ドッグフードが引き起こす肌トラブル?愛犬の肌や食事をチェック!

ドッグフードが引き起こす肌トラブル?愛犬の肌や食事をチェック!

体調不良の原因はさまざまですが、最も多くの飼い主さんが困っていることの一つが皮膚トラブルだと思います。一体なぜ皮膚トラブルは起こっているのでしょうか?もしドッグフードが原因で皮膚トラブルが起こるとすれば、何に気を付ければいいのでしょうか?いくつかのドッグフードについて考察してみました。

皮膚トラブルの原因

かけがえのない家族であるワンちゃん。

そのかけがえのない家族であるワンちゃんが体調が悪くて苦しんでいるのを見ると本当につらいですよね。体調不良の原因はさまざまですが、最も多くの飼い主さんが困っていることの一つが皮膚トラブルだと思います。皮膚トラブルによるストレスで人間に対して攻撃的になったりする場合もあるようですし、皮膚から出た血や膿が原因で別の病気を引き起こす場合もあります。

なんとかしてあげたいものの、どうしたらいいのか分からないという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

では、一体なぜ皮膚トラブルは起こっているのでしょうか?もしドッグフードが原因で皮膚トラブルが起こるとすれば、何に気を付ければいいのでしょうか?いくつかのドッグフードについて考察してみました。

犬皮膚トラブル

ワンちゃんの皮膚トラブルの要因は、遺伝、体質、生活習慣、環境や食べ物など様々あり、獣医師さんでも原因特定するのは難しいそうです。では、一体どういう身体の仕組みで皮膚トラブルは起こっているのでしょうか?

一の原因は内側から起こるもので、感染症や食べ物アレルギーなどにより起こります。食べ物、つまりドッグフードが原因で皮膚トラブルを起こす場合、消化吸収の悪いドッグフードを食べていることや、酸化した油脂類を摂取したこと、古いタンパク質を摂取したこと、また着色料・香料といった添加物により起こる場合があるようです。

外側からおこるものについては、シャンプーが合わないとか、ノミ、ダニといった害虫によるものや、花粉、ハウスダストなど、細菌やウィルスなど外的刺激物から体を守る肌バリア機能が衰え外的刺激に耐えきれずに肌トラブルになってしまう場合があるようです。

皮膚トラブルとは?

寂しそうなワンコ

ワンちゃんの引き起こす皮膚トラブルとしては、外耳炎、脂漏性皮膚炎、膿皮症、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、食物アレルギー、ホルモン性皮膚病、疥癬、アカラス(毛包虫症)、ノミアレルギーなどなど、本当に数多くの種類があります。

動物病院に受診に来るワンちゃんの多くが皮膚トラブルで来院するようですので、多くの飼い主さんが困っていることが分かります。

皮膚トラブルの種類・症状

ワンちゃんよくがかかる皮膚トラブルの症状をいくつかあげてみました。

アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」は幼い子供が発症することで有名ですが、最近は人間だけでなく、ワンちゃんにもとても増えています。ダニや花粉、ハウスダストなどが原因となり、呼吸するときにアレルギー物質を吸い込み、過敏症を起こします。遺伝的な要因が強いようですが、はっきりとした原因は分かっていないそうです。

「アトピー性皮膚炎」を持ったワンちゃんは人間と同じようにかゆみの症状があり体をかいてしまうことが多いです。また、かきむしることにより、重症化するケースもみられます。まず、原因となる抗原物質を見つけることが重要なようです。

外耳炎

「外耳炎」は耳の「外耳(道)」とよばれる部分に炎症がおきます。犬が耳を気にしたり、匂いのある耳垢が目立ってきたりするならこの皮膚病になっているのかもしれません。

膿皮症(のうひしょう)

「膿皮症」は細菌の感染によりおこる皮膚病です。ワンちゃんの皮膚病の中でも、もっとも多いと言われているそうです。これにかかると目の周りや脇の下など、皮膚が薄くデリケートな部分に赤い発疹ができ、かゆみを伴うという特徴的があるようです。

