ドッグフード「ロイヤルカナン」ってどう?原材料や評判のまとめ!

「すべては犬と猫のために」というキーワードの元に開発されているロイヤルカナンの商品。有名なドッグフードですが、実際のところはどうなのでしょうか?今回はロイヤルカナンの原材料やその特徴、みんなの評判についてまとめてみました!

世界各国でも有名なドッグフード

ロイヤルカナン

ドッグフードは今や国産だけでなく、輸入品のドッグフードを扱っているペットショップが多くあります。数ある輸入されたドッグフードの中の一つにロイヤルカナンというドッグフードがあります。このロイヤルカナンはフランスに本社がありますが、工場は11箇所もあります。

そこで作られているドッグフードが今や92か国にもドッグフードを輸出しており、世界各国ではロイヤルカナンは有名なドッグフードとなっています。日本でも2003年にロイヤルカナンジャポン合同会社ができており、本社と連携を取って活動を展開しています。この会社はどういった会社でしょうか。

犬や猫を熟知しようとする姿勢

ロイヤルカナンは「すべては犬と猫のために」という言葉をキーワードによく犬猫を知り、尊重して高品質なドッグフードやキャットフードを作ろうと努力してきました。「Dog and Cat First」という企業哲学からもわかるように犬猫の健康を一番に考えて研究や開発を行ってきました。

南フランスエマルグにある広大な敷地にキャンパスと呼ばれる本社があり、そこで多くの研究や開発、製造だけでなく、販売や管理なども行って、すべてを一か所に集結させることによって犬や猫にとっての必要な栄養を提供することができています。またその場所では、26種類約160匹の犬や15種類約180匹の猫たちも共に暮らして観察することによって犬猫にとって本当に良いものを見極めることができています。

古いものにとらわれず最先端の技術や設備も用いて研究と開発が今でも行われており、品質を重視した製品の改善が常に行われています。またキャンパスだけではなく、中国やカナダなどにある地域研究所でも新たな手法の研究や原材料などの分析などを行っています。独自の概念だけにとらわれることのないように、英国のウォルサムセンター、フランスやドイツのグローバルイノベーションセンター、さらに獣医師やブリーダーなどの専門家たちとも連携して研究を行っています。新しい意見を取り入れるという姿勢は他の企業にはない良い姿勢だと思います。

これだけの研究や開発を行っているので自信をもってドッグフードを提供しており、満足できない場合には初めてでも安心の返金サービスを行って満足保障をしています。

それだけでなく、AAFCOという米国飼料検査官協会の基準も満たしていると証明されていますので安心して利用することができます。ではロイヤルカナンのドッグフードはどのような商品となっているのでしょうか。

ロイヤルカナンは種類が豊富

ロイヤルカナンは沢山の種類があります。大きく分けてフードの種類が5つにわかれています。

ブリードヘルスニュートリション、ブリードヘルスニュートリションウエット、ライフスタイルヘルスニュートリション、サイズヘルスニュートリション、ケーナインヘルスニュートリションウエットの5種類です。

ブリードヘルスニュートリション

まずはブリードヘルスニュートリションについて説明しましょう。このブリードヘルスニュートリションは、犬種ごとによってまた年齢ごとによって特徴や栄養バランスが違うことに注目されたドッグフードで特定の14犬種を対象に年齢で分けられたドライフードです。

チワワ用、ダックスフンド用、プードル用、柴犬用の4犬種用のドッグフードはその中でも子犬用製品、成犬用製品、そして中・高齢犬用製品と別れています。ヨークシャテリア用、シーズー用、マルチーズ用、ミニチュアシュナウザー用、パグ用、キャバリアキングチャールズ用、フレンチブルドック用、ゴールデンレトリバー用、ジャーマンシェパード用はその中でも子犬用製品と、成犬〜高齢犬用製品で分けられています。

ラブラドールレトリバー用はその中でも子犬用製品、成犬〜高齢犬用製品、ステアライズドに分かれています。ステアライズドは適正な体重を維持することが難しいラブラドールのために特別に作られている低カロリーの製品となっています。

それぞれの犬種ごとのドッグフード特徴として、チワワ用では顎の小さいチワワのために粒のサイズと形が考えられており、食欲にムラがあるとされているチワワにも食欲を刺激する形で作られています。また腸内環境を浴するのにLIP(超高消化性タンパク)や食物繊維、炭水化物を配合することによって便の匂いを抑え腸を健康に保つことができています。歯の健康も保てるようにポリリン酸ナトリウムが配合されています。

ダックスフンド用ではカルシウムやリン、またグルコサミンやコンドロイチンを配合して健康な骨や関節を保てるようにしています。

プードル用では、特有の柔らかい毛並みを維持するためにルリチシャ油を使い、またオメガ3脂肪酸を配合することによって健康な皮膚も保つことができるようにしています。たんぱく質も摂取することにより健康な筋肉を保ち、ポリリン酸ナトリウムを配合して健康な歯を保つことができるようにもしています。

