チャイニーズ・クレステッド・ドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

チャイニーズ・クレステッド・ドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

長い髪の毛のように頭部に生えている毛と、被毛のない胴体。 なんともユニークで個性的な見た目の犬種、それがチャイニーズ・クレステッド・ドッグです。 毛のない犬種は世界中にいますが、このチャイニーズ・クレステッド・ドッグはその中でも特に有名で、特に人気の犬種なんです。 他の犬にはない個性があふれるその見た目と、体臭がほとんどないことやとても献身的な性格が多くのファンの心を掴んでいます。 今回は、そんな個性的な犬種チャイニーズ・クレステッド・ドッグについての基礎知識と、おすすめのドッグフードをご紹介します。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグって?

Chinese crested dog walks in the park

みなさんは、チャイニーズ・クレステッド・ドッグという犬種に会ったことがありますか?

最初に出会う人はみな、その風貌に驚くことでしょう。

なぜなら、頭や脚の先、そして尻尾だけに毛が生えていて、胴体には毛がない、かなり独特な見た目を持つ犬種だからです。

とっても個性的なその見た目は、一度見たら忘れられない姿だと言えるでしょう。

ヘアレスドッグ、つまり毛のない犬種は世界中にいます。

ヘアレスドッグというのは、被毛が全く生えていない、あるいは頭部や足先といった局所にしか生えていない犬種を指しています。

昔、ヘアレスドッグというのはメキシコで突然異変によって発生した犬が世界中に広まったと考えられていたようですが、現在のDNA検査では世界各所で、そのような犬が生まれていたことがわかっています。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは日本でも飼育されている、ヘアレスドッグの中でも特に有名で、とても人気を持つ犬種です。

なかなか特徴のある見た目をしていますが、アメリカで行われている「世界一醜い犬コンテスト」で優勝することもあります。

というより、歴代の優勝犬を見ると、チャイニーズ・クレステッド・ドッグが一番多いんですよね。

それで、チャイニーズ・クレステッド・ドッグというと、すごくブサイクというイメージを持っている方もいるようですが、本来のチャイニーズ・クレステッド・ドッグはとても気品あふれる姿をしています。

大きさは小型犬の大きさで、スラッとした体型をしていて、くりっとした瞳が愛らしいです。

ヘアレスドッグ独特の触り心地がくせになってしまう人も多数です。

さらに、その性格は飼い主さんにとても献身的で愛情深いので、家族からとても愛される存在となっています。

個性的な見た目また愛嬌のある性格と、皮膚からダイレクトに伝わる温かさが、人間の心と体を癒やしてくれる存在です。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは名前のとおり、中国が原産国となっています。

では、どのような歴史を持つ犬種なのかも詳しく調べてみましょう。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの歴史

昔から、毛のない犬つまりヘアレスドッグは存在していたといわれています。

では、チャイニーズ・クレステッド・ドッグはもともとどこから来た犬が祖先犬となっているのでしょうか?

長い間、彼らはチワワに似ていることなどから南米が原産の犬だと考えられていたようです。

しかし、現在DNA検査が行われるようになって、じつはアフリカン・サンド・ドッグが祖先犬だということがわかったんです。

アフリカン・サンド・ドッグは、こちらもその名のとおりアフリカが原産です。

そして彼らもケアレスドッグです。

アフリカン・サンド・ドッグについては謎だらけで、生い立ちなどはわかっていません。

現在では「絶滅したのでは?」と考えられていますが、生存しているかは不明という状態です。

とはいえ、イギリスのウォルター・ロスチャイルド動物学博物館にはアフリカン・サンド・ドッグの剥製があります。

それを見ると、外見はテリアタイプのヘアレスドッグです。

チワワと同じアップルヘッドを持ち、体つきは華奢です。

マズルは短めで、耳は立ち耳、尻尾はラットテールとなっています。

そんなアフリカン・サンド・ドッグが13世紀頃、中国に渡って改良されチャイニーズ・クレステッド・ドッグが誕生したといわれています。

アフリカン・サンド・ドッグは、輸入先の国ではとても希少な犬としてとくに貴族や宮廷へ献上されたようです。

そして、そこで飼育されていた小型の犬と交雑されていき、小型のチャイニーズ・クレステッド・ドッグというヘアレスドッグとなったといわれています。

それで、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは貴族の愛玩犬となっていたようです。

また当時、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、船の上でねずみ駆除のお仕事をしていたようです。

その頃、船の上に犬や猫を乗せてねずみを駆除することが一般的でしたが、特にチャイニーズ・クレステッド・ドッグは被毛がないので、ノミがつきにくいということで、とても重宝される存在だったようです。

