ドッグフードへの食いつきが悪い?嗜好性が低下する理由と改善策!

ドッグフードへの食いつきが悪い?嗜好性が低下する理由と改善策!

今回は犬の食いつきに何が影響しているのか、犬の習性や嗜好性が低下する原因について調べました。また、愛犬にしっかりフードを食べてもらうために、嗜好性を向上させる秘訣をご紹介します。

愛犬にしっかりドッグフードを食べてもらいたい!

犬と飼い主

どんな基準で選んでよいか分からなくなるほど、いろんな種類があるドックフードですが、どれほど真剣に選んでも、ワンちゃんが食べてくれなければ意味がありません。

せっかく愛犬の健康を考えて購入した、高品質で高価なプレミアムドックフードに、「愛犬が見向きもしてくれなかった」という残念な経験をした方も多いのではないでしょうか。

また、いつもは食欲旺盛なワンちゃんが、急にフードを食べなくなると、「病気になってしまったのではないか」と心配してしまう事もあります。

そんな悲しい思いをしないように、今回の記事では、犬の食いつきに何が影響しているのか、犬の習性や嗜好性が低下する原因について調べました。また、愛犬にしっかりフードを食べてもらうために、嗜好性を向上させる秘訣をご紹介します。

犬にとって「おいしい」フードとは

犬と飼い主

そもそも、犬はどのように食べ物のおいしさを判断しているのでしょうか。犬には人間と同じように、食べ物の味を感じる「味蕾(みらい)」があります。

この「味蕾」の働きによって、食べ物の「甘み」や「酸味」、「塩味」、「苦味」、「苦味」と、5つの味を認識する事によって、美味しさを判断しています。

しかし、人間の舌には、およそ9000個から10,000個の味蕾細胞があるのに対し、犬の舌には2000個程度しかないと言われています。人間のおよそ5分の1しか味を認識する機能が備わっていないため、食べ物の味わいを理解する感度が低いとされています。

一方、犬や猫は「嗅覚」が非常に発達しています。鼻の粘膜にある「嗅覚受容体」の数は、人間が1,000万個なのに対し、犬種によって幅がありますが、犬には2億2000万あるとされています。

こうした犬の身体的な特徴ゆえに、犬はまずフードの「におい」を嗅いで、そのフードを食べるかどうか判断し、口に入れた後に、粒の大きさや形、硬さなどの食感を確かめて、最後に味を確認します。

そのため、犬にとって「おいしい」と感じる最も大切な要素は、フードの「におい」です。「におい」が気に入らないと、そもそも食べたいという感情が湧きません。

人間が、食べ物を口に含んだ時の味だけでなく、盛りつけの色合いや、料理の匂い、食感などを楽しむのと同じように、犬にとっては、フードの「臭い」や「食感」、そして「味」が、おいしいと感じる決め手になっています。

因みに、フードの色合いを良くするために、着色料などが使用されているドックフードも多くありますが、犬にとってフードの色合いは、嗜好性にほとんど影響しません。

ドックフードの食い付きが低下する原因

犬と飼い主

犬の食い付きが低下する原因は、単なるわがままから深刻な病気に至るまで、実に様々です。嗜好性が落ちる代表的な原因を、幾つかご紹介します。

1.体調不良や病気を患っている

元気がない犬

愛犬の食欲が低下すると、まず病気の心配をする飼い主が少なくありません。しかし、ドックフードを食べないというだけで病気だと判断するのは困難です。そんな時は、他の症状が出ていないか、健康状態を観察する必要があります。

例えば、下痢や軟便、血便などが続いている場合には、胃腸炎などの消化器官に問題を抱えている可能性があります。また、咳をしていたり、運動すると息が上がるようであれば、「ケンネルコフ」や「気管支炎」など、呼吸器の病気を患っている可能性があります。

震えや嘔吐が見られる時には、感染症の疑いがあります。また、大型犬の場合には、胃捻転などの生死に関わる病気の可能性もあるので、注意が必要です。感染症にかかってしまった場合には、発熱や脱水症状も表れます。

加えて、匂いで食べ物を食べるか判断している犬は、鼻に異常があると嗅覚が鈍るので、食欲が低下することがあります。また、歯周病などの歯の病気になっていて、食べる時に痛みが生じるので、食べる量が低下しているという場合もあります。

食欲の低下に伴って、健康状態にも変化が表れた場合には、病気や体調不良が原因で食い付きが悪くなっていることがあるので、早めに病院で受診するようにしましょう。

2.食習慣が乱れている

太った犬

おやつなどの他のフードは食べるのに、ドックフードだけ食べない場合は、食習慣の乱れによって、フードの食い付きが低下している可能性が高いようです。

しつけのために、ご褒美としておやつを与えているつもりでも、量や頻度に問題があると、おやつだけでお腹いっぱいになってしまい、ドックフードを食べなくなってしまうことが良くあります。

