ドッグフードに書いてる【AAFCO】ってなんなの?判断基準を知ろう!

ドッグフードに書いてる【AAFCO】ってなんなの?判断基準を知ろう!

「AAFCO(The Association of American Feed Control Officials)」という組織が提示している一定の基準を満たしているものがAAFCOです。実際のところドッグフード選びに参考にした方がいいのでしょうか?判断基準とその仕組も含めてまとめてみました!

ペットフードにも気を遣ってあげよう

ドッグフードの基準

ペットはいまや家族も同然と言われる存在になってきている日本ですが、外国でもその感覚は変わりません。ペットは癒しとしても非常に優れた存在ですし、何よりも生物ですから適切なケアをしてあげる必要があります。そこで大事になってくるのがペットフードです。

ペットフードは誰もが知っているようにペットが食べるために作られたものです。

犬や猫などのペットの食べるものというと、多くの人はドライタイプのものをイメージすることでしょう。

でも最近ではウェットタイプのものや、値段は高いものの上質なフードもいろいろ登場してきていてかなりペットフードにもバリエーションが生まれてきています。

人によっては人間が食べるのと同じ食事を提供する人もいるほどです。

いずれにしても大切なペットが口にするものですし、口にするものは体を形作るものですから飼い主は気を遣う必要があります。

人間の場合ほどは栄養を考える事はないにしても、ペットの健康を不必要に損なわないために、最低限の知識は取り入れておく必要があります。

「AAFCO」ってなんのこと?

ペットフードの品質をある程度保証するものとして、「AAFCO(The Association of American Feed Control Officials)」という組織が提示している一定の基準があります。

日本語だと「米国飼料検査官協会」という組織です。このAAFCOには主に3つの目的を持って活動している組織です。

まず「動物と人間の健康を保全する事」、そして「消費者を保護する事」、「動物用飼料業者のために秩序ある商取引の平等なフィールドを提供する事」です。

少し難しい話になってきますが、簡単に言えば人にも動物にも安全性を確保する事を目標にしているという感じです。

この組織ではペットフードの栄養基準やラベル表示などに関連して基準を策定しています。ではこのAAFCOと日本のペットとの間にどんな関係があるかという事ですが、実は日本には「ペットフード公正取引協議会」という組織があります。この組織は日本国内のペットフードの栄養の基準や原材料の基準を公表している組織です。

実は日本でペットフードを販売している会社の多くがこの組織に所属していますが、、この組織がAAFCOの栄養の基準を採用しているのです。つまりざっくり言えば日本のペットフード業界は少なからずアメリカのペットフードの安全基準の影響を受けているということです。

AAFCOに認定されていると絶対安心なの?

さて少し視点をスーパーで売っているドッグフードに移してみたいと思います。スーパーなどでドッグフードを買う人は、まず値段だけでなくある程度ドッグフードのパッケージを確認していると思いますが、そこにAAFCOの基準の承認を受けているとか認定されているといった内容の表記がされているのを見かけることでしょう。

これは要は前述のAAFCOという組織の安全基準をクリアしているという意味の表記となります。この表記を見たらおそらく多くの消費者が安心感を覚えることでしょう。

「AAFCOがOK出していると言う事だから安全なんだ!」と反応したくなるかもしれません。ただ実際の所、こうした表記がされているからと言って信頼性が格段に高いというわけではないんです。

ですからAAFCOという表記の有無をそれほど気にする必要はありません。どういうことなのか、その理由をいくつか見てみましょう。

理由1:だいたいどこのドッグフードも基準を満たしている

いろいろなペットフード業者がフードを製造していますが、実はだいたいどこのペットフードもAAFCOの基準を参考にしてドッグフードを作っているのが現状です。

ですからAAFCO認定と書かれているからと言って特別に何か質の良いものだというわけではないということです。

例えば人間の口にする食べ物にはある程度の食品表示がされていますが、だからといって「食品表示商品!」と銘打ったところでそれはあまり意味をなさないのと同じです。

そんなものはどの商品にもみられるからです。ですからAAFCO=高バリュー商品というわけではありません。むしろAAFCOの基準を満たしている事はミニマムレベルの話くらいに覚えておいた方が良いでしょう。

理由2:AAFCOは個別検査をしているわけではない

AAFCOはアメリカの機関ということだけでなんとなく想像できますが、別にこの組織は日本のペットフードを1つずつ事細かにチェックしているわけではありません。

この商品は認定できる、承認できるという風にラベル付けをしてはいないのです。ですからAAFCO承認と表記してあったとしても、実際に厳密な検査基準を突破したというわけではありません。これだといかにも直接認定を受けたかのように錯覚してしまいます。ですからこの表記をあまりに大げさにアピールしているとしたら、逆に何だか不信感が生まれてしまうとも言えます。

