ドッグフードのK9ナチュラルって?原材料やみんなの評判を知ろう!

K9ナチュラルはニュージーランド産の原材料で、穀類、合成添加物を一切使っていない、水で戻すタイプのフリーズドライのドッグフードです。実際のところはどうなのでしょうか?今回はK9ナチュラルの原材料や特徴、みんなの口コミや評判からメリット・デメリットを探ります!

K9ナチュラルって??

K9ナチュラル

「K9ナチュラル」の開発者は、イギリスの警察犬をしつけ、教育し、大切に飼育する役目を担っているハンドラーで、警察犬チーム「K9ユニット」の一人です。

ある日、犬の食事に生肉を与えたところ1日目、2日目と体調が元気になり、毛艶も変わり、生肉を食べさせることによって「こんなにも活動的になるのか」と思い開発者はハンドラーの職をやめ、生肉を使ったフードの商品化にむけ開発をはじめたのがK9ナチュラルの誕生の第一歩でした。

ニュージーランド産の原材料で、穀類、合成添加物を一切使っていない、水で戻すタイプのフリーズドライのドッグフードです。では、そんなK9ナチュラル、どんなドッグフードなのか原料や口コミ、評判について調べてみました。

K9ナチュラルの基本情報

「愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らすため」をコンセプトに作られた「K9ナチュラル」。家畜の飼育クラスが最高クラスのニュージーランドで、人間が食べるように育てられた生肉を使用しています。また、生肉は食品工場で処理され、厳しい審査のもと管理されています。

商品の特徴は卓越した持久力を持つ、オオカミの食事を参考にしてレシピの開発し、消化しやすく高エネルギーなものが仕上げています。

K9ナチュラルの特徴

穀物不使用(グレインフリー)

安価なドライフードには、肉食動物である犬にとって不要な、穀類、いも類、豆類などが入っています。

これらは粘性が高いので、ツナギやカサ増しとして使われることがありますがK9ナチュラルでは使用していないので、一粒一粒が柔らかく、ほぐせるようになっています。

フリーズドライ製法

これはK9ナチュラルの最大の特徴とも言えるでしょう。フリーズドライ製法とは水分を含んだ原材料を瞬間に凍結して減圧器の中で真空状態にして、水分を昇華させて、乾燥させることです。加工の時に調理熱が45℃以上にしないことによって、生の原材料をに含まれる栄養素が熱によって壊れることなく残すことができるようになりました。

水分が含まれていないので、未開封の状態で2年間の常温保存ができます。実際の4倍のフードがコンパクトになっているので収納場所にも困りません。

食べさせ方はフリーズドライフードに水、またはぬるま湯を加えて混ぜることにより手作り食のような風味があり、素材そのものの生きた栄養を摂ることができます。

K9ナチュラルの商品ラインナップ

ラム・フィースト 脂肪を燃焼しやすくす‘L-カルニチン’がたっぷり入っている「ラム肉」。体を温めてくれるので、代謝を高める効果もあり、ラム肉の香りや味を楽しめます。

15g(水で戻すと60g)→297円(税込)、142g(水で戻すとき568g)→2,257円、500g(水で戻すと2kg)→5,996(税込)

1.8kg(水で戻すと7.2kg)→20,023円(税込)、3.6kg(水で戻すと14.4kg)→37,265円

ビーフ・フィースト 元気いっぱいに動き回るアクティブなワンちゃんや、食が細い子にも、カロリーはしっかり摂取できるのでおススメです。また「牛肉」には血や筋肉を作る動物性の鉄分も豊富です。

15g(水で戻すと60g)→297円(税込)、142g(水で戻すと568g)→2,257円、500g(水で戻すと2kg)→5,996(税込)

1.8kg(水で戻すと7.2kg)→20,023円(税込)、3.6kg(水で戻すと14.4kg)→37,265円

ベニソン・フィースト優しい香りが上品な、1番人気の「鹿肉」です。からだを作るタンパク質が豊富に入っています。低カロリーなので、ダイエットに向いています。人間食用に育てられた安心の品質です。

15g(水で戻すと60g)→400円(税込)、127g(水で戻すとき508g)→3,024円、

450g(水で戻すと1.8kg)→8,177(税込)、1.5kg(水で戻すと6.0kg)→26,676円(税込)