また、おやつの美味しさを覚えてしまうと、食べ好みするようになり、ドックフードよりおやつが食べたくて、頑なにドックフードを食べなくなるというケースもあります。特に知能が高い犬種では、飼い主と駆け引きをするようになることもあります。 しかし、ジャーキーなどのおやつでは、必要な栄養素をバランス良く摂取することは出来ません。また、全体的にカロリーが高く、塩分や糖分などが多く含まれているので、おやつ主体の食事を続けていると、愛犬の健康を損なう恐れがあります。

3.精神的なストレスを抱えている

ストレスをかかえる犬

犬はとても敏感な生き物です。散歩などの毎日の運動を必要としており、規則正しい生活を好む傾向があります。しかし、人間と共に生活するために我慢していることも多く、ストレスを抱え込んでしまう場合があります。

例えば、自分の体を執拗に舐め続けたり、掻き続けたりする行動は、ストレスを感じているサインの可能性があります。また、ストレスが原因で、同じ場所をグルグルと歩き回ったり、体をブルブルと振る動作をすることもあります。

犬にとって、一人で留守番する時間が長いことや、十分な運動が出来ないことが、ストレスになる場合があります。また、近くで工事が行なわれていて、大きな音を不快に感じているという場合もあります。

飼い主に子供が生まれたり、成人した子供が家を出て行く、などの家族構成の変化や、引っ越しなどの生活環境の変化でストレスを感じることもあります。そうしたストレスによって精神的に疲れてしまい、食欲が低下してしまう可能性があります。

4.老化によって体が衰えている

老化した犬

一部のシニア犬は、老化に伴って食欲が低下することがあります。人間と同じで、犬も年齢を重ねるたびに、若い時よりも食が細くなる傾向があります。

内臓機能の低下などによって、お腹に負担がかかってしまっている場合や、老化によって嗅覚が衰えたために、食欲が低下しているケースが考えられます。

また、加齢に伴う歯槽膿漏などによって、痛みでうまく咀嚼できないことが、食事量の低下と関係していることもあります。

5.ドックフードに問題がある

ドッグフード

ドックフードを切り替えた途端に、愛犬の食い付きが低下することがあります。食べ好みと見分けるのが難しいですが、本当に新しいドックフードに問題がある場合もあります。

ドライタイプのフードは、栄養バランスに優れている一方で、手作りフードやウェットタイプのフードと比較すると、消化に悪く傾向があります。また、保存料などの添加物が多く含まれている物も多くあります。

消化器官に負担がかかり、胃もたれのような症状になっているために、愛犬の食欲が低下している可能性があります。また、フードに劣化による臭いの変化で、嗜好性が低下している場合もあります。

加えて、子犬や小型犬に粒が大きめのフードを与えている場合など、純粋に食べづらいことが原因で、フードを食べたがらないこともあります。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

6.しつけの失敗

犬のしつけ

しつけの甘さが原因で、食い付きが悪いケースもあります。特に子犬の時期は、好奇心旺盛なので食事に集中できないワンちゃんも少なくありません。遊びながらダラダラ食べたり、食べるのを途中でやめたりすることも多くあります。

そんな時に、犬をきちんとしつけないで、愛犬の好きなように食べさせていると、遊び食いの習慣が身に付いてしまいます。また、残したフードを片づけずに、出しっぱなしにしていると、いつでも食べられると学習して、ますます食事に集中しなくなります。

また、興味深い事に、犬の味覚は生後6ヶ月までの食生活で嗜好性が決まるという研究結果もあります。子犬の時に様々な食べ物を食べた経験を持つと、その後も好き嫌いせずいろいろなものを食べるようになります。

しかし、幼少期に特定のフードしか食べない偏食をしていると、逆に好き嫌いが激しくなる傾向があるようです。

食い付きを改善するための方法

愛犬がドックフードをなかなか食べてくれない時は、犬の特性を考慮に入れて、食欲を刺激したり、食べやすい環境を整える事によって、食い付きを改善することが出来ます。効果的な幾つかの方法をご紹介します。

1.ドックフードを温める

電子レンジ

犬が「におい」でフードを食べるかどうか判断している点を考慮して、「におい」が出やすいように、ドックフードを温めてあげる事が効果的です。

電子レンジやドライヤーを利用すると、簡単にフードを温めることが出来ます。また、直接フードに熱を加えることに抵抗がある方は、事前に温めておいた容器にフードを入れてあげたり、給餌する前に手で少しフードを混ぜてあげるだけでも、効果があります。

ドックフードを温める時は、37℃から40℃の、人肌程度の温度に温めるようにしましょう。あまり加熱し過ぎてしまうと、犬がやけどしてしまう危険があるだけでなく、フードの品質を損なう場合があります。

例えば、「ビタミン」や「酵素」などのドックフードに含まれる大切な成分が壊れてしまう可能性があります。「酵素」は一般的に60℃以上になると破壊されてしまうと言われているので、ドックフードを60℃以上に加熱することは絶対に避けましょう。