疥癬(カイセン)

「疥癬(カイセン)」は、疥癬(カイセン)虫と呼ばれる、イヌセンコウヒゼンダニの寄生により発症します。肘や膝、耳のつけ根やお腹などわりと皮膚の柔らかいところにみられることが多い皮膚病です。感染した犬には強いかゆみがあり、フケも目立つようになります。飼い主にうつることもありますので、注意が必要です。

ノミアレルギー

「ノミアレルギー」は、犬の背中・腰・後ろ足などに、かゆみや脱毛・フケが出てくるのが特徴です。ノミが活発になる夏場に発症することが多いそうです。こちらも飼い主にうつることもありますので、注意が必要です。

脂漏性皮膚炎

「脂漏性皮膚炎」はカビの一種である「マラセチア菌」の感染による皮膚病です。マラセチア菌に感染すると、ワンちゃんの肌質がベタベタとした油っぽい肌質となり、かゆみを伴ったり、匂いが気になったりする場合があります。慢性化すると脱毛や黒ずみが目立つようなるようです。また、外耳炎などの原因となることもあります。

食物アレルギー

「食物アレルギー」は、特定の食物がアレルゲンとなり、かゆみを伴うことがあるようです。また、下痢や軟便という症状が見られることもあります。

腫瘍

「腫瘍」は、いわゆる皮膚ガンです。ワンちゃんに黒いできものが見られる時があります。ほくろのような小さなものから、1円玉のような大きなものなど様々なようですが、おかしいなと感じたら素人判断をせずに、すぐに獣医師さんの診察を受けるようにしましょう

腸内環境の悪化により免疫力が低下する場合も

犬病気

先ほど肌バリアについて少し述べましたが、ワンちゃんの体の健康バランスが正常な場合、バリア機能が働き皮膚を守ってくれるので何も問題は起きませんが、腸をはじめとする身体の内側に原因がある場合、皮膚トラブルが起きやすくなるようです。

腸内環境を整え善玉菌が多くなり、腸内の消化・吸収がよくなり、免疫バランスがよくなると、皮膚の状態も良くなってくるそうです。

つまり、かたよった食事、添加物や粗悪な材料により、腸内環境が悪化し、栄養を正しく消化・分解、吸収できなくなり、知らず知らずのうちに免疫力が低下すると、体を守るバランスや肌バリアが低下し、内側・外側からの刺激に対応できずに肌トラブルとして症状が出てしまうのです。

ですから、どんなドッグフードを食べさせるかが重要になってきますね。では、免疫力を上げるためドッグフードを選ぶ時の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?

タンパク質不足と消化

皮膚トラブルの原因の一つはタンパク質不足によるものともいわれています。ワンちゃんにとって最も必要な栄養素はタンパク質です。皮膚や毛を作っているのはタンパク質ですので、タンパク質が不足すると、皮膚の免疫力も低下してしまい、乾燥肌、肌荒れ、毛並み、毛艶、フケといった皮膚トラブルが引き起こされるようです。

またワンちゃんはタンパク質の変化にも敏感で、古いお肉を摂取すると皮膚トラブルを起こすこともあるようです。

また、皮膚トラブルの別の原因はワンちゃんの消化と関係があります。ワンちゃんが消化しにくい食べ物である小麦、トウモロコシなどの穀物を摂取することにより、皮膚トラブルにつながっている可能性があります。消化吸収の悪いドッグフードを食べていると皮膚が健康な状態を保つのは難しくなります。

なぜなら、皮膚や被毛は栄養が最後にいく部分なので、トラブルを起こしやすくなるそうです。 穀物を使用していないグレインフリーのドッグフードを与えることにより、改善される場合もあるようです。

合成保存料や合成着色料

皮膚トラブルの別の原因となるのは合成保存料や合成着色料などといった添加物です。添加物により皮膚トラブルを起こすことがあります。そういったものを取り続けると腸内環境が悪くなり、消化不良を起こすと便秘や下痢だけでなく、じんましんや湿疹、かゆみなどが皮膚の表面に出てくることがあります。

