ドッグフード『ピュリナワン』の評判と口コミ!原材料もチェック!

ドッグフード『ピュリナワン』の評判と口コミ!原材料もチェック!

ピュリナワンはあの飲料メーカーとして有名な「ネスレ」が提供しているドッグフードです。実際のところ評判はどうなのでしょうか?今回はピュリナワンの特徴やメリット・デメリットを考えてみたいと思います!

ピュリナワンってどんなドッグフード?

ピュリナワン

ピュリナワンはあの飲料メーカーとして有名な「ネスレ」が提供しているドッグフードです。

こちらのシリーズは「健康6要素(理想的な体格、健康な歯、皮膚・被毛の健康と眼の輝き、消化吸収性と便、健康的な骨格と関節、抵抗力の維持)」を満たしたプレミアム・フードとして宣伝されています。原材料としては「動物性たんぱく質源の肉と魚を使用」とのことです。

ピュリナワンの公式サイトによると、30日間の使用で健康に違いが出てくるとしています。この点について自信が高く、1ヶ月無料お試しキャンペーンをしていたり、ユーザーの30日間実感レポートを提供したりしています。せっかく買って食べてくれなかったということもあり得るので、無料キャンペーンは素直にうれしい点です。

容量や価格は?

ピュリナワンの包装は2.1kgのものと4.2kgのものとがあります。2.1kgタイプは700g×3袋に小分けされているので保存を気にする人には良いでしょう。4.2kgタイプは小分けされていません。

価格ですがアマゾンで、

・2.1kgタイプ:900円〜1,300円前後 ・4.2kgタイプ:1,700円前後

です。定期便やクーポンも使うとさらにお得です。

公式サイトでは2.1kgのものが1,580円となっています。定期便にすると1,300円ちょっとになります。ただAmazonでは量が多い4.2kgのものが定期便だと1,500円ほどになるので、コスパが良いのはAmazon使用の時でしょう。

ピュリナワンのラインナップは?

ピュリナワンにはいくつかのラインナップがあります。公式サイトでは「成長段階から選ぶ」「ニーズから選ぶ」「ほぐし粒入りアイテムから選ぶ」の3つにカテゴリー分けされています。

成長段階」では1歳まで、1〜6歳、7歳以上、11歳以上といったラインナップがあります。

ニーズ」は室内飼い、食が細い犬、体重ケア、食物アレルゲンケアに分かれています。

「ほぐし粒入りアイテム」というのはフードの形状に関する特徴です。柔らかく仕上げた多少いびつな形をしていますが、歯でキャッチしやすいとのことです。またよく噛むことで歯石や歯垢が付きにくいように配慮されていると宣伝されています。

ピュリナワンにはどんな原材料が使われているの?

ピュリナワンでは動物性たんぱく質の摂取のために肉や魚を使っているとのことですが、実際に使われているのはチキンやターキー、サーモンなどです。チキンを使っている商品が多いので、「ほぐし粒入り成犬用1〜6歳チキン」という商品を例に原料を見てみましょう。

チキン、米、コーングルテンミール、とうもろこし、家禽ミール、油脂類(牛脂、植物性油脂)、小麦、大豆、大豆ミール、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00IIJGBUS/

次に保証成分ですが、たんぱく質が26%以上、脂質が16%以上、粗繊維が3%以下、灰分が9%以下、水分が12%以下となっています。AAFCO(米国飼料検査官協会)の成犬用給与基準はクリアしています。

ピュリナワンで評価できる原材料やポイントは?

a chicken sunset

上記の原材料を参考にしてもう少し細かく原材料を分析してみましょう。まず表の先頭にきているのはチキンとなっています。犬は肉(水分を除くと29.5%以上)食ですが、チキンは宣伝通り動物性たんぱく質の源なので、チキン使用は評価ポイントです。保証成分ではたんぱく質が26%となっていますが、成長期が27%くらい、維持期が23%くらいが良好なのでまずまずと言えるでしょう。

