ドッグフード「ハッピードッグ」原材料や成分、評判のまとめ!

ハッピードッグは、「おいしさ」と「品質」で選ばれ続け、ニールセン・カンパニー社が実施している調査において、「犬用ドライフード部門」のプレミアムフードシェアNO.1を獲得している大人気のドックフードです。製品はすべてドイツ・バイエルン州の自社工場で生産し、ペット先進国のドイツにおいて長年愛されているドックフードです。

ハッピードックの理念について

ハッピードッグ

イギリスの科学誌「ネイチャー」電子版(2014年1月23日付)によると、犬の祖先とされる「野生オオカミ」に比べて、現代の犬は穀物などの「でんぷん」を消化し、体内に吸収する働きがおよそ7倍も高いことが遺伝子解析で解明されたようです。

研究論文の共同執筆者である、スウェーデン・ウプサラ大学のエリック・アクセルソン氏は、この事実を「イヌの消化器系がわれわれ人間の食事に似たものを食べられるよう適応したことを示す発見だ」と結論付けています。

本来肉食である犬は、豊富な動物性たんぱく質を必要としており、良質な肉を主原料として高タンパクなドックフードを与えるのが望ましいと一般的に考えられてきました。

しかし現代の犬は、運動量が少なくなっている事も関係して、「たんぱく質」と「脂質」の過剰摂取が、慢性的な病気の原因になっている現状もあります。

こうした近年の研究結果に基づいて、ハッピードックは「単なる高たんぱくフード」ではなく、愛犬が本当に必要とする栄養分を再検討し、バランス良く配合する事により、今までと異なる発想で愛犬の健康な毎日をサポートするドックフード作りを行なっています。

ナチュラルライフコンセプト

ドックフードの中には、コストを少しでも下げるために、人間では食べる事が出来ない粗悪な原料で作られていたり、危険な添加物が大量に配合されていたりする場合も多くあります。

しかし、ハッピードックは、一般的に「ヒューマングレード」と言われる高い品質基準で製造されています。原料一つ一つを、人間の食品と同じ基準で厳選し、ナチュラルで安全な食材を使用しています。

肉や魚、野菜や果物など、良質なたんぱく質と脂質が豊富で、ビタミンやミネラルなどをバランスよく組み合わせた、自然な栄養を摂取することができ、愛犬の毎日の健康をホリスティックに考えたドックフードを提供しています。

2フェイズコンセプト

犬には大まかに分けると成犬になるまでに2つの成長段階があり、必要な栄養素の量が異なります。子犬は筋肉や関節、靭帯、腱を健康に発達させるため、また、艶のある被毛を育てるために、十分な量のタンパク質を必要とします。

しかし、永久歯が生えた後の生後6ヶ月を過ぎた頃から、必要とするたんぱく質の量が低下していきます。この時期に過度な栄養を与え続けると、発育障害を引き起こす可能性があります。

その為、ハッピードックは子犬のこの2つの成長段階にあわせて、ベビー用フードとジュニア用フードの二種類を準備し、必要となるタンパク質の含有量を調整して提供しています。

こうした必要となるたんぱく質の所要量の変化は犬種によっても異なります。小型犬(成犬体重10kg以下) は、中型・大型犬(成犬体重11kg以上)に比べて、必要とするたんぱく質の量があまり変化しません。

ハッピードックは2フェイズコンセプトにより、ベビー用とジュニア用を混ぜて与えたり、切り替えの時期を変化させることによって、様々な犬種の成長に合わせて、その時期に最適なエネルギー量を供給できるよう愛犬をサポートする事が出来るようになっています。

豊富な商品のラインナップ

上記のような成長に合わせた製品ラインナップに加えて、健康上の問題を抱えた愛犬のために役立つ「食事療法食」も準備しています。

例えば「スプリーム・ダイエット サノN 腎臓ケア」は、慢性的な腎臓病や肝臓病の愛犬のために作られています。腎臓や肝臓の機能が低下すると、体内から老廃物を排出する能力も低下する為、老廃物中の毒素が血中に蓄積されて、愛犬の体に負担がかかります。

サノN 腎臓ケアは、良質なタンパク質を控えめに配合し、「カルシウム」と「リン」のバランスを最適に調整しています。リンの含有量を大幅に減少していて、塩分も控えめに作られているので、心臓病の愛犬の健康を維持するために最良の療法食を提供しています。

ハッピードックの原材料について

ハッピードックの安全性について、原材料を確認してみましょう。今回はハッピードッグ「スプリーム・ミニ(アダルト)」をモデルに検討してみたいと思います。

原材料

原材料:トウモロコシ、チキンミール、家禽脂、米粉、ポテトプロテイン*、サーモンミール、フィッシュミール、ラムミール、ひまわり油、ビートファイバー*、アップルファイバー*(0.6%)、菜種油、乾燥全卵、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ*、塩化カリウム、海藻*(0.15%)、亜麻の種(0.15%)、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム(ハーブ:0.14%)*、緑イ貝*(0.02%)、イースト抽出物*(*乾燥)、ビタミン、ミネラル、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)