油脂類

ワンちゃんは油脂類が必要で「オメガ3脂肪酸」が皮膚トラブル改善にも良いのですが、「オメガ3脂肪酸」には、高温での加熱や空気にふれることで酸化しやすいという留意点があります。ワンちゃんは、酸化に敏感ですので、古い油を摂取することにより腸内環境が悪化し、皮膚トラブルとなる場合もあるようです。

ビタミン・ミネラルのバランス

ビタミン・ミネラルをバランスが乱れるなら、腸内環境が悪化し、皮膚トラブルとなる場合もあるようです。

ドッグフード原材料の比較

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

次に、販売されているドッグフードの原材料を考察してみました。今回は「ロイヤルカナン」「ペティグリー成犬用」「愛犬元気ゲインズパックンドッグフード」の3つを考察します。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナン ダックスフンド 成犬用 3kg 生後10ヶ月齢以上

50種類以上の栄養素の最適なバランスを追求し、個々の犬の栄養要求に応えるドッグフードを提供しています。

「ロイヤルカナン」は世界的によく知られているドッグフードです。参考価格は3kgで2900円(※Amazon参考)で、1kgあたりの価格は1000円くらいとなっています。犬の種類やライフステージに合わせた豊富な商品ラインナップが特徴的で、その商品数は全部で50種類以上もあります。それでは、「ロイヤルカナン『ダックスフンド成犬用』」の原材料をみていきましょう。

「ロイヤルカナン」は、メインで使用されている穀物は「米」です。米はとうもろこしや小麦よりアレルギーになる可能性は少ないのかもしれませんが、やはりメイン食材にはたんぱく質が望ましいです。この点が残念だなという印象です。

添加物については、「ロイヤルカナン」に使用されている「BHA」(ブチルヒドロキシアニソール)はもともとガソリンの酸化防止剤として合成された化学物で、ドッグフードにおいては、環境省が定めるペットフード安全法の規格内であれば使用が認められています。

でも、ラットを使った動物実験の結果、発がん性や消化器官の異常などが確認されているとのことです。また「没食子酸プロピル」は酸化防止力が非常に強く、動物実験では発がん性が認められているそうです。保存料として使用されている「ソルビン酸カリウム」は、動物実験では発育不良や肝臓障害を引き起こすことが認められているそうです。

「ソルビン酸カリウム」をマウスに投与した実験では、体重1kgに対して4.2g投与したうち、半数のラットが死亡したというデータも報告されているとの報告もあるそうです。

このように「ロイヤルカナン」の原材料には少量とはいえアレルギーを引き起こす可能性がある原材料や、発がん性ある添加物が使われていることが分かりました。添加物はペットフード安全法の規定範囲内であれば使用が認められていますが、長期的に取り続けているとどのような悪影響があるのか分かっていません。

ロイヤルカナンの口コミ

「うちのワンちゃんはこれしか食べないのでこの価格で購入できるのは嬉しいですね!」 「こちらに変えたら下痢をするようになりました。」

口コミをみると、食いつきがいい、リピート買いしているといった好意的な意見や、逆に下痢をするようになったという意見が見られました。

「ペティグリー成犬用」

「ペティグリー成犬用」は参考価格は12kgで2448円(※Amazon参考)で、1kgあたりの価格は約200円と安いです。原材料には肉類のところが、チキン加水工分解物、チキン、ビーフ等と書かれていて、肉類についての記載があいまいで、どれが良質な素材なのか分かりません。

また主原料は穀類となっていますが、その詳細は書かれていませんのでやはり不安が残ります。「ビートパルプ」も使われています。「ビートパルプ」にはワンちゃんのうんちを必要以上に固めてしまう性質があるため、便秘になる可能性もあります。また、「油脂」も油脂類といった曖昧な表現で記載されています。

添加物については、着色料として「青2」「赤102」「黄4」「黄5」が使われていますがこれらはタール系(石油系)の着色料で、発がん性やアレルギーなどの危険性が認められているそうです。