ドックフードを温めることは、愛犬の消化をサポートして、胃腸への負担を軽減させる効果も期待できます。また、人工添加物や粗悪な原料が使用されている場合、温めると悪臭を発することも多いので、フードの安全性を検証するのにも役立ちます。

2.ドックフードをお湯でふやかす

ドッグフードと水

お湯でドックフードをふやかすことによって、フードの食感を変える方法も効果的です。この方法は、特に消化機能が低下していたり、高齢犬だったりして、咀嚼に問題がある犬に効果があります。

犬は、「におい」で食べるかどうか判断した後、ドックフードを口にふくみ、粒の大きさや硬さなど、食感を味わっています。そして、食べにくいと感じると、自然と嗜好性は低下して行きます。

そんな時は、お湯でドックフードをやわらかくしてあげると、食べやすくなり、食い付きが良くなる場合があります。また、お湯でフードが温められるので、においを強める効果も期待できます。

夏場など、暑さによって食欲不振に陥っている場合には、ふやかしたドックフードを与える事によって、食事と一緒に水分も摂取してくれるというメリットもあります。

しかし、継続してお湯でふやかしたフードを与えていると、噛む力が弱ってしまう危険性があるので、特に成長段階にある犬の場合には注意が必要です。

また、加熱する場合と同じですが、「酵素」や「ビタミン」などの成分は熱に弱いため、沸騰したお湯などを使用してしまうと、ドックフードに含まれている大切な成分が損なわれてしまう危険性があります。

ドックフードの栄養素を保つために、ドックフードをふやかす時に使用する水の温度は60℃未満のぬるめのお湯を使用するようにしましょう。

加えて、一度水でふやかしたドックフードは、腐りやすいので、すぐに食べさせるようにし、残ってしまった場合には捨てるようにしましょう。

4.給餌環境を見直す

犬とドッグフード

ドックフードが与えられる環境も、ワンちゃんの嗜好性に大きく影響しています。落ち着いて食事できる環境を整えてあげることで、食い付きの良さが向上する場合があります。

一般的に、犬や猫がストレスを抱えること無く、食事や休息、排泄などの日常生活を行うためには、それぞれの活動スペースに最低限50㎝以上の距離が必要だと言われています。

愛犬のためのスペースを取り分けるため、「フードボール」や「トイレトレー」などの犬用グッツを、部屋の同じ場所にまとめて設置している飼い主も少なくありません。

しかし、犬も人間と同じで、食事とトイレが同じ場所にあることを嫌がります。トイレに近い場所で給餌していることが原因で、ワンちゃんの嗜好性が低下している場合もあるのです。

そのため、「フードボール」はトイレから遠い場所に置くようにしましょう。最低でも50㎝以上は離す必要があります。

また、ワンちゃんが落ち着いて食事できるように、静かな場所を確保してあげましょう。犬にとって快適な場所は、キッチンである場合が多いようです。幼い時から、人間と同じ食事空間を意識しながらフードを準備してあげると、良い食事の習慣が身に付きます。

食べにくい食器がストレスになって、ドックフードを食べなくなるケースもあります。例えば、大型犬やシニア犬にとって、食器の位置が低すぎると、前かがみすることが難しいので、とても食べにくいと感じます。

そんな時は、台の上に「フードボール」を設置するなどして、愛犬の体格に合わせて適切な高さに調整してあげると、食べやすくなります。また、勢いよく食べるために食器が動いてしまう場合には、陶器製のしっかりした食器を使うと良いでしょう。

こうしたポイントを踏まえて、食器を置く位置や素材などを工夫することによって、ドックフードに対する食い付きを向上させることが出来ます。

5.食事の習慣を確立する

犬と飼い主

規則正しい食習慣を確立することによっても、ワンちゃんの食事リズムを安定させ、フードに対する食い付きの良さを高めることが出来ます。

もし、ダラダラ食いをしたり、食事の途中で遊んでしまうようなら、心を鬼にしてフードを片づけましょう。いつでも食べられるようにドックフードを出しっぱなしにすることもやめましょう。

食事を食べない時は、おやつなどを与えることも控えるようにしましょう。時間を決めて、適切な量を毎回給餌することによって、食事の時間を習慣づけることができます。

まとめ

わんこと飼い主

ドックフードの食い付きが悪い原因は実に様々です。しかし、その理由を探ると、話すことが出来ないワンちゃんの心の声を聞くことが出来ます。愛犬の抱えている問題を知ることが可能です。

愛犬の食欲の変化をきちんと観察していれば、感染症や胃腸炎だけでなく、「胃捻転」などの命に関わる病気を早期発見できる可能性があります。

また、生活環境の変化で、愛犬がストレスを抱えていることに気付くこともあります。良いと思って購入したドックフードの品質に問題があると分かる場合もあります。

ちょっとわがままになっているので、しつけが必要というケースもありますが、愛犬と正しい信頼関係を築くきっかけになるかもしれません。人間と同じで、正しい食習慣は健康に欠かせない大切な要素なので、愛犬の心の声に耳を傾けてあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