ドッグフードのビルジャックってどう?原材料や評判を斬る!

テレビに出ているスター犬が食べているクオリティのドッグフード「ビルジャック」。実際のところはどうなのでしょうか?今回はビルジャックの原材料や特徴、みんなの評判や口コミについてまとめてみました!

スター犬も利用しているアメリカ産のドッグフード『ビルジャック』

ビルジャック

愛犬に与えるドッグフードは今沢山の種類があります。選ぶのが大変だと感じる人も多いことでしょう。また何が犬にいいのかよくわかっていないという方も少なからずいるのではないでしょうか。ネットや情報誌を見てもわからないこともあります。

その際には勧められたドッグフードを利用することがあります。テレビに出ているスター犬が食べているドッグフードを利用してみようと思うこともあるかもしれません。ペットショップなどでは、スター犬が利用しているとPOPが書いているのを見ることもあります。

数々あるドッグフードの中で『ビルジャック』というドッグフードをご存知でしょうか。こちらのドッグフードは国産ではなく、アメリカで作られたドッグフードです。『ビルジャック』はドッグショーに入賞する犬たちが食べていたり、ハリウッド映画やテレビ、ドラマなどに出てくるスター犬も利用しているドッグフードです。

『ビルジャック』のドッグフードの歴史をまず見てみましょう。

オハイオ州でできたドッグフードの歴史

アメリカのオハイオ州メディナというところで1947年にビルジャックという会社を設立したのが、このペットフードの始まりです。今から65年以上も前のことです。

設立者は沢山の手間をかけて、製造途中で損傷を与えないように細心の注意を払ってできた新鮮なものこそが最大最良のペットフードであると考えていました。最初は新鮮な肉を新鮮なうちに冷凍して利用することにより鮮度を保っていましたが、ドライドッグフードに加工しても肉の栄養価を失わずにドライフードすることができることが分かりました。沢山の研究を重ねた結果、栄養価の高い現在のドッグフードが完成したのです。

常に開発過程には、肉の栄養価を失わないことを重点として努力した結果、現在では多くの犬たちに愛されているドッグフードになりました。ビルジャックはドッグフードは味がすべてではないと考え、良い味がするから良いものではなく、栄養のニーズを満たすことこそよいと考え全力を尽くしていると述べています。

映画「101匹わんちゃん」や「バットマン・リターンズ」などの動物が出てくる映画などに動物をコーディネーターしている会社でも、この『ビルジャック』のドッグフードが好まれているほどです。会社の信念が、よいドッグフードを作り、その結果沢山の動物たちに良い栄養を与えるドッグフードとして選ばれているのではではないでしょうか。

では実際にどのような栄養が含まれているのでしょうか。原材料や成分について見てみましょう。

『ビルジャック』ドッグフードの原材料と成分

ビルジャックのドッグフードといっても、いくつかの種類に分かれています。

全犬種用の中にパピーとセレクトアダルトという2種類があります。小型犬用の中にスモールブリードパピーとスモールブリードアダルトの2種類があります。大型犬用の中にラージブリードパピーとラージブリードアダルトの2種類があります。

犬の身体の大きさだけでなく、肥満犬用のリデュースファットと、高齢犬用のシニアもあります。トリーツの中にはレバートリーツ、レバートリーツバリューパック、リトルジャック、リトルピーナッツがあります。

沢山の種類がありますが、まずこの中の全犬種用パピーの原材料と成分について見てみましょう。

原材料新鮮な鶏肉、鶏の副産物(アルギニン源である新鮮な鶏肉の内臓のみ(鶏の肝臓を含む))、とうもろこしのミール、鶏の副産物のミール、オートミール、乾燥甜菜果肉、醸造用乾燥イースト、亜麻仁、DL-メチオニン、L-リジン、プロピオン酸ナトリウム、混合トコフェロール、食塩、ビタミンA酢酸塩、ビタミンD₃補強剤、ビタミンE補強剤、リボフラビン補強剤、ナイアシン、ビオチン、塩化コリン、葉酸、硝酸チアミン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB₆)、アスコルビン酸、ビタミンB₁₂補強剤、パントテン酸D-カルシウム、酸化マンガン、イノシトール、BHA、硫化鉄、硫酸銅、酸化亜鉛、炭酸コバルト、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、ローズマリー抽出物 保証成分粗タンパク質28.0%以上粗脂肪18.0%以上粗繊維4.0%以下水分10.0%以下アルギニン1.40%以上メチオニン0.55%以上オメガ6脂肪酸2.50%以上*オメガ3脂肪酸0.25%以上*