また、「二酸化チタン」は食品を白くする添加物で、発がん性アルツハイマーなどの危険性が指摘されているそうことです。

酸化防止剤として、「BHA」や「BHT」の添加物が使用されています。「BHA」ついては「ロイヤルカナン」にも使用されていましたのでが、先程紹介したとおりです。「BHT」(ジブチルヒドロキシトルエン)もガソリンの酸化防止剤として合成された化学物質で、膀胱がんや甲状腺がんを誘発したりする可能性があると報告されているそうです。

「保存料」は「ロイヤルカナン」と同じく「ソルビン酸カリウム」が使用されています。

このように原材料を見ると、とても腸内環境に良いとは言えず、多くのアレルギーや発がんを引き起こす危険性がある原材料が使われていることが分かりました。

ペティグリー成犬用の口コミ

「喜んで食べています。安価でたすかる」

「うちのワンコには合わないようです。便も少し臭う方だと思います。」

「見た目がカラフルすぎてよくないですが、食いつきはいいです。」

「これを食べてから下痢が続いている」

口コミをみると、価格に魅力を感じている飼い主さんが多い一方、便が柔らかくなったとか下痢をしたとか、着色料などを心配している意見が見られました。

愛犬元気ゲインズパックンドッグフード

ドッグフード『ゲインズパックン』

「愛犬元気ゲインズパックン」は、「ユニチャーム」が販売を手がける半生タイプのドッグフードです。参考価格はAmazonで、1kgあたりの価格は約594円です。

半生タイプなので、半生状態を維持する保湿剤の「プロピレングリコール」が使用されています。「プロピレングリコール」は、毒性が強く、過剰に摂取すると、アレルギーや腸閉そくなどを引き起こすと言われています。

また、カビや細菌の繁殖を防ぐため保存料としてこちらも「ソルビン酸カリウム」が使用されています。これらの添加物は、半生状態を維持できるという便利な側面がありますが、犬の健康に悪影響を及ぼす恐れもあるため注意が必要です。

また「愛犬元気ゲインズパックン」には、着色料として「二酸化チタン」「赤色106号」「黄色4号」「黄色5号」「青色1号」が使用されています。「二酸化チタン」はホワイトチョコレートやマシュマロなどに使用されている食品を白くする添加物ですが、発がん性アルツハイマーなどの危険性が指摘されているそうです。

このように「愛犬元気ゲインズパックン」には、ドッグフードを鮮やかに見せるための着色料が多く含まれています。色の鮮やかさはワンちゃんの目には関係なく、むしろ健康に悪影響を及ぼす恐れもあります

こちらのドッグフードは穀類がメインのドッグフードです。特に、とうもろこしや小麦は、アレルギーを発症しやすい原材料の一つで、注意が必要です。穀物は肉食動物であるワンちゃんにとって消化が困難で苦手なものですから、腸内環境にいいとは言えません。

また、肉類は「○○ミール」と表記されていて、品質や鮮度がよく分かりません。また、油脂も、「動物性油脂」と表記されていて、どんなものを使用しているのか、よく分かりませんので不安が残ります。

口コミ

「なかなか食べませんでしたが、この餌には食いつきがいいです。」

「小袋に分かれていて衛生面でも安心です。」

「価格が安く助かっています。」

「よく食べますが、匂いが少しきついです」

口コミを見ると、食いつきがいい、小分けで便利、価格が安いという意見が見られる一方で、香りがきつく、他のものを混ぜて与えているという意見が見られました。

まとめ

悲しい子犬

いくつかのドッグフードの原材料や口コミを見てきましたが、ワンちゃんにとって免疫をあげたり、腸内環境を整えたりする材料ばかりではないことが分かりました。毎日の食事が皮膚トラブルに大きく影響しますのでワンちゃんにどんな材料のドッグフードを与えるか気をつけましょう。

実際、ドッグフードを変えると改善するケースもたくさんありますので、ダニの駆除、部屋の掃除、アレルギー食品の除去と共に、ドッグフードを見直してみるのと良いかもしれません。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