それも、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの体温は普通の犬よりも高く40度以上なんです。

それで、船の上で過ごす人たちの湯たんぽとして一緒に過ごしていたとも言われています。

名前の由来ですが、中国の古来からの髪型でクレステッドヘアというものがあります。

そこから取られて、チャイニーズ・”クレステッド”・ドッグと呼ばれているそうです。

15世紀ごろには、世界に輸出されたようです。

それでいろいろな国で飼育されていったのですが、世界大戦の影響で中国原産の犬がイギリス軍によって処分されるということもあったようで、一時期チャイニーズ・クレステッド・ドッグも絶滅の危機にひんしたようです。

しかし、戦後に愛好家たちが繁殖を始めます。

とはいえ、個体数が少ないので海外にいた個体との交配もおこなったようです。

愛好家たちの中に、1950年代アメリカの舞台芸術家として活躍していたジプシー・ローズという人がいます。

この人は繁殖も行っていました。

彼女が無くなった後は、有名な犬舎であるクレスト・ヘイブン犬舎が彼女が繁殖していたチャイニーズ・クレステッド・ドッグを引き取って繁殖をしたようです。

それで、一時期この2つのルーツからのチャイニーズ・クレステッド・ドッグが主流となっていました。

今でも、血統をさかのぼっていくと、どちらかの系統につながっていることも多いと言われています。

このように、戦後愛好家たちの努力によってチャイニーズ・クレステッド・ドッグは現在、世界中で一番有名で、一番人気のヘアレスドッグとして飼育されています。

ここ日本でも、安定した人気を誇り、国内の登録頭数も比較的多いですよ。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの特徴

Chinese Crested dog, family portrait, isolated on Blue and furry background, In studio.

ヘアレスのチャイニーズ・クレステッド・ドッグには、頭部に長いタテガミのような被毛が生えています。

胴体には被毛がなく、脚の先と、尻尾にも被毛があります。

そんな見た目なので、まるで頭部は人間のように”髪の毛”が生えているように見えるんです。

耳には飾り毛が生えているので、パピヨンにも似ています。

体高は28~33cmほどです。

体重派5.5kg以下となっており、小型犬に分類されます。

ヘアレスタイプとパウダーパフタイプ

Portrait of two nice chinese crested dog

チャイニーズ・クレステッド・ドッグもヘアレスドッグの一種ですが、ヘアレスドッグというのはとても不思議なことに、同じ親から被毛のないタイプと被毛のあるタイプが一緒に生まれるんです。

この、毛のないタイプをヘアレスタイプと呼び、毛のあるタイプはパウダーパフタイプとよんでいます。

それで、じつはチャイニーズ・クレステッド・ドッグには、全身に毛のあるタイプがいるのです。

このパウダーパフタイプのチャイニーズ・クレステッド・ドッグは、とても美しいシルクのような被毛を持ち、まるでぬいぐるみのような可愛さです。

とても細く長いシングルコートです。

それで、定期的にトリミングやお手入れが必要といわれています。

体型はヘアレスタイプと同じですが、被毛が全身にあるかないかで全く別の犬種に見えます。

先ほど、ヘアレスドッグというのは同じ親から、ヘアレスタイプとパウダーパフタイプの両方が生まれるといいましたが、「ヘアレスタイプ同士を交配させれば、みんなヘアレスタイプになるのでは?」と思う方もいるかもしれせん。

しかし、それはできません。

なぜなら、ヘアレスタイプ同士を交配すると、流産が多くなり、また虚弱体質になることが多いので、ヘアレス・タブーとして禁止されています。

ちなみに、ヘアレスタイプは被毛が少ないに加えて、歯が通常の犬よりも数本足りないという特徴が見られます。

しかし、パウダーパフタイプ同士をかけ合わせても遺伝的に問題が起こりません。

そして、そうしたとしても同じ腹から生まれた子犬のうち、数頭はヘアレスタイプになるそうです。

これは、チャイニーズ・クレステッド・ドッグに限らず、他のヘアレスドッグにも当てはまる、不思議な遺伝の法則だそうです。

それで、遺伝的な安定を図るためには、ヘアレスタイプとパウダーパフタイプを交配する必要があるわけですね。

脚は長く、大きい立ち耳に垂れ尾

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、ヘアレスタイプもパウダーパフタイプも体型は同じです。

細身の体で、脚が長いのが特徴です。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは耳が大きいです。

ヘアレスタイプはほとんどが立ち耳で、そこに長い飾り毛があるので、まるでパピヨンのようです。

しかし、パウダーパフタイプの場合たれ耳の子もいます。

尻尾は垂れ尾です。

ヘアレスタイプはもちろんのこと、パウダーパフタイプも冬の寒さにとても弱いです。

それで、冬には服を着させてあげることで防寒をする必要があるでしょう。

また、ヘアレスタイプは紫外線をそのまま肌で受けることになりますので、紫外線対策をする必要があります。

日焼け止めクリームや乾燥対策などをしてあげましょう。

パウダーパフタイプの場合は、とても細くて絡まりやすい被毛なので、2日に1回程度のブラッシングが必要です。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの寿命

