ドライタイプのドッグフードの特徴とおすすめフード3選!

ドライタイプのドッグフードの特徴とおすすめフード3選!

みなさんは愛犬のドッグフードはどのように選んでいますか?ペットショップに行くと本当にたくさんのドッグフードが販売されているので、どれを選んだらよいかわからなくなるのではないでしょうか?今回はドライタイプのドッグフードの特徴やおすすめしたいドッグフードを紹介したいと思います

ドッグフードの種類

ドッグフードの種類

現在ドッグフードは色々な種類がありますが、ドッグフードの硬さや形状によって「ドライタイプ」「セミモイスト、ソフトドライタイプ」「ウェットタイプ」などがあります。

それぞれの大きな違いは水分含有量です。ドライタイプは水分が10%以下、セミモイスト、ソフトドライタイプは25~30%、ウェットタイプは75%程度となっています。

ですからドライタイプはカリカリした食感が特徴的で保存がききます。

セミモイスト、ソフトドライタイプとしてはジャーキーなどのおやつが有名です。肉に近い食感があるため犬が好みますが、水分が多いため腐らないように防腐剤が多く使用されています。

そしてウェットタイプは香りがよく生食にかなり近くなっています。また柔らかいため噛む力が弱ったり歯がなくなってきたシニア犬にもおすすめです。

ドライタイプの特徴

フードを食べるワンコ

では今回紹介したいドライタイプのドッグフードの特徴について見ていきましょう。

最大の特徴は上記でも触れましたが、水分含有量が10%以下であるということです。

数あるドッグフードの中でも一番多いのがこのドライタイプのドッグフードです。水分が少ないため乾燥しており、食べるときに「カリカリ」音を立てるため、「カリカリ」と呼んでいる方も多いでしょう。

他のウェットタイプやセミモイスト、ソフトドライタイプのフードと比較しても安く販売されていますし、なんといっても保存がきくので重宝します。またドライタイプのフードは、水と一緒に与えることで、一日に必要な栄養素が取れる総合栄養食となっているので、非常に手軽なのです。

栄養バランスのために他に肉や野菜を与える必要はないのです。

ドライタイプのメリット・デメリット

犬と飼い主

ではドライタイプのドッグフードのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

メリット

ドライタイプのドッグフードのメリットは何でしょうか?

・種類が豊富 ・長期保存可能 ・歯石予防 ・あご強化 ・安い

ドライタイプのドッグフードは種類が豊富です。

犬種別、年齢別、ライフステージ別、また愛犬の特に気になる健康に合わせたものまで種類が豊富なのです。例えば毛並みの改善、特定の病気に特化したもの、ダイエット目的などがあります。ですから愛犬に合ったものを見つけることができるはずです。

またドライタイプのドッグフードは熱加工の後に乾燥させているので、水分が極めて少ないため腐りにくいため長期保存が可能になっています。開封前でしたら約1年間は保存がききます。中には賞味期限が2,3年というものもありますが、この場合は大量の保存料や防腐剤が使用されていることが予想されます。

開封後は1か月を目安に消費すると良いでしょう。

ドライタイプのドッグフードは水分が少ないので、フード自体が硬くなっています。そのため食べるとカリカリ音がします。この硬いものを噛むという行為によって犬はあごの筋肉を鍛えることができますし、硬いフードが歯をこすって歯石の原因となる歯垢を取る効果が期待できます。

そしてウェットタイプのフードに比べると安く購入できます。安いものになると1キロ当たり数百円から購入できます。

ただしあまりにも安いものは粗悪な原材料を使っている可能性が高くなりますので注意しましょう。

デメリット

メリットとデメリット

ではドライタイプのドッグフードのデメリットは何でしょうか?

