チワワってどんな犬?基本知識とおすすめドッグフードはこれだ!

チワワってどんな犬?基本知識とおすすめドッグフードはこれだ!

毛の長さによって、スムースコートとロングコートに分かれるチワワ。犬の中でもとりわけ体が小さい犬種ですが、目は大きく愛くるしい姿で人気の犬種です。今回はチワワについて、その特徴や健康管理、おすすめのドッグフードなどをまとめました!

チワワとは?

チワワ

「チワワ」と聞けばみなさんその姿をすぐに想像できると思います。犬の中でもとりわけ体が小さい犬種ですが、目は大きく愛くるしい姿で人気の犬種ですね。ペットショップで目があったら、飼いたくなるかもしれません。

今回はそんなチワワがどんな犬なのか調べてみました。

チワワの歴史

チワワの起源ははっきりしていません。有力な説は、メキシコ原産説です。西暦7世紀から12世紀ごろまで栄えたトルテカ帝国や13世紀から14世紀ごろまで栄えたアステカ帝国では、テチチと呼ばれる小さな犬が飼育されていたことがわかっています。

ペットとして飼われ、また、宗教儀式にも用いられていたと考えられています。このテチチという犬がチワワの先祖ではないかと言われています。チワワと言う名前が付けられたのも、テチチが飼われていたと思われるメキシコの遺跡にちなんでつけられました。

現在のチワワはテチチとほかの犬種を交配させて誕生したといわれています。もともと毛の短いスムースコートしか存在していませんでしたが、のちに毛の長い犬と交配させ、毛の長いロングコートのチワワが誕生しました。

チワワの特徴

チワワを撫でる

スムースコートチワワとロングコートチワワ

チワワは、毛の長さによって、スムースコートとロングコートに分けることができます。スムースコートは毛の短いチワワで、ロングコートは毛の長いチワワのことを指します。どちらも毛が抜けるのでが掃除がかかせません。

毛の長いロングコートは、スムースコート同士の交配やポメラニアンとの交配によって生まれたと言われています。耳、あご、脚の裏側、しっぽに長くてふさふさな毛が生えています。きれいな毛並みを保つために毎日のブラッシングが必要です。

また、チワワの毛色によって分けることができます。チワワの毛色の種類は単色のもの、2つの色が出るパーティーカラー、3色の色が出るトライカラーなどがあります。

チワワの毛並みの色

チワワの毛並みは大まかに、レッド、ホワイト、クリーム、ブラック&タン、フォーン&ホワイト、チョコレート&タンに分けることができます。

基本的には毛並みの色は極端に変わることはありませんが、成長するにつれて、毛並みの色が少しずつ変化したり、模様が出てくることがあります。ちなみにブラックの毛並みは、成長による毛並みの変化が少ないと人気の色です。

チワワの性格

チワワの子犬

チワワは勇敢な面と臆病な面、正反対な二つの面を持っています。

チワワは警戒心が強く用心深いので、番犬としても活躍し、見知らぬ人物に対してよく吠えます。縄張り意識も高いので、散歩のときにほかの犬に出くわして吠えることがあるかもしれません。マンションやアパート住まいで近所に犬の吠え声が響かないか気になる人もいるかもしれません。

また、飼い主に対して忠実で献身的です。しかし、一人の飼い主に愛情を向ける傾向があるので、家族全員に愛嬌を振りまくということはあまりありません。

さらにチワワは高い学習能力を持っています。しつけやすく、芸などもすぐに覚えることが多いですし、何種類もの芸を覚えることができます。

オスとメスの違い

チワワはオスとメスでは体格の違いが多少あります。オスは体高が15~23cm、メスは15~23cmほどです。体重はオスが1~2.5kg、メスが1~2.0kgほどです。

性格は基本的にはほとんど変わりはませんが、オスの性格は、やんちゃでわんぱくで縄張り意識が高い傾向にあります。一方でメスの性格は大人しく賢いことが多いと言われています。

チワワに必要なお世話とは?

