ドッグフード「ベストバランス」ってどう?原材料や評判のまとめ!

数あるうちの中の「ベストバランス」というドッグフードをご存知でしょうか。このドッグフードは犬種で選べる専用のドッグフードとなっています。実際のところはどうなのでしょうか?今回はベストバランスの原材料や特徴、みんなの評判についてまとめてみました!

犬種ごとに分かれているドッグフード

ベストバランス

ドッグフードは今や沢山の種類が存在します。そのドッグフードの中でも、全年齢、全犬種対応のドッグフードもあれば、同じブランドでも年齢で種類が分かれていたり、小型犬、中型犬、大型犬などで分かれているドッグフードもあります。

数あるうちの中の「ベストバランス」というドッグフードをご存知でしょうか。このドッグフードはなんと、犬種で選べる専用のドッグフードとなっています。犬種で分かれているというドッグフードは他にあまりありません。

日本で人気になっている犬種を対象にして、その犬種たちがいつまでも健康でいてほしいと思い作られたドッグフードです。では、どんな犬種が対象となっているのでしょうか。

6種類の犬種が対象となっているドッグフード

ベストバランスのドッグフードはよく聞く会社であるユニ・チャームペット社が作っているドッグフードです。ベストバランスという種類以外にも以前は銀のさらとして知られていたグラン・デリも同じ会社のドッグフードです。グランデリと違ってベストバランスは犬種ごとに選べるという点が異なっています。ベストバランスのドッグフードの対象となっている犬種は6種類です。

一つ目の犬種は、トイプードルです。人気ナンバーワンの犬種です。しつけやすく飼いやすいという点でも人気となっています。トイプードルはジャンプがとても大好きな犬で、腸が短いという点があります。その点で、膝や関節の健康を助ける働きをするグルコサミンやコンドロイチンを含めたり、お腹の健康をよくするためにオリゴ糖をトイプードル用のドッグフードには配合されています。

二つ目の犬種は、ミニチュアダックスフンドです。こちらも昔から人気のある犬種の一つです。ミニチュアダックスフンドの特徴となっているのは長い胴体と短い手足です。その特徴となっている部分の健康を助けるためにミニチュアダックスフンド用のドッグフードにもグルコサミンやコンドロイチンが配合されており健康であり続けるためのサポートをしています。このミニチュアダックスフンド用のドッグフードはミニチュアダックスフンドだけでなく、ウェルシュ・コーギーやペンブロークの犬種にもおすすめされています。

三つ目の犬種は、チワワです。こちらも飼いやすくて、室内犬ですので人気がある犬種です。チワワは小型犬ですが、特に手足が華奢で細いので、その点をケアするために、チワワ用のドッグフードにはミルクカルシウムやビタミンDを配合しています。また膝や関節のためにグルコサミンやコンドロイチンも配合されています。このチワワ用のドッグフードはチワワだけでなく、パピヨンやポメラニアンの犬種にもおすすめされています。

四つ目の犬種は、柴犬です。日本犬の一種で、小さい豆柴なども人気になっている犬種です。この柴犬は、今では室内で飼われることも多くなっています。毛が多いので夏はクーラーなどの温度調節が必要となってきます。その為、皮膚や毛並みへの配慮が必要となりますので、柴犬用のドッグフードにはビタミン類やオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸などを配合して、きれいな皮膚や毛並みを保てるように工夫されています。

五つ目の犬種は、ヨークシャテリアです。こちらも室内犬として多くの方が飼われていますが、なんといっても魅力は美しい毛並みです。その綺麗な毛並みを保つために、ヨークシャテリア用のドッグフードには柴犬と同じようにビタミン類やオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸が配合されています。それだけでなく、関節も問題を抱えやすいので、グルコサミンやコンドロイチンが配合されています。

六つ目の犬種は、シーズーです。目がくりくりしていて、そして毛並みも綺麗なシーズーも日本では人気の犬種となっています。シーズーのきれいな目を守るために、シーズー用のドッグフードには、マリーゴールドやビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEを配合して目の健康を守ります。また皮膚や毛並みを保つのにビタミン類とオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸がバランスよく配合されています。このシーズー用のドッグフードはシーズーだけでなく、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルやパグ、フレンチ・ブルドック、狆の犬種にもおすすめされています。

このように6種類の犬種の特徴をよくとらえられて作られているドッグフードがこのベストバランスのドッグフードなのです。犬種へのこだわりだけではありません。犬が喜ぶおいしさも追及しています。

