ドッグフードのビィ・ナチュラルってどう?原材料や評判を斬る!

ドッグフードのビィ・ナチュラルってどう?原材料や評判を斬る!

無添加ドッグフード『ビィ・ナチュラル』をご存知でしょうか。犬を健康に保つために栄養バランスがよく考えられており、またおいしさにも力を入れているドッグフードとなっています。実際のところはどうなのでしょうか?今回はその特徴や原材料、みんなの評判についてまとめてみました!

添加物を使っていないドッグフード

ヴィナチュラル

愛犬に与えるドッグフードで気になることは添加物を使っていないかということでしょう。その点を挙げる方は多くいます。その為、今では添加物を使っていないドッグフードは沢山販売されています。

その中でも、『ビィ・ナチュラル』のドッグフードをご存知でしょうか。この商品も添加物を一切使用していません。それだけでなく犬を健康に保つために栄養バランスがよく考えられており、またおいしさにも力を入れているドッグフードとなっています。

『ビィ・ナチュラル』のドッグフードとはどんな商品なのでしょうか。

オーストラリア生まれのドッグフード

この『ビィ・ナチュラル』のドッグフードは実は日本国産のものではありません。オーストラリアで作られているドッグフードとです。

他にも日本に輸入されているドッグフードは沢山ありますが、日本の環境にあっていないものがほとんどのようです。それは生産国で飼育に必要となる栄養素や環境を考えられて作られているので輸入品は日本の犬には向いていないのです。しかし、この『ビィ・ナチュラル』は日本人の指導や監修の下で、日本の環境に必要なものを原料とし、栄養バランスを考えて作られています。

オーストラリアの大自然の恵みを利用してより良い原材料を使用し作られているドッグフードとなっています。オーストラリアは世界でも食品の安全性には特に力を入れている国として知られています。そのオーストラリアで作られているドッグフードですから、新鮮で安全なうちに日本に輸入されて飼い主の手元に届くように考えられて作られてもいるようです。

輸入品だと犬にとって良くないものが原材料で含まれていたり、薬品などが使われているなどの心配をされる方も多いですが、その点でオーストラリアは安心できるといえるかもしれません。また日本人がきちんとチェックしているという点も安心材料となります。

『ビィ・ナチュラル』は安全性と健康、そしておいしさという3つのこだわりを掲げていることも信頼できる会社といえるでしょう。安全性については上記であげたもの以外にも、酸化防止に気を付けていたり、合成保存料や着色料、香料なども一切使用していません。

酸化防止のために油脂に気を付けて、オーストラリア原産の最高品質のキャノーラ油やサーモンオイル、亜麻仁油、アボガド油などを使用し、使用量にもこだわっています。それだけでなく定温コンテナによって輸入したり、酸化を防ぐアルミ袋のパッケージを使用することによって鮮度を保つことができています。

健康の点では、ヒューマングレードの原材料を使用しているという点です。人間が食べられないようなものは犬にも食べさせないということです。安全性の高いオーストラリア産にこだわって使用しており、遺伝子組み換え食品は一切使っていません。

犬には必要な栄養素がないとされているビートバルプも使用していません。ビートバルプは犬の健康状態をチェックする便に影響を与えますが、それが入っていないことによりいつでも犬の体調を正しくチェックすることができます。おいしさという点については色々な原料が良くないとして制限してしまうとどうしても旨味という点が下がってしまうことが多いですが、その点でおいしさを最大限に引き出す調理法を行うことによってこだわっています。

どのようにかというと鶏肉やレバーを消化酵素で液状化したミートエキスをコーティングすることによってです。そのミートエキスがコーティングされることによっておいしい香りを出して食欲をそそる構造になっているのです。では実際にこの『ビィ・ナチュラル』のドッグフードに含まれている原材料や成分について見てみることにしましょう。

『ビィ・ナチュラル』のドッグフードの原材料と成分

『ビィ・ナチュラル』にはいくつかのドッグフードがあります。

幼犬用のPUPPY、成犬用のADULT、高齢・肥満犬用のSENIORLITE、そしてアレルギー対策用のアレルカットがあります。他にも、オーストラリア産にこだわって作られているルートシリーズというものがあり、ルート・ブレンド、ルート・ターキー、ルート・ターキー・ライト、ルート・ゴートの4種類があります。

それぞれフードの形状が3タイプあり、小粒、大粒、パウダータイプとなっています。パウダータイプは噛む力が弱かったり、咀嚼が困難な犬に水やお湯でふやかして与えることができるので、そういった犬の為に配慮されて作られている嬉しい形状です。

