ドッグフードの正しい保存方法とは?長持ちする方法を解説

ドッグフードの正しい保存方法とは?長持ちする方法を解説

犬の食事はドックフードを与えますが、正しい保存方法をとっていないと犬が健康ではいられません。どのように保管することができるでしょうか。長持ちさせることもできるでしょうか。

ドッグフードの適切な保存方法とは

ドッグフード食べる

犬が健康でいるためには、良いドッグフードを与えることが必要となってきます。 良いドッグフードを買ったとしても、正しい保存方法をしていなければ、犬にはよいものとは言えなくなってくるでしょう。 質の良いドッグフードを与えて、犬が健康でいてもらうためには、どのようにドッグフードを保存しておくことができるのでしょうか。

ドッグフードの正しい保存方法、3つのポイント

ドッグフードを正しく保存しておくためには、3つのポイントを押さえて保存しておくことができます。 その1つの方法はドッグフードを入れた容器を完全に密封して空気を入れないように保管する方法があります。 2つ目の方法は直射日光を避けた場所にドッグフードを保管するという方法があります。 3つ目の方法は風通しがよく湿度の低い場所にドッグフードを保管するという方法です。 一つずつ見てみましょう。

容器は完全に密封すること

犬のドッグフードを入れている容器を完全に密封させることは大切です。 完全に密封しなければどうなるでしょうか。

穀類が主成分のドライフードでは穀物害虫がつきやすいので注意が必要です。

穀物害虫が開いている隙間から入ってきて、ドッグフードを食べてしまいドッグフードの中で増えてしまうこともあるでしょう。 そうなってしまったら折角買った犬のドッグフードも台無しになってしまいます。 もう犬がドッグフードを食べられないでしょう。 ですから犬のドッグフードの容器は密封する保存方法を取りましょう。 密封できないなら、密封できる容器に入れ替えるようにして保存する方法を取りましょう。

直射日光を避けられる場所に保管すること

2つ目の方法である直射日光を避ける場所にドッグフードの容器を保管するのはなぜでしょうか。 直射日光が当たってしまうと、早く傷んでしまうことがあるからです。 人間の食べ物でも同じように直射日光が当たらないように保管すべきものが沢山ありますね。 日光に当たって傷んでしまったり、酸化してしまうこともありますので、その点でも直射日光を避ける場所にドッグフードの容器を保存する方法を取りましょう。 犬を外で飼っていても、犬のドッグフードは室内の日の当たらない場所にドッグフードの容器を置いておくことができます。 袋に入っていたとしても温かい場所に置くのは気を付けることができるかもしれません。

風通しがよく湿度の低い場所に保管すること

3つ目の方法として、風通しがよく湿度の低い場所にドッグフードの容器を保管することはなぜ大切なことでしょうか。 日本は湿度の高い国なので、湿気があるとドッグフードにカビが生えてしまうことがあります。 野菜なども湿気のある場所に置いておくとカビが生えてしまっていることがあります。 ドッグフードも同じでカビを生えさせない為にも風通しがよく湿度の低い場所にドッグフードの容器を保存する方法を取りましょう。 日光が当たらなくても湿気が多いシンクの下なのでの場所はドッグフードを置く際には気を付ける必要があります。 湿気取りなどを置いたり、風通しをよくできる場所に置くようにしましょう。

ドッグフードをより長持ちさせる保存方法のコツ

dry dog food in bowl on wooden background top view

保管する方法や場所について3つの点を考慮しましたが、ドッグフードを通常より長持ちさせるコツなどはあるのでしょうか。 2つの点に注意するなら、通常よりも長持ちできるでしょう。

1つ目

袋を小分けにして保管する保存方法をとるようにしましょう。

2つ目

密封できる状態にする保存方法によって長持ちさせることができます。

袋に小分けして保管する

袋を小分けに保存するとなぜ長持ちできるのでしょうか。 袋を開けたり、閉めたりすることによって空気が入り、その分酸化することになります。 外気に触れることによって、ドッグフードは傷みやすくなるのです。 ですから、最初にドッグフードを開けた時点で数日分ずつ小分けに保管して置くことによって、劣化を防ぐことができます。

一手間かかりますが、それによって美味しいドッグフードをいつでも犬に与えることができます。

袋止めクリップや真空パックを活用する

二つ目のなるだけ密封にするにはどのような方法があるでしょうか。 袋止めクリップを使ってしっかりドッグフードの口を閉めることができます。 それによって、ドッグフードに空気を入れないようにすることができます。 袋止めクリップをきちんと閉めて、はずみで開いてしまい空気が入ってしまいますので、しっかり閉めましょう。 また真空パックの容器を利用して、空気を入れないように保管する方法もあります。 一例としてナチュラルハーベストのフーディーという容器があります。

おいしさを長持ちさせる真空フードストッカー

・Sサイズ 1.5L2,500円 ・Lサイズ 3.7L5,000円 ・専用ポンプ 600円 ・Sサイズ 1.5L用 ふた一式600円 ・Lサイズ 3.7L用 ふた一式900円

こういった容器を用いて密封状態にすることができます。

ドッグフードの正しい保存方法まとめ

ドッグフードを買って正しい保存方法で保管するなら、長持ちさせることもできますし、犬が健康でもいられます。 その為には色々な商品や容器が今出ているので、それらを用いて保管しましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