ドライタイプはカリカリ仕立てにされていて噛む食感を与える中にも角切りのチキンを配合しておいしさをアップさせています。またふっくら仕立てのソフトタイプには噛みやすく柔らかさがある中にも角切りビーフを配合しておいしさをアップさせています。またパウチタイプには、国産の鶏肉を100%使用して食いつきをよくするだけでなく、緑黄色野菜も沢山含まれていて、栄養バランスとおいしさの二つの面を重視していることが分かります。パウチタイプはドライタイプなどと混ぜて食べることによってよりおいしく食べることもできるような気配りがなされています。

ドライタイプとソフトタイプは研究を重ねられてより良いものを提供するのにリニューアルしています。ドライタイプ、ソフトタイプ、パウチタイプ以外にも、おやつの分野とトッピングの分野もあります。犬も人間と同じようにおやつが好きですが、あげすぎると太ってしまったり、お腹いっぱいになってメインの食事をしなくなってしまいます。

このおやつは栄養バランスと粒の大きさなど考えられて作られているおやつです。おやつはしつけやコミュニケーションをとるのに欠かせませんが、その点で役立つおやつとなります。トッピングについては、ドライタイプやソフトタイプと混ぜることによって、いつもとは違った味を楽しむことができます。一手間がおいしさをアップさせて、いつも以上の食いつきを見せることでしょう。ではこのベストバランスの原料や成分を詳しく見てみましょう。

ベストバランスのドッグフードの原料と成分

ベストバランスのドライタイプは15種類あります。ミニチュアダックスフンド用の成犬用、7歳以上用、10歳以上用、13歳以上用、トイプードル用の成犬用、7歳以上用、10歳以上用、チワワ用の成犬用、7歳以上用、10歳以上用です。またシーズー用の成犬用、10歳以上用、ヨークシャテリア用の成犬用、柴犬用の成犬用、7歳以上用があります。

ソフトタイプは8種類あります。ミニチュアダックスフンド用の7歳が近づく頃から始める低脂肪、10歳以上用、13歳以上用、チワワ用の7歳が近づく頃から始める低脂肪、10歳以上用があります。またトイプードル用の7歳が近づく頃から始める低脂肪、10歳以上用、柴犬用の7歳が近づく頃から始める低脂肪があります。ヨークシャテリア用とシーズー用のソフトタイプはないようです。

ウェットのパウチタイプには5種類あります。ミニチュアダックスフンド用の成犬用、チワワ用の成犬用、トイプードル用の成犬用、柴犬用の成犬用、シーズー用の成犬用です。ヨークシャテリア用のパウチタイプはないようです。

この中でまずドライタイプのミニチュアダックスフンド用の成犬用を見てみましょう。

原材料穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米)、肉類(チキンミール、鶏ミンチ、家禽エキス)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、動物性油脂、豆類(大豆、大豆エキス)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、ビール酵母、チーズ、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、亜鉛)、ソルビトール、グリセリン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、グルコサミン塩酸塩、保存料(ソルビン酸K)、フマル酸、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス)、コンドロイチン硫酸 成分タンパク質21.0%以上脂質11.0%以上粗繊維4.5%以下粗灰分8.5%以下水分12.0%以下エネルギー約360kcal/100gあたり

肉類の中にいくつかの種類があげられていますが、色々な種類を使用することによって「タンパク質」を21%以上の摂取が可能となっています。沢山のタンパク質を摂取することによって沢山のエネルギーが蓄えられるので、元気で健康に走り回ることができるのです。ミニチュアダックスフンドの腰や関節のケアは大切なことですが、その点でグルコサミンやコンドロイチンが含まれており食事をするだけでそういったケアを行えるようになっています。

それだけでなく、「ビタミン類」は蓄えておくことが難しいですが、定期的に食事の中に含めて摂取することによって皮膚や毛並みを綺麗に保ち続ける助けともなります。それだけでなくこの「ビタミン類」によって免疫力も保つことができるのです。

もう一つソフトタイプのミニチュアダックスフンド用の7歳が近づく頃から始める低脂肪の原材料や成分も見てみましょう。

原材料穀類(小麦粉、トウモロコシ、小麦グルテン、玄米)、肉類(チキンミール、ビーフ、チキンエキス)、糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖、粉末水あめ)、豆類(大豆、大豆エキス、大豆タンパク、おからパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、ビール酵母、動物性油脂、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、プロピレングリコール、グリセリン、乳化剤、増粘安定剤(加工デンプン)、ソルビトール、保存料(ソルビン酸K、ソルビン酸)、調味料、ミネラル類(塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、亜鉛)、pH調整剤、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、グルコサミン塩酸塩、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、リン酸塩、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール、アスコルビン酸Na、ハーブエキス)、コンドロイチン硫酸、発色剤(亜硝酸Na) 成分タンパク質18.0%以上脂質6.0%以上粗繊維4.0%以下粗灰分7.5%以下水分30.0%以下エネルギー約285kcal/100gあたり