表示そのものによってAAFCOの基準を満たしている事を示すのが悪いわけではありませんが、過剰表示にはいささか疑問があります。

理由3:AAFCO基準の原材料の中身が危険な臭いがする

AAFCOについて長々と話していますが、実はAAFCOの基準を見ると、素人目にもじゃっかん怪しく思えるものが含まれています。

例えば「Wikipedia」の説明によると次の様な一文が注目されます。

「日本で市販されているドッグフードの多くが米国メーカーの製品であるが、AAFCO(米国飼料検査官協会)によると、米国においては、ペットフードに含まれる畜産副産物は法に基づいて適切に処理される限り、いかなる病気により死亡した動物でも、いかなる種類の動物でもよく、いかなる部位でもよいとなっている。これには、牛海綿状脳症(狂牛病、BSE)の伝染の危険性から人間用には禁止されている牛の脳部位や脊髄も含まれる(ただし、反芻動物用飼料に含めることは禁止されている)。また、安楽死させられた犬猫も含まれる。

この説明によると、畜産副産物はある程度法律にのっとって処理されるものの、どんな病気で死亡した動物の肉でも使ってよいことになっています。

またその中にはBSEのリスクのある部位も使用されることがあるとのことです。この部分だけを見ると素人目にも「大丈夫なのか」と不安に見えてきてしまいます。どういった法律に基づいての処理なのかは分かりませんが、AAFCOの基準=100%安全という気がしないのは事実でしょう。こうした理由をいくつか見てみるとAAFCOの基準が何か絶対的なものというわけでないのは確かと言えます。

日本におけるペットフードの法案

ドッグフードの基準と選び方

大切なペットにおいしく健康に良いものを食べさせるために、製造会社はいろいろな工夫を加えることがありますが、ペットフードの品質を保証する日本の一定の基準というものは存在するでしょうか?

日本では平成21年6月1日から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」というものが施行されています。これはいわゆる「ペットフード安全法」とも呼ばれるものです。

対象となっているのは犬と猫のためのペットフードなのでかなり制限がかかっていますが、それでも一定の基準とはなっています。

この法律では、ペットの健康に悪い影響があるペットフードを製造したり輸入したり販売する事が禁じられています。また製造業者名はもとより、賞味期限に関する表示の義務付けも行われています。

これによって消費者がある程度の情報を得て、問題が起きた時は国が流通しているペットフードを監視して廃棄し回収するよう事業者に命令する事が可能になります。さらに農林水産大臣や環境大臣は、問題が起きた際にペットフード製造業者から必要な報告を受けたり立ち入り検査を行う権利を有します。

このようにペットフード安全法は、愛がん動物用飼料の安全性の確保を図って、ペットの健康を保護したり、動物愛護に貢献するために定められています。

この法律は施行されてからの日にちがまだ浅いので、非常に確立された法案とはまだ言えないかもしれませんが、一定の拘束力を持っているのである程度評価はできるでしょう。

「ペットフード公正取引協議会」って何をする組織?

さきほど少しだけ触れましたが、AAFCOの基準を採用している日本のペットフード関連の大きな組織が「ペットフード公正取引協議会」です。

今から数十年前にこの組織は公正取引委員会の認定を受けて設立されています。ペットフードの表示に関する規約などを円滑かつ適正に運営する事を目的にしていて、これによって公正な事業者間競争を確保したり、消費者が合理的な商品選択ができるようにしています。

簡単に言えば日本におけるAAFCO的存在と言う事もできるでしょう。この組織は上記のペットフード安全法にも基づいて活動しています。

原産国表示に関する事例をまとめたり、ペットフードの医薬品効能効果の考え方を見直したり、講習会を実施するなどしています。

さらに定期的にペットフード試買検査会や講習会を通じて、ペットフードにおける正しい表示を推進したりもしています。このようにペットフード公正取引協議会はペットの安全や消費者の益を図って活動している組織です。

AAFCO表記に頼らず自分でもペットフードに関する知識を取り入れよう

AAFCOや日本のペットフード法案、そして公正取引協議会などについて概要を書いてきましたが、結論としてどんなことが言えるでしょうか。

一言でいえばペットフードを選ぶ時はある程度の知識を持って選ぶ事が大事ということです。AAFCO表記を信頼してはいけないということではなく、それを踏まえた上である程度自分の愛犬のために良質な食品を見定めるようにするのが大事ということです。とはいえドッグフードの栄養表記にまで気を配るというのはなかなか簡単ではないのも事実です。

忙しい日常生活の中では、自分たちの食べるものの栄養バランスを見失うこともあるからです。近年ミネラル不足や野菜不足などがよく指摘される事がありますが、外食や出来合いのもの、脂っぽいものばかりを摂取して健康を損なう人が少なくないのが事実です。ですからなかなかペットにまで気を回すことができない人も多い事でしょう。