柴犬用はモフモフした被毛や健康な皮膚を保つために、ビタミンA、ビオチン、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸などが含まれています。また太りすぎないようなたんぱく質の配合が調節されており、健康な筋肉を保つことができるのに加え、腸内細菌バランスも保てるようにLIPが用いられています。

ヨークシャテリア用は長いきれいな毛並みを保つため、また皮膚の機能を高めるためにたんぱく質だけでなく、脂肪酸やビタミン、ビオチンが独自のバランスで配合されています。またこちらもきれいな歯を保つためにポリリン酸ナトリウムが配合されています。

シーズー用は、敏感は皮膚を持っているとされるシーズーのためにたんぱく質や脂肪により皮膚の構成成分を与えるだけでなく、ビタミンやミネラルを最適に配合することによって健康的な代謝を促しています。ドッグフードの形もシーズーの鼻や口の形を考え食べやすい設計がなされています。

マルチーズ用は、白いきれいな毛を保つために含硫アミノ酸やオメガ6脂肪酸が多く配合されています。タンパク質は24%がシーズーにはベストと考えて配合を調整したり、皮膚のためにPINCHやビオチン、ビタミンAやオメガ3脂肪酸をバランスよく配合しています。加えて歯のためのポリリン酸ナトリウム、消化器のためにLIPが配合されています。

ミニチュアシュナウザー用は、泌尿器の注意が必要な犬種なので、ミネラルバランスを調整したものとなっています。また理想の体型を維持するのに脂肪の含有率を抑えたり、アミノ酸やミネラルによって美しい毛色を保てるように配慮されています。

キャリアキングチャールズ用は心臓への配慮が必要なのでタウリンやL-カルニチン、またビタミンEやビタミンC、ポリフェノールなどの抗酸化成分を多く配合しています。被毛のためにアミノ酸も配合されています。

バグ用は皮膚のケアが必要ですので、ビタミンやアミノ酸によって皮膚に必要な栄養を摂取し、バリ機能や代謝を高めます。肥満を避けるために十分なタンパク質をとりつつカロリーを抑えた配合になっています。また独特な口を持っているパグなので、ドッグフードの形を食べやすくのどに詰まらせない設計にしています。

フレンチブルドッグ用は筋肉質な犬種ですので、しっかりとたんぱく質が取れる配合で、かつ皮膚へケアとしてビタミンやアミノ酸が配合されています。また腸内環境をよくして腸内ガスや便の臭いを抑えるためにLIPを使用しています。

ゴールデンレトリバー用は綺麗な金色の毛並みを保つためにビタミンやアミノ酸、PINCHを配合しています。また心臓も配慮が必要な犬種ですから、タウリンやL-カルニチン、ビタミンEやビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化成分を配合しています。カロリーもゴールデンレトリバーに一番良い量になるように設定され原材料が配合されています。

ジャーマンシェパード用は運動量がとても多い犬種ですから、LIPを配合しつつも、胃腸の消化に良いコメやコブラ油を使用したり、食物繊維を配合しています。走り続けるために骨や関節のサポートとしてグルコサミンやコンドロイチンも配合しています。

ラブラドールレトリバー用は理想の体重が維持できるようにカロリーが考えられており、形はゆっくり食事ができるような大きさや触感を持たせた設計になっています。骨や関節のためにこちらもグルコサミンやコンドロイチンが含まれていますが、他にもEPA・DHAを配合させています。

ブリードヘルスニュートリション

ブリードヘルスニュートリションには全部で3種類あります。チワワ用の成犬〜高齢犬用製品、ダックスフンド用の成犬〜高齢犬用製品、プードル用の成犬から高齢犬用製品の3種類です。それぞれドライフードと混ぜ合わせて与えることもできます。匂いやおいしさにこだわったローフによって92%が嗜好性をアップさせたという報告があります。年齢が上がるにつれて食欲が低下したり、ドライフードが食べづらくなった犬にこのドッグフードは食べやすいようになっています。

チワワ用は毛並みを配慮した原材料が用いられていたり、消化を継続的に維持できるような成分の配合がなされています。ダックスフンド用は骨や関節を維持できるような原材料が用いられていたり、筋肉も健康的に維持できるような配合になっています。プードル用は毛並みの配慮と筋肉量の維持を保つための配慮がなされたドッグフードになっています。

ライフスタイルヘルスニュートリション

ライフスタイルヘルスニュートリションは3種類あります。成長期用のインドアライフジュニア、成犬期用のインドアライフアダルト、高齢期用のインドアライフシニアです。

これらは特定のライフスタイル、つまり室内で生活しなかなか外出しない犬たちの栄養バランスを考えて作られている総合栄養食です。

サイズヘルスニュートリション

サイズヘルスニュートリションは大きく分けて4種類あります。成犬になった時の体重が1〜4キロのエクストラスモール、体重が1〜10キロのミニ、体重が11〜25キロのミディアム、体重が26〜44キロのマキシです。

その中でもそれぞれ授乳期や離乳期、成長期、成犬期、中高齢期、高齢期などの成長過程で分かれています。またその中でもドライフードやウェットフードなど様々な種類があり、豊富なので犬の好みに合わせて与えることができるドッグフードとなっています。身長サイズや年齢の特性から考えられている総合栄養食となっています。