では、PUPPYの原料と成分について見てみましょう。

原材料米、子羊、牛、牛脂、全粒小麦、鶏、トウモロコシ、ミートエキス(グレービー)、乾燥全乳、ビール酵母、オート麦、魚、キャノーラ油、乾燥全卵、フラクトオリゴ糖、ユッカ抽出液、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出液)、ビタミン類(C、E、B3、パントテン酸カルシウム、ビタミンAアセテイト、B1、B6、D、葉酸、K、B12、ビオチン)、ミネラル類(硫酸マグネシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸銅、セレン、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト) 保証成分粗蛋白質25.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維3.5%以下、粗灰分8.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム1.8%以上、リン1.0%以上、オメガ6脂肪酸0.9%以上、オメガ3脂肪酸0.2%以上、代謝エネルギー(ME)390kcal/100g

さすが原料にこだわっているだけあって、細かく表示されています。ミートミールという表示もなく、子羊や牛、鶏という細かい種類の表示は犬にドッグフードを与えるときの安心材料となります。副産物も使用されていないようですし、添加物も含まれていないことが原材料から理解することができます。

フラクオリゴ糖というものを原材料の中に見つけることができます。これは、整腸作用のある糖で便臭や口臭を抑える働きがあるものです。またユッカ抽出液という原料も消化を助けたり便臭をおさえる働きがあります。匂いが気になる犬にはよい効果が期待できる原材料です。

酸化防止剤として使われているミックストコフェロールやローズマリー抽出液は天然のものですから安心ですし、無害で安全であることが分かります。ここでも化合物が使われていないのが安心です。

しかし、米という穀物類が一番最初にあげられています。一番最初にあげられているということは一番多く含まれている原料となっています。穀物類が多く含まれていると犬はデンプンが消化しにくいとされているので少し心配にはなるかもしれません。でもこの点を解消するために調理の際に一工夫されています。消化しにくいとされているこれらの食材は、水蒸気による加熱と調理を行うことによって一旦おもちにしている為、消化しづらいデンプンも簡単に消化しやすい状態になっています。

もし米からくるアレルギーを心配されている方は、アレルギー対策用のアレルカットを利用することができるかもしれません。

成分についても見てみると、たんぱく質が25%以上としっかり成長して健康な身体づくりをするための栄養素が取れますし、カルシウムやリン、オメガなどもとることによって丈夫な体作りができる栄養バランスとなっています。

次にADULTについても見てみましょう。

原材料鶏、米、全粒小麦、牛脂、蔗糖、ミートエキス(グレービー)、ビール酵母、オート麦、乾燥全乳、トウモロコシ、大豆、キャノーラ油、ブドウ糖、魚油、魚、フラクトオリゴ糖、ユッカ抽出液、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出液)、ビタミン類(C、E、B3、パントテン酸カルシウム、ビタミンAアセテイト、B1、B6、D、葉酸、K、B12、ビオチン)、ミネラル類(第二リン酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸銅、セレン、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト) 保証成分粗蛋白質21.0%以上、粗脂肪9.0%以上、粗繊維5.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム1.0%以上、リン0.7%以上、オメガ6脂肪酸0.9%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、代謝エネルギー(ME)340kcal/100g

PUPPYに比べてADULTの原材料の一番最初は鶏になっています。動物性たんぱく質が多く含まれているといえます。それによって身体を形成し、血液や皮膚を健康に保つのに役立つものとなります。動物性たんぱく質が多くなると脂肪分が増えてしまいがちになりますが、脂肪が9%以上に下がっているので、肥満になることを避けることができます。カルシウムやリンの数値は下がっていますが、丈夫な骨や歯を保つには引き続き必要な栄養素です。バランスの取れている原料や成分となっているでしょう。

PUPPYもADULTも、成分の数字で見るなら他のドッグフードと変わらないと思われがちですが、一つの材料からだけでなく沢山の材料からそれらの栄養素を取っていることがお分かりいただけるでしょうか。

たんぱく質について言えば、肉といっても一種類の肉だけでなく子羊、牛、鳥の肉を用いていること、そして肉だけでなく、牛乳、魚、大豆、卵、ビール酵母からもたんぱく質を取っています。私たち人間も食事をするときに1食で沢山の品目を取るように勧められるように、犬も同じだといえます。多種類の材料を原料とすることによって栄養が効率よくとることができるのです。