とはいえば自分自身のためにも大切なペットのためにも栄養を意識する事は究めて大事なことには変わりありません。ペットの栄養を意識する事は、自分の食生活の意識改善にも関連する場合すらあるでしょう。ですから一度機会を作って現時点で愛犬に与えているドッグフードが本当に良いものかどうか確認してみる事をおすすめします。

しかしドッグフードに関して具体的にどんなことを意識できるでしょうか?いくつか基本的な知識をまとめてみます。

知っておきたい知識1:穀類は不要

ドッグフードを見るといろいろな原材料表記を見る事ができますが、結論から言うと、価格が安いものほど肉類の含有量が少なく、穀類とか畜産副産物と呼ばれるものの含有パーセンテージが大きくなるという傾向があります。畜産副産物というのは、家畜から食肉を生産した後に残る部位のことで、例えば枝肉から除去された骨とか、血液、臓器などが含まれています。

細かく分けると色々なカテゴリーがありますが、ざっくり言えば残りものという言い方も間違いとは言えません。つまり安いドッグフードには良質の原材料というよりは、犬にとっては別に必要ではなくむしろアレルギーや虫歯などの原因にもなりかねないものが含まれる割合が多いと言う事です。

例えばトウモロコシや小麦などが肉よりも多く含まれていることが少なくないのが現在のドッグフードの現状です。犬はもともと肉食性の動物ですが、穀物をしっかりと効率的に消化する能力があまりありません。消化するには「アミラーゼ」と呼ばれる酵素が必要ですが、犬はその酵素を持っていないのです。ですからもし消化できない、あるいはしにくい原材料が大量にドッグフードの中に含まれているとしたら、それは犬の健康にとって悪影響を及ぼしかねないということなのです。

そういうわけで最近では「グレインフリータイプ」つまり穀物フリーのドッグフードも登場してきています。グレインフリーであることで消化を悪くするリスクが低くなることが期待できます。さらにグレインフリータイプのものはアレルギー対策にもなると言えます。

また穀物は大量に摂ると糖質に変化しますが、この糖質は血糖値の上昇→インスリン分泌を促します。そしてインスリンは余分な糖質を脂肪としてためこんでしまうことがあります。ですからグラインフリーフードは肥満防止効果も期待することができます。残念ながらデメリットとしてこのタイプのドッグフードは価格が少し高めになるという点が指摘されますが、愛犬の健康を考える上で購入を考える価値はあると言えます。

知っておきたい知識2:犬のアレルギー

上ですこし触れましたが、犬にもアレルギーが発症する事があります。

なんとなくイメージとして動物は人間以上に免疫が強くて、少しくらい汚れたものでもどうってことないと思う人もいるかもしれません。

しかし実際には犬にもアレルギーは無関係ではありません。犬がアレルギー症状を起こした場合、例えば鼻炎や眼瞼の炎症、腸の炎症、皮膚の炎症などが起きてしまう事があります。ではアレルギーの原因となるものには何があるかというと、ハウスダストやノミなどが原因の場合があります。

また約40%の犬が食物アレルギーのリスクを抱えています。アレルゲンとなる食物としては小麦、とうもろこし、大豆、鶏肉、鶏の卵などがあります。人間でもこれらのものでアレルギー症状を見せる人がいますが、それは犬の世界でも変わらないということです。

目や耳や口などの顔面周り、背中、足先などはアレルギー反応が出やすい場所です。もし愛犬が何かしらの症状を見せた場合はアレルギーを疑ってみるのも良い事です。また同時にペットフードの変更を考える機会にもすることができます。

知っておきたい知識3:人間の食べ物を与える時の注意

最後に人間の食べ物を愛犬に与える際の注意点について考えたいと思います。

愛犬がじっと自分が食事をしている様子を見ているのが目に入ると、ついつい色々とあげたくなってしまう人は多いと思いますが、人の食べ物=犬にとって安全とは限りません。

例えば玉ねぎや長ねぎなどのねぎ類には、「アリルプロピルジサルファイド」という物質があって、これは赤血球を破壊してしまいます。これを食べると吐いたりふらついてしまうことがあります。また小型犬の場合は最悪死ぬこともあります。チョコレートも危険です。「テオブロミン」という含有物質が嘔吐や急性心不全を引き起こすことがあるからです。

他にはぶどうやいちじくやプルーン、ざくろなども犬には毒性のものです。他にも危険ではないものの塩分が犬にとっては多めな場合があるパンなども与えて良いものとは言えません。全てを詳しく列挙できませんが、犬に人の食べ物を与えすぎるのは問題となる事があります。ですからあげたいのであれば獣医との良い相談のうえで行うようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