一般的に寿命は13~15歳ほどと言われています。

他の小型犬の犬種と同じくらいですね。

ただ、とても華奢ですので、骨折などのケガには特に注意してあげると良いでしょう。

激しい運動は必要ないので、温かい時期には一日20分程度のお散歩で良いと言われています。

寒い時期には、室内遊びだけで良いでしょう。

温度管理をしっかりとした室内で飼育し、季節に合わせた服を着せて皮膚を守ってあげてください。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格

The Chinese Crested Dog

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、家族に対する深い愛情を持つ犬種です。

基本的には明るくて、フレンドリーです。

でも、シャイな面もありますし、他人には警戒心を持ちます。

とはいえ、攻撃的になることもなく内向的です。

そして、とても感受性が強いと言われています。

社交性も低いわけではありません。

他のペットや人とも仲良くやっていくことができます。

繊細で、飼い主の気持ちを敏感に感じ取ります。

飼い主への献身度はとても高くて、忠誠心が厚いです。

それで、しつけもしやすくペットとして飼育しやすい性格をしています。

繊細なので、厳しく叱りつけたり怒ったりしないように注意しましょう。

大声をだしたり、怒ってしつけると内にこもってしまうので、逆効果になります。

遊ぶのも大好きなので、一緒に時間を過ごし遊んであげましょう。

トレーニングはあまり好きではないようなので、遊びながらしつけると良いようです。

おもちゃやおやつを使って、楽しみながら覚えることができるように工夫してあげると良いでしょう。

人間の生活に馴染むのが上手なので、しつけで苦労することは少ないとはいえ、繊細で遊ぶのが好きな性格を理解して、飼い主にも犬にとってもストレスにならないしつけ方法で教えてあげましょう。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグのかかりやすい病気

Chinese Crested dog isolated on white

チャイニーズ・クレステッド・ドッグのヘアレスタイプの子は遺伝的に歯が少ないです。

また、骨が細くて骨折しやすい犬種です。

ジャンプ力もあるのですが、骨折や脱臼のリスクを考えると、あまりジャンプさせないようにしたほうが良いでしょう。

運動量も少ないので、室内で安全に遊べるようにしてあげましょう。

また、骨折以外にもかかりやすい病気がありますので、飼い主として注意して上げる必要があります。

アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能が低下している犬はアトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

アトピー性皮膚炎になってしまと、生涯にわたって治療する必要がでることもあります。

アトピー性皮膚炎になったら、アレルゲンの除去に加えて、スキンケアが大切になります。

アレルゲンにはダニ、カビ、花粉といったものがあります。

犬のアトピー性皮膚炎の原因の殆どは、ダニです。

ダニは一年中家の中に発生してしまいますので、こまめなお洗濯やお掃除をして家の中を清潔にしておくことが大切です。

また、こまめにシャンプーをしてあげましょう。

まず、洗面器を用意してそこにぬるま湯をいれて、シャンプーをスポンジなどを使用しながらよく泡立てます。

その後、犬の体をよく濡らして皮膚を柔らかくしてあげましょう。

シャンプーするときには、ゴシゴシと擦るのではなく、指先で泡を転がすようになじませます。

シャンプーはしっかりと洗い流します。

タオルで、水気をよく拭き取ってから、ドライヤーを30cmほど離し熱くならないようにしながらよく乾かしてあげましょう。

ヘアレスの場合、皮膚が乾燥しないようにクリームなどを塗ってあげましょう。

大腿骨頭壊死症

大腿骨頭壊死症は、レッグペルテス症ともいいます。

犬の後ろ脚の大腿骨頭が壊死する病気です。

なぜ壊死するのかというと、その部分への血流が足りなくなるからです。

でも、そのようなことが起きる原因というのはわかっていません。

しかし、何らかの理由で血管が損傷することで、血液の供給が足りなくなってしまうんドS。

この病気になると、痛みにとって歩くことが困難になり、ずっと脚を上げたままの状態になってし編みます。

両脚で発症する場合もありますが、多くは片方の脚に発症し、とくに1歳以下で起こります。

進行性の病気なので、軽度の場合には痛みを軽減するための治療を行ったり、運動制限が課されることもありますが、改善が難しく、最終的には手術によって人工関節を設置することもあります。