・食いつきがいまいち(?) ・水分不足になりやすい ・歯が悪いと食べにくい

ウェットタイプのフードは素材そのものの風味が生かされているので、香りや味がよく犬が最も好むフードです。セミモイストタイプやソフトドライタイプも肉の食感に近いので、犬が好みます。それに比べるとドライタイプは食いつきがいまいちに感じるかもしれません。

ドライタイプの特徴である水分量が少ないため、ドッグフードからは水分が取れません。そのためフードとは別に水分を与える必要があります。普段から水分をあまりとりたがらない犬ですと水分不足になる恐れがあります。フードを与えるときは必ず新鮮な水も一緒に与えるようにしましょう。

また水分が少ないため硬いということは、歯が悪い犬や噛む力が弱ってきたシニア犬は食べにくく感じるかもしれません。うまく噛むことができず丸呑みするようにして食べたり、噛むのがおっくうになって食べなくなるかもしれませんね。

これらの問題を解決するためには、フードを水やぬるま湯に浸してから与えることができます。

こうすることでフードが柔らかくなるので食べやすくなりますし、水分も一緒にとることができます。水もフードの味がするので喜んで飲むことでしょう。

特に夏場は暑くて脱水症状になりやすいですし食欲が落ちやすいので、この方法はおすすめです。

ドライタイプのドッグフードの選び方

ワンコと飼い主

ホームセンター、ペットショップでも実に多くのドッグフードが販売されているので、どんなドッグフードを選んだらよいかわからないという方は少なくありません。

ではドッグフードを選ぶ際の4つのポイントを紹介します。

・主原材料が動物性たんぱく質 ・グレインフリー ・ヒューマングレード ・無添加

主原材料が動物性たんぱく質

ドッグフードの原材料の1~3番目にあげられているものを主原材料と考えます。ぜひ主原材料には「チキン、ラム、鹿肉、サーモン」など動物性たんぱく質のものを選ぶようにしましょう。犬にとって一番必要な栄養素だからです。

グレインフリー

小麦

グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選びましょう。

元々肉食動物である犬は、穀物の消化吸収を苦手としています。消化ができないため消化不良を起こして下痢やおう吐をしたり、アレルギーを発症することがあります。

特に安いドッグフードの主原材料になっていることが多い「小麦やトウモロコシ」は犬がアレルギーを起こしやすい食材といわれています。穀物アレルギーを持っている犬は少なくありません。

ですから穀物が使用されていない「グレインフリー」のドッグフードを選ぶようにしましょう。

ヒューマングレード

ヒューマングレードとは人間が食べる品質の食材であることです。当たり前と思うかもしれませんが、安いドッグフードの中には粗悪な原材料を使用しているものがたくさんあります。

例えば食用として取り除いた後に残った本来なら破棄にするような鶏の頭や羽根、血液、骨などの他にも、病気や事故で死んで腐りかけた家畜の肉を使用している可能性もあるのです。

特に原材料欄に「○○ミール、エキス」などがあったら粗悪な原材料を使用している可能性が高いです。

無添加

ドッグフードの中にはたくさんの添加物が使用されていることがあります。日持ちさせるための防腐剤や酸化防止剤、カラフルでおいしそうに見せるための着色料、嗜好性を高めるための調味料や香料などがあげられます。

しかし科学的に合成した合成添加物の中には健康被害を及ぼすものもあり、発がん性、アレルギー、内臓疾患、染色体異常などのリスクが高いものもあるのです。

ですから愛犬の健康のためにも無添加のものを選ぶようにしましょう。

おすすめのドライタイプのドッグフードはこれ!