チキン・フィースト 「鶏肉」は脂肪分やカロリーが控えめ、でもタンパク質の吸収率は優れています。嗜好性が高く、とても食べやすいので、まだ‘生食’になれていないワンちゃんにもおススメです。のびのびとした環境のもとでストレスにさらされること無く育った鶏です。

12g(水で戻すと48g)→297円(税込)、100g(水で戻すとき400g)→2,138円、

350g(水で戻すと1.4kg)→5,629(税込)、1.25kg(水で戻すと5.0kg)→19,022円(税込)

ジョインツ 関節の健康維持成分が効率よく補給でき、同時に体重コントロールにも適しているので、関節にかかる負担を和らげることが期待できます。

15g(水で戻すと60g)→400円(税込)、150g(水で戻すと600g)→2,916円(税込)

K9ナチュラルパピー 離乳期からの成長に大切な栄養に特化したレシピです。

子犬からの‘からだ作り’のために丈夫な筋肉や内臓を作る動物性タンパク質や脂質、歯や骨を作るカルシウムなどなどが豊富に配合されています。

15g(水で戻すと60g)→297円(税込)、142g(水で戻すと568g)→2,257円、1.6kg(水で戻すと6.4kg)→20,023円(税込)

原材料に関してはヒューマングレード(人間の基準を満たしている)です。加えて、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアしています。

K9ナチュラル原材料

では次にK9ナチュラルに使われている原材料を調べてみましょう。対象商品は一番人気のベニソン・フィーストにしました。

鹿肉(人間食用の家畜から生産される)、血(鹿)、グリーントライプ(鹿)、卵、レバー(鹿)、心臓(鹿)、骨(鹿)、ひまわり油、フラックスシードフレーク、昆布、腎臓(鹿)、キャベツ、ブロッコリー、チャード(葉野菜)、にんじん、カリフラワー、乾燥昆布、炭酸カルシウム、りんご、洋なし、ニュージーランド緑イ貝、ベータカロチン、ビタミンD、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、プロティネイト鉄、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、葉酸、セレン酵母

成分 製品そのままの状態(フリーズドライ状態)

粗タンパク質 42.7%以上、粗脂肪18.5%以上、粗繊維2.5%以下、粗灰分7.5%以下、水分8.0%以下、オメガ3 0.3%以上、オメガ6 1.2%以上、100g中のカロリー 356.7kcal

原材料の良い点、褒められるべき点

第1原材料のタンパク質は豊かな大地に放牧されて育った、人間食用に育てられた家畜、家禽で、もちろん成長ホルモン剤や抗生物質、サプリメントは使用していません。また鹿肉は低脂肪で低カロリーであるにもかかわらず高タンパクでカルシウムや鉄分、ビタミンなどが豊富に含まれています。

加えて肉には寄生虫や雑菌がいるかもしれませんが、他の動物と比べて体温が5度程高い鹿は寄生虫や雑菌が繁殖しにくいと言えますのでドッグフードにはふさわしい肉と言えるでしょう。そして、比較的アレルギーが少ない食材とも言われていますので、チキンやラムにアレルギーがあるワンちゃんのために利用しているかたもおられます。

2番目にくるのが「血」とあり、人間にっとっては嫌な感じがします。しかし、上記にもオオカミの食事を参考にしてレシピの開発・・・と記しましたが野生のおおかみは生き血を啜りながら肉を食べているわけですから、レシピに入っていて当然と言えば当然です。しかし人間的にはちょとね・・・

またまた次はグリーントライプと聞きなれない言葉・・・これは牛、羊、鹿などの無洗浄な第四胃です。つまり、反芻動物の加工されていない胃袋のことです。これは食べたものが小腸に運ばれる直前の場所にあり、草食動物が反芻する過程で作られる消化液、消化酵素、プロバイオティスク、ビタミン、アミノ酸などが豊富に含まれていてい犬にとっては最高の栄養源なのです。

他にもレバー、心臓、腎臓などが原材料に含まれているので、鹿をまるまる一頭食べているかのような、まさにオオカミの食事と言った感じです。

オイルに関しては「ひまわり油」、「フラックスシードフレーク」と植物性のオイルを使用しています。フラックスとは 亜麻仁の実のとこです。これらのオイルには、オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)、オメガ6脂肪酸(リノール酸)、オメガ9脂肪酸(オレイン酸)が含まれています。