チワワの入浴

飼育は室内の温かいところで

チワワを飼育するのに適切な室温は25度くらいだと言われています。チワワは寒がりなので、部屋の温度が寒かったり、気温が低いときに散歩に行くとぶるぶると震えたりすることがあります。秋や冬の室温や、寝るときの環境には注意が必要です。

室内でも服を着せたり、寝床が冷えないように工夫してあげることが必要になります。寒さ対策と、チワワの関節を守るための対策を兼ねて、床に絨毯やマットをひくとよいでしょう。

毛のブラッシング

スムースコートチワワの場合は、毛が短いのでお手入れは簡単です。時々ブラッシングし、濡れタイルで体をふいてあげるとよいでしょう。抜け毛は多いので、定期的にシャンプーをしてあげる必要があります。シャンプーの前にブラッシングをし、シャンプーで流してあげるときちんと洗えますし、皮膚病の予防にもなります。ロングコートチワワは、毛が長いのでできれば毎日ブラッシングすることをお勧めします。最低でも週に2~3回のブラッシングが必要です。そのようにして、ブラッシングをしてあげると、皮膚病の予防にもなりますし、毛のツヤも失われずに済みます。

また、スムースコートチワワと同じく、定期的にシャンプーをしてあげることが必要です。シャンプー前にブラッシングをし、シャンプー後にドライイヤーで乾かしてあげるとよいでしょう。こうすることによって皮膚トラブルを防ぐことができます。ドライヤーの温度が高すぎないように、またドライヤーが近すぎないように気を付けて乾かしてあげてください。

チワワの散歩

チワワは体が小さいので室内で活動するだけでも十分運動になり、一日に必要な運動量を満たすことができます。ですから、長い距離を散歩させると歩かなくなって、飼い主にだっこをおねだりすることがあります。散歩させる場合は、時間を短めにするとよいでしょう。

チワワは室内犬ですが、散歩させることでストレスを発散できますので、嫌がらなければ毎日散歩させても構いません。チワワは寒がりなので、冬や春先や秋にの散歩の時には、服を着せてあげるとよいでしょう。

歯のケア

チワワに限らず、犬も人間と同じで歯のケアも大切です。歯磨きガムや歯周病予防のおやつを与えていても、歯周病になるリスクがあります。そのまま放置していると、歯周病が進行した歯が抜け落ちてしまいます。できれば毎日、濡れたガーゼや子供用歯ブラシなどを使って歯と歯茎の間の汚れや歯垢を取り除くようにしましょう。汚れがとれているかわかりにくいときは、動物病院に行ったときに獣医師に診てもらってください。

チワワがかかりやすい病気

笑顔のチワワ

水頭症

水頭症は、脳脊髄液が異常に増え、脳室と言う部分が広がってしまう病気です。チワワはほかの犬種に比べて水頭症を発症しやすい傾向にあります。それは、チワワの頭蓋骨の泉門と呼ばれる部分が大きいことが関係しています。

赤ちゃんのチワワは特にこの泉門が大きいのですが、成長とともに小さくなっていくのが一般的です。しかし、成長後も小さくならず大きいまま場合があります。そのため、頭蓋骨の脳室に脳脊髄液が溜まり、水頭症になる確率が高いとされています。水頭症は、脳室で溜まってしまった脳脊髄液が脳を圧迫したり、脳が委縮してしまうなどの支障が出てきます。

水頭症の症状は、頭部が膨れ上がってきて、普段よりも大きくなります。また、脳室に溜まった脳脊髄液が眼球を内側から圧迫し、目が外側に向いてきたり、視力障害が出て、物にぶつかったりします。水頭症を発症しているときの行動としては、いつも元気に動き回る子があまり動かなかったり、ぼーっとする、逆に異常に興奮する状態が続く、歩き方がおかしいなどが挙げられます。これらの症状が見られた場合は、動物病院で診てもらうようにしましょう。

水頭症の治療は、症状を軽減させる方法がとられることが一般的です。脳圧を下げるために高圧利尿剤が投与されます。手術で治療する場合もありますが、脳の手術になるので脳にダメージを与えるリスクもあります。愛犬の状態と獣医師と相談し治療方針が決めとよいでしょう。