また脂質は16%(水分を除くと18.2%以上)となっています。だいたい成長期で18%くらい、維持期で15%くらいが目安とできるので、こちらも及第点といったところです。油脂としては牛脂と植物性油脂が使われています。単に「動物性油脂」と書かれた出所不明のフードもあるので、はっきり牛脂と明示されている点は良い点です。

別の評価ポイントはBHAやBHTなどの添加物が使用されていない事です。これらの添加物は特にリスキーなものとしてよく名指しされる物質です。発がん性などもよく指摘されているので、これらが含まれていない事には一定の安心感が持てます。天然酸化防止剤ミックストコフェロールは使われていますが、こちらは比較的安全な成分です。

ピュリナワンで心配な原材料は?

小麦大豆などの穀物

今度はあまり望ましくない原材料について見てみましょう。まず米やとうもろこし、小麦、大豆などの穀物が使われている事は感心できません。ピュリナワンの公式サイトには次のような一文があります。

「一般的なドライタイプのドッグフードの場合、トウモロコシや小麦粉等の穀物が主原料(=原材料の中で最も多く使用されている材料)といわれています。良質なたんぱく質を好んで食する犬にとって、穀物メインの食事よりも、肉や魚などがメインの食事が適しています。」

これを見ると穀物の使用は極力控えられているようなイメージを受けますが、実際には多数の穀物が使用されているわけです。その分量は分かりませんが、穀物は犬が消化しにくい食材である事やアレルゲンとしてもよく指摘される事を考えると、これらが含まれているのはマイナスポイントです。

コーングルテンミールはトウモロコシ由来のたんぱく質ですが、こちらに関しても犬は消化できない物質です。またアレルゲンリスクもあるので良い素材ではありません。また家禽ミールが使用されています。どの動物のどの部位から明示されていないので、怪しい素材として認識するしかありません。

また油脂類として植物性油脂が使われているのも少し気になります。植物性油脂が極めて危険ということではありませんが、もしそれが大豆やトウモロコシなどから採取された油だとすれば、それらのものにアレルギー反応を起こす犬が口にすれば何かの引き金になる可能性もあります。

ちなみにアレルゲンケア製品として「食物アレルゲンケア1歳以上サーモン小粒」という商品もありますが、やはり植物性油脂が使われています。それ以上は詳しく書かれていないので一概には言えませんが、アレルギー反応がかつて植物性油脂に対して出たことがあるのであれば、控えておくのも手でしょう。

最後にもう一つ、たんぱく加水分解物という素材に関しても触れておきたいと思います。これは人工的なアミノ酸混合物のことです。これがあるとコクやうまみが出るとされています。ただ怖いのは製造過程です。塩酸を使った分解方法だと発がん性物質の可能性が指摘される物質が発生することがあります。

製造過程は塩酸の他に酵素や熱水を使うものもありますが、安価なドッグフードでは低コストに収まる塩酸使用方法の可能性が否めません。ピュリナワンがその方法を採用しているかは分かりませんが、少なくとも必要とは言いにくい成分なのでこれもマイナスポイントと言えます。

ピュリナワンのAmazonでの評価はどんな感じ?

amazon

www.flickr.com

それではピュリナワンのユーザーの評価を見てみましょう。ピュリナワンにはたくさんの製品ラインナップがありますが、できるだけ全体的な評価がどんなものか知るために、それぞれのカテゴリーから代表していくつかの製品をピックアップしてみていきます。評価参照サイトはメガ通販サイトのAmazonジャパンです。

