ドッグフードのナチュラルナースってどう?原材料や成分、評判を斬る!

オーストラリアのドッグフード「ナチュラルナース」をご存知ですか?とても品質の高い完全無添加のオーガニックドッグフードとして有名です。愛犬の健康を考える飼い主の間で話題のドッグフードの一つでもあります。今回はナチュラルナースの原材料や成分、みんなの評判についてまとめてみました!

ドッグフードのナチュラルナース

ナチュラルナース

オーストラリアのドッグフード「ナチュラルナース」をご存知ですか?とても品質の高い完全無添加のオーガニックドッグフードとして有名です。愛犬の健康を考える飼い主の間で話題のドッグフードの一つでもあります。

今回はそんなナチュラルナースについて詳しく見てみたいと思います。どんなドッグフードなのか原材料や成分そして口コミ評判から徹底分析してみましょう。噂通り高品質のオーガニックドッグフードなのでしょうか?

愛犬のための安心して与えることができるフードを探している方は参考にされてみてはいかがですか?

ナチュラルナースってどんなドッグフード?

ナチュラルナースはオーストラリア産のカンガルー肉とラム肉を主原料としたオーガニックドッグフードです。 ナチュラルナースのホームページを見てみると、食にこだわり母親から子へと続く健康と美しさを重視し、「ISO GAID 25」(品質保証の国際標準規格)に正式に承認された工場で製造しており、安全性や成分チェックにおいてすべてコンピューター管理されているため安心です。

そんなナチュラルナースのポイントは3つです。 一つ目は使用する原材料はすべてオーストラリアの政府認証を受けていることです。オーストラリアの食品基準というのは非常に厳しく、人間と同じ食品基準になっています。当然遺伝子組み換え食品の使用は禁止されています。また家畜用、副産物といった本来なら廃棄にされるような粗悪な原材料も使用しません。加工後の不要な添加物は一切使用しない完全無添加のオーガニックドッグフードとなっています。原材料が生産される過程でも化学薬品は一切使用しないよう細心の注意が払われています。

二つ目はドッグフードには珍しいカンガルーの肉を使用していることです。オーストラリアならではかもしれませんね。カンガルーの肉というのは高たんぱくでありながら脂肪分が少なく、さらにアミノ酸や亜鉛、鉄分、ミネラル等が豊富で犬のフードとしてピッタリです。さらにオーストラリアの野生で育ったカンガルーは抗生物質や薬害の汚染を受けていません。またアレルギーも発症しにくいといわれています。そういった意味でもカンガルーの肉はおすすめなのです。

三つ目に価格が優れていることもあげられます。自然の高品質の原材料を使用していながら、1キロ当たり2000円程度というのも財布に優しいのではないでしょうか?高品質の無添加ドッグフードですと1キロ当たり3000円以上するものも出てきますから、同じ高品質のものでありながらこの価格はうれしいですね。

こうしてみるとナチュラルナースは、高品質の原材料を使用した無添加オーガニックドッグフードとして優れているように見えますね。 実際のところはどうなのでしょうか?原材料や成分を徹底分析して、本当に愛犬におすすめのドッグフードなのかどうか検証してみましょう。

ナチュラルナースの原材料と成分

ナチュラルナースの原材料は愛犬に安心して与えることができるものかどうか見てみましょう。原材料は以下の通りです。

ラム肉、カンガルー肉、ミートエキストラクト、玄米、野菜類(アルファルファ・エンドウ)、ガーリック、ラム脂肪、酵母類、昆布、ビタミンA・C・D3・E・K・B1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ピオチン、有機酸、カルシウム、リン、ソデュウム、銅、亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素・、ユッカ、保存料としてサンフラワーオイル・ローズマリーオイルとなっています。

では気になる原材料を詳しく見ていきましょう。

肉類

原材料を見ると最初に挙げられているのは「ラム肉、カンガルー肉」となっています。これは主原材料がラムとカンガルーの肉であることを示しています。つまり犬にとって一番必要な動物性たんぱく質をしっかりとることができるということです。 ラム肉は高タンパク質、低コレステロールで犬に必要な必須アミノ酸もバランスよくふくまれています。 カンガルー肉も上記でも述べたように、脂肪が少なくアミノ酸バランスが優れたアレルギーを起こしにくい肉です。またカンガルー肉は免疫力をアップさせるとも言われています。 こういった肉が主原材料になっていることは犬の体にとってとても良いことです。

また多くのドッグフードに使用されている「○○ミール、○○パウダー」といった肉副産物の使用がないことは、ナチュラルナースの良いところです。 これら肉副産物は本来廃棄にされる部位(鳥の頭、とさか、くちばし、骨、羽根、血液、あしなど)を粉砕して使用していることがあります。さらに病気で死にかけの家畜や事故死した家畜の肉が使用されていることもあります。こういった粗悪な原材料からどれだけの栄養が取れるでしょうか?当然栄養はありませんし消化も良くありません。さらにこれらの粗悪な肉はすでに傷んで腐りかけているような肉を使用しているため、腐らせないために大量の保存料や酸化防止剤が使用されます。 そんな粗悪な原材料を毎日摂取していたら、愛犬にどんな影響が出るか容易に想像できるのではないでしょうか?