飼い主の顔を舐めるハスキー

これらドッグフードを選ぶポイントを押さえている、おすすめできるドッグフードを紹介します。

カナガン

カナガン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 イギリス
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

「カナガン」はイギリス産最高級のグレインフリーのドッグフードです。カナガンの最大の特徴は、100%無添加、グレインフリー、そして肉をたっぷり使用していることです。

カナガンの原材料を見ると新鮮なチキンを50%使用しています。新鮮なチキンをたくさん使っているので犬にとって必要なタンパク質がたっぷり摂取できます。またチキンは嗜好性の高い肉ですので、カナガンドッグフードは嗜好性の高い食いつきが良いドッグフードなのです。

特にカナガンで使用しているチキンは自然の中で飼育されたチキンですので、うまみが違うようです。

そしてカナガンがおすすめできる他の理由は、使用している原材料がすべて人間が食べることができるヒューマングレードの原材料のみを使用しているということです。どんな動物の肉を使用しているかわからないようなミール系や肉副産物等は一切使用していません。

さらに犬のアレルギーとなりかねない、穀物を一切使用しないグレインフリーですので、穀物アレルギーの犬も安心して食べることができます。

穀物を使用しないことで腹持ちが悪くなるという問題点が生まれますが、その点はサツマイモやリンゴを使用することで食物繊維を補給し腹持ちを良くしています。

そしてカナガンは人口添加物は一切使用していません。油脂を使用しているドッグフードは酸化しやすいため酸化防止剤が欠かせませんが、カナガンでは安全性の高い天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しており、着色料や香料は使用していないので安心して愛犬に与えることができます。

一袋2キロで3,960円ですが、定期コースを申し込めば、最大20%オフになるのでお得に購入することができます。

アランズナチュラルフード

アランズ

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

アランズナチュラルドッグフードもイギリス産のドッグフードですが、こだわりは「無添加」です。添加物は一切使用せず、犬が本来使用している食事を自然素材だけで実現していることが評価されています。

ナチュラルドッグフードの原材料は、ラム肉、玄米、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油のみです。 アレルゲンとなりやすい小麦、大豆、乳製品、トウモロコシ、牛肉、豚肉は使用していません。

人口添加物や肉副産物、着色料や保存料、香料も一切使用していません。人間も食べることができる原材料のみを使用しているので、安心して愛犬にも与えることができます。

アランズナチュラルフードで使用している主原材料は、犬がアレルギーを起こしにくいとされているラム肉です。高たんぱく、低脂肪で栄養価の高い生ラム肉55%使用されているので、嗜好性が高く食いつきの良いフードに仕上がっています。

玄米やオーツ麦など穀物を使用していますが、これら穀物は比較的消化が良くビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、アレルギーの原因であるグルテンがないためそこまで心配しなくてもよいでしょう。

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンは手作り食のレシピから生まれたプレミアムドッグフードです。

モグワンのメイン原材料は「イギリス産の平飼いチキン生肉とスコットランド産の生サーモン」です。なんとこれら動物性たんぱく質の割合が50%以上なので、犬にとって必要な栄養素がしっかりとれます。

チキンは高たんぱく質、低脂肪の栄養豊かな動物性たんぱく質ですし、サーモンは消化が良く、DHAやEPAが豊富に含まれており、毛並みや毛艶を良くしたり免疫力を高める働きがあります。

このようにモグワンで使用している肉や魚は、原産地やどんな肉をどのくらいの割合で使用しているか明らかにしているので安心感があります。

またモグワンは消化に良くないアレルゲンにもなりかねない穀物を一切使用していないので消化にも良く、アレルギー対策がされたドッグフードといえますね。

さらに着色料や防腐剤などの危険な添加物も使用していません。ドッグフードに欠かせない酸化防止剤は安全性の高い「ミックストコフェロール」という天然由来のものを使用しているので、安心して与えることができます。

その他の野菜やフルーツもすべてヒューマングレード、人間が食べるレベルのものを使用しています。

まとめ

ラブラドールと飼い主

今回はドライタイプのドッグフードの特徴とおすすめのドッグフードを紹介してきました。

ドライタイプのドッグフードは保存がきくことや、栄養バランスが良いこと、歯石予防やあごを鍛えることができるなど様々なメリットがあります。ぜひ愛犬の体に良い良質の動物性たんぱく質を使用した、穀物不使用、無添加のドッグフードを選んであげてください。

食事は愛犬の健康なからだを作る基礎です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