原材料を見てみると鶏肉がメインになっていることが最初に書かれていることからわかります。新鮮と書くことによって、自信をもって鮮度の良い鶏肉を主原料としていることが理解できます。ホームページの情報では、専属の養鶏場で育てられたヒューマングレードの鶏肉を利用しており、2.7kgのドッグフードを作るために2.3kgもの新鮮な鶏肉を利用していると書かれていました。

本当にほとんどが鶏肉ということができます。その結果が保証成分でもタンパク質が28%以上と表示されていることからもわかります。子犬の時に、健康な身体づくりをしていくためには1歳になるまで栄養価の高いドッグフードを与えることは大切といえますが、このドッグフードは成分表を見てもしっかりと基礎となる栄養が取れることが分かります。免疫力も子犬の時には高めている必要があるので、必須アミノ酸のアルギニン・メチオニンが重要な役割を果たしていきます。

ただ気になるのが原材料の鶏肉の後にきているとうもろこしではないでしょうか。犬にとってはこの炭水化物は分解しづらい栄養素となっています。またアレルギーを引き起こす原因として考えられているようです。

しかし、ビルジャックはその点も考えられています。コーンやオートミールを特別な方法でブレンドして長時間調理することによって、単一炭水化物へと変化させることができているようです。それによって、犬が食べた後に体内で分解する必要なく、消化し吸収することができる炭水化物となることができるのです。

また脂肪成分となるものも、原材料の鶏肉や亜麻仁から出る天然の脂肪酸のみを使用しています。そして、独自の『真空アミノヘルス製法』という調理法を用いています。この調理法は独自に開発したもので、国際特許を取得されている調理法です。通常は138から149℃の高温で高圧がかかっている調理法を用いるようですが、気圧をコントロールして74℃の低い温度で調理する方法を用いることによって天然の脂肪酸を逃がすことなく、また熱による損傷を防ぐので味と栄養分を保護しています。

では次に全犬種用のセレクトアダルトの原材料と成分についても見てみましょう。どのようにパピー用と変わってくるのでしょうか。

原材料新鮮な鶏肉、鶏の副産物(アルギニン源である新鮮な鶏肉の内臓のみ(鶏の肝臓を含む))、とうもろこしのミール、鶏の副産物のミール、オートミール、乾燥甜菜果肉、醸造用乾燥イースト、亜麻仁、DL-メチオニン、L-リジン、プロピオン酸ナトリウム、混合トコフェロール、食塩、ビタミンA酢酸塩、ビタミンD₃補強剤、ビタミンE補強剤、リボフラビン補強剤、ナイアシン、ビオチン、塩化コリン、葉酸、硝酸チアミン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB₆)、アスコルビン酸、ビタミンB₁₂補強剤、パントテン酸D-カルシウム、酸化マンガン、イノシトール、BHA、硫化鉄、硫酸銅、酸化亜鉛、炭酸コバルト、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、ローズマリー抽出物 保証成分粗タンパク質27.0%以上粗脂肪18.0%以上粗繊維4.0%以下水分10.0%以下アルギニン1.40%以上ロイシン1.60%以上リジン1.25%以上メチオニン0.55%以上オメガ6脂肪酸2.50%以上*オメガ3脂肪酸0.25%以上*

このセレクトアダルトの主原料は、パピー用と同じく新鮮な鶏肉です。同じく2.7kgのドッグフードの中に2.3kgの新鮮な鶏肉を利用しています。成犬になってからも良質の肉をとることは重要だといえるでしょう。たんぱく質は身体を動かすエネルギーとなりますから大切です。

成分表にあるアルギニンは成犬になってからも免疫力を高め維持できるように含まれています。アイシンとリジンという成分は筋肉の健康を助けます。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸はパピー用にもセレクトアダルトにも含まれていますが、きれいな毛並みや皮膚を保つのに役立ちます。

製法もパピーと同じ製法が用いられており、炭水化物の分解についての心配も避けることができます。

他の種類のドッグフードについてはどうでしょうか。肥満犬用のドッグフードは、成犬用よりもたんぱく質を17%以上と数値を落とし、また脂質を30%カットしたドッグフードになっています。ロイシンやリジン、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸も保証成分には含まれていますが、成犬用よりも数値が少なくなっています。それでもきちんと栄養バランスが考えられており、健康な身体を維持することができるものとなっています。

高齢犬用のドッグフードには、健康を維持するために天然のグルコサミンとコンドロイチン硫酸が含まれています。これらは途中で追加されるものではなく、新鮮な鶏肉から得られる天然のグルコサミンとコンドロイチン硫酸ですから安心して摂取できる成分といえるでしょう。またたんぱく質と脂質は抑えられている原料となっています。