「トウモロコシ」や「米」などの穀類を原材料にするドックフードの3つの心配点

ハッピードックは主原料として「トウモロコシ」が使われています。また、「米粉」も使用されています。とうもろこしや米などの穀物は、犬がアレルギーを引き起こしやすい代表的な原材料です。

特に、「ダックスフント」・「チワワ」・「フレンチブルドック」などの犬種は、この穀物アレルギーの発症が多くみられる傾向にあるようです。

ドックフードを食べた後に、吐いたり下痢をしたりする、湿疹や皮膚病が治りにくいなどの症状は、穀物アレルギーが原因の可能性があります。ある日、突然発症する事もあるので、これまで穀類を食べさせても大丈夫なワンちゃんだったとしても、安心はできません。

ハッピードックシリーズの中には、そうしたアレルギーリスクを考慮して、グレインフリー(小麦やとうもろこし、米などの穀物全般を完全不使用)の物もありますが、シリーズの多くの商品には「とうもろこし」が使用されています。

「犬は以前よりも穀類を消化できる能力が高まった」という研究結果に基づいてハッピードックは作られていますが、唾液と咀嚼にとって最初に穀類を消化できる能力には人間と違いがあるので、胃や腸への負担が大きくなる心配もあります。

特に老犬であったり、胃腸が弱い犬に穀類のたくさん入ったドックフードを与えていると、消化不良を起こしたり、栄養を十分吸収できずに栄養不足に陥ったりする危険があります。

また、人間にも言える事ですが、穀物類は体内で分解されると、最終的には「糖質」に代わります。さらに、糖質を大量に摂取すると血糖値が上がります。

血糖値を下げるために「インスリン」というホルモン物質が分泌されますが、このホルモンには、脂肪をエネルギーにして体内に貯め込む働きがあるので、太りやすい体質になります。穀類を与え続けていると、愛犬の肥満に繋がる恐れがあるのです。

このように穀類が含まれるドックフードには、アレルギーを引き起こす可能性があり、胃や腸などの消化器官に負担をかけ、肥満の原因になるという3つの不安な要素があります。

「チキンミール」が使用されている事について

原材料表をみると、2番目に多く使用されている原材料として、「チキンミール」と表記されています。また、「ラムミール」も使われています。

「チキン」や「ラム」などの名称ではなく、こうした○○ミールと表記されている場合、肉そのものを使用しているのではなく、さまざまな部位をレンダリングして、粉末状にしたものが使用されています。

「レンダリング」されるものの中には、死亡した動物や病気の動物が使用されている場合もあります。また、内臓や羽根、血液や糞尿などを完全には除去できないので、愛犬に食べさせるには好ましくない部位が含まれている可能性もあります。

「どんな状態の動物を使っているか分からない」、「何が入っているか分からない」というような理由から、肉ではなくミールが使われているドックフードは愛犬家から敬遠される傾向があります。

ハッピードックは、「ヒューマングレード」である事を保証しているので、病気や死亡した動物など極端に粗悪な原材料は使われておらず、多くのミール系のドックフードのように、「品質」や「鮮度」を心配する必要はありません。

しかし、ミールと書かれている以上、肉以外の部位が使われている可能性はあり、愛犬の食事としては望ましくない「骨」や「内臓」なども含まれ製造されているのかもしれません。いずれにしても、消費者としては疑念が残る表記です。

添加物について

ハッピードックでは愛犬の体に害となるような、無駄な添加物は使用されていません。公式のサイト上でも「化学合成された着色料、香料、保存料は一切使用していない」という事が明記されています。

しかし、ドックフードにとって大きな問題となるのは、酸化して品質が低下する事です。ハッピードックはその為に、安心して犬に食べさせる事の出来る、天然由来の「トコフェロール」だけを使用しています。

トコフェロールとは、簡単に言うと「ビタミンE」の事で、天然の成分から抽出したものであり、愛犬にとっても「栄養素」となるため、極端な過剰摂取にならなければ、問題のない添加物です。

合成酸化防止剤に比べると、酸化防止の効果がある期間は短くなってしまうのですが、「BHA」「BHT」など発がん性が指摘される防止剤が添加されているドックフードより、安心して愛犬に食べさせる事ができます。

腸内環境に役立つ原料が使用されている

注目できるのは「ビートファイバー」と「アップルファイバー」が配合されている点です。ビートファイバーとは、植物の「テンサイ」の根からとれる天然の食物繊維の事です。

ビートパルプが単に絞っただけの不溶性の原料であるのに対し、ビートファイバーは手間暇をかけて、水溶性の原料も加えています。その為、便通を良くするだけでなく、腸内の環境を整え、便の悪臭を摂る効果が期待できます。

