ドーベルマンってどんな犬?基本知識とおすすめドッグフードはこれ!

ドーベルマンってどんな犬?基本知識とおすすめドッグフードはこれ!

無駄のない引き締まった体に凛々しい顔つき、賢い「警察犬」のイメージが強い犬といえばドーベルマンでしょう。見た目には少し怖そうなイメージのドーベルマンですが実は飼いやすい犬種のようです。今回はドーベルマンの特徴や健康管理、おすすめのドッグフードなどを紹介します!

ドーベルマンって??

ドーベルマン

無駄のない引き締まった体に凛々しい顔つき、賢い「警察犬」のイメージが強い犬といえばドーベルマンでしょう。

見た目には少し怖そうなイメージのドーベルマンですが実は飼いやすい犬種のようです。実際にドーベルマンはどんな犬なのかドーベルマンの基礎知識を紹介したいと思います。またドーベルマンの健康維持に欠かすことのできないおすすめのドッグフードも紹介したいと思います。

ドーベルマンに興味のある方、ドーベルマンをすでに飼っている方も参考にされてみてください。

ドーベルマンの歴史

ドーベルマンの誕生

ドーベルマンは西暦19世紀後半にドイツで誕生した犬種です。西暦前から存在していた犬もいるくらいですので、その歴史は比較的新しい方といえるでしょう。

元のなっているのはジャーマンピンシャーです。そこにロットワイラー、ワイマナラー、マサチューセッツテリアなどを交配して誕生したのがドーベルマンです。

ドーベルマンの名前の由来は作出した人「カール・フリードリッヒ・ルイス・ドーベルマン」氏の名前から取られました。彼は税金徴収の仕事をしており普段から現金を持ち歩いていたため、襲われることがないように護衛犬としてドーベルマンを誕生させました。

目的通りドーベルマンは抜群の警護力を発揮し、飼い主に従順で忠実な犬になりました。たいへん賢くトレーニングもすぐに学習することから世界中で人気が出てきました。世界各地で警察犬として、また戦時中には軍用犬として活躍するようになりました。

戦後のドーベルマン

戦後はアメリカで人気が高まり、それまでは警察犬、軍用犬として活躍してきたドーベルマンが一般家庭にも受け入れられるようになり人気の高い犬種の仲間入りをするようになりました。ドッグショーでも活躍する人気ぶりです。

日本におけるドーベルマンの歴史は1930年代に軍用犬として輸入されたのが始まりとなっています。 現在でも警察犬、麻薬探知犬、番犬、軍用犬、盲導犬として活躍しています。

ドーベルマンの特徴

ドーベルマンの特徴は何といっても滑らかな短毛に無駄のない筋肉質の体です。

標準的な体高はオスで68~72センチ、メスで63~68センチとされています。体重は30~40キロで日本では大型犬に分類される大きさです。

とがった耳。短い尻尾

ドーベルマンの身体的特徴の一つでもあるピンっととがった耳や短い尻尾は、生後間もなく断耳、断尾によるものです。本来は垂れ耳のドーベルマンですので、断耳していないドーベルマンはやさしいイメージを与えます。

徐々にこの習慣がなくなり垂れ耳のドーベルマンが増えており、愛らしいイメージのドーベルマンが見られるようになってきました。

被毛、カラー

ドーベルマンシングルコートで滑らかな短毛のスムースコートです。ビロードのような光沢があり美しさがあります。ブラックタンやチョコタンといったカラーが人気ですが、珍しいところではブルータンやイザベラタンなどもあります。

ドーベルマンの性格

見た目の凛々しさから怖そうなイメージが先行するドーベルマンですが、実際の性格はどうなのでしょうか?

凶暴で誰にでも飛び掛かっていきそうなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、ドーベルマンは飼い主に従順で忠実です。飼い主に対する愛情が強く、そしてとても賢く警戒心が強いため、家族を守ろうと防衛意識が働き、見知らぬ侵入者には警戒心を示しますので番犬としては最高の犬ということができるでしょう。

また実は人懐っこく甘えた狩りな一面も持っています。飼い主に対しては警戒心を解いていますので、非常に甘えてきます。そんなときのドーベルマンは穏やかで落ち着いており、褒められればうれしくて調子に乗ってしまうこともあります。こんな一面を見たらドーベルマンに虜になること間違いなしでしょう。

もちろん本来ドーベルマンが誕生した目的は護衛用で、忠誠心が強く警戒心も強い犬種です。ですから家族に危機が迫った時には恐れず立ち向かう勇敢な姿は健在です。

ドーベルマンの魅力

ドーベルマンの身体的特徴や性格を見てきましたが、これらを踏まえドーベルマンの持っている魅力を紹介したいと思います。

見た目の美しさ

ドーベルマンは筋肉質で無駄のない体つきをしています。しなやかでたくましい体は「犬のサラブレッド」と呼ばれるほどうつくしい体つきをしています。

護衛犬なので安心

ドーベルマンはもともと護衛犬として活躍してきました。甘えん坊や穏やかな一面を持っているとはいえ、護衛犬の血は絶えていません。夜の散歩でも立派に警護してくれることでしょう。そういった面では一緒にいて安心の犬種です。