低脂肪と書かれているだけあって、成分からもわかるようにかなり「脂質」が抑えられています。脂質がドライタイプのミニチュアダックスフンド用の成犬用に比べて5%も抑えられており、6%以上となっています。低脂肪となっていますので、「肉類」がチキンミールやビーフ、チキンエキスなど豊富にあげられていますが、「タンパク質」も抑えられています。カロリーもしっかりと抑えられているので、量を守って与えることによって肥満を抑えることができます。

年齢を重ねると、足腰が弱くなってしまったり、関節が弱くなってきますが、その対策として「グルコサミン」や「コンドロイチン」がしっかりと原材料に含まれていることがわかります。「ビタミン類」も沢山含まれており、犬の皮膚や毛並みをよくするのに役立ちます。

犬の身体によい影響を与える原材料や成分を見てみましたが、気になる原材料や成分もあります。

気になる原材料や成分

一番気になるのは、やはり「穀類」といえるでしょう。小麦やトウモロコシ、玄米などが使用されていますが、この穀類は犬にとってはあまり必要ではないといわれています。それよりも重要となってくるのは、肉類なのです。

穀類は肉食動物の犬にとって必要ないだけでなく、アレルギーを引き起こす原因となるといわれています。「穀類」だけでなく、「豆類」もアレルギーを引き起こしてしまうようです。アレルギーがないとしても、穀類は消化不良を起こしてしまいかねません。ですから穀類や豆類が多く含むドッグフードを避ける人が多いようです。

他には、肉類に含まれているミールという原料です。このミールには色々なものが含まれているからです。人間が食べる部分の肉の部分だけでなく、鳥なら羽根や内臓など様々な部分が含まれているのです。また健康な動物だけでなく、病気の動物や一旦薬品につけられている部分なども含まれている可能性があるようです。そういったものを犬に与えたいとは思いません。

「ビートパルプ」という原材料も気を付ける必要があります。必要以上に便を固めてしまう作用を持っているので、便秘になってしまうこともあるようです。便による健康チェックもできなくなってしまいます。

添加物も多く含まれていることが原材料からわかります。「保存料」や「着色料」などの添加物はガンを引き起こしてしまう可能性があります。ですから無添加のドッグフードを選んで購入する人も多いです。

いくつかの考えなければならない原材料がありますので、よく考慮して与えるかの決定が必要でしょう。このベストバランスのドッグフードを与えている購入者はどのような反応を示しているでしょうか。

口コミや評判

ベストバランスのドッグフードを利用している人は、「毎回たくさん食べるうちの子たち…この味が好きなのか残さず食べてくれます。」と食いつきがとても良いという口コミがありました。

「うちのワンちゃんはいつも美味しそうに食べてます。うんちも臭くない気がします」と便臭がなくなっていることもコメントされています。他にも「お腹の調子も良いです。」というコメントもありました。

「なんと言っても「国内産」の安心感があります。ケアしてあげたい腰・関節の健康維持のために、グルコサミン・コンドロイチンを配合したミニチュア・ダック専用設なのがとても有り難いです。」という口コミから国内で生産されている安心感と共にそれぞれの犬種にとって必要なケアを考えて作られていることが良い評価となっています。

ドッグフードからする匂いについても「匂いが強くないので使いやすい」というコメントがあり、飼い主にもドッグフードの独特の匂いがなくてよいという評価があげられていました。

マイナスな口コミをしている方もいました。「最初は食べてくれましたが飽きてしまったようで食べが悪くなってしまいました。」という口コミや「OKなんですが、これを食べだしてウチのクリームのワンコ、チャームポイントの黒い鼻がラバーノーズっぽくなりました。他の要因かもしれないのですが、もとのロイヤルカナンに戻したら、黒さが戻ってきました。メーカーさん、イヌの色素も考えて配合されているかどうか、少し頭を悩ませられたのは確かです。ラバーノーズ、気にしないひとには良い商品かもしれませんが。」というコメントもあってこういった影響があるのかはわかっていません。

粒の大きさについて良い大きさだという人もいましたが、「粒に関しては小さく球状になっており、丁寧に作ってあります。が、口の中で転がってしまうのか、小さすぎるのか、どうしても食べている途中でこぼれてしまいます。」というコメントもありました。小さすぎてしまうのでしょう。

他にもそれぞれの犬種によってコメントが様々ありましたので、チェックしてみてください。

犬種ごとに違うベストバランスのドッグフード

ベストバランスのドッグフードは犬種ごとに必要な成分を見極めてそこを重点とした栄養バランスになっていることがわかりました。

しかし、気になる原材料や成分が含まれていますので、与えるかの判断は難しいと思われます。よく注意して犬に良いドッグフードを与えるようにしましょう。与える前にはよく調べて愛犬に合うドッグフードなら健康で長生きしてくれることでしょう。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。