ナチュラルナースはこういった人間が食べないような粗悪な原材料は使用していないので、安心して愛犬に与えることができます。

玄米

犬は本来肉食動物ですので、穀物の消化吸収を苦手としています。穀物を摂取しても消化吸収ができず、嘔吐や下痢をすることがあります。さらに穀物は犬がアレルギーを起こしやすい原材料でもあります。ですから玄米が使用されていることはあまりおすすめできるものではありません。 玄米は小麦やトウモロコシと比べてアレルギーを起こしにくいといわれているので、そこまで神経質にならなくても良いかもしれませんが、穀物アレルギーのある犬は注意が必要です。

多くのドッグフードには穀物が多く使用されており、特に安いドッグフードの原材料欄を見ると穀物がメインになっているものもあります。しかしなぜ犬の消化に悪くしかもアレルギーを起こしやすい原材料がメインになっているのでしょうか? それは穀物が肉に比べたら安価で手に入るためかさ増しになり、コストダウンができるためよく使用されています。

しかし穀物メインのドッグフードを食べていると、皮膚疾患や下痢やおう吐といったアレルギーを発症する可能性が高くなり、消化ができないため栄養不足になって毛並みや毛づやが悪くなることもあります。穀物は炭水化物ですので肥満の原因にもなっています。もしも愛犬が肥満、皮膚病、下痢やおう吐といった症状がみられたら穀物アレルギーの可能性があります。フードを変えることで症状が改善するかもしれませんよ。

ガーリック

次に記載されているのが「ガーリック」です。 犬がタマネギを食べると中毒を起こすというのは有名な話ですね。にんにくはユリ科のネギ属の植物でタマネギ同様に辛み成分の硫化アリルが含まれており、食べすぎは赤血球が酸化して溶解性貧血を起こすことがあるといわれています。 食べすぎると危険ということなので少量だったら問題ないという話もありますが、個体差のあることですので、はっきり断言することはできません。体の大きさによっても違うでしょうし、もともと貧血のある犬でしたら影響を受けやすいかもしれません。

ドッグフードやサプリメントににんにくを使用しているメーカーによっては中毒の原因となる硫化アリルを除去しているところもあるようです。ですから必ずしも危険と言い切ることはできませんが、わざわざ与えなくても良い食材の一つに挙げてもいいでしょう。

ラム脂肪

犬が必要とする栄養素の一つに「脂肪」があります。ナチュラルナースでは「ラム脂肪」を使用していることがわかります。どんな脂肪を使用しているかはっきりしている点が素晴らしいですね。

安いドッグフードの原材料欄を見ると「動物性油脂」という表現を使っていることがあります。これではどんな動物の油を使っているか全くわかりません。もしかしたら上記でも述べたような粗悪な肉から絞り出した脂を使用しているかもしれませんし、レストランで使い古した廃油を使用しているかもしれません。こうした脂は当然古いため傷みやすいですから傷まないように大量に酸化防止剤が使用されます。添加物が大量に入った粗悪な脂は消化に悪いですし、においもきついことでしょう。

ナチュラルナースではこのような粗悪な脂肪を使用していないので、安心して愛犬に与えることができます。

酸化防止剤

ナチュラルナースは合成添加物を一切使用していないオーガニックドッグフードです。特に人工的に合成した酸化防止剤を使用していません。 酸化防止剤として有名なBHT、BHA、エトキシキンは大変危険な酸化防止剤です。少量でも高い酸化防止効果があるため、安いドッグフードでは使われていることがあります。強力な効果がある反面、発がん性や内臓疾患といったリスクも高いため人間用の食品への使用は禁止や制限されています。

ナチュラルナースではこういった危険な合成酸化防止剤は使用せず、天然のサンフラワーオイルやローズマリーオイルを使用しているので、安心して与えることができます。

着色料、発色剤、香料

ナチュラルナースは着色料や発色剤といった人工添加物も一切使用していません。これら添加物は犬にとって百害あって一利なしの添加物です。なぜですか? なぜなら犬は色を識別することができないため、いくらカラフルなドッグフードをしていようと、いくら赤く鮮やかに発色していようと関係ないのです。そもそも新鮮な肉や魚を使用していれば着色料や発色剤は必要ありません。粗悪な原材料を使用するので、ごまかすために着色料や発色剤が必要になるのです。またきれいな色をしていれば購買意欲を高めることができます。 また同じ理由で新鮮な肉をたっぷり使用したフードでしたらそのままで嗜好性が高いので、わざわざ香料を追加する必要はないのですが、穀物がメインになっていたり粗悪な原材料を使用しているドッグフードは、香料を使用して嗜好性を高めています。