番犬向け

性格のところでも見ましたが、ドーベルマンは番犬向けです。警戒心が高く、飼い主に対して忠実ですので、愛する家族を守るためなら容赦なく立ち向かっていきます。身体能力も高いですので番犬に向いているということができるでしょう。

一緒に運動できる

ドーベルマンは身体能力が高く、学習能力も高いので飼い主が教えたことはすぐに学習しますし、一緒に遊ぶことも大好きです。フリスビー投げやキャッチボールなどで遊ぶことが大好きです。一緒に楽しめるのは賢いドーベルマンならではかもしれません。

良いパートナーになれる

ドーベルマンは飼い主に対して非常に忠実です。愛情深く従順でもあります。ですから子どもの時から主従関係をきちんと構築するならよきパートナー関係を築くことができるはずです。愛犬と生涯にわたって良いパートナー関係が築けるのは飼い主冥利に尽きますね。

ドーベルマンに多い病気

頑丈そうな体に見えますがドーベルマンもかかりやすい病気というものがあります。あらかじめどんな病気になりやすいのか知っておくなら予防することもできるでしょう。

ではどんな病気に鳴か借りやすいのかいくつか見てみましょう。

胃拡張・胃捻転症候群

胃拡張、胃捻転とは食べ物やガスで胃が膨れてねじれてしまう病気です。

症状としてはおなかが膨れて元気がなくなり、げっぷやよだれが大量に出るようになります。水をたくさん飲みますが吐きたくても吐けずに大変苦しい様子を見せることでしょう。症状が悪化すると胃や心臓に血液がいかず、命にかかわることもあるので早めの治療が求められます。

原因ははっきりとはわかっていませんが、胸の深い犬種に起こりやすいとされており、ドーベルマンも胸の深い犬種ですので注意が必要です。特に大量に水を飲んだ後、食後などにすぐ運動することが要因の一つとされています。食後はすぐに運動させるのではなく、1時間ほど休憩させると良いでしょう。

また食事を一気にドカッと食べないようにさせることや水の一気飲みをさせないようにすることもできます。ドライフードは水を含むことでおなかの中で膨らむことがありますから。少し水でふやかしたものを与えるようにするなどの工夫もできるでしょう。

心筋症

主に左心室の壁の筋肉が分厚く肥大する病気で、心臓の働きが弱くなり呼吸困難や運動した時疲れやすくなったり、不整脈を起こすことがあります。血栓ができやすくて血管に詰まり障害を起こすこともあります。そのため運動したがらなくなり疲れやすくなって、元気がなくなってくるのが特徴です。

原因ははっきりしておらず遺伝的要因が関係しているとも考えられています。完治することはない病気ですが、早期発見早期治療で症状を緩和させることができます。ドーベルマンは心筋症にかかるリスクが高いので、ある程度の年齢になったら定期的な検診をすると安心ですね。

脱毛症

ドーベルマンは皮膚疾患が多い犬種ですが、中でも脱毛症には注意が必要です。

10円は毛のように円形の部分的脱毛や、全身に脱毛が見られることもあります。首元やおしり周辺など左右対称に脱毛が見られることがあります。場合によっては脱毛と赤みやかゆみが見られることもあります。

原因はアトピーやアレルギー、真菌や細菌、ホルモン異常によることがあります。原因によって治療方法も変わるので、まずは脱毛がみられたら専門家に診てもらい原因を追究しましょう。

膿皮症

脱毛の他によく見られる皮膚疾患が「膿皮症」です。膿皮症は他の犬種でも多く見られる皮膚疾患の一つです。赤い腫れや発疹、かさぶた、フケなどが見られます。腫れによる痛みや発熱が見られることもあります。

膿皮症の原因はブドウ球菌などの細菌感染が主な原因ですが、他にもアレルギー性皮膚炎やダニ感染症の二次感染として膿皮症を起こすこともあります。また強いシャンプーのし過ぎによって皮膚を傷めて膿皮症になるケースもあります。

原因に合わせた治療が必要となります。抗生物質や抗菌剤の投与、薬用シャンプーの使用、生活環境を清潔にすることなども大切です。またアレルギーが原因の皮膚炎からくる場合もあるので、普段食べているドッグフードの見直しも必要になるでしょう。

股関節形成不全

大型犬のドーベルマンによく見られる病気の一つが「股関節形成不全」です。股関節が正常に形成されなかったり、変形することで歩行障害がでる病気です。腰を左右に振るような歩き方やうさぎ跳びのような歩き方をします。また後ろ足をたためないため、後ろ足を投げ出すような形で座ります。

主な原因は遺伝的要因と環境的要因です。親犬が股関節形成不全を患っている場合は繁殖には注意が必要です。また大型犬は生後2か月頃急激に体重が増えるため、この成長期に激しい運動をしたり股関節に無理な力が加わったりすることで、形成不全を起こすと考えられています。