角膜炎

元気のないチワワ

角膜炎は、目の角膜と言う部分が何らかの原因によって傷つき、炎症を起こしてしまう病気です。チワワは目が大きいですし、犬は自分で耳のあたりを掻いたときに目も傷つけてしまうことがあります。また、アレルギーや砂ぼこりやごみが目に入って気角膜を傷つけたりすることによって炎症が起きてしまうことがあります。

角膜炎を起こしてしまっているときの症状として主なものは、目をしょぼしょぼさせたり、白目が赤くなるというものです。また、目のあたりをかゆそうに掻いたり、顔をこすりつけたりします。このような行動をとっているときは、動物病院で診てもらうのが良いでしょう。

動物病院では、角膜の検査をし、抗生剤や消炎剤によって治療を行います。目薬が処方されることもありますので、決められたとおりに点眼してあげるとよいでしょう。点眼するとき、チワワの顔の前から目薬を近づけると怖がります。頭の後ろのほうから、視界に入らないように点眼してあげるとスムーズにできます。

角膜炎が重度の場合は、角膜に注射をすることもあります。また、しばらくチワワが目を触らないようにするため、エリザベスカラーを装着させることもあります。エリザベスカラーを装着した直後は、落ち着かない様子ですが、数日たてば本人も慣れてきますので、かわいそうだから、動きにくそうだからと言って飼い主の独断で外さないようにしましょう。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは、小型犬がなりやすい病気です。先天的に膝蓋骨脱臼になりやすい子もいれば、高いところから飛び降りたり、なにかにぶつけたときなどに発症する後天的なことが原因になることがあります。後ろ足の膝蓋骨(膝にあるお皿の形をした骨)が正常な位置からずれてしまう関節の病気です。膝蓋骨がずれてしまっても、初期の段階であれば、自分で足を伸ばしたときに自然に戻ることもありますが、重度になると手術が必要になるケースもあります。

膝蓋骨脱臼の症状は、比較的わかりやすいです。膝蓋骨が脱臼してる方の足を浮かせて歩いたり、ケンケンして歩いたりします。この状態はまだ、初期の症状です。ひどくなると、足を引きずったり、歩かなくなったり、急に鳴いて痛がるしぐさをするなどの状態が見られます。このような状態がみられる場合はすぐに動物病院に連れていき、獣医に診てもらいましょう。

膝蓋骨脱臼の治療法ですが、初期の状態であれば、運動制限や体重制限だけで経過を見ることができます。時には内服薬やサプリメントを飲ませることもあるようです。重度の状態になると、外科的処置つまり手術が必要になります。ペットの保険に入っていないと手術費用は高額になりますし、重度の状態では、手術をしても完治するのが難しい場合もありますので、普段と違う状態がみられたなら、できるだけ早く診察を受けることをお勧めします。

チワワにおすすめのドッグフード

ファインペッツ極

安全なドッグフードファインペッツ極」は、酸化防止剤や防腐剤などの人口添加物が使用されていない安心また安全なドッグフードです。原材料にこだわって作られています。

・原材料

鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン

原材料からもわかるように、グルテンフリーで犬が消化しにくい穀物が使用されていません。もう一つの特徴として、ほかのドッグフードに比べて肉類が多く含まれています。鹿肉、鶏肉はアレルギーを引き起こしにくいと考えられています。また、皮膚や毛並みを美しく保つのに有効な成分を多く含むサーモンオイルやアマニオイルも配合されています。

一つひとつの粒も8mmほどですので、食道の細いチワワでも安心して与えることができます。また、関節にも有効な成分が含まれていますので、この点でもチワワに適したドッグフードと言えます。

ファインペッツの極(KIWAMI)ってどんなドッグフード?口コミと評判!

