすい問題に取り組んだフードです。

まとめ

A close up of a very cute Norfolk terrier with its tongue hanging out

とても愛らしい見た目のノーフォークテリア。

でも見た目とは裏腹に、猟犬としての素質をしっかりと持った犬種です。

テリア種らしく、勇敢で独立心があり、頑固ですが、愛情深い性格をしています。

しつけが一筋縄ではいかない、ということもあるかもしれませんが、忠誠心がありますので、テリア種の気質を理解して、小さいころから信頼関係と主従関係をしっかりと築いて訓練することができれば大丈夫でしょう。

イタズラ好きな活発な犬種ですが、飼い主さんが大好きなので、いっぱい遊んで、いっぱい笑って、たくさんの時間を一緒に過ごせば、きっと毎日に元気をくれる存在になることでしょう!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