歩き方がおかしかったり、座り方がおかしいと思ったらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。初期のうちでしたら体重コントロールや鎮痛剤の使用などでうまく病気と付き合う方法がありますが、症状が悪化すると外科的手術が必要になることもあります。

子犬の時期はかわいいからといってフードを与えすぎて肥満にならないように注意しましょう。肥満は股関節に負担をかけて症状を悪化させかねません。また関節が安定するまで激しい運動も避けるようにします。

ドーベルマンの健康維持におすすめのドッグフード

ドーベルマンが健康で長生きするのに欠かせないのがドッグフードです。食は体を作るといわれているほど、食べるものは本当に大切です。

ドーベルマンがかかりやすい病気の中には胃捻転や脱毛症、膿皮症がありましたが、これらの原因はドッグフードが原因となっていることもあるのです。栄養の低いドッグフードですと栄養を補うためにたくさん食べなければいけなくなり、それが胃捻転の原因となるかもしれません。また品質の良くないドッグフードですとアレルギーや消化不良を起こすことがあり、皮膚疾患の原因となりかねません。

ですから栄養価の高い高品質のドッグフードが必要となるわけです。では栄養価の高い高品質のドッグフードの見分け方を見てみましょう。

原材料

まずは原材料欄をよく見てください。犬にとって一番必要な栄養素は「動物性たんぱく質」です。ですから原材料の一番最初に「肉や魚」が表記されているものを選ぶようにしましょう。どんな肉や魚を使っているのか「チキン・ラム・サーモン」といったようにはっきり表示されているものが望ましいでしょう。

肉の品質

いくら肉が第一原材料になっているとしてもその肉の品質は大丈夫ですか?

「ミール系、肉副産物」の表記がある場合、使用されている肉の品質は良くないことがほとんどです。食用として取り除いた本来なら廃棄にするような鶏の頭や足、はね、骨や血液、牛のひずめなどを粉砕して使用していることがあります。さらに病気で死にかけの家畜や事故死した腐りかけの家畜の肉が使用されている可能性もあるのです。そのような肉にどれだけの栄養があるでしょうか?消化に良いとも言えません。

ですから肉の正体がはっきりしているものを選ぶようにしてください。少しでも疑問がある場合はメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

穀物

ドーベルマンを含む犬に多いのが食物アレルギーです。特に穀物の「トウモロコシや小麦」に対してアレルギーを持っている犬は多くいます。皮膚疾患や下痢やおう吐といった症状がみられるでしょう。 さらに穀物は本来肉食動物の犬にとって消化吸収が苦手な食材なのです。穀物は消化ができないため胃にたまり消化不良を起こして下痢やおう吐を起こすことがあります。

ですから穀物が含まれていないグレインフリーのドッグフードが望ましいでしょう。

穀物は一切使用しないグレインフリーのドッグフードもあれば、大麦や玄米などは栄養価が高く消化にも優しくアレルギーを起こしにくい食材といわれているため、これらの穀物は使用しているドッグフードもあります。

愛犬の様子を見ながら選ぶようにしてくださいね。

ドーベルマンにおすすめのドッグフードは「モグワン」

これらをふまえたうえでドーベルマンにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

モグワンは主原材料がチキン生肉と生のサーモンを使用しています。なんとこれら動物性たんぱく質が原材料の50%以上というので驚きです。これは犬にとって本当に必要な栄養素が取れるので安心ですね。

さらに穀物を一切使用していません。ですからアレルギーのある犬でも安心して与えることができます。脱毛症や膿皮症といった皮膚疾患の原審がアレルギーによるものでしたらフードを変えることで症状が改善するかもしれません。

その他にも野菜やフルーツがたっぷり使用されていますし、使用している原材料もすべてヒューマングレード(人間が食べることのできるレベルのもの)です。

発がん性やアレルギーのリスクが高い危険な酸化防止剤や合成着色料、香料といった添加物も一切使用していません。使用している酸化防止剤はビタミンE、ミックストコフェロールという天然由来のものですので安心して愛犬に与えることができます。

グルコサミンやコンドロイチンが配合されているので、足腰に負担のかかりやすい大型犬のドーベルマンにもおすすめです。さらにサーモンオイルの使用で毛並みや毛艶の健康をサポートしてくれます。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

まとめ

今回はドーベルマンの基礎知識を紹介してきました。見た目どりの警戒心の強さや飼い主に対する忠実なところがありながら、以外にも甘えん坊で穏やかな一面も持っているドーベルマン。魅力的な犬種の一つです。

そんなドーベルマンの健康を維持するのにも欠かすことができないのが高品質のドッグフードです。

ドーベルマンは体が大きいため食べる量が多いことから、安いドッグフードを選ぶ傾向が強いかもしれません。しかし粗悪な原材料のドッグフードを毎日食べることでアレルギーを起こしたり、その他の病気のリスクが高くなります。病気で苦しむ愛犬の姿は見たくありませんよね。

ですからぜひ愛犬のために高品質で栄養価の高いドッグフードを選ぶようにしてください。 モグワンは1キロ当たり2000円少々ですので、高品質の割にはリーズナブルなドッグフードと言えます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事