上記にあげた2種類以外のビィ・ナチュラルのドッグフードの原料や成分にはどんなものが含まれているでしょうか。アレルカットでは、アレルギー反応が出るとされているラム、米、魚、ジャガイモなどを使用せず、肉はカンガルーの肉、穀類はライ麦や全粒ソルガムといったドッグフードでは今まで使用されてこなかったものを原料としています。カンガルーは野生のカンガルー肉を使用することによって抗生物質や成長ホルモン剤を使用されていないので安心できる原料となっています。このように現代ではアレルゲンが多様化していることの対策としてこのような原材料を選んでいます。

SENIORLITEでは脂肪量を6%以上と抑えることにより、肥満になったり酸化してしまわないような対策が行われています。しかし、エネルギーを生み出す大切な栄養素でもありますから、必要とされる量に抑えることによって犬の健康を維持します。PUPPYやADULTタイプにも含まれていましたが、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸をよいバランスで与えることによっても脂肪を抑えつつ犬の毛並みや皮膚の状態を保つことができます。

他にもルートシリーズでは、野生のカンガルーやタスマニアサーモン、野生やぎ、七面鳥を原料とすることによって、高たんぱく質で低脂肪であることに力を入れていたり、アレルゲンに気を付けた原材料を使用しています。

オーストラリア産の原料にこだわって作られている『ビィ・ナチュラル』のドッグフードの価格はどれぐらいでしょうか。

『ビィ・ナチュラル』のドッグフードの価格

ネットで販売されている『ビィ・ナチュラル』のドッグフードを見てみました。

PUPPYの小粒1kgサイズは1700円代、ADULTの小粒1kgサイズは1500円代で売られており、SENIORLITEは小粒3.3kgで4200円代で販売されていました。

アラカルト小粒の1.6kgサイズは3100円代、小粒5kgサイズでは約8000円、中粒3kgサイズは5100円代でした。

他のドッグフードに比べると少し高めと感じられるかもしれませんが、輸入品であることや栄養バランスがここまで考えられていることを考えると妥当ではないでしょうか。

また日本では手に入らない原料を使用していることも考慮に入れることができるでしょう。

では『ビィ・ナチュラル』のドッグフードを与えると犬にどのような影響を与えているでしょうか。

『ビィ・ナチュラル』のドッグフード利用者の口コミと評価

『ビィ・ナチュラル』のドッグフードを利用している人の口コミにはこのようなものがありました。

「味もですが小粒なので食べやすいようです。アレルギーは出ませんでした。」という声や「こちらのフードは合成保存料、着色料、香料を不使用で安心。わがやでは、ずーっとこのフードですが、体調もよく、病気知らず。もうすぐ、7歳ですが、動きに勢いがあり、いつも2〜3歳に見られます。野生のカンガルーの肉はやっぱり、良いのでしょうか。」という口コミがありました。大きさや味だけでなく、病気もなく健康でいることができるようです。カンガルー肉が犬にいい影響を与えているようです。

ほかにも「涙やけも随分落ち着いて、毎日のお手入れさえしていれば跡に残るような涙やけにはならなくなりました。」「食いつきも良く、涙焼けや皮膚の乾燥が劇的に改善されました。」と涙やけが気になる方も改善の傾向がみられると高く評価しています。「このフードを食べ始めてから、脇や口周りの痒みが出なくなりました。」という口コミから身体に悪い影響を及ぼす原料が本当に入っていないことが分かりますし、犬の身体が良い傾向に改善されていることもわかります。

「わんちゃんの健康のことをしっかり考える方にお勧めです。ドッグフードの香りも優しくナチュラルな香りです。例えるなら自然派クッキーのような・・・。」と香りの説明をしている口コミも見つけました。ドッグフードには独特な匂いがありますが、クッキーのようなら気にならないのではないでしょうか。

「サロンで勧められ使ってます。もう、1年半食べさせてます。肥満ぎみの子ですが体重制限あるので大変ですが、キープできてます。」という声もあり、ダイエットしなければいけない犬たちにとってもよいドッグフードとなっているようです。

犬の便の状態が良くなったという声や体臭も臭くなくなったという口コミもあり、健康な身体づくりができていることがうかがえます。金額的なコメントもあり、プレミアムフードだと高いものが多いが金額的に続けられそうなドッグフードであると評価していました。

まだまだ、ネット上には様々な口コミや評価が掲載されていますので、それらを参考にすることができるでしょう。

国産にはない原料を使った輸入ドッグフード

『ビィ・ナチュラル』のドッグフードは国産ではありませんが、安心して使用できるドッグフードといえるでしょう。オーストリアの大自然の中で育った動物や植物を豊富に使用しており、アレルギーが気になる犬も食べることができるドッグフードです。

是非、口コミや評価を参考にして栄養豊かな『ビィ・ナチュラル』のドッグフードを与えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事