成長段階」のカテゴリーからは

・ほぐし粒入り成犬用(1〜6歳)チキン ・ほぐし粒入りこれからも健康ケア(7歳以上)チキン

の2種類を選びました。

ニーズ」のカテゴリーからは、

・食にこだわる成犬用(1歳以上)チキン ・食物アレルゲンケア(1歳以上)サーモン

小粒の2種類をチョイスしています。

「ほぐし粒入り成犬用(1〜6歳)チキン」の評判

ピュリナ ワン ピュリナ ワン 成犬用(1-6歳) ほぐし粒入り チキン 4.2kg

肉メインのスタンダードドッグフード。アレルギーを気にせず与えることができます。

まずはスタンダードタイプの成犬用チキンの商品を見てみましょう。こちらはAmazonで2.1kgのものと4.2kgのものとが販売されています。

評価総数は56件ほどで、4.3ポイントでした。星1つはないものの、星2〜5つにコメントが分布しています。

・「食いつきは、最初よく食べていたのに、最近飽きて来たのかいまいち残しがち…」

・「飽きのこない味なのか、残さず食べてくれます。このシリーズが好きらしいです。お値段も手頃なのでありがたいです。」

・「生まれてからこのシリーズをあげています。飽きることなく、喜んで食べています。現在1歳8カ月、健康で元気イッパイです。気に入っているようで、この間、勝手に袋に穴を開けて食べていました」

・「ごはんが変わると食べなくなるかもと心配しましたが そんな心配は要らないくらい すごく食べてくれました。便の調子も良いのでウチの子には合っていると思います。」

・「何かの穀物にアレルギーがあるのでは?といわれているので、肉メインのこれに、とりあえず、しています。よく食べ、快便です。獣医さんには、うんちの臭いも悪くないから、いいご飯ですね、と言われました。」

・「今回初めてほぐし粒を与えましたが体質にあわないため嘔吐、下痢の連続でした。」

食い付きが良い事が多くのユーザーに評価されていましたが、飽きた様子を見せている犬がいるというコメントもありました。また便の状態に関しては良好という声が目立ったものの、合わないというユーザーもいます。個人差がある程度あるのはしょうがないですが、全体的には高評価でした。

「ほぐし粒入りこれからも健康ケア(7歳以上)チキン」の評判

ピュリナ ワン ドッグ ほぐし粒入り7歳以上これからも健康ケアチキン 2.1kg

噛むことで歯の健康も維持するほぐし粒入り。天然植物油由来の中鎖脂肪酸配合で健康を維持し、脳の健康を助けます。

続いてシニア犬用の商品も調べてみましょう。こちらは7歳以上の犬専用のドッグフードです。アダルト用と同じく2.1kgタイプと4.2kgタイプとがあります。レビュー数は46件で、全体評価は4.6ポイントとなかなかの高ポイントでした。また1つ星と2つ星はありませんでした。

・「うちの子たちはこのフードはあまり気に入らなかったようで友達のわんこにあげました」

・「違和感なく、良く食べます。残念なことにほぐしが少な過ぎです。ほぐし入りなんて書いてあるので期待してましたが。当たり外れがあるのでしょうか。」

・「よく食べます。しかも快便。以前は高いプレミアムフードを食べていましたが差をかんじません。」

・「数種類のほぐしドライフードが入っているのでうちの犬も飽きずに食べているようです。」

・「好き嫌いがけっこうある柴犬もこれはよく食べるので、良いと思います。もう一匹の大型犬は好き嫌いなどはないのですが、あるだけ食べるタイプで、肥満が心配ですが、もともと肥満気味なので、これを食べると太らないというわけにはいきませんが、これを食べるようになって太ったということはありません。毛並みは2匹とも良いです。」

・「ビックリするぐらい食欲旺盛で、ペロリとたいらげます。プードルとダックスです。糞も前食べてた餌より強烈に臭くなくて大変満足しております◎」

コメントにも表れているように好意的なコメントがたくさん見られました。本商品の特徴のひとつであるほぐし粒に関してはパッケージによって違いがあるのかは分かりませんが、この粒の形状についての良い評価は多いので、ケースバイケースと言えます。便の状態も好評です。