原因がわからないので予防は難しいのですが、1歳以下の小型犬に発症がよく見られる病気なので、日頃の様子をよく観察して脚を痛がっていたり、脚を上げているといった様子の異変が見られたら獣医師に診てもらいましょう。

心臓病

心臓病も犬にとっては珍しくない病気です。

特に中年齢以上になった犬に多いのは、僧帽弁閉鎖不全症というものです。

僧帽弁閉鎖不全症になると、体中に送られる血液量が少なくなって、疲れやすく、咳が出たりといった症状が見られます。

また、腹水がたまるということもあります。

拡張型心筋症という、心臓が収縮する力が低下していく病気もあります。

この病気も、咳がでる、呼吸が苦しそうになるといった症状が見られます。

どうしてこのような心臓病になるのかという原因はよくわかっていませんが、遺伝的な素因もあるのではと考えられています。

愛犬が疲れやすくなっているとか、お散歩中に立ち止まるようになったなどの変化があった場合、高齢ゆえに体力がなくなった、ということもあるかもしれませんが、心臓病の可能性もあります。

また、咳き込むようになったり、呼吸がゼーゼーしているといった場合にも心臓病の可能性があります。

病院で検査を受ければエコー検査や聴診によって早期発見が可能ですから、様子が変だなと思ったらすぐに病院についれていきましょう。

心臓病になったら、薬によって症状の改善のための治療を行います。

ただ、治るわけではないので生涯薬を飲みながら、病気と付き合っていく必要があります。

肥満は心臓に負担をかけますので、心臓病のリスクを高めるそうです。

それで、愛犬の体重管理はとても重要です。

また、バランスのよい食事を与えましょう。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグのおすすめドッグフード2選!

Chef dog cooking in the park

皮膚が露出しているチャイニーズ・クレステッド・ドッグにとって、皮膚バリアを高めることは大切です。

皮膚バリアが低下していると、皮膚炎になりやすくなるからです。

また、もともと骨が細くて華奢な体型をしているので、激しい運動はおすすめできませんし、骨を強くしたり関節サポートができるフードはケガの予防などに良いでしょう。

では、そんな点も含めてチャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのドッグフードを2つご紹介します。

犬心 皮膚サポート+

犬心

動物栄養学にもとづきながら、安全性や美味しさにも配慮した 「病気対応のドッグフード(療法食)」

犬心皮膚サポート+は、特に皮膚ケアに必要な5つの栄養素と、またアレルギー対応の3つの工夫を施したフードとなっています。

皮膚バリア機能を高めるために、オメガ3脂肪酸、また善玉菌アップの3栄養、亜鉛やアミノ酸のバランス、免疫バランスをととのえる2成分を配合。

そして、犬にとってアレルゲンとなりやすい小麦や鶏卵、鶏肉、牛肉は使用せず、添加物や保存料なども使用していません。

そしてアレルギーを発症しにくい作り方をしています。

免疫力を高め、皮膚を自然の力で強くして、チャイニーズ・クレステッド・ドッグのデリケートな肌を守りたい飼い主さんにおすすめです。

Dr.ケアワン

Drケアワン

「国産」「無添加」という品質をもちながら「機能性サポート成分配合」という特徴があるドッグフードです。

容量/価格 800g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 鶏肉
対応年齢 成犬~シニア犬

動物栄養学博士が監修した、無添加の国内産ドッグフードで、健康長寿にこだわったフードとなっています。

また老犬になると、関節が弱くなってしまうこともありますが、エビやカニから取られたグルコサミンや鮭から取られたコンドロイチンが配合されています。

そして良質なタンパク質で筋肉をつくることができます。

また、うれしいのは高タンパク低カロリーなので、肥満対策にもなります。

華奢なチャイニーズ・クレステッド・ドッグの関節を強くしたい、良質なタンパク質で筋肉をつくりながら、肥満対策もしたいという飼い主さんにおすすめです。

まとめ

Chinese Crested Dog Breed. Male dog. Toy dog, fine-boned, elegant and graceful.

ヘアレスドッグとしてとても有名なチャイニーズ・クレステッド・ドッグ。

パウダーパフは、細くて美しい被毛があり魅力的ですし、ヘアレスタイプは皮膚が露出しているユニークな見た目と独特の手触りが人気です。

どちらも、繊細で献身的な、とても愛らしい性格をしていてペットとしてとても飼育しやすいと言えるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