期待できる効果としては、「ひまわり油」は保湿効果が高く、皮膚や被毛に良いですし、「フラックスシードフレーク」は水溶性、不溶性の食物繊維が豊富なので便秘予防になることでしょう。オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)、オメガ6脂肪酸(リノール酸)は、どちらも体の中では合成されないものなので、食事から摂らなければならない栄養素です。良い油を使用していると思います。

海藻は昆布(ブラウンケルプ)、乾燥昆布(グリーンケルプ)を使っています。食物繊維が豊富でヨウ素も補ってくれます。

食物繊維に期待できることは皆さんご存知かと思いますが、ヨウ素についてはどうでしょう。ヨウ素は甲状腺ホルモンの合成に必要なホルモンで、不足すると体力の減退や、 繁殖能力の低下、成長阻害などがあります。 自然素材の原材料としては、穀物の皮に多く含まれますが、K9ナチュラルは穀物不使用(グレインフリー)のため海藻類から摂取できるよう配合されています。

さて、使用されている原材料の中にニュージーランド緑イ貝というものがあります。これは名前の通りニュージーランドのきれいで澄み切った海域に生息しています。

コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲン、ビタミン、オメガ脂肪3、が含まれていて犬が必要とする栄養素がしっかり配合されている自然の恵みの一つです。期待できる効果としては、関節のケア、抗炎症作用などです。

サプリメントも使用されていますが、全体の0.01%と必要最小限となっています。なぜなら自然由来の原材料を使っているため、季節による栄養価の変動に対応するためです。アメリカおよび、ヨーロッパで製造されたサプリメントでニュージーランドの厳しい安全基準をクリアしたものを使っています。

安価で粗悪なドッグフードにはBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)や、エトキシンなどの保存料や赤色○号、青色○号と着色料がてんこ盛りです。

これらは賞味期限を長くしたり、見た目をよくしたりするために配合されますがK9ナチュラルはフリーズドライ製法で水分を抜いてありますから、保存料を入れなくても未開封の状態で2年間の常温保存ができるように作られています。着色料に関しても、犬は視覚で美味しさを感じるわけではないので不必要なものです。

K9ナチュラルにはそのような人口添加物が使われていない名前通りナチュラルです。

穀物不使用(グレインフリー)はK9ナチュラルの特徴ですが、ではなぜ犬にとって穀物は不使用なほうがいいのでしょうか。それは、消化器官の短さが関係してきます。短い腸では穀物の消化は犬の体にとって負担となり、炎症、痙攣のリスクが高まります。私たち人間には唾液の中に消化酵素アミラーゼという物質がありますが、犬はあまり持っていません。

オオカミは捕食した動物を食べる時、ほどよく消化された草や穀物が含まれる内臓を食べます。ほどよく消化されているわけですから、体への負担は少なく、体に吸収されていくのです。K9ナチュラルは穀物不使用(グレインフリー)であることはもちろん胃、レバー、心臓、腎臓までがドッグフードに含まれているので犬にとっては最高のご馳走になるようです。

加えて穀物不使用(グレインフリー)であるならば、アレルギーの発症を防ぐことができます。小麦に対するアレルギーの発生は非常にに高く、それ以外でも大豆やトウモロコシも避けた方が良い食材です。

いずれにしましてもK9ナチュラルには犬にとって必要ないものは入っていませんし、必要なものはしっかりと入っているドッグフードです。

K9ナチュラルのデメリット

栄養や製法、食いつきに関してはとてもよいもののようです。ただ、下記の口コミにもたくさんありましたが、価格が高いことがデメリットと言えるでしょう。

K9ナチュラルの口コミ評判は?

次にK9ナチュラルの購入者が実際にどんな印象を持っているのか、ネットショップなどの口コミ、レビューを調べてみました。

フリーズドライ ラム・フィースト

手作り食だったのですが、食べムラがひどく、困っていました。初めはビーフを買ってみましたが、最初の数回は残すことが多くて、これもダメかと思いましたが、しばらくしたら、急に良く食べるようになりました。お高いので、もともと大好きな手羽先やレバーと混ぜてつかっています。この頃はお皿をなめ回すほどで、残すことがなくなりました。もう少し安くならないかと思います。