アップルファイバーはりんご由来の食物繊維で、ビートファイバーと同様に腸内環境を整える働きがあります。

原材料の総合的な評価について

ハッピードッグは、「ヒューマングレード」の商品で、人間でも口にできる安全性の高い原料が使用されており、安心して愛犬に食べさせる事のできるドックフードです。安価なドックフードのように危険な添加物などは一切使用されていません。

しかし、最新の研究に基づく製品のコンセプトではありますが、第一主原料に「とうもろこし」、第三主原料に「米粉」が使われているので、肉類などの動物性たんぱく質ではなく、植物性の素材の割合が大きく、たんぱく質の「質」には疑問が残ります。

また、穀物の割合が多いドックフードの為、アレルギーなどの心配があります。加えて、炭水化物の割合も45%と高くなってしまっているので、すべてが糖質ではないとしても、愛犬の肥満や肥満や消化器官への負担などの不安があります。

ハッピードックの口コミ評判について

では、ハッピードックのどんな点が人気なのでしょうか。不満に感じている点は無いのでしょうか。実際に製品を購入した人はどう感じているのか、幾つかの項目に分けて「口コミ評価」をまとめてみました。

食い付きに対する評価

やはり、食いつきに関しては愛犬の好みに左右されるので、さまざまな意見がありました。まずは良い印象の口コミをご紹介いたします。

「良く食べます。腎臓の療法食を7種類ほど交互に与えていますが、これとドクターズケアが同率1位で良く食べてくれます。ドッグフード特有の油臭さもなく、私が嗅いでも香ばしくて嫌じゃない匂いです。」

「ヨークシャーテリア12歳です。色々試しましたが 1番 おいしいようで、食欲旺盛になりました。数値も安定しているのか、便の様子も良好、元気です。暫くはこれにと思い、再購入しました。」

「慢性的な皮膚炎があるので思い切ってフードを変えてみようと思いグレインフリーのミニアフリカを買ってみました。よく食べてくれています。肉材料の割合が少ないので仕方ないとは思うんですが、やや低たんぱくなのが気になっています。」

「プロテインやリンの値を抑えてある良質のフードなので、たまにローテーションの中に組み込んでみたいと思います。こういったフードだけを与える事はないのですが、試しに数粒あげてみたらとても食いつきが良かったです。」

しかし、粒の大きさや味、匂いなどを原因として、あまり好んで食べてくれないワンちゃんもいるようです。

「商品は食いつきも良く大変良かったんですが、粒が直径1cm程あるので、うちのチワワの老犬には歯もないので厳しいかと…歯磨きの時に食べ残しが口の奥から出てきます。なので、うちの子には向かなかったと思います。」

「腎機能が低下して食欲にムラのある子にお試しで買いました。残念ですが2・3粒食べたけれど後は全く見向きもしません。小粒ですが非常に硬いので、ヨーキー3キロの子には食べにくそうでした。」

「同メーカーのサノNは、食べてくれるんですが(進んでは食べない)、こちらは全く駄目でした・・・。小粒なので同居犬に与えます・・。色がサノより濃く、香りも強いカナ・・・。商品自体は良い(HAPPY DOG)のでしょうが・・。残念です。」

体調の変化などの評価

療法食として使用している方からは、愛犬の体調の変化について以下のような口コミが見受けられました。

「お腹の調子も落ち着いているし、体調も良さそうなのでこれからも継続してあげようかなと思います。」

「カナンをあげていたんですが食いつきが悪くなってきて、ハッピードッグを買ってみました。食いつきもよく、カナンの時は軟便だったんですが硬さもちょうどよくなりました。」

「肝数値が 少し高めで 低脂肪食を 食べさせていましたが…心臓が悪くなり人から勧められて食べさせています。手作りご飯との併用ですが… この子には、合っているように思います。」

値段や賞味期限に対する評価

品質と比例する物なので仕方のない部分ですが、高額な値段に対する次のような意見も見受けられました。

「腎臓の数値があがってきたこともあり、いつも見てもらっている先生から教えて頂きました。もともとあまり好き嫌いはない方なので良く食べていますがけっこうお値段がするのですいませんが☆は3つにさせて頂きました。」

また、天然の保存料を使用している為、賞味期限が短い事を残念に感じた消費者もいるようです。

「8月末に届いたのですが、賞味期限が12月までしかありませんでした。まとめ買いなどはしない方が良いと思います。」

口コミ評価のまとめ

全体的に見て、好意的な印象の口コミが多く、製品自体には多くの消費者が満足しているようです。しかし、商品の性質上仕方ない事ですが、値段が高い事や、賞味期限など不満に感じている点もあるようなので、購入前に良く検討される事をお勧めいたします。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。