「食にこだわる成犬用(1歳以上)チキン」の評判

ピュリナ ワン 成犬用(1歳以上) 食にこだわる成犬用 小粒 チキン 2.1kg

新鮮な生チキンが主原料!自然の恵みと素材本来の旨味で、良質な動物性たんぱく質を摂取できます。

続いて「ニーズから選ぶ」カテゴリーの「食にこだわる」の評価を見てみましょう。こちらは2.1kgタイプの販売となっています。アマゾンではレビュー数が10件とまだ少ないですが、ポイントは4.3とまずまずです。

・「1才のシュナウザーです。今までアイムスでしたがあまり好んで食べずこちらに替えてみたら喜んで食べてます。」

・「今までいろいろなドックフードを食べさせましたがなかなか食べてくれなくて困ってました。ビックリする程よく食べます。」

・「小粒なので食べやすいみたいで、食いつきがいいと思います。」

・「元々食が細く、量が少なめでカロリーがあるフードを探していました。これに替えてから(便)の状態もいいです。食いつきは微妙ですが何とかコロコロ作戦で完食中です。ずっとこれでイケるような気がします(今3カ月目)」

・「どのドッグフードでも下痢をしていましたが、このフードだと便の調子が少しマシな気がします。」

こちらは嗜好性の良さが高く評価されていました。また便の状態に関してもネガティブな評価は今のところ見当たりません。もともと食が細い犬のために作られているものなので、食い付きの良さのポイントが高いのは感心できます。

「食物アレルゲンケア(1歳以上)サーモン小粒」の評判

ピュリナ ワン 成犬用(1歳以上) 食物アレルゲンケア 小粒 サーモン 2.1kg

アレルゲンになりにくいサーモンを主原料! ビタミンEとオメガ6脂肪酸を配合し、皮膚・被毛の健康を維持しています。 消化吸収性に優れた米、オーツ麦を配合し、敏感なお腹に配慮できたドッグフード。

最後にアレルゲン対策をしているとして作られている食物アレルゲンケアタイプの商品を取り上げます。こちらはチキンではなくサーモンを使用しているのが特徴です。2.1kgと4.2kgとが準備されています。71件のamazonレビューでは、4.4ポイントとなっています。

・「アレルギー持ちで、合わない物を食べると嘔吐してしまうペキニーズのために、何度もリピしてます。かなり小さめな子なので、こちらの粒はちょっと大きいのですが、ぬるま湯でふやかして与えるので問題ありません。ピュリナワンを与えるようになってから、パサパサだった毛質が柔らかくフワフワになりました。」

・「色素の薄いチワワで皮膚が弱くアレルギーの疑い有り+脂漏症の子です。主原料がサーモンなので当たり前と言えば当たり前ですがサーモン臭の凄い事凄い事…。この餌にしてからシャンプーしても2日目には全身から魚臭が漂うようになり、小まめにシャンプーしても改善されず。おまけに涙ヤケもするようになり他の餌に切り替えました。」

・「うちのコーギーはどのフードでもアレルギーが出てダメでしたが、このフードにしてからはアレルギーが出なくなりました。もっと高価なフードも良いのはわかりますが、やはり日々のお財布具合を考えるとこのフードが最適ではないかと思います。」

・「アレルゲンケアは高価なものが多い中、こちらは安価で助かりました。アレルギー症状も治り、安心しています。」

・「皮膚アレルギーのチワワ用に購入しています。既に1年ほど与えており、皮膚アレルギーは大分改善されました。食いつきもよく、しばらくはリピート購入するつもりです。」

アレルゲンケアタイプのものとは言え、全ての犬にとって効果があるとは限りません。ただこちらの商品を使ったユーザーの声には、ある程度の改善が見られたというコメントがたくさんありました。個体差もありますが、アレルギーという観点やコストから言えば選択肢の一つとして入れてもいいでしょう。

今回はネスレのピュリナワンの原材料を分析して、ユーザーの生の声を調べてみました。原材料の中には心配なものがいくつか存在しています。もし自分の愛犬に少しでもリスキーなものは食べさせたくないというのであれば、別のナチュラルフードを探した方が良いでしょう。しかしある程度妥協してもいいというのであれば、ピュリナワンは悪い選択肢ではありません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