これらビルジャックのドッグフードはAAFCO(英国飼料検査官協会)の基準に従った試験で、適正でバランスの取れた栄養を提供していると確証されているドッグフードです。このような保証があると、犬にとって最高のドッグフードだと安心して与えることができます。

最高のドッグフードでも、値段によっては与えることに難しさを感じることもあるかもしれません。どれぐらいの値段で販売されているでしょうか。

ビルジャックのドッグフードの価格

ネット販売でビルジャックのドッグフードの価格を調べてみました。 全犬種用のパピーは2.7kgで4903円、6.8kgで8532円、セレクトアダルトは2.7kgで4666円、6.8kgで7992円でした。

小型犬用のスモールブリードパピーの2.7kgは5206円、スモールブリードアダルトの2.7kgは4990円、大型犬用のラージブリードパピーの6.8kgが8532円、ラージブリードアダルトの6.8kgが7992円でした。他にも肥満犬用は2.7kgで4666円、高齢犬用は2.7kgで4968円でした。

他のドッグフードに比べると高めと感じてしまうかもしれませんが、沢山の新鮮な鶏肉を使っている栄養価が高いドッグフードと考えると安いと感じたり、妥当だと思われるのではないでしょうか。必要な栄養素を与えるために他のサプリメントを与えたり、満腹にならないのでおやつなどを与えることを考えるとこのビルジャックのドッグフードの方が安上がりになることもあるかもしれません。

定期購入で購入すると送料が無料になったりおまけがついてくるものもあったので、そういったものを利用するとペットショップなどで買って運んだりするよりも楽でお得かもしれません。

ではこのビルジャックのドッグフードを与えている方の口コミや評判はどうでしょうか。

ビルジャックのドッグフードを利用している方の口コミと評判

口コミには様々あり、食いつきがよかったとよい評価をしている方もいれば、食いつきが悪く全然食べてくれなかったという評価をしている方もいらっしゃいました。味は犬によって好みがあるので一概に良いとか悪いとかいうことは難しいかもしれません。それでも犬が健康になったことを示す口コミがありました。

「以前、同じような餌を購入しましたが、中々食べてくれませんでしたが、このBil Jacは箱が届いた時から興味を示して、非常に喜んであっという間に平らげてしまいました。オシッコの匂いが少し消えたように感じます。他にも良い事がある事を期待して居ます。」や「食い付きもよく 便の硬さも健康的になったので良かったです。」とおしっこの匂いや便の変化を伝えている口コミがありました。犬の毛並みが良くなったり、皮膚が健康になったと伝えている口コミもありました。

「歯肉炎で歯があまりないのですが、どちらも食べやすそうです。」と食べやすさの点で良いという口コミもありましたが、「完食後、歯茎にフードがつくらしく、くちゃくちゃやってるのが、気になりました。」という口コミもあり、ドッグフードの形状があう犬と合わない犬がいるようです。

ドッグフードの匂いについては、「食いつきが良いです。クッキーのような香りがして、美味しそうです。近所の獣医さんが、人間が食べても美味しいよ!と言っていました。」という口コミがありました。値段の点でも「トッピングの材料費と手間を考えると妥当なお値段な気がします。」という声があります。

ネット販売のサイトでは、一般の方の口コミだけでなく、獣医師やブリーダーの方の口コミも載せられていました。獣医師の方は「獣医師として推奨するからには私にも責任があります。材料や製造過程などについて確認しましたが、材料の良さを活かす為の工夫が他社とはまったく違うのです。」と述べています。

ブリーダーの方も「食いつき、毛ヅヤ、便の状態はびっくりするほど良いです。特別なことをしなくてもBilJacを食べているだけで充分良い毛ヅヤがキープできています。」とも述べています。専門家にもよい評価が得られているビルジャックのドッグフードです。

他にも、お試しサイズを試した方の口コミもネット販売のサイトで紹介されていました。もし、愛犬に食べさせてみたいと考えている方はそういった口コミや評判をチャックしてみることができるかもしれません。その口コミには細かく犬種や犬の大きさなども記載されているものもありますので、自分の飼っている犬種の人の口コミを参考にしてみることができるでしょう。

アメリカのドッグフードを試してみる

ビルジャックのドッグフードの原料や成分について細かく見てみることができました。犬が健康でいるために考えられたドッグフードであることがよくわかります。また口コミからも犬の口に合えばよいドッグフードといえるでしょう。

是非一度このビルジャックのドッグフードを試してみるのはいかがでしょうか。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。