ケーナインヘルスニュートリション

こちらの商品は、小型犬専用のウェットフードとなっています。それぞれ授乳期や離乳期、成長期、成長期、高齢期の分野に分かれています。

ドライフードと一緒に食事を与えることを考えて栄養バランスが考えられている商品です。ですから、混ぜたとしてもカロリーや栄養成分が多くならないようになっているので安心して利用できるようになっています。これらの商品の中から実際に原材料や成分を見てみましょう。

ロイヤルカナンのドッグフードの原材料と成分

沢山種類のあるロイヤルカナンのドッグフードの中から、ブリードヘルスニュートリションのチワワ成犬用の原材料や成分についてみてみましょう。

原材料米、とうもろこし、家禽*ミート、植物性分離タンパク**、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、植物性繊維、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン、L-チロシン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル) 成分たんぱく質26.0 %以上脂質14.0 %以上粗繊維3.1 %以下灰分5.5 %以下水分10.5 %以下食物繊維7.2%ビタミン(1kg中)A32,000 IUD3800 IUE600 mgカロリー含有量(代謝エネルギー)393 kcal/100g

このドッグフードの原材料を見てみると、「植物性分離タンパク」があげられています。これはLIPといわれる超高消化性たんぱく質となっています。その為「たんぱく質」は成長期に必要ですが、26%以上と多く摂取することができるので健康に生活することが可能となってきます。また消化を健康な状態に維持し、それと共に「食物繊維」や高品質な「炭水化物」を配合することによって便の量を健康的なものにしたり、便の臭いを抑える役割を果たします。そのようにして消化率を高めています。

チワワの歯の健康を守るのに「ポリリン酸ナトリウム」が配合されています。ドッグフードを噛むたびに歯垢や歯石を取り除き蓄積させない働きをします。バランスの取れた栄養素が犬種に合わせてとることが可能なドッグフードですが、気になる原材料がありました。

気になる原材料

まず気になる原材料は、一番最初にあげられている「米」や「とうもろこし」などです。これは他の犬種やサイズのドッグフードにも含まれていました。これは犬にとっては必要ないとされている栄養素で、消化がしづらいとされています。ですから主原料とされているのは気になるのです。必要ないだけでなく、これらは犬がアレルギーをおこしかねない原材料ともなっていますので注意が必要です。

次に「動物性脂肪」という原材料です。動物性と書かれているのみで何が使用されているのかはっきりわかっていません。犬にとって健康的な動物の脂肪が使われているのかわかりません。また脂肪を摂りすぎると肥満になってしまうこともありますのでこちらの摂取にも注意が必要だといえます。

添加物が使われているという点も気になるといえます。保存料の「ソルビン酸カリウム」がありますし、酸化防止剤の「BHA」や「没食子酸プロピル」も原材料にあげられています。これら添加物は犬の身体にガンなどの病気をおこしかねません。

そして「ビートバルプ」は便を不必要に固めてしまう可能性のあるものです。便秘になってしまう可能性や便での健康チェックができなくなるということを考えると、含まれていないものを与えたいと思います。

このような良い点や気になる点がありますが、このドッグフードを利用している方の口コミや評判はよい評価なのでしょうか。

ロイヤルカナンのドッグフードに関する口コミや評価

ロイヤルカナンのドッグフードの口コミや評価はこのようなものです。「安くて食いつきもよく気に入ってます」や「こちらは、比較的飽きずに継続して食べています。」という口コミがありました。 「他のフードと比べる事も出来ませんが、毎回残さず完食してくれています!大きな病気もなく、毎回の便の調子も良いみたいです。」とか「激やせしていた子を引き取ったので、消化が良い本製品がいいかな〜と思って食べさせています。今のところ、快食快便で筋肉がついてげんきになりました。」と体調がよく便にも影響しているという口コミもあります。

「かかりつけのお医者さんに薦められて購入。粒も軽くて噛みやすい様子です。この餌に変えてから吐くことがなくなりました。」とあって、ドライフードの粒が犬に合った設計になっていることが分かります。

残念なこととして、「食べたり残したり、ムラが出るようになってしまいました」という口コミがありました。犬には味が合わなかったのでしょう。

また、「ウチノコは食が細くなりました。すごく有名なブランドだったので残念でした、人間のように栄養があるものは、あまりおいしくないのかなと思いました。体にはよいのでしょうがウチにはあいませんでした。ただウンチがこれを食べるとあまり匂いがなくて良いと思いました。」と口コミにあり、便の匂いはないが出にくくなってしまったようです。

他にもいくつか気になる口コミもありました。

まとめ

ロイヤルカナンのドッグフードについて良い原材料や成分、気になる原材料などを見てみました。気になる原材料が多いものの、このドッグフードが良いと評価をしている人は多いと口コミを見ていて思いました。

これだけの犬種用のドライフードを研究している会社は他にないでしょう。もっと改善されて気になる原材料を使用しなくなったり、犬にとって悪い影響を与えないということが実証されるなら利用する価値が上がるといえるでしょう。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。