わんこは初めから興味津々で初めてのことです。とても美味しいらしいですし、用意する人間も臭くなくていいです。

わんこの体にあっている気がします。珍しくがっついて食べました。ちょっとお高いのが、難ですが・・・

フリーズドライ ビーフ・フィースト

スタンダードプードル、柴犬、ポメラニアン全員ものすごく食いつきが良いドッグフードです。体重を正確に測定して食べさせる必要があります。

柴犬は毛艶の良さが目立ちます。サマーカットしたポメラニアンもキラキラ光るようなトップコートが伸びてきました。スタンダードプードルは口中がベタつく犬でしたが、餌やりで充分に水分を取らせるので、サラサラしたヨダレが出るようになり、毛量がだいぶ増えました。朝はK9ナチュラルのローテーションで、夜はアカナレジオナルのローテーションです。

1匹に対して順番に正確な分量を食べさせています。食欲不振な朝はK9ナチュラルで解消されました。

当初はダイエットのためにこのフードに変えましたが、ダイエットに成功した今でもやめられません!なぜなら、他国とは比べものにならない位に、食肉に厳しい基準をもつニュージーランドで作られたからです。

フリーズドライなので劣化もほとんど心配なく、新鮮さが保たれ、生食としてはこれ以上ない商品だと思います。 今までラムだったので、フードローテーションでビーフを購入しました。トイプードル4匹中1匹がK9ナチュラル ラムを嫌って食べないので、ビーフなら食べるかなと思ってます。

獣医さんに勧められて、何年もぽっちゃり体型だった犬にしばらくあげたところ、すんなりと標準体型に戻りました!

初老犬ですがドッグドッグの数値もよくなり、活き活きと遊ぶようになりました。このまま長生きしてくれるといいなと思います。

フリーズドライ ベニソン・フィースト

6歳を過ぎ、基本健康体の我が家の犬もペット保険の加入を考えました。しかし、病気を前提にするより、良い体質を維持することを前提に生きていく方がいいと思い、多少お高いと感じながら、このフード2巡目です。まず、便の見た目も匂いも、これまでと異なります。毛もしなやかです。太めだったのもいい感じに理想体重に近づいてきました。いいフードに出会えたと思っています。

3匹のトイプードルがいて、最近牛肉アレルギーになり、この商品を購入しました。みんな最初からよく食べています。病院でも鹿肉か馬肉を勧められました。良いフードに出会えて良かったです。

持病を悪化させないために、かかりつけの病院で勧められているご飯です。いまのところ、このご飯で症状を維持しており、体重管理もバッチリと言われています。水でふやかすだけなので簡単、あっという間の完食。匂いは結構キツイので、手につくとしばらく取れないですが、わんこにはだからこそ美味しいのかなと思っています。

ニュージーランドの友人から勧められて購入しましたが、これは飽きずに食べています。

犬にとってK9ナチュラルは理想的なフードなので、ウチの子は、特にベニソンが大好きです。

フリーズドライ チキン・フィースト

チワワ3匹を飼っていて、それぞれに好みがありフード選びが難しいのですがK9ナチュラルのチキンは3匹揃って気に入っているようなので高いですが買うことにしました。

ほぐしてぬるま湯をかけてペースト状にし 普段与えているオリジンに混ぜたり、ほぐしてふりかけとして使ったり、ペーストにしたもののみを与えたりとその時の犬たちの

コンディションを見ながら与えています。みんな楽しみなようで、揃ってキレイにお座りをして待っています。気が早い子はもうお手をしようと片手をあげています。

じつは5年ほど前に動物病院でK9ナチュラルのベニソン、ビーフ、ラムを買って使っていたことがあり(今いる3匹ではなくその時飼っていた老チワワ)に

ふやかして食べさせていたことがあるのですが、その時よりもほぐしやすく、ふやかしやすくなっているように思いました。

我が家のチワワ1匹がアレルギー持ちで牛、豚、馬、羊、米、小麦、大豆、乳がダメなのですがK9ナチュラルチキンとK9ナチュラルベニソンは食べられるので嬉しいです。ウンチの状態も皆良好です。(少しニオイが治ってきたような?!)

まとめ

こま切れタイプのフリーズドライフードなので、必要な時に必要な分だけ使うことができてとっても便利なドッグフードです。

購入もペットショップや、インターネットでも購入することができます。第1原材料もビーフ、ラム、ベニソン、チキンと単一なためアレルギーの愛犬にも選びやすいですし、

穀物不使用(グレインフリー)、合成添加物不使用と犬にとって不必要なものは一切入っておらず、新鮮な食材の栄養素を壊すことなくフリーズドライ製法で閉じ込めた、野生の食餌に最も近いドッグフードです。価格の高さ以外は愛犬にとって良いドッグフードだと思います。