犬を飼っている方でしたら、愛犬に安心して与えることができる安全なドッグフードを探したいと思っていることでしょう。ところが本当に安心・安全なドッグフードというのはなかなかないのが現状です。今回はそんな方に是非お勧めしたい究極のドッグフードを紹介したいと思います。ファインペッツの「極(KIWAMI)」です。

https://dogfood.fun/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84%E3%81%AE%E6%A5%B5%EF%BC%88KIWAMI%EF%BC%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BC%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%A8%E8%A9%95%E5%88%A4%EF%BC%81

ネルソンズドッグフード

ネルソンズ

愛犬の健康を気遣いグレインフリーの商品として安心できるドッグフードです!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、生後7ヶ月~7歳

獣医師おすすめのドッグフードッグフードは、遺伝子組み換え食品不使用、また人口添加物不使用のドッグフードです。

原材料は次の通りです。乾燥チキン、チキン生肉、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、鶏油、バターナッツスカッシュ、チキングレービー、サーモンオイル、エンドウ豆繊維、ミネラル類、ビタミン類、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、海藻パウダー、グルコサミン、クランベリーエキス、コンドロイチン、ニンジン、グリーンピース、カボチャ、リンゴ、ナシ、ブロッコリー、パースニップ、ペパーミント、パセリ、フェンネル、マリーゴールド、ショウガ、ブドウ種子、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

原材料からわかるように、ネルソンズドッグフードはグルテンフリーのドッグフードです。犬は穀物を消化することが難しく消化するときに体に負担がかかるので、グルテンフリーのドッグフードは犬の体に優しいドッグフードだと言えます。また、膝関節の病気の予防に効果的なグルコサミンとコンドロイチンが含まれています。さらに皮膚や毛並みを美しく保つ効果があるサーモンオイルや海藻が含まれています。

イギリスのトップブリーダーが自ら開発したドッグフードですし、獣医師おすすめのドッグフードですので、この点でも安心して愛犬に与えることができますね。

ドッグフード「ネルソンズ」って?原材料や評判、口コミまとめ!

「ネルソンズ」は、ヒューマングレードにこだわった、「イギリス最高級ドックフード」です。全犬種、7か月から7歳まで対応していて、幅広い犬種や年齢の愛犬に食べさせる事ができ、イギリス国内累計100万袋以上販売されている人気のドックフードです。今回は原材料、みんなの評判をまとめました!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8C%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%80%81%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

カナガンドッグフード

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンドッグフードの材料は、すべて人間も食べられる安心安全な食材が使用されています。

材料は次の通りです。チキン生肉、サツマイモ、ニンジン、豆、ミネラル、サーモンオイル、アルファルファ、海藻、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカエキス、クランベリーエキス、マンナンオリゴ糖、リンゴ、ホウレンソウ、ガーリック、ペパーミント、パセリ、クミンが使用されています。

材料を見てもわかるように、穀物不使用のグルテンフリーです。穀物の代わりに水溶性食物繊維が豊富なサツマイモが使用されており、便秘しやすい犬やおなかの弱い犬におすすめです。

また、マリーゴールド、クランベリー、カモミールなどのハーブも配合されています。マリーゴールドは免疫力を保つ働きがありますし、クランベリーはビタミンCが豊富で尿路結石を予防する効果があります。カモミールにはリフレッシュ効果が期待できます。

粒も小粒なので、小型犬のチワワにとってちょうどよい大きさで食べやすいでしょう。安心安全な材料を使用しているにもかかわらず、価格もリーズナブルなので、継続して愛犬に与えやすいという点でも評価の高いドッグフードです。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

まとめ

チワワと花畑

チワワは体が小さいぶん、細やかなお世話が必要な犬です。室内犬なので、室内を適正な温度に保ったり、服を着せてあげたり、室内で滑ったりころんだりしてけがをしないようマットをひいたり、チワワが快適にまた健康に過ごせるよう整えてあげることが大切です。

環境を整えるための初期費用と、細やかなお世話が必要ですが、愛くるしい表情としぐさでその苦労を上回る癒しを与えてくれる犬でもあります。室内で飼う分、親しい関係を気付けますし、愛情を十分注いで飼育するなら、大切な家族の一員となってくれるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