ところがこれら合成添加物は、発がん性や内臓疾患、アレルギー、けいれんといったリスクを高めることがあると報告されています。大変危険な添加物ということができるでしょう。

ナチュラルナースは新鮮なカンガルー肉とラム肉をメインに使用しているので、わざわざ着色料、発色剤、香料を使って嗜好性を高める必要はありません。安心して愛犬に与えることができます。

成分

ナチュラルナースの成分はどうなっているでしょうか?成分は以下のとおりです。

粗たんぱく質20%以上、粗脂肪11%以上、灰分5%、粗繊維質6%以下、100g/400 kcalとなっています。

タンパク質、脂肪ともにAAFCOの基準はクリアしていますが、カロリーは少し高めですので肥満気味の犬に与える際は量に注意しましょう。

ナチュラルナースの口コミ評判

ここまでナチュラルナースの原材料や成分からどんなドッグフードなのか見てきました。ここからは実際に購入したことのある人たちの口コミを見て、どんなドッグフードなのか分析してみたいと思います。

ナチュラルナースの良い口コミ

ナチュラルナースの口コミにはどのような良いものがあるでしょうか?

多く言われているのが「臭くない」というものです。 安いドッグフードだと開封した時にドッグフード独特の臭いがすることがありますが、ナチュラルナースにはその独特な臭いがないようです。そのためか体臭が改善した、ウンチの臭いも臭くないという声もあります。

また「よく食べてくれる」という声も多くあります。 カンガルー肉やラム肉がメインになっているため、肉のうまみや風味がするのでしょう。気に入っておいしそうに食べてくれるようです。またフードの粒の大きさも小粒のため小型犬でも食べやすいようです。

そして多くの方が「原材料に対する安心感」を述べています。 添加物不使用、人間が食べることができる原材料のみを使用しているので安心して愛犬にも与えることができると、購入している方が多くいます。

さらに「アレルギーが改善した」という声もあります。特に皮膚のかゆみが落ち着いた等の口コミが多くあります。 ナチュラルナースは無添加のオーガニックドッグフードということで、添加物によるアレルギーが改善する犬もいるようです。またトウモロコシや小麦といった穀物も使用されていないので、穀物アレルギーの犬もアレルギーが落ち着くのかもしれません。

またナチュラルナースの口コミでよく出てくるのが「涙やけが改善した」というものです。これに関しては根拠はありませんが、涙やけに効果を感じている人が多いのは事実です。

全体的に体調が良くなったという口コミが多く見られます。愛犬の健康を望む飼い主にとっては理想的なドッグフードということができるでしょう。

ナチュラルナースの悪い口コミ

ナチュラルナースに関する悪い口コミはほとんど見られません。

良い口コミで食いつきがよい、アレルギーの改善が見られたとありましたが、中には「合わなかった」という声もあります。 もちろんこれは相性もあるのでしょう。

また「小分けになっているといいのに」という声もあります。 無添加のため開封後は酸化が進みます。ですから小分けになっていれば新鮮な状態を保ちやすいので、小分けパックを望む声が多く聞かれます。

他には「価格が高い」といった声です。 原材料に満足はしているものの、値段が高いとつづけることが難しくなるため、もう少し安かったらいいのに。と感じている方は多くいます。しかし肉がメインで無添加オーガニックのドッグフードであることを考えたら、1キロ当たり2000円前後という値段は妥当もしくは安い方といえるでしょう。

まとめ

今回はナチュラルナースについて徹底検証してみました。

厳しい食品基準のあるオーストラリアのドッグフードということで、無添加オーガニックの原材料のこだわりが感じられますね。 犬にとって本当に必要な肉をメインにし、アレルギーを起こしにくいカンガルー肉やラム肉を使用したり、小麦やトウモロコシといった穀物を使用しないアレルギー対策もされています。実際ナチュラルナースに変えてからアレルギーが改善してかゆがらなくなったという口コミが多数ありました。涙やけが改善したという口コミも多いことから、ナチュラルナースが愛犬の健康をサポートしているということができるかもしれませんね。

口コミ評判も良く、体によい原材料を使っていることからおすすめ度の高いドッグフードということができますが、一つ気になる点は「ガーリック」と「玄米」の使用です。 ガーリックに関しては食べすぎなければ問題ないという意見もありますが、子犬や貧血の犬の場合はもしかしたら避けた方がよいかもしれませんし、玄米もアレルギーを起こしにくいとはいえ穀物ですので、穀物アレルギーがある犬は注意が必要です。

それ以外の点は安全性の高いおすすめできるドッグフードといえます。

あなたにオススメ

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。